「Condition Of The Heart」は、元々は1985年のアルバム「Around The World In A Day」に収録されている曲です。この曲のプリンスバージョンは私の選ぶ曲の2位になります。ただ、この曲のプリンスバージョンは非常に複雑で意味が深く、説明が難しいので、その前に Susanna and the Magical Orchestra によるカバーバージョンを取り上げます。プリンスバージョンが非常に複雑な曲であるのとは対照的に、こちらは極端に簡素化されたカバーです。

ちなみに、昨年の9月から大変間が空きましたが、YouTube で実質的にプリンスを聴くことができなかった時代に、私が YouTube でよく聴いていたプリンスの曲3つが、これで全部揃いました。他の2曲は次の通り、以前記事にしています。


さて、我ながら了簡の狭い話なのですが、私は他アーティストによるプリンスのカバーを殆ど聴きません。それは大抵プリンスのオリジナルには存在していた要素が色々抜け落ちたものを聴かされることになってしまうためです。同じ理由で、私はプリンスのトリビュートも殆ど聴いていません。最初の頃は、話題になったものは義務感から一応チェックしたりもしたのですが、トリビュートされやすい有名な曲は、一見して親しみやすいように思えて、どこかのポイントで異常な能力幅を要求されるものばかりであるため、どうしてもその大事なポイントを避けた煮え切らないパフォーマンスにならざるをえません。どんなビッグネームがトリビュートをしようが、「プリンスの演奏能力の幅、ボーカル能力の幅、ステージパフォーマンスの幅、これらの全てをカバーできるアーティストは誰も存在しない」ことを再確認して残念な思いをすることになるし、それにプリンスの曲はプリンス以外の人がやるとしばしば曲の意味が失われてしまうので、個人的にはあまり積極的に聴こうという気になれません。

しかし、この「Condition Of The Heart」のカバーだけは例外で、以前から、ふとしたときに聴いています。アレンジはアンビエント系/雰囲気系といった感じで、ボーカルも演奏も極端に簡素化され、オリジナルに存在する様々な複雑な要素はごっそりと欠落しています。ただ、そもそもこの曲をオリジナルになぞって歌うのは無謀ですし、元々美しい曲を染み入るように歌っていて、これはこれでアリなカバーだな、と思います。

このカバーは2006年に発表されたようです。私がいつ頃このカバーを知ったのかは覚えていませんが、YouTube に誰かがアップロードしたものをよく聴いていました。しかしこのカバーは一時期 YouTube から消えており、現在唯一見つかるのは2015年にアップロードされたものです。私のオンラインショッピングの履歴をチェックすると、一時期 YouTube からこの曲が消え、梯子 (ラダー?) を外されてしまった私は、2013年にこれを単体 MP3 で購入していました。

とりあえず、カバーバージョンについてはこれで終わりにします。続いてプリンスのオリジナルバージョンを取り上げるつもりですが、そちらは曲の持つ意味があまりにも特別でありすぎるために、おそらく上手く纏められないであろうことを予め断っておきます。