●窒素バランスの問題など (2)

Lemon の結論に対する他の批評としては、Stuart Phillips が Millward とは少し別の視点を交えて似たような批評をしています。

Phillips もまた窒素バランスの研究がやや過大にタンパク質の必要量を見積もってしまう問題を指摘していますが、加えてトレーニングによるタンパク質保持の向上効果についても触れています。Phillips は、Lemon による、ボディビル初心者では 1.4-1.5g/kg が必要だが、より経験を積んだトレーニーでは 1.0g/kg でも窒素バランスを維持することができるという研究結果について言及しています。また、筋力トレーニングと持久トレーニングの両方を行う (つまり、両方の運動をカバーするタンパク質が必要になる) アスリートでは、タンパク質の必要量が増えて 1.76g/kg 程度必要になるであろうと述べています。

また、Phillips は、そもそも実際には筋力系アスリートのたんぱく質摂取は 2.05g/kg 以上であるのが一般的になっており、タンパク質の必要摂取量に関する様々な研究者の議論はあまり現実的な意味をなしていないと言及しています。平均的なアスリートやトレーニーは、既に研究で推奨される必要量を十分に満たすタンパク質を摂っているわけです。

とはいえ、現実にはタンパク質を十分に摂取していない例もしばしば見受けられます。炭水化物を過大に重要視したり、脂質を極端にカットしようとして肉や乳製品などのタンパク質食品を避けてしまったり、様々な理由でタンパク質の摂取量が推奨値を下回る場合がありえます。

最後に、Phillips は、ダイエット中では 25% 程度が必要かもしれないが、十分なカロリー摂取をしているという前提では、タンパク質は 12-15% の割合での摂取なら必要量を十分に満たすであろうと述べています。

具体的に、70kg の筋力/パワー系アスリートが1日の食事で 3000-3500kcal 摂っている場合を考えると、15% なら 113-131g のタンパク質になり、体重当たりでは 1.61-1.87g/kg に相当します。Lemon の提案よりもやや多めの量になりますが、現実には一般的なアスリートはこの程度は摂っていると思われます。