「Interactive」は、1993年に作られた曲で、1994年の TV ムービー「The Beautiful Experience」や CD-ROM ゲーム「Interactive」に収録された曲です。また、1994年の「Come」や1995年の「The Gold Experience」の制作過程の構成曲にも含まれていましたが、最終的にはアルバムから外されています。また、後の1998年の「Crystal Ball」には第2ヴァースが省かれていないバージョンが収録されています。私は1994年当時に TV ムービーを通してこの曲を知りました。少数意見かもしれませんが、個人的には「Interactive」はかなり傑出した曲だと思っています。

プリンスの特徴のひとつに、「プリンスはよく突然変異を起こす」というのがあります。しかし、1980年代には毎年のように起こっていたこの現象も、1991年の「Diamonds And Pearls」からプリンスを聴き始めた私にとっては馴染みのないものでした。その後の「Love Symbol」や「The Hits / The B-Sides」も基本的に1991年からの延長線上にあったので、私のプリンス像はその線で固まりつつありました。

そんな1994年のある日のことです。TV ムービーを観た私は、遂にプリンスの突然変異をリアルタイムで体験することになりました。そこにはそれまで知っていたはずのプリンスはいませんでした。替わりにそこにいたのは、それまで見たこともない、容姿もサウンドも突然変異を起こしたプリンスだったのです。そして、このビデオで最初に登場し、私に強い衝撃を与えたのがこの曲「Interactive」です。プリンスが奇声を上げながら流れるイントロだけで殆ど私はノックアウトされました。私のこの曲に対する特別な思い入れは、このミュージックビデオが強く影響しています。

prince-the-beautiful-exp-1

「Interactive」ではプリンスの顔が殆ど分からないので、ビデオの次の曲「Days Of Wild」からの画像も貼ります。これもなぜアルバムから外されたのか理解できないカッコいい曲です。

prince-the-beautiful-exp-2

それにしても、この TV ムービーはずいぶんと時代を先取りしていました。1994年なのでパソコンが一般家庭に普及する前の、まだ Windows 95 や 98 すら存在しない時代です。そんな時代に、ノーナ・ゲイが孤独なひきこもり生活を送る女性を演じ、コンピュータでインタラクティブ/双方向なコミュニケーションを行いながら、現実とも虚構ともいえない不思議なオンラインの世界にのめり込んでいく、というプロットでストーリーが進行していきます。ノーナのコンピュータ (エンドルフィン・マシーン) のキーボードには当たり前のように Come キーが配置されているのが今になって見ると面白いです。

the-beautiful-experience-come-key

ノーナ・ゲイ: It's not working. (上手く動かないわ)
オペレータ: Did you press 'Come'? (「Come」は押しましたか?)

オペレータ: That was just an example of the many experiences the Dawn has to offer. If you would like to continue the Interactive Experience, please press 'Come'. (これはザ・ドーンが提供する数多くの体験のほんの一例です。このままインタラクティブ・エクスペリエンスを続けたい場合は、「Come」を押してください。)

ところでミュージックビデオに出てくる一つ目の巨人、Dirty Mind 期のプリンスも真っ青な変態コスチュームを着て、岩石を放り投げるなど粗暴な振舞いをしていますが、あれはおそらく仕方なしに役を演じているのではないかと私は想像しています。プリンスのビデオに出演するくらいなので、きっとあの巨人は本当は優しい心を持っており、森に帰ればリスや小鳥たちと遊んだりしているのだろうなと密かに思ったりしています。

prince-the-beautiful-exp-3

Are you ready?
準備はいい?

Picked up my paper today
Give you one guess what they say
Now we got to learn how to play
Interactive
今日の新聞を手に取ったんだ
何が言いたいか分かったかな
僕らは学ばなくちゃいけないんだって
インタラクティブを

Another cross in need of a road
Another loop in need of a hole
Another body in need of a soul
Interactive
あの交差点も道路を必要としてる
あの輪っかも穴を必要としてる
あの肉体も魂を必要としてる
インタラクティブ

Ain't that a bitch?
ヤレヤレだぜ

Tell me what to do and I'll do it
I don't care just as long as we get to it
Up and down, around and all through it
Baby, baby, baby, let's do it
Interactive
何をすればいいか言ってみてよ - 僕はするから
一緒にするならそれで文句はないさ
上も下もどこもかしこも徹底的に
ベイビー、さあやろう
インタラクティブ

Everything you got is so hot
Bend me over what choice I got
Neck and neck with you I am not
Interactive
君はどこをとってもタマらないよ
僕を屈服させてよ、他に何の選択があるの
競り合うようじゃダメなのさ
インタラクティブ

Ahh, hey there baby, hook me up into your box
No no, I don't need the keys to the lock
Call me out of luck laughing stock
Interactive
ヘイ、ベイビー、君の箱に僕を閉じ込めておくれよ
いやいや錠の鍵は要らないよ
運の尽きをからかえばいいさ
インタラクティブ

Oh, ain't that a bitch?
ヤレヤレだぜ

Tell me what to do and I'll do it
I don't care just as long as we get to it
Up and down, around and all through it
Baby, baby, baby, let's do it
Interactive
何をすればいいか言ってみてよ - 僕はするから
一緒にするならそれで文句はないさ
上も下もどこもかしこも徹底的に
ベイビー、さあやろう
インタラクティブ

(As long as we get to it, to it, to it)
Yeah, yeah
I work twice as hard (Interactive, interactive)
To follow you no matter how far
To you I'm probably worth no more than the strings on this guitar
僕は2倍増しで努力する
どこまでも君について行くために
君にはこのギターの弦ほどの価値しかなくてもね

Ain't that a bitch?
ヤレヤレだぜ

Ow!
Interactive
Oh, oh
One more, one more