「Race」は1994年のアルバム「Come」に収録されている、軽快でファンキーな曲です。また、アルバム発表前に放送された TV ムービー「The Beautiful Experience」にも収録されています。

唐突ですが、私はアルバム「Come」に "白いブラックアルバム" みたいなイメージを持っています。「Come」の一部の曲を聴くと、何となく「Black Album」が脳裏にちらつくのです。しかしながら、それでいて両作品の与える印象は大きく異なります。「Black Album」には「プリンスはファンキーじゃなくなった」と主張する批評家達を黙らせようというネガティブな感情が根底にありました。それに対し、「プリンスは死んだ (そしてシンボルに生まれ変わった)」と宣言する「Come」には一部ダークな曲もありますが、全体としてポジティブな爽快さを感じます。特にほぼ最終曲の「Letitgo」が流れると、暗い雨雲の間から光が差し込んできたかのような清々しさを感じます。そんなポジティブさがあるためか、アルバム「Come」は年月を経るほどに良さが熟成されるタイプの作品ではないかという感覚が私にはあります。

ちなみに、「Black Album」が脳裏にちらつく曲というのを具体的に言うと、奇妙にぶっ飛んだ「Loose!」は「Superfunkycalifragisexy」、ゆったりうねるような「Letitgo」は「Rock Hard In A Funky Place」、そして軽快でファンキーな「Race」は「Cindy C」、といった具合です。「Race」は全体の雰囲気や、コーラスのバックのホーンなどがちょっと「Cindy C」を思い起こさせます。そして、それぞれの曲が「Black Album」よりもポジティブな感情で上書きされているように感じます。


「Race」は楽曲の良さもさることながら、歌詞もとても素晴らしいです。

Race - in the space I mark human
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける

コーラスのラインで出てくるこの歌詞は、何かの書類で人種や民族を記入するときに、例えば「黒人」や「アジア人 - 日本」などを選ぶのでなく、「人間」と記入するという意味です。

prince-race-census

ちなみにプリンスは、「人種分離主義者達は速く話しすぎて自分でも言っていることを理解できない」と歌っておきながら、そのすぐ後の「Of all the things...」を、私にとってはものすごい早口で歌います。速すぎて私には何と言っているのかきちんと聞き取れません・・・


G-G-Gimme the beat now (Face the music)
Lead line (Face the music)

If the air is a little thick in this room tonight
I reckon it's the result of an onslaught of separatist rookies
Overcome by this colorful sight
Talkin' so fast that even they
Talkin' so fast that even they don't know what they mean
今夜この部屋の空気が淀んでるというのなら
それは襲来した新参の分離主義者達が
色鮮やかな景色に圧倒された結果だろう
奴らは速く話しすぎて
奴らは速く話しすぎて自分でも言ってることを理解できないのさ

Of all the things 2 base a rhyme
How is it that U every time
Regurgitate the racist lines that keep us apart?
Thank God this ain't Monopoly
U'd make us all go back 2 start
詩を紡ぐ言葉はいくらでもあるというのに
なんでいつも僕らを切り離す差別的な言葉を繰り返すんだ?
モノポリーじゃなくて良かったよ
これじゃスタートに戻ってしまう

Race - in the space I mark human
Race - face the music, we all bones when we dead
Race - in the space I mark human
Cut me, cut U, both the blood is red
I gotcha
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける
人種 - 音楽と向き合おう、死ねば僕らはみんな骨さ
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける
僕を切っても、君を切っても、どちらも血は赤いだろ

Check it
Three seats over there's a lady black
Entrusted 2 her care is a little white girl
And the fact of the matter is
Before her mom or another kid at school
Tells her about the fallacy that one race rules over the other
She'd be a much-better-off-left fool
見なよ
3席向こうにいる黒人女性を
彼女は幼い白人少女の世話に従事している
論ずるまでもない事実として
その子の母親や学校の他の子から
一方の人種が他方を支配するという誤謬を吹き込まれる前に
その子はそんな話を教わることなく無知でいる方がよかったのに

If we never heard about the evils that those before us committed
Then how my dear, tell me now how my dear
Tell me now how now would we know?
僕らの先祖達の道義に反する行為を聞かされさえしなかったら
ならばどうやって、どうやって
どうやって僕らがそれを知ることがありえただろう?

And then the band say...
Race - in the space I mark human
Race - face the music, we all bones when we dead
Race - in the space I mark human
Cut me, cut U, both the blood is red
I gotcha
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける
人種 - 音楽と向き合おう、死ねば僕らはみんな骨さ
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける
僕を切っても、君を切っても、どちらも血は赤いだろ

Down down with H-I-S-T-O-R-Y and all this BS propagandi
Keepin' U from me and me from U as we grow
I don't wanna know why those before us hated each other
歴史と戯言のプロパガンダによって
僕らは成長するにつれ互いに切り離されていく
なぜ先祖達が憎み合っていたのかなど僕は知りたくない

I'd rather believe they never did
I'd rather believe, that there's hope 4 a kid
And if he imitates the best, I guess that's what I'll try 2 be
And I will let the rest dissolve with my guitar underneath the sea
それよりそのようなことはなかったと僕は信じたい
それより子供に希望があると僕は信じたい
そして子供が最善を真似るなら、僕はそれを目指したい
残りは僕のギターと一緒に海の底に溶かしてやるさ

Race - in the space I mark human
Race - face the music, we all bones when we dead
Race - in the space I mark human
Cut me, cut U, both the blood is red
Get it?
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける
人種 - 音楽と向き合おう、死ねば僕らはみんな骨さ
人種 - 僕はその欄に「人間」とマークを付ける
僕を切っても、君を切っても、どちらも血は赤いだろ