ウェンディ&リサの曲「Song About」を取り上げます。この曲は1987年に発表された彼女たちのセルフタイトルアルバムに収録されています。リンクした YouTube で続いて流れる「The Life」という曲も、とても綺麗な曲なので併せて和訳します。また、この「Song About」を取り上げるにあたって、事前に以下の2曲についても書いています。

「Song About」は、ウェンディとリサがプリンスのことを歌った曲です。音楽を聴いただけでは特別な曲だと気付かないかもしれませんが、歌詞を知ると感傷的な気持ちになります。

So strange that no one stayed / At the end of the parade
とても奇妙に思えたわ / パレードの終わりには、誰も残らなかった

周知の通り、1986年秋、Parade ツアーを終えたプリンスは The Revolution を解散し、ウェンディとリサを切り離しました。

You were singing songs / About life or doom
あなたが歌っていたのは / 人生と破滅について

1987年当時では人々は知る由もなかったでしょうが、"life or doom" というのは前回取り上げた「Power Fantastic」でプリンスが歌った言葉です。「Power Fantastic」は、リサが作曲した「Carousel」という曲を元に、プリンスが歌詞を書き換えて作った曲でした。

I gave colors to you / You'd never seen
私はあなたに色をあげたわ / あなたが見たことのない色を

個人的に、ウェンディとリサが関わったプリンスの楽曲には、特別な彩りがあるように感じられます。「Mountains」、「Sometimes It Snows In April」、「Power Fantastic」、そして「Purple Rain」など制作のうえで重要な関わりを持った楽曲だけでなく、二人が演奏やバックボーカルなどに参加した曲全般についても私はそのように感じます。例えば前々回の「In A Large Room With No Light」は、ウェンディとリサの参加がない2009年の再録バージョンが存在するためか特に強くそう感じます。

Alex Hahn と Laura Tiebert 著「The Rise Of Prince: 1958 - 1988」を開くと、第23章 The End に The Revolution 解散の記述があります。章はエリック・リーズの次の言葉で締め括られます。

The songs we did with Wendy and Lisa included some of the most wonderful stuff we ever did.
我々がウェンディとリサと作った様々な曲には、我々が作った最も素晴らしい作品がいくつか含まれていた。

また、時を遡って1980年、二人のうち最初にプリンスの元に加わったのは、クラシックピアノの知識と技術を持つキーボーディストのリサでした。Alan Light のパープルレイン本「Let's Go Crazy: Prince and the Making of Purple Rain」を読むと、リサはジャズピアニストであったプリンスの父親の前でピアノを弾いてみせたとか、リサの語る音楽論にプリンスとプリンスの父親は目を丸くして感心した (they both looked at me like that was a revelation)、といったエピソードが書かれています。このようにクラシック音楽に触れる機会を得たことが、クレア・フィッシャーのオーケストラアレンジの採用にも影響しているのかもしれない、と思ったりもします。

You washed my heart / With many dreams / Dreams I'd never seen
The pain of my spirit / The pain of my heart
Don't ever tell me / To let it all go
あなたはたくさんの夢で私の心を洗ってくれた
私が見たこともない夢で
私の精神の痛みと / 私の心の痛み
それを全て忘れてだなんて / どうか決して言わないで

ウェンディとリサは、プリンスに色をあげた代わりに、プリンスから見たこともない夢をたくさん見せてもらったと歌います。


It makes me want to cry
Thinking about you
Beautiful, you said
The way you shook your head
So strange that no one stayed
At the end of the parade
あなたのことを考えると
泣きたくなるの
美しい、そう言ったあなた
首を横に振ったあなたの仕草
とても奇妙に思えたわ
パレードの終わりには
誰も残らなかった

This is just another song about it
This is just another song about...
これはただそれについての歌
これはただそれについての…

Standing next to me
Imagine that it's true
You were singing songs
About life or doom
I was singing songs to you
私の隣に立つあなた
それが本当だと想像してみて
あなたが歌っていたのは
人生と破滅について
私が歌っていたのは
あなたへの思い

This is just another song about it
This is just another song about
これはただそれについての歌
これはただそれについての…

I gave colors to you
You'd never seen
You washed my heart
With many dreams
Dreams I'd never see
The pain of my spirit
The pain of my heart
Don't ever tell me
To let it all go
私はあなたに色をあげたわ
あなたが見たことのない色を
あなたはたくさんの夢で私の心を洗ってくれた
私には決して見ることがなかったであろう夢で
私の精神の痛みと
私の心の痛み
それを全て忘れてだなんて
どうか決して言わないで

This is just another song about it
This is just another song about…
これはただそれについての歌
これはただそれについての…

以下は「The Life」の歌詞です。

This is the life
Everyone has to be somewhere
I am here
Testing a dream
The pressure of dreams is
The killer of dreams
これが人生
誰もが何処かにいなければならない
私はここにいる
夢を試しながら
夢の重圧が
夢を殺す

And it only gets harder
And it only gets harder
そしてさらに困難になっていくだけ
そしてさらに困難になっていくだけ

This is the life
Everyone has to do something
I am here
Doing what I do best
Fearing that worry
Will trigger all my fears
これが人生
誰もが何かをしなければならない
私はここにいる
自分ができる最高のことをしながら
その不安への恐れが
私の全ての恐れを掻き立てる

And it only gets harder
And it only gets harder
そしてさらに困難になっていくだけ
そしてさらに困難になっていくだけ

(How did I get so serious)
(なぜこんなに真剣になったのだろう)

Time is the monster
All of us fight the same monster
To win
I scream when I breathe
But, this is the life
This is the life
This is the life
時は怪物
私たちは皆同じ怪物と闘っている
勝ちを得ようと
息をするときに、私は叫ぶ
でもこれが人生
これが人生
これが人生