「She's Just A Baby」は1981年初期に書かれた曲で、未発表ではあるものの素敵な名曲です。PrinceVault によると、この曲は当時付き合っていたスーザン・ムーンジー (Susan Moonsie) について歌われた曲なのだそうです。当時スーザンは16才、プリンスは22才の手前ということで6才近く歳が離れた関係でした。また、興味深いことに、曲が作られてから10年後の1991年初期に、プリンスはこの曲の追加レコーディングを行っているらしいです。プリンスをそのように駆り立てたのは、もちろんマイテとの出会いだと思われます。ただ、さすがに曲を使い回すことはせず (笑)、同じ年の12月にプリンスは同じテーマの歌詞で「The Morning Papers」を書いています。


この曲を聴くと、プリンスの声の若さに気を取られずにはいられません。もしプリンスの子供が生きていたら、今は丁度これくらいの年頃になる計算です。少し心が締め付けられる思いがします。

余談になりますが、マイテの本「The Most Beautiful: My Life with Prince」には、若かりし頃のプリンスへの思いが綴られているページがあります。1985年の MTV インタビューについて言及されている箇所です。一部を簡単に訳して紹介します。

1985年の MTV インタビューでのプリンスは、柔らかく思慮深い話し方をしています。その物静かに注意深く言葉を選ぶ様子は、後に私が見た、彼が作詞をする時に言葉を選ぶ様子とよく似たものでした。後に私が妻になりお腹の中に赤ちゃんがいた頃、赤ちゃんがゆっくり伸びをしたり自転車こぎをするようにお腹を蹴ったりするので目を覚ますと、プリンスがピアノを弾く音が聴こえたものでした。私はベッドからシーツを取り、それをサリーのように体に巻き付けて、曲を作りながら言葉を探る彼の元へ行き、同じピアノベンチに並んで座ったものでした。

あの MTV インタビューは、プリンスのそんな穏やかな言葉の探索の、よりフォーマルなバージョンといえます。あのインタビューのプリンスはとても若く、それを見ると私は心の痛みを感じずにはいられなくなります。私たちの息子はもうすぐあの時のプリンスと同じくらいの年齢に達するはずでした。彼もきっと、父親のような豊かな唇と黒い瞳で、父親と同じくらい思慮深い話し方をしてくれただろうと思います。

このインタビューの一部は過去にブログで取り上げています。

I believe in God. There is only one God. And I believe in the afterworld. And I just want people to know that I'm very sincere in my beliefs. And I pray every night and I don't ask for much, I just say "thank you".

僕は神を信じている。神は唯一の存在だ。そして僕は死後の世界を信じている。僕はとても誠実な信仰心を持っていることを皆に分かってほしい。そして僕は毎晩祈りを捧げている。多くを望んだりはせずに、ただ「ありがとう」と言うんだ。



She's just a baby, a baby
But she's my lady
My lover, my only friend
彼女はまだベイビーさ、そうベイビー
だけど僕のレイディー
僕の恋人、一人だけの友達

She's just a baby
But maybe she'll understand
That I am made of a true love
That will never end (Hey, hey)
彼女はまだベイビーさ、でもメイビー
彼女は分かってくれるだろう
決して終わらない真実の愛で
僕が出来ていることを

People don't understand what she sees in an older man
They never stop 2 think that maybe I'm what she's lookin' 4
皆には分からないんだ
この年上の男の中に彼女が何を見ているのか
皆は考えようともしない
僕こそが彼女の求めているものかもしれないんだって

They never take the time 2 look into her mind
They just keep on sayin' she's just a baby
But maybe one day they will see
She's not such a baby, no baby is she
She's just in love with me
皆は彼女の心の中をちゃんと分かろうともしない
皆は彼女はまだ子供だって言うだけ
でもいつの日か皆にも分かるかもしれない
彼女は子供なんかじゃないって
彼女はただ僕を愛しているのさ

She's just a baby, a baby
But she's my lady
I know there are some things she'll never see
彼女はまだベイビーさ、そうベイビー
だけど僕のレイディー
確かに彼女にはまだ見えないものだってあるさ

She's just a baby
But maybe one day she'll see
Although she's young
She's the only one that can bring out the man in me
Can't U see? Yeah
彼女はまだベイビーさ、でもメイビー
いずれ彼女も分かってくれるだろう
彼女はまだ幼いけれども
僕の中の男を引き出してくれる唯一の女性なんだ
分からない?

People don't understand what she sees in this lonely man
Don't they know that everybody needs somebody sometime? Oh
皆には分からないんだ
この孤独な男の中に彼女が何を見ているのか
皆には分からないんだろうか?
誰だって時には誰かに支えてほしいって

I give her all I can
But the people don't give a damn
They just keep on sayin' that she's just a baby
But maybe one day they will see
She's not such a baby, no baby is she
She's just in love with me
Oh no, no, no, yeah
彼女のためなら僕は出来る全てのことをやる
でも皆は取り合おうともしない
でもいずれ皆にも分かるだろう
彼女は子供なんかじゃないって
彼女はただ僕を愛しているのさ