4月17日に再発が決定した「The Rainbow Children」からもう一つ、10曲目の「Wedding Feast」を取り上げます。このアルバムは下地におとぎ話や寓話のような物語があるので、アルバムの流れ上、9曲目の「Deconstruction」も訳します。寓話の形をとりながら、当時のプリンスの思考や状況を色濃く反映していると思われる「ザ・レインボウ・チルドレン」の物語には、くぐもった重苦しいナレーション、それにその内容にも少々複雑に思う部分があるのですが、ここでは曲を訳すだけにしておきます。

さて、「Wedding Feast」ですが (笑)。

とても短いジョークのような曲で、世間一般ではどういう扱いになっているのか分かりませんが、私はこの曲が大好きです。音楽的には異様とも言えるほど傑出したクオリティを誇るものの重苦しいナレーションがどうしても気になってしまう「The Rainbow Children」は、ジョークではなく真剣に言って、このユーモラスな曲で救われている部分が結構あるように思います。また、このアルバムの全体的な雰囲気はカバーアートから想像できるようにジャジーだったりファンキーだったりするのですが、ここで突然オペラ風になるのも面白いです。

曲調もさることながら、この曲は歌詞もとてもユーモラスです。"You are what you eat" というのは食事の善し悪しが体の健康状態に直結するという意味で使われる英語のことわざ的な表現ですが、ここではプリンスの菜食主義の考えが反映されて「だから私たちは葉っぱを食べなければなりません」となります。それにしても、「結婚式のご馳走」というタイトルから「木の下で葉っぱを食べましょう、雪が降らなければ」というオペラ調の歌が出てくるなんて、本当にプリンスの作品ならではだと思います。上述の理由から、個人的には短いながらもアルバムにおいてとても重要な曲だと思います。


Deconstruction

One after the other, the Banished Ones fled as they watched
from a distance the destruction of the Digital Garden.
With no more fruit 2 bear from its trees, the Haze was finally broken.
With the rains came the awareness that never again would anyone
ever lay claim 2 the treasures of the Rainbow Children!
デジタル・ガーデンの崩壊を遠目に
次から次へと追放者たちは逃げていった。
木々は果実を結ぶの止め、ヘイズは遂に破られるに至った。
そして降りしきる雨とともに状況は確かなものになった。
これでレインボウ・チルドレンの財宝を狙う者は
二度と現れないであろう!

As though awakened from a dream, the Muse opened her eyes...
This time as queen.
そして夢から覚めるかのように、ミューズはその瞳を開いた・・・
今度は女王として。

Wedding Feast

"Brother, dear brother
I came as quickly as I could
The Digital Haze is broken
The Banished Ones are gone 4 good
Gone 4 good"
「ブラザーよ、親愛なるブラザーよ
私は精一杯急いでやって来た
デジタル・ヘイズは崩壊した
追放者たちは永久に去ったのだ
永久に去ったのだ」

Now there must be a wedding
Now there must be a feast
さあ結婚式のはじまりだ
さあご馳走のおもてなし

A feast, a feast, a smorgasbord at least
A brunch, a munch of cake if just a piece
Not just a vat of chitlins or turkey meat, U see
We are what we eat so we must eat a leaf
We'll dine under a tree unless it snows
ご馳走、ご馳走、少なくともビュッフェは欠かせません
ブランチにはせめてケーキお一つでもモグモグしましょ
チタリングの樽鍋やターキーのお肉だけじゃいけません
そう、私達は私達が食べたものから作られます
だから私達は葉っぱを食べるのです
木の下で食事をしましょう
雪が降らなければですが