最近あまり時間が取れなくて、せっかく掲示板を作ったのですがなかなか参加できていません。

さて、筋トレを趣味にしていると、「なんでそんな体に悪いコトやってるの?」みたいな目で見られたことはないでしょうか?一般的なイメージでは、有酸素運動は健康に良く、筋トレはどちらかというと健康に悪いように思われているように思います。

今回は、筋トレをしている人は健康のために有酸素運動をしなければいけないのか?そもそも筋トレって健康に悪いのか?という話を書きたいと思います。

まず、具体的に健康って何?ということになりますが、ここでは筋トレと生活習慣病(メタボリックシンドローム、カーディオメタボリックシンドローム)との関係について纏めます。具体的には肥満、脂質異常症、高血圧、糖尿病との関連になります。

私にとってはまだあまり気にするような話題ではないのですが、どちらかというと筋トレが健康に悪いというイメージを持っている人は多いのではないか、また、某所の情報から、まるで研究者の間では筋トレは生活習慣病のリスクがある人には危険だという認識になっているかのような印象を受けた人がいたのではないか、というのが引っ掛かっていたので、私はあまり詳しくはないのですが一度書こうと思っていました。

長くなるので最初に結論を書いておきます。

Q. そもそも筋トレって健康に悪いのか?
A. そんなことはありません。

Q. 筋トレをしている人は健康のために有酸素運動をしなければいけないのか?
A. いいえ。もちろん有酸素運動は行ってよいですが、筋トレをしている人にとって健康のために有酸素運動が「必要か」というと、現状の科学的エビデンスを元に判断すると、答えは「No」です。

こういう話って気になりますでしょうか?
…この記事は続きますが、気力のあるときに何回かに分けて書こうと思います。