前回までの記事では、少し気分を変え、私の「プリンス・三大普通の曲」を紹介しました。

ここからは平常運転に戻り、再びプリンスの数々の「最高傑作」を取り上げることにします。再開まず一発目は「Arrogance」です。

ん、何かおかしなことを言っているでしょうか?

大丈夫ですね。続けます。


「Arrogance」は1992年のアルバム「o(+> / Symbol」に収録されています。アルバムでは「Damn U」の演奏を終えた後に、プリンスとレポーターの Vanessa Bartholomew とのやり取りから雪崩れ込むように曲が始まります。1分35秒ほどの短い曲ですが、この曲を皮切りに、アルバムは怒涛の展開でクライマックスと終焉に向かいます。

この曲の歌詞に出てくる "pimp rag, tootsie pop and a cane" という言葉は、当時プリンスがよくしていたファッションから出てきたもので、"pimp rag" は頭に巻いたバンダナ、"tootsie pop" はあちらのロリポップキャンディ、"cane" は杖を指します。そして曲のタイトルは "Arrogance" (傲慢、横柄、尊大) です。本当に最高な曲です (笑)。

arrogance-pimp-rag-tootsie-pop-and-a-cane

{Damn U を歌い終えて}
That one's dedicated 2 all the lovers
That was beautiful
今の曲は全ての恋人たちに捧げます
美しい歌だったわ

This one's dedicated 2 the whores
What U just...
次の曲はアバズレたちに捧げます
ちょっと何て・・・

Pimp rag (pimp rag) - Check!
Just once will U talk 2 me?
ピンプ・ラグ (ピンプ・ラグ)
チェック!
一度でいいからまともに私と話をしてくれない?

Tootsie pop (toosie pop) - Check!
Not at me, not around me, not through me?
トッツィー・ポップ (トッツィー・ポップ)
チェック!
一方的に話すのでなく、はぐらかすのでもなく、無視するのでもなく

Raise your cane (cane)
杖を掲げよ (杖を)

What do U believe in?
God
あなたは何を信じているの?


Who is your God?
U
あなたの神は誰なの?
君さ

Is this reality or just another facade?
それは本気で言っているの?
それともまた偽りの皮を被っているの?

Why are U so arrogant?
あなたはどうしてそんなに傲慢なの!

(There he is)
(There he is)
(There he is)

What make a man wanna rule the world?
(A double A double arrogance!) (U got it)
Make him man enough 2 say he 50-50 girl
(A double A double arrogance!) (U got it)
What make a man wanna curse and swear?
(A double A double arrogance!) (U got it)
Then blame it on heaven cuz he already there
人はなぜ世界を支配したがるのか
五分五分で女性だと言えるほどの男らしさを身に付けられるのか
人はなぜ粗暴な言葉で罵るのか
ならば責めるのは天国さ、彼は既にそっちにいるのだから

Pimp rag, tootsie pop and a cane!
ピンプ・ラグ、トッツィー・ポップにケイン!

What make a man wanna play guitar?
(A double A double arrogance!) (U got it)
Same thing that make him wanna be a star
(A double A double arrogance!) (U got it)
What make him wanna see his name in lights?
(A double A double arrogance!) (U got it)
It was the same thing that made Eve take the first bite
人はなぜギターを弾きたがるのか
それは人がスターになりたがるのと同じこと
人はなぜ己の名に脚光を求めるのか
それはイヴが禁断の果実を齧ったのと同じこと

Pimp rag, tootsie pop and a cane!
ピンプ・ラグ、トッツィー・ポップにケイン!

{Crowd noise in the background vocals}
(There he is - get him!)
(Don't make me get up)

Like a flame she came and I was no longer cold
That's a little shady
4 this lady was only 16 years old
彼女は炎のように達し、以来僕は凍えることがなくなった
それってまずいんじゃないかしら
彼女はまだ16才なのでしょう