Dearly beloved
親愛なる皆さん
We are gathered here today
我々が今日集まったのは
2 get through this thing called... rehearsals
リハーサルと呼ばれるものをやり抜くためです

これは、ブートで出回っている、Diamonds And Pearls ツアーのリハーサル音源でのプリンスのセリフです。文字だけでは伝わらないのですが、実際に聴くと、口調が演説トーンになりきらないのが少し面白いです。こんなふうに、リハーサル音源で、プリンスが面白いことをしているのをいくつかピックアップしてみたいと思います。

Let's Go Crazy

これも「Let's Go Crazy」のイントロの演説で、Purple Rain ツアーのリハーサルからです。

Dearly beloved
親愛なる皆さん
We are gathered here today / 2 get through this thing called life
我々が今日集まったのは - 人生と呼ばれるものをやり抜くためだ
Electric word life / It means forever and that's a mighty long time
人生という電撃的な言葉 - それは永遠を意味するとてつもなく長い時間
But I'm here 2 tell U / There's something else
だけど僕は訴えたいんだ - 別なものがあるのだと

Yo Mom
それは君のママだ
A sexy woman with big legs, long hair, greasy lips, all that
セクシーな女性 - 大きな脚に長い髪、それに艶やかな唇、その他諸々

When Doves Scream

「When Doves Cry」のパンクバージョンです。これはつい最近まで YouTube にもあったのですが、今は見つからなくなってしまいました。Purple Rain ツアー中の1985年の音源です。

このバージョンは、プリンスのブートとして出回っていてもなお、プリンスだとは信じられないくらい正体不明な声で歌われていて唖然とします。実際、ネットを検索すると「誰が歌ってるの?」といった質問があったりします。プリンスは最後の方で一回叫びますが、いつものプリンス的な叫び声ではなく、本当にただの絶叫をします。原曲との乖離具合にどう反応して良いのか分からなくなるのですが、とにかく一度聴くと忘れられず、「プリンス」という概念の再考を迫られるような強烈なインパクトがあります。また、アレンジやボーカルだけでなく、歌詞も次のようにパンクっぽく変えて歌われています。

Dig if U will the picture of U and I engaged in some sex!
The sweat of your body covers me
Can U my darling, can U picture that???
Dream if U can a garage
.....
How can U just leaving standing alone in a world that's so f**king cold!
Maybe I'm just 2 demanding
Maybe I'm just like my f**king father 2 bold!
Maybe U're just like my f**king mama!
.....
This is what it sounds like when doves scream, AAAAHHHH!!!

D.M.S.R.

Dance, Mark, Sex, Hamburgers, Hot dogs, Pizza, Root beer!!! Pu$$y!
That's a perfect weekend!

これは1983年のリハーサルからです。5月頃には YouTube にもあったのですが、大分前に消されてしまいました。曲の始めにプリンスが「Dance, Music, Sex, Romance」のコーラスを改変してこう連呼し、バンドメンバーは戸惑いながらもついていきます。このやり取りはリサの反応がまた面白いです。プリンスが変な声で「Root beer!!!」と叫ぶと、リサも素っ頓狂な声で応えますが、最後のはさすがに「Pu$$y???」となります。

Still Would Stand All Time

Who's the fool singing "will"? It's "WOULD"!

これはリハーサルではなく、有名ブートの Small Club として知られる、1988年8月19日のオランダ Trojan Horse でのアフターショウからです。演奏しながら曲名を何度か言っているのに、バックボーカルで延々と "will" と歌うシーラ・E (?) にしびれを切らしてプリンスが言うセリフです。ちなみに、後のアルバム「Graffiti Bridge」(1990年) に収録されることになるこの曲は、この時点では歌詞もまだ適当で作りかけっぽいのですが、ギターソロがあったりとアルバムバージョンとは少し異なる趣きでなかなか良いです。

ちなみに昔は、「D.M.S.R」は容量の関係でアルバム「1999」の CD には収録されていなかったため、私はこのブートで初めて「D.M.S.R」を聴きました。そのため、「D.M.S.R.」といったら私は未だにこちらのバージョンの方に馴染みがあります。最初聴いた時は「こんな荒々しい曲はアルバムでは浮いてしまうので、道理で CD の収録曲からもれてしまうわけだ」と思ったのですが、後に全曲収録された「1999」の CD を買い直したら、アルバムバージョンの「D.M.S.R」は「1999」全開なサウンドでびっくりしました。

聖者の行進 (When The Saints Go Marching In)

これは1984年12月の音源で、「聖者の行進」でのボーカルウォームアップです。プリンスは "Trust me, I'm a musician" と言ってピアノをポロロンと弾いて "アーーー" と発声したり、聴いているだけで楽しい気分になります。これだけまだ YouTube に残っているのでリンクします。

また、prince.org のスレッドで会話の内容が紹介されていたので引用します: prince.org/msg/7/104581

Prince: Alright, let's have vocal rehearsal first. Ready? Matt, Wendy... first, me and Matt, "When The Saints Go Marching In," ok? Did you warm your voice up before you came here? Sure you did, trust me, I'm a musician, aaahhhhh!

Prince: You know that song?
Wendy: No
Prince: You'll learn it. You know who the Rolling Stones are? (laughs) Nope!

Prince: (Prince recites the lyrics to them). If you want to hit a harmony it's fine with me.

Prince: I can't hear ya.
Matt (Dr. Fink): Cause I'm blending so well with you.
Prince: Oh, I see. I understand.
Matt: It's amazing
Prince: (laughs) Good answer. Lisa you sing with me. Matt you stop... big white suit...

Prince: Wendy... you gotta be kidding, come on. What are you funky or what? Come on, sing something, anything. Craig help me. What do you teach these people when they're away from here? What do you talk to them about? Come on sing, ready? Hum do anything. I got a deal that way, woman... I said "I don't know the words" they said HUM! (band laughs) You, sing something. You want this money?
Prince: She said, you can come stay at my apartment. I'm 17, she's 36. Waaah! Sexy!
Wendy: Oh my God!
Prince: Sexy. Ready? Here we go... uuuunnnngh. Warmed up?... aaaAAAAHHHHH!

Prince: Yes! Truly wonderful (starts imitating a preacher) Truly wonderful yes He is. We gonna take a offering pretty soon and we, and we want ya'll to dig deep! Cause you know what? We got a new wing we got to build on the back of my crib, see? And (band laughs) we want it to be nice don't we? Amen!