40歳にもなって、この作品を真面目に聴くことになるとは思いませんでした。そして、ちょっぴり感動するとは。プリンスがプロデュースした女性3人グループ Vanity 6 のセルフタイトルアルバム「Vanity 6」(1982年) のレビューです。

全8曲のこのアルバムは、コンセプトアルバムと呼んで差し支えないような一貫性のある作品に仕上がっています。ただし、この作品のコンセプトは Vanity 6 というグループそのものなので、全部通して聴くと微妙に時間を無駄にしたような複雑な気分になります (褒め言葉)。また、「Nasty Girl」、「Make-Up」、「Bite The Beat」、それに何が起きているのか判然としませんが「He's So Dull」など、最後にオチのようなものがある曲が多く、プリンスのサービス精神にちょっぴり感動します。Vanity 6 を聴いて感動するというのもおかしな話ですが、今になって聴くと本当に感動します。

1) Nasty Girl

Vanity 6 といえばこの曲、「Nasty Girl」です。Vanity 6 の代表曲であり、アルバムの中でも明らかなキラートラックです。リードシンガーのヴァニティことデニース・マシューズ (Denise Matthews) が「初めまして」の挨拶をしますが、ここではまだ名前を教えてくれません。

That's right, pleased to meet you
そうよ、初めまして
I still won't tell you my name
私の名前はまだ教えないわ
Don't you believe in mystery?
謎めいたものって素敵でしょう?
Don't you wanna play my game?
私のゲームをしたくない?

I'm lookin' for a man to love me
私は愛してくれるオトコを探しているの
Like I never been loved before
今まで誰もしてくれたことがないくらいに
I'm lookin' for a man that'll do it anywhere
私はどこでも構わずしてくれるオトコを探しているの
Even on a limousine floor 'cause
たとえリムジンの床であってもね - だって

Tonight I'm livin' in a fantasy
今夜 - 私は空想に生きるの
My own little nasty world
私のはしたない世界
Tonight, don't you wanna come with me
今夜 - 私と一緒にならない?
Do you think I'm a nasty girl?
私ってはしたないオンナかしら?

下の YouTube リンクは、最後のセリフまで入ったミュージックビデオです。"I need 7 inches or more" の後が強引に編集されていて、アルバムバージョンよりもさらに早く "Is that it? Mm, wake me when you're done. I guess you'll be the only one having fun" と言われてしまいます。

2) Wet Dream

何だか凄いタイトルですが、フワフワとしたポップな曲。エンディングに挿入される雨風が吹きすさぶエフェクトは「Darling Nikki」(Purple Rain 収録、1984年) を彷彿とさせるようなさせないような…「こんな曲で (苦笑)」と思いながらも、性と崇高な世界が一緒に表現される、プリンスらしさというものを感じずにはいられません。

My body starts 2 quiver when I think of his next 2 mine
私のカラダは彼の隣にいることを想像するだけで震えだすの
I know he could deliver the dam 2 the river anytime
彼はいつだって川にダムを作ることができるわ

ちなみにプリンスは、翌1983年に「Web Dream Cousin」という名前で知られる、似たようなフワフワした雰囲気のインスト曲を作っています。この従姉妹曲の方は、ヴァニティ脱退後の Apollonia 6 のアルバムにも入らず、結局作りかけっぽいままの状態でブートに流れています。

3) Drive Me Wild

「Drive Me Wild」というのは慣用表現かと思いきや、最初のヴァースは文字通りに「私を運転して」という意味で歌われています。

Ooh, look at me, I'm a Cadillac
ねえ見て - 私はキャデラック
I'm a brand new convertible child
ピカピカ新品の開閉可能なコ
I've never been driven baby, you're the first
まだ誰にも運転されたことがないの - 貴方が最初の運転手
Come on baby, drive me wild, ooh
さあ来て - 激しく運転して
......

Ooh, look at me, I'm a telephone
ねえ見て - 私は電話機
Whatever you want, just dial
何がお望みでもいいからとにかくダイヤルして
Come on, honey, please, it's so easy
ねえお願い - 操作はとっても簡単よ
Do it baby, drive me wild
さあダイヤルして - 激しく駆り立てて

Ooh, look at me, I'm a radio
ねえ見て - 私はラジオ
Call me up, make a request
私に電話して - リクエストをちょうだい
......

Ooh, look at me, I'm a baby doll
ねえ見て - 私は赤ちゃん人形
Just pick me up and I'll smile
私を手に取って - そうすると私は微笑むの
......

4) He's So Dull

アルバムで唯一プリンスが書いていない曲。日の丸が入った神風ハチマキがトレードマークのデズ・ディッカーソン (Dez Dickerson) 作曲です。これがまたポップでキュートでサイコーな曲で、アルバムの良いアクセントになっています。プリンスの手が入らないという意味では、曲調は全然違いますが1985年の「The Family」に収録されているボビー・Z (Bobby Z) 作曲の「River Run Dry」のようにキラリと光る存在感があります。

5) If A Girl Answers (Don't Hang Up)

プリンスのユーモアセンス溢れる傑作おしゃべりファンクです。「Nasty Girl」と並んでアルバムの一つのハイライトとも言える曲ですが、中途半端にコメントしても良さが伝わらない曲なので、別途記事を書いています。

6) Make-Up

2分39秒の短い曲なのに、丸々通して聴くと時間を損した気分になります (褒め言葉)。途中で入る変なフエのような音は、1985年の「Around The World In A Day」のイントロを思い起こさせる……というのは気にせいかもしれません。

7) Bite The Beat

ニューウェイブ系、と言ったら良いのでしょうか。音楽批評家の間で非常に評価の高いアルバム「Dirty Mind」(1980年) が好きならば、小躍りして歓喜したくなるようなサウンドのポップな良曲です。これも曲名は何かの慣用表現かといきや、歌詞は次のような感じです。

When I first saw your teeth
貴方の歯を初めて見たときから
I knew you were the only one qualified
貴方が唯一の相応しい人だと私には分かっていたわ
To bite the beat, don't try and call your mother
このビートを噛んで - ママには電話しないでね
Just bite it till you're satisfied
満足するまでちゃんと噛んでね
......

Don't try and call your mother
ママには電話しないでね
Bite the beat of the star
このスターのビートを噛んで
Bite the beat, it's so, so yummy
このビートを噛んで - とってもおいしいのよ
It's tastes like caviar
まるでキャビアみたいな味
Bite it
噛んで

That's right, there'll be no more wet dreams for Brenda
これでブレンダは淫らな夢を見なくて済むわ
At least not tonight
少なくとも今夜はね
Come on, bite it, ha, ha, ha, ha
さあ噛んで、アハハ

Bite it!
噛んで!

God, I wasn't ready
きゃあ、準備ができてなかったわ

8) 3 x 2 = 6

大団円のバラードで、「ヴァニティとバラードを組み合わせるとこんなに酷いことになります」と身を持って示してくれる曲です。バラード以外の他の曲ではヴァニティのボーカルはむしろ魅惑的なのですが、適材適所ってあるんだなと感じます。似たような曲調でいうと、私はシーラ・Eの「Next Time Wipe The Lipstick Off Your Collar」(The Glamorous Life 収録、1984年) を思い浮かべます (イントロに合わせて "Next time wipe the〜♪" と頭の中で流れます)。シーラのボーカルに比べて、ヴァニティのショボさがといったら……酷すぎて逆にそれがこの曲のチャームポイントになっています。

それはそうとして、最終曲のここで、遂にヴァニティは自分の名前について語ってくれます。訳は次のような感じで良いのでしょうか。「真剣に意味を考えてはいけない」と、ひしひしと訴えかけるような、しょうもない歌詞がたまりません。

Let me tell you a story
あなたに話してあげるわ
......

My made-up name is Vanity 'cause a girl's best friend's her pride
私にでっち上げられた名前はヴァニティ(虚無、虚栄) - だって女のコの一番大切な友達はプライドなんだもの
And a working girl don't have to tolerate the mailman's tricks
働く女のコは郵便屋さんのイタズラに耐える必要はないわ
Everybody gets three years of tribulation unless they lie
誰もが3年間の試練を受けるのよ - 嘘をつかなればね
But with the female, 3 x 2 = 6
だけど女性の場合、3 x 2 で 6 なの

ヴァニティという名前にについては、これよりも命名にまつわるエピソードの方が有名だと思います。プリンスは、初期段階の構想では V で始まる女性器を表す単語そのまんまのスペルの名前にしたがっていたけれども (ただし発音は "ヴァジーナ" と女の子っぽく変えて)、結局折れて "Vanity" になったとか、グループ名も最初は "Hookers (売春婦)" というどうしようもなくストレートな名前だったとか、"3 x 2 = 6" で "Vanity 6" になっている本当の理由は、グループのメンバーが人数ではなくて乳房の数でカウントされているからだとか…