「Desire」は、プリンスのサイドプロジェクト The Family の同名アルバム (1985年) の、最後の曲です。

私はこの曲がとても好きです。何を語ったら良いのか分からないような曲なのですが、好きな曲です。個人的には、このアルバムからベストトラックを2つ選ぶとしたら、「Nothing Compares 2 U」とこの曲を選びます。

この曲はちょっと変わっていて、リズムを刻むのにスネアドラムが鳴りません。「ボーン、ボーン、ボーン、ボーン」というのが低音で繰り返され、それに「シャカシャカ」という何かを振る音が鳴ります。思い起こせば、初めて聴いたときは少し変な曲だと思いましたが、やがて耳に馴染んで自然に感じるようになりました。

この曲はアルバム最後の曲ということもあって、エンディングには少し趣向が凝らされていています。3分30秒頃に演奏は一旦フェイドアウトし、しばらく海辺の波の音に変わります。そしてひょっこりまた演奏がフェイドインしてきて、最後に少しの間もう一度演奏が流れます。

歌詞には「ん?」となる表現もありますが、そこには触れないでおきます。個人的には美しい歌詞だと思います。

U're saving your love 4 some soldier
あなたは愛をどこかの兵士のためにしまい込んでいる
Who'd much rather die than stay by your side
兵士はあなたの傍にいるよりも死を選んでしまうというのに

A ghost from your past / Prevents us from knowing the pleasures of love
あなたの過去から現れる亡霊が - 愛の悦びを知ろうとするのに邪魔をする
What must I do 2 convince U / Isn't the expression on my complexion enough?
どうしたらあなたに分かってもらえるの - 私の面持ちに浮かぶ様相だけでは足りないの?


So long have we known each other / So little do we know
私達はとても長くお互いを知っている - なのにほとんど何も知らない
Sometimes I feel like strangers / The real us we seldom do show
ときどき見知らぬ人同士に感じる - 本当の自分はほとんど見せない

CHORUS:
Desire, it covers our faces / It happens in curious places
欲望は私達の顔を覆う - それは好奇心をそそる場所でおこる
Your body, it covers my tower / Ecstasy is ours
あなたの体は私の塔を覆う - 恍惚はふたりのもの

I dream of a physical evening / I long 4 a night within U
私は肉感的な夕べを夢みる - あなたの中で過ごす夜を待ち焦がれる
U're saving your love 4 some soldier
あなたは愛をどこかの兵士のためにしまい込んでいる
Who'd much rather die than stay by your side
兵士はあなたの傍にいるよりも死を選んでしまうというのに
If U only knew
あなたに分かってもらえたら

CHORUS

A ghost from your past / Prevents us from knowing the pleasures of love
あなたの過去から現れる亡霊が - 愛の悦びを知ろうとするのに邪魔をする
What must I do 2 convince U / Isn't the expression on my complexion enough?
どうしたらあなたに分かってもらえるの - 私の面持ちに浮かぶ様相だけでは足りないの?

Don't tell me we have conflicting emotions
私達に相対する感情があるなんて言わないで
It's written all over your face
あなたの顔中にそう書かれている
Come my love, cover my tower / Ecstasy is ours
おいで愛しい人 - 私の塔を覆って - 恍惚はふたりのもの

So long have we known each other / So little do we know
私達はとても長くお互いを知っている - なのにほとんど何も知らない
Let me show U
あなたに見せてあげる

CHORUS