「Breakdown」はライブバージョンとスタジオバージョンで少々雰囲気が変わります。ライブでは演奏のアレンジが異なるためかフワフワ感が薄れ、より生々しい雰囲気の曲になります。現在 YouTube に見つかるライブバージョンで音が良いのは2013年6月15日の Montreux Jazz Festival でのパフォーマンスです。

個人的に、これを聴いて毎回気になることがあります。特に最初のコーラスで顕著なのですが、音程が不安定になっているように感じられるのです。意図的にこう歌ったのかそうでないのかは分かりませんが、これはかなり珍しいことのように思います。少なくとも私はプリンスのこのようなボーカルは他に聴いたことがない気がします。また、そもそもプリンスは少し疲れているように見えます。プリンスは Montreux Jazz Festival に3日連続で出演し、このコンサートはその最終日に当たります。リハーサルなどを含めると、プリンスは相当な時間をパフォーマンスに費やしていることになります。一応プリンスの場合はそれが普通という話もありますが、とにかくこういうプリンスを目にするのは珍しいように思います。

もうひとつ見つかるのは、つい最近アップロードされた2013年4月15日のバンクーバーでのパフォーマンスです。これはこの曲が初めて披露されたコンサートになります。こちらのパフォーマンスは素晴らしく、個人的には文句ナシなのですが、惜しむらくはオーディエンス録音で音質が悪いです。


2013年 Montreux での「Breakdown」を聴いて思ったことに少々関連して、前回に続き、プリンスが聴いていた曲についてのスーザン・ロジャースの紹介と解説を再び取り上げます。今度は41分09秒頃から始まる、ホイットニー・ヒューストンの1985年のデビューアルバムに収録されている「You Give Good Love」です。

HEADPHONE HIGHLIGHTS - Dr Susan Rogers: Songs Prince Listened To - 2nd May 2017

続いて聴くのはホイットニー・ヒューストンの「You Give Good Love」です。当時、彼女のファーストアルバムは大成功を収め、よくラジオでかかっていました。プリンスもリハーサルやパーティなどで、時折彼女の曲をかけることがありました。

私は一度、プリンスにどうして彼女の音楽をそんなに気に入っているのか訊ねたことがあります。女性 R&B 歌手なら他にも数多くいるというのに、「なぜホイットニー?」と疑問に思えたのです。それに、これはいわゆる "コミュニティ" によって制作されたインダストリー・レコードです。これは多くの作曲者、多くのプロデューサー、そして多くのセッション奏者が関与して作り上げられた作品であり、そこに音楽的な冒険はありません。そのためどうしてホイットニーなのか、プリンスに訊いてみたのです。

するとプリンスはホイットニーを聴いて敬服していたことについて教えてくれました。プリンスの答えは一言でした。

「ピッチ」(音の高さや音程)

私がいぶかしげな表情で反応すると、プリンスは続けて言いました。

「彼女のピッチコントロールは信じられないほど素晴らしい / She has incredible, masterful pitch control」

これは現在では忘れてしまいがちなことです。なぜならば現在では、楽器の演奏や歌手の歌声は容易にピッチ補正を掛けて修正してしまえるからです。しかし80年代において、それは容易に実現できることではありませんでした。つまり当時、ラジオから完璧なピッチが聴こえてくるということは、その歌手自身が完璧なピッチで歌声を届けていることを意味したのです。彼女は本当に、本当に偉大な歌手でした。