「Saviour」は1996年の3枚組アルバム「Emancipation」の2枚目終盤に収録されている曲です。歌詞には前回の「Forever In My Life」を思い起こすような様々な表現が含まれていますが、(アルバムバージョンの) 「Forever In My Life」とは異なり音楽面ではとてもドラマチックで高い熱量を持っており、新たな情熱で作られた曲であることがはっきりと分かります。私にとっては特別な曲の一つで、まだ取り上げきれていない「私の選ぶ曲一覧」の中の一曲になります。

プリンスにはたくさんの素晴らしいラブバラードがあり、ほんの一例を挙げるだけでも様々な曲が思い浮かびます。プリンスが初めて書いた "my jam" として回顧録で語られている「Do Me, Baby」、優雅でありならが鬼気迫る凄まじさの「The Beautiful Ones」、プリンスのラブバラードの代表曲ともいえる偉大な「Adore」、妖しく官能的な「When 2 R In Love」、それに個人的な好みでいえば心が穏やかになる「With You」やユーモラスな「International Lover」、プリンスの中でも最も親密さを感じられる曲かもしれない「Insatiable」なども捨てがたいです。また、マイテは本を出したときのインタビューで、「Friend, Lover, Sister, Mother/Wife」を最も好きな曲として挙げていました。そんな中で、プリンスのラブバラードにおける最高の到達地点は何かと問われたら、それはこの「Saviour」かもしれない、と個人的には思います。アルバム「Emancipation」の2枚目は、丸々全てがマイテという一人の女性への愛で作られています。甘い曲、穏やかな曲、幻想的な曲、美しい曲、真摯な曲、1枚の中でも様相は変化していきますが、その中で「Saviour」は最も強く大胆に情熱が表現されている曲です。

We're like 2 petals from the same flower, baby
We're like 2 branches from the same tree
(2 drops of water from the same sea)
Whenever I look in your eyes, I can see a paradise
U're my saviour, U're all I ever need (Saviour)
僕らはまるで同じ花から生える二枚の花びらのよう
僕らはまるで同じ木から伸びる二本の枝のよう
(同じ海から生まれた二滴の雫のよう)
君の瞳を見つめるといつも楽園が見える
君は僕の救世主、僕に必要な全て

上に引用したように、プリンスはこの曲でマイテのことを「同じ花から生える二枚の花びらのよう / 同じ木から伸びる二本の枝のよう」と歌っていますが、プリンスは1996年のオプラ・ショウのインタビューで、マイテと自分は前世で同じ人物だったように感じていると語っています。リンクの動画で15分20秒頃からです。

O(+>: I feel like she was either my sister or we were the same person or something in another life. There's a closeness that you know is right and you don't argue with.
前世では、彼女は僕の妹だったか、あるいは僕たちは同一人物だったかのように感じるんだ。この親密さは正しいものだと確信できるし、そこには議論の余地もないんだ。

Oprah: Well, isn't this all kind of weird?
そう、でもそれって凄く変なことじゃない?

O(+>: Well, it depends on how you look at life.
まあ、人生をどう捉えるかによるんだろうね。

Oprah: It seems to me, I would just say this is a description of the two of you. When he talks about you, there's a thing that happens in his eyes.
あなた方二人を見てると言えることがあるの。彼があなたのことを話すと、彼の目に何かがきらめくのよ。

O(+>: I do feel that I've come closer to who I aspire to be by being with her.
確かに、彼女と一緒にいることで、僕はなりたい自分に近付いていると感じるんだ。

Oprah: Really?
そうなのね。

O(+>: Mm-hmm.
そう。

Oprah: And what does she do for you that you didn't have alone?
それで、彼女があなたにしてくれることで、あなたが一人では成せなかったこととは何なのかしら?

O(+>: She makes it easier to talk to God.
彼女は僕を神と話しやすくさせてくれるんだ。

... (中略)...

Oprah: (20分20秒頃) What would you like to say about your relationship? Will it be forever?
自分たちの関係をどのように思っていますか? 永遠といえるでしょうか?

Mayte: Just... yeah, it will be forever.
そうね、永遠だと思うわ。


余談ですが、この曲には2回ほど曲のトーンが変わるように感じられる箇所があります。そして個人的にはそれぞれに別のイメージが重なります。最初は2分35秒頃、"What would I be without your love around me?" の部分です。この懐しい感じは……金曜ロードショーの初代オープニングかと思うのですが、実際に聴き比べてみるとそこまでぴったり重なるわけではないような気もします。他に何かミックスされているような気もしますがそれが何なのかは分かりません。

2番目は終盤へと繋がっていく前の4分37秒頃からの展開です。ここは加トちゃんの「ちょっとだけよ」、「あんたも好きねぇ」の音楽に聴こえて仕方がありません (笑)。

最後に変な余談を挟みましたが、この曲は何度聴いても本当に心を打たれます。


How did I ever come this far without U, baby?
What was I thinkin', what was I tryin' 2 be?
Never did U ever give me reason 2 doubt U, baby
U are my destiny and this I truly see
僕は一体どうやって君なしでここまで来たのだろう?
何を考え、何になろうとしていたのだろう?
君は僕に一切の疑いも抱かせようがなかった
君は僕の運命 ー 僕には心から分かる

I can see we're like 2 petals from the same flower, baby
We're like 2 branches from the same tree
Whenever I look in your eyes, I can see a paradise
U're my saviour, U're all I ever need (Saviour)
僕らはまるで同じ花から生える二枚の花びらのよう
僕らはまるで同じ木から伸びる二本の枝のよう
君の瞳を見つめるといつも楽園が見える
君は僕の救世主、僕に必要な全て

I used 2 say no one lover could have me, no one lover
That was before my eyes had seen the light
2 make love with another, uh-uh, I couldn't do it, no way (couldn't do it)
U're my saviour (saviour), U're the only one that does it right
かつての僕はこう言った
僕は決して一人の恋人のものになはらないと
でもそれは僕の目が光を見る以前のこと
他の人と愛し合うなんて、絶対にできようもない
君は僕の救世主、僕を満たす唯一の存在

Can't U see we're like 2 petals from the same flower, baby?
We're like 2 branches from the same tree
Whenever I look in your eyes, I can see a paradise
U're my saviour, U're all I ever need
僕らはまるで同じ花から生える二枚の花びらのよう
僕らはまるで同じ木から伸びる二本の枝のよう
君の瞳を見つめるといつも楽園が見える
君は僕の救世主、僕に必要な全て

What would I be without your love around me?
(Oh, what would I be, oh, without your love?)
What would I see, U constantly astound me
(Oh baby, U know U constantly astound me)
Saviour, saviour, oh saviour (Oh)
僕はどうなっていたのだろう?
もしも君の愛がなかったのなら
僕は何を見られるのだろう?
君は耐えず僕を驚嘆させてくれる
救世主よ、救世主よ

Well
Oh, ooh (Saviour)

Oh, how did I (how did I) come this far
Without U, baby? (without U, baby) I don't know
What was I thinkin' (what was I thinkin')
What was I tryin' 2 be? (I don't know)
But what I do know is that...
一体どうやって君なしでここまで来たのだろう?
僕には分からない
僕は何を考え、何になろうとしていたのだろう?
僕には分からない
でもこれならば分かる

(Can't U see we're like)
We're like 2 petals from the same flower, baby
We're like 2 branches from the same tree
(2 drops of water from the same sea)
Whenever I look in your eyes, I can see a paradise
U're my saviour, U're all I
U're my saviour, U're all I ever
U're my saviour, U're all I ever need (Saviour)
Saviour, U're all I ever need
僕らはまるで同じ花から生える二枚の花びらのよう
僕らはまるで同じ木から伸びる二本の枝のよう
(同じ海から生まれた二滴の雫のよう)
君の瞳を見つめるといつも楽園が見える
君は僕の救世主、僕に
君は僕の救世主、僕に必要な
君は僕の救世主、僕に必要な全て

Saviour, U (I adore U)
U are my flower, baby (flower)
Ooh, every, every hour, oh, yes U are
Won't U come and justa rain, justa rain!
(Won't U come and justa...)
(Rain some of your sweet love down on me?)
Down on me, down on me!
(Saviour, saviour, saviour)
Yeah, down on me! Whoo! Uh
君は救世主 (君が愛しい)
君は僕の花
いつの時間も、君はそう
こちらに来て雨を、雨を!
(君の愛を雨のように降り注いでおくれ)
僕に、僕に!