2004年の「Musicology」の曲を続けるつもりでしたが、脱線して1989年の B-side 曲である「Sex」を取り上げることにします。「タン、タン、タン、タンタン」というシンセのリフが「Musicology」に収録されている「Illusion, Coma, Pimp & Circumstance」にちょっと似ています。また、これは「The Hits / The B-Sides」に収録されていないため、見落とされやすい曲かもしれません。

思えば去年の今頃は、私のような者が分をわきまえずプリンスについてあれこれ書くなんて一生ないことだと思っていました。日本にプリンスを語る人があまりいないので厚顔無恥を承知でつらつらと書いている次第ですが、色々書き出すと、まあ必然的にこういう曲も取り上げることになります。


ところで、「プリンスが肩の力を脱いて作ったアルバムは?」と聞かれたら、真っ先に思い付くのはどの作品でしょうか?

古くからのファンであれば、この問いに10人中10人が「Batman」と即答するのではないかと思います。1989年のヒットアルバム「Batman」は、それくらい頻繁に「肩の力を脱いた」といった言葉とセットで評されます。基本的にこれは好意的な表現ですが、それと併せて、プリンスの作品としてはどこか物足りない、という意味も込められています。

このように、見方によっては物足りなく感じるアルバム「Batman」ですが、その B-side 曲群は小粒ながらどれも冴えた出来であり、アルバムの世界に奥行きを与える格好になっています。アルバム「Batman」が TV ゲームの表ステージだとすると、さしずめ B-side はひとクセあるボーナスステージ・裏ステージといった感じです。「Batman」の B-side では次の4曲が発表されています。

200 Balloons (1989年録音、B-Side of Bat Dance)
映画の脚本からインスパイアされたと思われるものの、映画では使われず、アルバムにも入らなかった曲です。映画でこれに相当するシーンには「Trust」が使われています。B-side に押し込められてしまっていますが、個人的にはとても映画「バットマン」を感じる楽しい曲です。
Feel U Up (1986年録音、B-side of Partyman)
未リリースプロジェクト「Camille」からの蔵出しです。
I Love U In Me (1989年録音、B-side of The Arms Of Orion)
綺麗な曲でありながら、歌詞が官能的すぎるために B-Side になってしまったような曲です。
Sex (1989年録音、B-side of Scandalous)
今回取り上げる曲です。この中で唯一「The Hits / The B-Sides」に収録されていません。

「Sex」は、プリンスらしい才気溢れるフックが様々に散りばめられていて、耳に残りやすい曲です。歌詞についてはひとまず置いといて、あまり考えずにとりあえず聴いて楽しめ、というタイプの曲だと思います。

そして歌詞はというと…昔は「う〜ん、ちょっと…」と思っていましたが、失なって気付く淋しさというか…今となっては「うん、プリンスなら OK」という感じです。後半の掛け合いの女性パートもプリンスがやっており、演奏もすべてプリンスで、1人録音で仕上げられた曲です。

  • "The 80s are over and the time has come" - 80年代は終わり新しい時代が訪れた
    こう歌っておきながら、サウンド的にはかなり80年代のヴァイブを感じるのがちょっと可笑しいです。
  • "Monogamy and trust is what I'm talking 'bout" - それは一夫一婦婚と信頼ということ
    一応これが歌のベースになるアイデアで、ふしだらな生き方は終わりにして、一人の恋人を大切にしようという内容です。
  • "S is 4 scandalous" - S はスキャンダラスの S
    Scandalous の B-side ということから着想した曲なのだろうな、という歌詞です。
  • "I'll climb a thousand trees if I have 2" - 必要ならば私は千本の木々に登ってみせる
    ちょっと変わった表現なせいか、個人的にはなぜか漫画「男塾」をイメージしてしまいます。画像は男塾に登場する巌娜亜羅十六僧・三宝聖の一人、猿宝です。猿宝は、男塾・三面拳の一人である雷電との闘いの中で、2本の長い鉄柱を設置し、それを支柱として、頭上から優れた体術を駆使した攻撃を仕掛けます。猿宝は、次の (私にとっては) 印象深い言葉を残しています。
    「本来ならば 山林竹林にあってこそ その妙 真価を発揮する技なれど………この平地では これで十分でごじゃる!!」
    prince-sex-otokojuku-empo
    …全然プリンスと関係なくてすみません。
  • "One lover - Sex / Two lovers - Death" - 一人の恋人 - セックス / 二人の恋人 - 死
    これは…エイズの社会問題など色々背景があったのかもしれませんが、他に韻を踏む言葉ってなかったのかな?とちょっと思います (苦笑)

So my name is Endorphin
私の名はエンドルフィン
I can make U happy, U see
貴方に幸福を与えられる者
I come from Planet Venus and I'll take U there
私は金星より訪れ、貴方を連れてゆく
U can be my ecstasy
貴方は私の喜悦となる

The 80s are over and the time has come
80年代は終わり新しい時代が訪れた
4 a new proclamation of love and fun
愛と愉しみを新たに宣言する時代
Monogamy and trust is what I'm talkin' 'bout
それは一夫一婦婚と信頼ということ
I'll give up all my lovers if U can make me shout
貴方が私に叫ばせるなら、私は他の恋人達を諦められる

Oh, S is 4 scandalous
S はスキャンダラス
E is 4 exciting
E はエキサイティング
X is 4 adults-only
X はアダルト・オンリー
Let's do something frightening
さあゾクッとすることをしよう

Chorus:
Sex, sex - Can't stop the feelin' baby, nobody should
Sex, sex - この感覚は止められない - 誰も止めてはいけない
Sex, sex - Anything this dangerous has 2 be good
Sex, sex - これほど危険なことは良いことに違いない

Now I'm the type of alien
Who knows just what he wants
私は自分が欲しいモノを知っているタイプの異星人
But U're the type who plays in the trees
しかし貴方は木々に囲まれ遊ぶタイプ
U got it maybe that's why U flaunt
貴方が見せびらかすのはそのせいか

Oh, I'll climb a thousand trees if I have 2
必要ならば私は千本の木々に登ってみせる
But baby I'm warning U
だけど貴方に警告しておく
One of us is gonna end up on our knees
貴方と私のどちらかはひざまずいて懇願するだろうと

Chorus

Sex, sex

(Get up) On the chair baby
椅子に立ってくれないか
Let me dance under your skirt
貴方のスカートの下で踊りたい
(Get up) (Everybody on the dance floor now)
C'mon now

(Get up) Get up on the table now
テーブルに乗ってくれないか
Let me show U how 2 flirt
誘惑の仕方を見せてあげよう
(Get up) (Ooh feels good, ooh feels good)

Ahh, ooh

I like it baby, when U let me touch U there
貴方が私に触らせる時、私の心は躍る
I like it girl, I knew U weren't wearin' any underwear (Get up)
貴方が下着を履いていないことを私は知っていた
Baby, is it wrong that I want U so?
ねえ、貴方が欲しいのはいけないことかい?
I want U baby
欲しい
I want U now
今すぐ欲しい

S. E. X.

Sex, sex - Can't stop the feeling baby, nobody should
Sex, sex - この感覚は止められない - 誰も止めてはいけない
Sex, sex - Anything this dangerous has 2 be good, good, good
Sex, sex - これほど危険なことは良いことに違いない
Just has 2 be good

Fellas, all the boys that know about the good thing say, "Yeah yeah!"
おい男達、良いコトについて知っているなら言うんだ - "イェー、イェー!"
And all the girls with no underwear on say, "Yes!" (Yes!)
女の子達、下着を履いていないなら言って - "イエス!” (イエス!)
We gettin' funky 2night
今夜はファンキーになろう
Sex

Yo! Peep this out
ほら、ちょっと
Fellas, I want everybody saying it on the one, come on
ほら男達、1拍目に合わせて言うんだ
S.E.X.
Say it (S.E.X.)
Come on, say S.E.X, say it (S.E.X.)

Keep that going fellas, come on (S.E.X.)
そのまま続けて
Yeah (S.E.X.)
Come on (S.E.X.)

Ladies back'em up one time (S.E.X.)
レディー達はバックアップして
(S.E.X.) Is the best, (S.E.X.) is the best, come on
それって最高 - それって最高
(S.E.X.) (Is the best) (S.E.X.) (Is the best)

One lover - Sex
一人の恋人 - セックス
I don't think U heard me
聞こえなかったようだね
One lover - Sex
一人の恋人 - セックス
Yeah

2 lovers - Death
二人の恋人 - 死
Wit it?
いいかい?
2 lovers - death
二人の恋人 - 死

So my name is Endorphin
私の名はエンドルフィン
I can make U happy, U see
貴方に幸福を与えられる者
I come from Planet Venus and I'll take U there
私は金星より訪れ、貴方を連れてゆく
And U can be my ecstasy
貴方は私の喜悦となる

Ooh sex (La la la la...) {x2}
Ooh sex, sex (La la la la...)
Ooh sex (La la la la...)

Now's the time 4 new proclamation of love and fun
今こそ愛と愉しみの新しい宣言を示す時
U can be nasty with only one love, but only one
一人の恋人と淫らになろう - 一人の恋人と
Ooh sex