先日の記事で、ようやく私が選ぶ曲の筆頭2曲、「Goodbye」と「Condition Of The Heart」を取り上げましたが、まだプリンスについて思うことのごく一部しか書けていないような気がします。そして、あれやこれや中途半端に書いているうちにまた割り込みが入りました。言うまでもなく、その割り込みとは、6月23日に発売された「Purple Rain Deluxe」のセットのことです。

実は私はまだ「Purple Rain Deluxe」を殆どまともに鑑賞できていません。色々と複雑な感情があったり時間が取れなかったりというのもありますが、一番大きな「壁」は未発表曲を収めた Disc 2 の存在です。何というか、Disc 2 の一部の曲があまりにも凄すぎるため、そこで止まってしまい、他のディスクまで手が回らない状態です。

その Disc 2 から、「Computer Blue (Hallway Speech Version)」を取り上げます。


全体で12分超にも及ぶ「Computer Blue (Hallway Speech Version)」は、本当に途轍もない曲です。プリンスの作品という枠に留まらず、音楽史上においても傑出した一曲であり、おそらく、これに比類する曲は、探してもまず出てこないと思われます。例えばプログレの大作など、長尺曲で名作と崇められている曲も世の中には色々とあると思いますが、表現されている世界の深さにおいて、この曲はそれらとは一線を画していると思います。私には、音楽史上、Computer Blue の Hallway Speech Version に肩を並べる曲が存在するとは思えません。

しかも、プリンスはこれほどの曲を30年以上も前に作っておきながら、これまで私たちは、ブートレグ、つまり流出した盗品という形でしかこの曲を聴くことができなかったわけです。

ちなみに、意味を知らずに音楽を聴くというのは罪深いもので、短く編集されたアルバムバージョンの「Computer Blue」しか知らなかった頃、私はこれをはウェンディとリサの同性愛を歌っただけの曲だと勘違いしており、なぜ曲があのような SF チックなテイストになっているのかを理解できませんでした。この曲のせいでアルバム全体に80年代の古臭さが生まれているような感じがして、昔はこの曲があまり好きではありませんでした。本当に知らないというのは罪深いものです。

アルバムバージョンの「Computer Blue」は、意味さえ分かればその素晴らしさに気付くのですが、あれを聴いただけでは表現されている世界がなかなか見えてきません。アルバムバージョンでは、冒頭のリサとウェンディのやり取りの後、ヴァースとコーラスを1回だけやると歌のパートはもう終わりです。その後はギターの展開になり、映画ではウェンディがプリンスの前で膝立ちになるシーンになります。続いて格好良いけれども短すぎる「Father's Song」のギターがあり、それを抜けると展開が最初に戻り、プリンスが叫んで曲は終わってしまいます。

それでは短く編集せずに「Hallway Speech Version」をそのままアルバムに収録していたらどうかというと、それもマズい気がします。それだと、単に「Take Me With U」を入れる余裕がなくなるというだけでなく、映画の中では聴衆を白けさせる役割を持った「Computer Blue」が、アルバムでは逆に突出した傑作としてメインの座に居座ってしまうことになります。おまけにもうひとつの白け役を担った曲である「Darling Nikki」は、プリンスファンにこれを嫌いな人はいないと言っても過言ではないほどの、ある意味最高な曲です。これでは映画のストーリーが破綻してしまいます。

とにかく、「Hallway Speech Version」を聴くと、それまでアルバムの短いエディットでは分からなかった世界がはっきりと見えてきます。なぜこの曲がこんなに SF チックなのか… それは、最早今更な話ですが、それが曲のテーマそのものだったのです。このバージョンでは様々なメロディやノイズが「可哀そうな独りぼっちのコンピューター/SF ロボット」の悩みや苦しみとして、深い意味を持って生命を与えられます。プリンスの最後の叫びも、これほど深い意味があったのかと、はっとさせられます。

なお、この曲にはより長い14分のバージョンも存在します。スピーチなどが入っていないことから、完成版はどちらかというとこの「Hallway Speech Version」の方なのだと想像しますが、最後、コンピューターが壊れた後のノイズが、途中とても切ない感じになりながら3分くらい続くなど、これはこれで興味深いバージョンになっています。


[Spoken Intro - Lisa Coleman and Wendy Melvoin]
Wendy?
Yes, Lisa?
Is the water warm enough?
Yes, Lisa
Shall we begin?
Yes, Lisa
ウェンディ?
はい、リサ?
お湯の加減は丁度良いかしら?
はい、リサ
じゃあ始めましょうか?
はい、リサ

[Verse 1 - Prince]
Where is my love life?
Where can it be?
There must be something wrong with the machinery
僕の恋愛生活は何処にあるの?
何処にあるっていうの?
これは機械が何かおかしいに違いない

Where is my love life?
Tell me, where has it gone?
Somebody please please tell me what the hell is wrong
僕の恋愛生活は何処にあるの?
何処へ行ってしまったの?
お願い誰か、一体何がおかしいのか教えて

[Chorus - Prince]
Till I find the righteous one
Computer blue
Till I find the righteous one
Computer blue
最愛の人に出会えるまで
コンピューター・ブルー
最愛の人に出会えるまで
コンピューター・ブルー

[Verse 2 - Prince]
Where is my baby?
Where can she be?
Somebody please, please tell me what is wrong with me?
僕の愛する娘は何処なの?
何処にいるの?
お願い誰か、一体何がおかしいのか教えて

Where is my baby?
Tell me, where has she gone?
Somebody please, please tell me what the hell is wrong?
僕の愛する娘は何処なの?
何処へ行ってしまったの?
お願い誰か、一体何がおかしいのか教えて

[Chorus - Prince]
Till I find the righteous one
Computer blue
Till I find the righteous one
Computer blue
最愛の人に出会えるまで
コンピューター・ブルー
最愛の人に出会えるまで
コンピューター・ブルー

[Solo]
[Ad lib]
(Father's Song のギターパートなど)

The computer's on the verge of breakdown!
コンピューターは今にも故障で止まりそう!

Come on
Aw baby, don't make me...
ああ
よしてくれよ…

[Spoken Interlude - Wendy Melvoin & Lisa Coleman]
Poor lonely computer
It's time someone programmed you
It's time you learned love and lust
They both have four letters
But they're entirely different words
可哀そうな独りぼっちのコンピューター
貴方にプログラムを組込む時が来たわ
貴方が愛 (love) と欲望 (lust) を学ぶ時
それはどちらも4文字
だけど全く意味が違う言葉

Poor lonely computer
Poor, poor lonely computer
Do you really know what love is?
可哀そうな独りぼっちのコンピューター
哀れな哀れな独りぼっちのコンピューター
貴方は一体愛が何かを知っているの?

[Hook - Prince]
(Na, na, na, na, na)
Wave your hands in the air
Now everybody sing it (Na, na, na, na, na)
Everybody work out
Work out, work out (Na, na, na, na, na)
Everybody work out
Work out, work out (Na, na, na, na, na)
Everybody work out
(フック)

[Spoken Interlude - Prince]
He didn't like living home alone
The house where he lived had many hallways
It was a long walk to his bedroom
Because to him each hallway represented an emotion
Every one vastly different from the next
男は独りで住むのが好きではなかった
男の家には沢山の廊下があり
寝室まで長い道のりを歩かねばならなかった
各廊下は各々が別々の感情を象徴しており
どれをとっても他とは著しく異なっていた

One day while she was with him he decided to name each one of them
She was at his side, one hand on his thigh
No, wait
She was sort of half a step behind him
Yeah
ある日、女が訪れた時、男はそれぞれの廊下に名前を付けることにした
女は片手を男の太腿に添え、男の隣にいた
いや、というより
女は半歩ほど退いて男に付いていった

The grip on his thigh intensified as they walked slowly through the corridor
He named the hallway "Lust"
And as they passed thru the next one
He named it "Fear"
The grip she now loosened so he walked faster
二人がゆっくりと廊下を進むに従い、男の太腿を掴む女の力は強まった
男はその廊下を "欲望 (Lust)" と名付けた
二人が次の廊下を通り過ぎようとした時
男はその廊下 "恐れ (Fear)" と名付けた
女が太腿を掴む手を緩めたのを感じ、男は歩を速めた

Her hands now trembling
She let drop to her side as he wrote the word "Insecurity"
He looked in her eyes and smiled a demon smile
And quickly walked on to the next
女の手は震えだした
女が手を落とすと、そこで男は "不安 (Insecurity)" と記した
男は女の目を見つめると、悪魔の微笑みを浮かべ
素早く次の廊下へ進んだ

Corridor after corridor he named almost all when suddenly
He stopped
次から次へと廊下を通り、殆ど全てに名前を付けた時、突然に
男は立止まった

He picked up the word "Hate"
She was gone
男が選んだ言葉は - "憎しみ (Hate)"
女は去った

So he picked up the last one
"Pain"
そして男は最後の廊下に名前を付けた
"痛み (Pain)"

[Solo]
[Ad lib - Prince]
On the verge of a breakdown
What is life without love?
It's hell Computer Blue!
コンピューターは今にも故障で止まりそう!
愛のない人生って何?
それは地獄、コンピューター・ブルー!

[Modified Hook - Prince]
Father, Father, the sun is gone
(Father, Father) The dawn, the dawn
Father, Father, where is the dawn?
(Where is the dawn, Father?)
Na, na, na, na, na
Na, na, na, na, na (Na, na, na, na, na)
父よ、父よ、太陽が消えてしまった
父よ、父よ、夜明けが、夜明けが
父よ、父よ、夜明けは何処へ?
(再びフック)

[Verse 3 - Prince]
Should've go to church on Sundays
Should've stay home and pray
Should've try to make her happy
Should've try to make her stay
日曜日は教会に行くべきだったろうか
家から出ずに祈りを捧げるべきだったろうか
彼女を幸せにするように努めるべきだったろうか
彼女を留まらせるように努めるべきだったろうか

[Spoken Interlude - Wendy Melvoin & Lisa Coleman (Prince)]
Narrow-minded computer
(Somebody please, please tell me)
It's time someone programmed you
(Somebody please, please tell me what's wrong with me)
It's time you learned women are not butterflies
They're computers too
Just like you Computer Blue
(Where is my baby?)
狭量的なコンピューター
貴方にプログラムを組込む時が来たわ
貴方が女性達は蝶々ではないのだと学ぶ時
女性達だってコンピューターなのよ
ちょうど貴方のようにね、コンピューター・ブルー

Chauvinistic computer
It's time someone programmed you
(Na, na, na, na, na)
You fall in love too fast and hate too soon
And take for granted the feeling's mutual
(The feeling's mutual!)
We're computers too
Just like you Computer Blue
男尊主義なコンピューター
貴方にプログラムを組込む時が来たわ
貴方はすぐに恋に落ちてあっという間に憎しみに変えてしまう
そして相手も同じ感情を共有して当然だと考える
でも私達もコンピューターなのよ
ちょうど貴方のようにね、コンピューター・ブルー