食事でちょっとタンパク質を加えようと思ったとき、卵は便利な食材です。卵は L 玉 1 個で大雑把にいってタンパク質 7g・脂質 6g 程度、卵白のみならタンパク質 4g 弱・脂質 0g の栄養がとれます。

しかしながら、卵は私にとって長年微妙なためらいを覚える食材でした。というのも、基本的に卵はスーパーで一番安いものを買うのですが、一時期ゆで卵で殻が上手く剥けないものに当たることがあったのです。もちろん色々試してはみました。新鮮なものではなく日数の経ったものを使用する、穴を開ける、水から(あるいはお湯から)茹でるなどして、当然基本は水につけて剥くのですが、結局ボロボロになってしまったのです。それ以来、ゆで卵を作るたびに「これは大丈夫かなあ」とビクビクする日々を過ごしてきました。

ところがふと最近、曙産業「レンジでらくチン!ゆでたまご」という商品を買ってみたところ、これが予想以上に便利で感激しました(アマゾンベルメゾン)。理由は分かりませんが、これを使うと剥けやすいゆで卵ができるようです。蒸すようなかんじで調理される(?)のが良いのかもしれません。とにかく、この商品のお陰で「ひょっとしたら上手く剥けないのではないか」という不安から解放されました。最初はたかがゆで卵のために専用の調理器具を買うなんてとも思ったのですが、火を気にしなくて良いし、ゆで卵は放って別の料理もできるし、実際使うととても便利です。

ちなみに私が買ったのは 3 個用のものです。下のお椀部分に水を入れてレンジで約 10 分でできあがりです。

egg-boiled-01

egg-boiled-02

また、ついでにポーチドエッグの便利グッズも買ってみました。私が買ったのは「TOVOLO パーフェクトポーチ」という商品です(アマゾン)。20 個入りで 700 円くらいでした。

本当は 1 個ずつ作るための商品ですが、卵本体よりも高額でもったいないので一度に卵 2 個入れてみました。また、私は試したことがありませんが、専用の商品を使わなくても、お茶パックなどでも同じことができるらしいです。

egg-porched-01

egg-porched-02

鍋に入れるとパックの口は勝手に閉じます。

egg-porched-03

egg-porched-04

容量オーバーで作ったので少し固めにしました。あまり綺麗ではありませんが、普通はもっと上手にできると思います。