You know, I wrote this while I was looking in the mirror, right?
知ってるよね? 僕は鏡に映る自分を見ながらこの曲を書いたんだよ。

プリンスは弾き語りでこの曲を歌いながらこのように言いました。「Cream」は1991年のアルバム「Diamonds And Pearls」からの全米 No.1 ヒット曲です。ちなみにこの発言は下にリンクした動画で14分10秒頃にしています。動画は2004年「Musicology」の時期のものです。

個人的に、上に引用したプリンスの発言にはなかなか考えさせられます。というのも「Cream」という曲は、単純な曲の意味を越えて、まさに自分を映し出す鏡のようだと私には感じられるのです。この曲、引いてはプリンスという存在を突き出されたとき、それをひとつの芸術が形を成したものであると受け止め、生きることへの讃歌を感じ取るのか、それとも批評家のようにシニカルな態度で冷笑するのか。これは自分が心の底でどちら側の人間なのかを試すような曲だと思います。もしこの曲を語る言葉に棘や毒が見え隠れするとしたら、それはこの曲ではなく、その人自身の内面を映し出しているのだろうと私は感じます。

と、初めてこの曲を聴く人には、私がなぜこんなことを言っているのかと思うかもしれません。知らない人のために補足をすると、実はこの曲のタイトルは婉曲的にある別なモノを指しているようにも受け取れるのです。ピンと来ない方もいるかもしれませんが、それをはっきり言わないことがこの曲の味わいを深めている面もあるので、私もぼかした説明に留めておきます。とにかく、この曲が別な意味で解釈可能なことから、それをことさら強調してこれを下賤な曲だと切って捨てる人も中にはいるでしょう。しかし私は、このことも含めて、いや、だからこそこの曲は素晴らしいと思います。考えてもみてください。こういう含みを持たせつつ、こんなにチャーミングに仕立て上げられた人生讃歌って他にあるでしょうか? この曲は紛れもなくプリンスの傑作のひとつであり、同時にプリンスが唯一無二のアーティストであることを改めて思い知らしめる曲だと思います。

ちなみに、私はこの曲が下賤だとは全く思いません。それどころか逆に、「上品なプリンスの曲は?」と訊かれたら、私は真っ先にこの曲を思い浮かべます。なんだか感覚が変だと思われそうですが、この曲のミュージックビデオを見てみてください。白いシャツにお洒落なベストとネクタイを着こなすプリンスは、凄く上品で紳士的だと思いませんか?


この曲がリリースされた当時中学生だった私は、リアルタイムではなぜこの曲がヒットしたのか理解に苦しんだものでした。しかし、大人になり、年月を重ねてじわじわとこの曲の素晴らしさを実感できるようになりました。"Filthy cute" なんてどう日本語に訳せば良いのか分かりませんが、この曲の歌詞は本当に最高だと思います。

U are fine (Fine)
U're filthy cute and, baby, U know it
君はイかしてる - 君はとびっきり魅力的で、自分でも知ってるはずさ

Make the rules (Rules)
Then break 'em all cuz U are the best
ルールを作りなよ、そして全部破っちゃえ、だって君は最高なんだから

この曲のミュージックビデオには、最初の寸劇で女性がセクシーな口調でクリームソーダを頼むシーンがあります。この台詞のためか、私はこの曲を聴くときクリームソーダを思い浮かべます。底に沈めようとしても、"クリーム - シュ・ブギー・バップ♪" と反発しててっぺんに浮かんでくるアイスクリーム。コーラスの歌詞とイメージがぴったりだと思います。

この曲の音楽の方は、ブギーという言葉も出てきますし、下地は古いアメリカの音楽といった感じがします。しかし下地が古いからといって、この曲が古臭いかと言われれば、そうは感じません。リリースから25年以上経った今聴くと、リリース当時よりもむしろ音は新しさを増しているのではないかとさえ感じます。コーラスのときに鳴る前作「Graffiti Bridge」の「Shake!」みたいな音もとても良いです。1986年の「Kiss」にも言えることですが、「Cream」もまた、古い音楽をルーツとしながらも時代を超越した特別な場所に存在する楽曲だと思います。こういった時代の超越感というのもまたプリンスの音楽の特徴のひとつであり、プリンスの音楽の凄いところだと思います。


This is it
It's time 4 U 2 go 2 the wire
U will hit
Cuz U got the burnin' desire
It's your time (Time)
U got the horn so why don't U blow it
U are fine (Fine)
U're filthy cute and, baby, U know it
さあいよいよだ - 遂に達する時が来たんだ
上手く行くさ - 君には燃え上がる欲望があるんだから
君の時間だ - ホーンがあるなら吹き鳴らさなくっちゃ
君はイかしてる - 君はとびっきり魅力的で、自分でも知ってるはずさ

Chorus:
Cream - Get on top
Cream - U will cop
Cream - Don't U stop
Cream - Sh-boogie bop
クリーム - てっぺんに登って
クリーム - 掴み取るんだ
クリーム - やめたりしないで
クリーム - シュ・ブギー・バップ

U're so good
Baby, there ain't nobody better (Ain't nobody better)
So U should
Never ever go by the letter (Never ever)
U're so cool (Cool)
Everything U do is success (Ooh)
Make the rules (Rules)
Then break 'em all cuz U are the best
Yes U are
君はとてもイイよ - 誰だって君には敵いやしない
だから絶対、指図に大人しく従っちゃだめ
君はイカしてる - やることなすこと全てが成功
ルールを作りなよ、そして全部破っちゃえ、だって君は最高なんだから

Chorus:
Cream - Get on top
Cream - U will cop
Cream - Don't U stop
Cream - Sh-boogie bop
クリーム - てっぺんに登って
クリーム - 掴み取るんだ
クリーム - やめたりしないで
クリーム - シュ・ブギー・バップ

Look up in the air, it's your guitar
見上げてごらんよ、君のギターだ

Do your dance
Why should U wait any longer?
Take your chance
It could only make U stronger
It's your time (It's your time)
U got the horn so why don't U blow it (Go on and blow it)
U're so fine (U're so fine)
U're filthy cute and, baby, U know it, U know it (U know it, U know it)
自分のダンスを踊るんだ - これ以上何を待つ必要があるんだい?
とにかくやってみるのさ - それで君は強くなるんだから
君の時間だ - ホーンがあるなら吹き鳴らさなくっちゃ
君はイかしてる - 君はとびっきり魅力的で、自分でも知ってるはずさ

(Come on)
Cream - Get on top
Cream - U will cop
Cream - Don't U ever stop
Cream - Sh-boogie bop
クリーム - てっぺんに登って
クリーム - 掴み取るんだ
クリーム - やめたりしないで
クリーム - シュ・ブギー・バップ

Cream {x2}
Cream - Sh-boogie bop
Cream {x2}
Right there
Cream - Don't U stop
Cream - Sh-boogie bop
Boogie
Cream - Sh-boogie bop {fade out}
Cream, baby