「Little Red Corvette」はアルバム「1999」(1982年) からのヒット曲です。

静かに始まり、段々と盛り上がって、キャッチーなメロディのサビが付くという、ポップソングのひとつのお手本のような曲です。これを発表した時点で、プリンスはアンダーグランドではない「プリンス」という存在になることが決定付けられたのではないかと、そんな印象を受けます。

4月以降、プリンスに関してはこれまであまり知られていなかった情報が色々と出てきていますが、この「Little Red Corvette」もそんな曲のひとつです。この曲はずっと「Nasty Girl」を歌ったヴァニティことデニース・マシューズ (Denise Matthews) というプリンス関連のシンガーについて歌われたものだと言われてきました。また、今年2月の彼女の訃報を受け、プリンスも Piano & A Microphone Tour の中でこの曲をヴァニティに捧げて演奏しています。

ところが、最近になってこの曲の本物のインスピレーション元だと告白する女性が出てきました。Mi-Ling Stone Poole という名前の女性です。ニュース記事の内容やファンの反応からしてこの人の言うことは結構本当かも、という気がします。

…うーん、これを知ったときは「へぇー」となって、別れた恋人をネタにする作詞スタイルはまるでテイラー・スウィフトの先駆け…と思ったのですが、このニュースに関しては何となくこれ以上書くことでもないかな、という気がしてきました。でもせっかくなので、もう少しこの曲のことを書きます。


「Little Red Corvette」は、表面的にはちょっとイケイケな女性を歌った普通の80年代のポップ/ロックミュージックのヒットソング、という感じがします。しかし、これが普通のヒットソングに聴こえてしまう「プリンス」という存在がどれだけ特殊であるかというのは、ついつい見落としてしまいがちなことかもしれません。

正確なところは知りませんが、プリンスは、当時流行だった音楽専門チャンネルの MTV で、初めてオンエアされた黒人アーティストだという話もあります。いずれにせよ、黒人アーティストが自然なポップ/ロックミュージックを作るというのは、当時としてはかなり異質な行為だったと思われます。個人的には、この曲については、曲の良さもさることながら、自然であることが逆に不自然になってもおかしくないのに違和感なく聴ける、ということの凄さに感銘を受けます。

ちなみに、この曲は表面的には普通のヒットソングとして聴くことができますが、細かく聴くと「おいおい」と突っ込みたくなる所がいくつかあります。

  • Trojan というのは米国でポピュラーなコンドームのブランドです。つまり、この女性のポケットには使用済みの…というわけで、ちょっと気持ち悪い歌詞です。先にテイラー・スウィフトと言ったのは訂正します。また、この歌ではスポーツカーとともに馬が比喩に用いられており、トロイの木馬との言葉遊びになっています。
  • 赤いスポーツカーに喩えられる女性に対し、自分は相応しい品格があるだろうかなどと、及び腰でさんざん不安な様子を見せていたのに、途中からキャラが変わります。「鍵をくれ、僕が君の可愛い赤いラブマシーンを手なずけてやろう」と。ちなみに Mi-Ling Stone によると、品格云々というのは、彼女の祖父が地元の名士だったため、それが関係してこのような歌詞になったのかもしれない、ということだそうです。
  • この女性は赤いコルベットだったはずなのに、実はスムーーーズな乗り心地でリーマーズィーンだったという…というか、曲にフィットしているので普通に聴けてしまいますが、この部分のプリンスの歌い方は結構凄いです。

また、この曲は途中でプリンスが叫び声を上げてもおかしくない雰囲気を持っているものの、意外なことに叫び声が上がることはありません。と思いきや実は最後、アドリブで「ウ〜ゥ〜ウ〜ゥ〜」と歌いながらフェイドアウトし曲が終わるまさにその寸前に、思いっきり叫び声が上がります。これは少し音量を上げてイヤホンかヘッドホンをしないと聴こえないかもしれません。もし気に留めたことがなかったら、ちょっと注意して聴いてみてください。本当に思いっきり叫んでいます。まあこれに気付いても、だからどうしたという気になるだけかもしれませんけれども。

個人的には、この曲はイントロが印象的です。この曲のイントロが流れると頭の中が紫色に染まります。個人的には、「Let's Go Crazy」のオルガンみたいな音と並んで「紫」というイメージがするイントロです。


I guess I should've known / By the way U parked your car sideways / That it wouldn't last
君の乱れた車の停め方を見たときに悟っておくべきだった - 長くは続かないであろうことを
See U're the kinda person / That believes in makin' out once / Love 'em and leave 'em fast
君は一度きりの関係を求めるタイプの女性で - 愛した男はすぐに捨ててしまうのだと

I guess I must be dumb / Cuz U had a pocket full of horses / Trojan and some of them used
僕は愚かなことをした - 君のポケットには Trojan の馬たちが詰まっていて - 幾つかは既に使用されていた
But it was Saturday night / I guess that makes it all right / And U say - "What have I got 2 lose?"
だけど土曜の夜だから - それが全てをどうでもよくしてしまう - そして君は言う - 「何を失うっていうの?」

And honey, I say / Little Red Corvette / Baby, U're much 2 fast
ねえハニー、リトル・レッド・コルベット - ねえ、君は速すぎる
Little Red Corvette / U need a love that's gonna last
リトル・レッド・コルベット - 君には長く続く愛が必要だ

I guess I should've closed my eyes / When U drove me 2 the place / Where your horses run free
君の車に乗せられて着いたとき、僕は目を閉じなかったことを後悔した - そこは君の馬たちが自由に走る場所
Cuz I felt a little ill / When I saw all the pictures / Of the jockeys that were there before me
僕は気分が悪くなった - そこには僕の前に訪れ去っていった騎手たちの色々な写真があった

Believe it or not, I started 2 worry / I wondered if I had enough class
まさかと思ったけれど、僕は不安になってきた - 僕には相応わしい品格があるだろうかと
But it was Saturday night / I guess that makes it all right / And U say - "Baby, have U got enough gas?" / Oh yeah!
だけど土曜の夜だから - それが全てをどうでもよくしてしまう - そして君は言う - 「ねえ、ガソリンはちゃんと入ってる?」

Little Red Corvette / Baby, U're much 2 fast
リトル・レッド・コルベット - ねえ、君は速すぎる
Little Red Corvette / U need 2 find a love that's gonna last
リトル・レッド・コルベット - 長く続く愛を見つけないと

A body like yours oughta be in jail / Cuz it's on the verge of bein' obscene
君のような体は刑務所に入っているべきだ - 猥褻罪に抵触スレスレだから
Move over, baby, gimme the keys / I'm gonna try 2 tame your little red love machine
どいてくれ、ほら鍵を渡して - 僕が君の可愛い赤いラブマシーンを手なずけてやろう

Little Red Corvette / Baby, U're much 2 fast
リトル・レッド・コルベット - ねえ、君は速すぎる
Little Red Corvette / Need 2 find a love that's gonna last
リトル・レッド・コルベット - 長く続く愛を見つけないと

Little Red Corvette / Honey, U got 2 slow down
リトル・レッド・コルベット - ねえ、スピードを落とさないと
Little Red Corvette / Cuz if U don't, U're gonna run your little red corvette right in the ground
リトル・レッド・コルベット - そうしないと君のリトル・レッド・コルベットはクラッシュしてしまう

Right down 2 the ground / U got 2 slow down
地面にクラッシュしてしまう - スピードを落とさないと
U're movin' much 2 fast / Need 2 find a love that's gonna last
君は速すぎる - 長く続く愛を見つけないと

Girl, U got an ass like I never seen / And the ride / I say the ride is so smooth/ U must be a limousine
ああ、君のようなヒップは見たことがないよ - この乗り心地 - このスムーズな乗り心地は - 君はリムジンに違いない