プリンスとヘッドホンに関する記事の最後に、私の持っているヘッドホンやイヤホンの話をします。とりあえず書きましたが、後で画像はネットから引っ張ったのではなく自分のものに置き換えようと思います。

ヘッドホン: ゼンハイザー HD598 (愛称 プリン)

ここまで色々なことを書いてきましたが、実を言うと、私は昨年の夏頃になって、生まれて初めてヘッドホンを買いました。いざプリンスを聴き直し始めたら、やっぱりヘッドホンはどうしても欲しくなって、オープン型ヘッドホンで良さげなものを探した結果、ゼンハイザー (Sennheiser) HD598 という製品を買いました (レビュー数がより多い、中古品ページのリンク)。また、付属ケーブルは 3m と長いので、1.2m の純正ショートケーブル HD5X8-CABLE も一緒に買いました。

せっかく買うならまともなヘッドホンを、ということで HD598 を選んだのですが、真の決め手となったのは、その愛称です。実は、このヘッドホンはその独特な配色の見た目から、「プリン」という愛称で呼ばれているらしいのです。この決定的な理由のため、購入にあたって他の選択肢を考えることはありませんでした。

headphones-hd598

このヘッドホンは、さすがその愛称に恥じず、プリンスの音楽が心に染み入るように響きます。購入してから知ったのですが、このヘッドホンの特徴は、どうやらマイルドな聴き心地の良さにあるようです。「3121」の一部の曲など、サウンドがキツくて少し苦手だった曲も、なるほどこれで聴くとトゲが取れて、心地良く聴くことができます。個人的に、音質には 100% 満足しています。もちろん見た目にも満足しています。これ以上美しいヘッドホンは他には存在しないのではないかとさえ思います。

ちなみに、現在は後継製品のゼンハイザー HD599 が発売されているため、今後、このヘッドホンは新品の入手が難しくなるかもしれません。私は昨年ヨドバシのオンラインショップで購入したのですが、現在ヨドバシでは既に取り扱いが終了しています。ただし、現在 HD598 は少し安くなっており、新品でも2万円代前半の値段で入手できるようです。私が買ったときは、3万円近くが相場でした。

後継の HD599 も同系統の配色ではあるものの、残念ながらプリンっぽさが薄れています。ただ、音質や装着感のみを基準にするならば、新しい製品の方で全く問題ないと思います。

イヤホンいろいろ

ついでなので、イヤホンの話もします。使いたいときにうっかり忘れるのが嫌なので、イヤホンは使用場面毎にいくつかの製品を使っています。

もともと私は、普段の通勤時などは、有線イヤホンの Audio-Technica ATH-CKR5 を使用していました。いつどこで買ったのかも忘れてしまいましたが、5,000円未満の製品です。元々は音楽を聴くことは考えておらず、スマホで海外ドラマなどを見るために買ったものです。CKR シリーズのこれくらいのグレードの製品は丁度良いコンパクトさで、持ちやすい形状で装着もしやすく、個人的に愛着があります。また、Audio-Technica のイヤホンは、イヤパッドがしっかり本体に付いていて、経験上かばんの中に無造作に入れてもイヤパッドが外れることがないところも気に入っています。

しかしプリンスを再び頻繁に聴くようになり、もう少し良いイヤホンがないかと物色し、そして購入したのが、ゼンハイザー IE60 (2万円未満) です。本当はもっと低い予算を考えていたのですが、店頭で試聴して選んだらこれになりました。どんな音楽にも対応できるようなバランスの取れた製品です。発売が2011年と結構古く、音のトレンドが古いというレビューもあるようですが、個人的には音質に関してはかなり満足のいく製品だと思います。ただ、個人的にはひとつ難点があって、これはシュア掛けといって、逆さにして耳にコードを引っ掛けて装着することが想定されたイヤホンです。これは人によってはメリットなのかもしれませんが、外にいるときに咄嗟に着けたり外したりできず、また、持つところの形状が平べったいのが微妙に不便なので、私は基本的に外では使わず家で使用しています。また、耳に引っ掛けるのは面倒なので、私は普通に装着して使っています。

それで結局、現在通勤時などに使っているのは Autio-Technica Sound Reality ATH-CKR70 (1万円未満)です。高級イヤホンと較べたら感動するほど音が良いわけではないのでしょうが、個人的にはこれで特に不満はありません。CKR シリーズはこれよりグレードが高くなると、2万円や4万円と価格が跳ね上がるのと、ややバルキーになってコンパクトさが失われるので、私はこれを使っています。

また、私はずっと、ジムでトレーニングするときは何も聴かない派だったのですが、今年になってトレーニング用に Bluetooth のイヤホンを買いました。私は、TaoTronics の TT-BH07TT-BH16 の2つを持っています。どちらも3,000 円程度のリーズナブルな製品です。この2つは、同じメーカーの製品で、価格帯も同程度であり、レビューを読んでもあまり違いが分からないのですが、実際に比較すると使用感も音質も大きく異なります。TT-BH07 のケーブルは、いわゆる平べったいきしめんケーブルなのですが、これが割と摩擦の大きな素材で、装着しているとどこかしら引っ掛かる感じがあり少々気になります。また、音質も軽くて安っぽいです。モノとしての扱いやすさも、音も、断然 TT-BH16 の方が良いと思います。ただし、TT-BH16 の音は値段相応で濁って潰れた感じがします。

それぞれのイヤホンを印象で格付けすると、次のような感じです。結局のところ、プリンスの場合、イヤホンで聴くことそれ自体に十分な意味があるので、私はあまり音質にこだわりは持っていません。それよりも、イヤホンは使いたいときに忘れずにそこにあることが重要なので、使用場面毎に決めた場所に置いておいて、どれも日常的に使っています。

TaoTronics TT-BH07 / 3,000円弱 / Bluetooth
ちょっとした小川のせせらぎに棲むカワニナ。小粒だがそれなりに音はクリア。休日のジムで使用。
TaoTronics TT-BH16 / 3,000円前後 / Bluetooth
田んぼに棲むタニシ。音が濁っているが、存在感はある。平日のジムで使用。
Autio-Technica ATH-CKR70 / 10,000円未満 / 有線
サイゼリヤのエスカルゴ。個人的には十分満足。値段に抵抗があれば5,000円未満の CKR5 (後継: CKR50) でも OK。普段の通勤時など、最もよく使用。
Sennheiser IE60 / 20,000円未満 / 有線
炊きたてのご飯。粒が艶やかに立っていて、クセがなく飽きずに食べられる。家で使用。