OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「1999 Super Deluxe」には、「Rearrange」や「Bold Generation」といったザ・タイム用に書かれたのではないかと推測されるファンキーで強力な曲が収録されています。これまでタイトルすら世に知られていなかった未発表音源にこれほど凄い曲が潜んでいたことに、私は二重に驚かされました。これほどの曲がどうしてザ・タイムの1982年のアルバム「What Time Is It?」に収録されなかったのでしょうか? 理由は複数考えられますが、その一つを考えるにあたって、このアルバムから1曲「777-9311」を取り上げることにします。

「777-9311」はザ・タイムの1982年のアルバム「What Time Is It?」に収録されている曲です。Billboard Hot Black Singles で3週トップ2と、ヒットも記録しました。名実共にアルバムのメインディッシュと言える曲です。

と、このようにシングルチャートで2位を獲ったという紹介の仕方をすると、この曲はメガヒットしたかような印象を与えるかもしれません。ですがもしそのように思われたならそれは誤解です。確かにこの「777-9311」は割と有名な曲だったりするのですが、その理由はこの曲が持つ独特な特徴のためであり、この曲がヒットしたからではありません。そしてこの曲はブラックチャートでは成功を収めた一方で、Billboard Hot 100 Singles では88位にとどまりました。つまりこの曲は、チャートの2位という言葉から想像されるような、世の中で広く耳に届けられたヒット曲、というわけではありません。

これに関連して、お馴染みの The Current の Prince: The Story of 1999 ポッドキャストシリーズから、ほんの少しだけですが一部翻訳して紹介します。ボーナスフィーチャーのリサ・コールマンのインタビューで、最後の質問の部分です。当時の音楽シーンの分断や、その中でプリンスが起こした変化についての話です。

インタビュアー (アンドレア・スウェンソン、Andrea Swensson): 時間を割いてこのインタビューに応じてくれたことを本当に嬉しく思います。あなたを解放する前に最後にもう一つ質問をさせてください。この時期のことで聞きたいことがあるんです。1983年の初め頃、1999 ツアー後半に当たる時期になると思うんですが、突然にシングルがトップ10に入り、ラジオで流れ、そしてプリンスやあなたがMTVに姿を見せるようになりました。それはあなたにとってどのような感覚でしたか?

リサ・コールマン: そうね、正直に言うと、あれはムカツいたわ。なぜならMTVで流れるというのは本当に難しいことだったから。最初の頃、あれは本当に馬鹿みたいだったのよ。「ミュージック・テレビジョン」と銘打っておきながら、あれは白人のものだったから。本当によ! せいぜい5つくらいのビデオが繰り返し流れるだけで、それも出てくるのはどれも長髪の白人で構成されたバンドばっかり。私達はどんなことをやろうとも相手にされない場所だった。それで遂に私達も流れるようになったんだけど、「やったあイェイ!」とはならなかったわ。「ファ××・ユー!」よ (笑)。まあ私の中の活動家精神が刺激されたわけね。「やった、私達もMTVに流れたわ。どうもありがとうございません」という感じだったわね。

アンドレア・スウェンソン: それはラジオでも同じような状況だったのでしょうか? というのも、当時はまだ非常に隔離されていて、プリンスの初期の作品はR&Bチャートで扱われるだけでしたから。ずっとトップ40ラジオから無視される状況で、その、刺されたナイフでさらにぐりぐりさせられるみたいな、嫌なことはあったのでしょうか?

リサ・コールマン: それはもちろんよ。フラストレーションや怒りを感じずにはいられない状況だった。そこでクロスオーバーというアイデアが出てくるわけよね。どうして肌の色が黒いというだけでロックをやってはいけないの? あとはベースパートが違うとか。あの「When Doves Cry」ですら、ベースが入っていないという理由でR&Bラジオではオンエアが拒否される状況だった。何で?って感じよ。

そのような全くおかしな状況がずっと続いていたのよ。権力を持つ地位に就いている人達は、世の人々が望むものや商業的に適切なものが何であるかについて色んな前提をつけるから、私達がまともにラジオでオンエアされるようになるまでに、つまりプリンスの音楽がより多くの人々の耳の届くようになるまでにとても長い時間がかかったのよ。単純な話、プリンスという名前のミュージシャンがいて、彼は曲が書けて、バンドも持ってる。それに何だかクールだ。それのどこに政治的なインパクトがあるの?ということね。だけど面白いことに、そこには大きな政治的インパクトがあったわ。ラジオは変わらざるをえなくなったし、沢山のことが起きた。私達は思いがけず偶然に活動家になったようなものね。けれどもそれは偶然というわけではなかった。それはまさに私達がやってたことそのものだったから。それは壁を壊していくようなものだったわ。やれ白人のラジオだとか黒人のラジオだとか、くだらないものだわ。人々はただ音楽が好きなだけでしょう? それが良いものだったら、それが好きだっら、ただそれでいいのよ。だから、あるべきものはただミュージックステーションでいいのよ。ブラックミュージックステーションじゃなくてね。「こちらはブラックフードが好きな人のためのブラックレストランです」みたいなのはおかしいでしょう?

問題は今も続いているし、今後もずっと続いていくんでしょうね。まあ、ずっとということはないのかもしれないけれど、これはどこまで行ってもいくらかは付いて回るものだから。だから、私達が初期の活動でいくつかのルールを壊し、変化を起こしたことについて、私は本当に誇りに感じているわ。プリンスは、彼は平和の王子様ね。そして私達はそのために仕えた。だから、プリンスに乾杯ね。

思い起こせば私が「Diamonds And Pearls」でプリンスを聴くようになった中学生の頃、プリンスのCDを探しに近所の大きなツタヤに行ったのに、なかなか見つからなくて苦労したことがあります。何も知らない私は、洋楽のロック・ポップスのセクションでプリンスの名前を一生懸命探していたのです。有名なアーティストなはずなのにおかしいなと思っていたら、何のことはない、今はこういう呼び方をしないと思いますがブラック・コンテンポラリーとかいうセクションが別にあって、そこにプリンスの名前がありました。へぇ、プリンスってカテゴライズするとロックやポップではなくブラック・コンテンポラリーと呼ばれるのか、とは当然納得できず、理解に苦しんだ記憶があります。


さて、「777-9311」は楽曲としては1拍目から微妙に遅れて楽器演奏が入るのと、ハイハットが複雑に刻まれるドラムパターンが特徴的な曲です。このドラムパターンは Tower of Power の David Garibaldi によりプログラムされたもので、リンドラムのストックビートだったという話らしいのですが、このドラムパターンは非常に難易度が高く、時には生身の人間には不可能だと言われたりもすることで有名です。また、プリンスのドラマーとしても活躍した故ジョン・ブラックウェルは、このドラムビートを見事にやってみせたことでプリンスに認められた、という話をどこかで目にしたことがあります。

「777-9311」というタイトルは、デズ・ディッカーソンの自宅の当時の電話番号です。「Rearrange」の歌詞ではありませんが、この曲のせいでデズは電話番号を変えるはめになりまた。

Rearrange your brain
Dial a brand new number
脳みそをリアレンジするんだ
新しい番号をダイヤルしよう

そして歌詞を見てみると、これはまあモーリス・デイにぴったりの内容です。基本的に、ザ・タイムにあまりメッセージ性の強い曲はありません。ザ・タイムはプリンスからファンク成分を抜き出したようなバンドであり、クールでファンキーで華があれば良く、音楽シーンや社会を分断する壁を壊すまでの役割は求められていませんでした。クロスオーバーな音楽を作り、壁を壊すのはプリンスやリサ達の役目でした。ちなみに、プリンスやリサ達は、マネジメントからもお前達はファンクバンドじゃないと言われ、当時はストレートなファンクはやりたくてもできなかったようです。

とにかく、「777-9311」や「The Walk」、それに「Gigolos Get Lonely Too」などが入ったアルバムに、「Rearrange」や「Bold Generation」のような曲が入ったら、それだけでアルバムのパワーバランスが引っくり返って作品のコンセプトが変わってしまいます。「Rearrange」や「Bold Generation」が「What Time Is It?」に入らなかった理由は、楽曲の音楽的なアイデアをプリンス自身が使いたかったからとか、ボーカルが少々難しそうだったからとか、他にも色々考えられるかもしれませんが、メッセージ性が強すぎて入れられなかったというのもあるのではないかと個人的には思います。

下にリンクしたのは当時のテレビ出演でのパフォーマンスのようですがとてもファンキーでクールです。同時にプリンスとは明確に方向性が違うんだな、というのも感じます。


[Verse 1]
Baby, what's your phone number?
I know I'm kinda fast, but I hate 2 waste time
Baby, what's your phone number?
Girl, I have 2 ask 'cause you're so fine
ベイビー、君の電話番号は何だい?
気が早いのは分かってるが俺は時間の無駄が嫌いでね
ベイビー、君の電話番号は何だい?
君はとても素敵だから聞かずにはいられないのさ

[Chorus]
777-9311
I wanna spend the night with U if that's alright
777-9311
Ooh baby, please can I come tonight?
777−9311
もし良かったら君と一夜を共にしたいんだ
777−9311
ベイビー、今夜行ってもいいかい?

[Verse 2]
Baby, what's your phone number?
How can U be reached on a lonely night?
Baby, what's your phone number?
How can I get into U when I'm feeling right?
ベイビー、君の電話番号は何だい?
どうしたら孤独な夜に君と連絡がつくんだい?
ベイビー、君の電話番号は何だい?
どうしたら頃合いの良い時に君と繋がれるんだい?

[Chorus]
777-9311
I wanna spend the night with U if that's alright
777-9311
Ooh baby, please can I come tonight?
777−9311
もし良かったら君と一夜を共にしたいんだ
777−9311
ベイビー、今夜行ってもいいかい?

Jellybean
ジェリービーン

[Interlude]
Ain't nothin' worse than rejection
I'd feel a little better if you'd slapped my face
拒絶よりも最悪なものはないね
俺を頬をぶってくれればまだ気が晴れるね

[Verse 3]
Hey, what's your phone number?
Can't U see the agony I'm goin' through?
Baby, what's your phone number?
Girl, it's getting hard, baby, won't U let me love you?
ベイビー、君の電話番号は何だい?
俺が苛まれているこの苦悶が分からないのかい?
ベイビー、君の電話番号は何だい?
もう抑えるのは難しいんだ、君を愛させてくれ

[Chorus]
777-9311
I wanna spend the night with U if that's alright
777-9311
Ooh baby, please can I come tonight?
777−9311
もし良かったら君と一夜を共にしたいんだ
777−9311
ベイビー、今夜行ってもいいかい?

[Bridge]
Hey baby, what's your phone number?
I know it sounds fast, but I ain't got all night...
Come on baby, what's your phone number?
U know I got 2 be cooler than this cat you're sittin' with
I'll do U right, baby
Come on!
Come on!
Come on! (Nah!)
Come on! (Yeah...)
ベイビー、君の電話番号は何だい?
気が早いのは分かるが一晩中こうしてるわけにはいかないんだ
ベイビー、君の電話番号は何だい?
今一緒に座ってる奴より俺の方がクールだって分かってるんだろう
後悔はさせないよ、ベイビー
さあ!
さあ!
さあ!
さあ!

[Chorus]
777-9311
I wanna spend the night with U if that's alright
777-9311
Ooh baby, please can I come tonight?
777−9311
もし良かったら君と一夜を共にしたいんだ
777−9311
ベイビー、今夜行ってもいいかい?

[Outro]
Come tonight, if it's alright
Honey, please can I come tonight?
Can't U see what I'm gonna do?
I wanna do it tonight, baby
I wanna do it 2 you
今夜行ってもいいかい?
ベイビー、今夜行ってもいいかい?
俺のしようとしてることは分からないかい?
俺は今夜したいんだ
君としたいんだ

It's on fire, U burn me out
It's getting higher, U know what I'm talkin' about
Help me out, good Lord above!
Marry me, girl, give me some of that love...
燃えているんだ、君は俺を燃やしてしまう
どんどん高まっていく、何を言ってるか分かるだろう
どうすればいいのさ、なんてこった
もう結婚してくれよ、その愛が少し欲しいんだ

Terry
テリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Rearrange」は「1999 Super Deluxe」の Disc 3 に収録されている曲です。ベーシック録音は1981年12月8日で、ザ・タイムの「What Time Is It?」や「1999」のレコーディングが本格化する前に書かれた曲です。ぱっとタイトルを見ただけでは重要な曲なのかそうでないのか判断がつきにくいのですが、実際に聴くとファンキーでクールでしっかり作られた完成曲です。純粋にただの楽曲として聴いてもなかなかの曲ですが、それ以上に、様々な想像が掻き立てられる興味深い曲です。何というか、考古学的な価値を感じさせます。

この曲は「Controversy」と「1999」を挟んだこの時期のみに認められる特異な形状を有しています。まず、この曲の基本的なテイストはストレートなファンクで、ザ・タイムを感じさせるものです。また、プリンスはボーカルでも自分の素の声を出していないように聴こえます。ヴァースの地声パートは、「Originals」の「Jungle Love」にも通じるような、ややおどけた響きを含んでいます。

その一方で、この楽曲にはプリンス色の強い要素も混在しています。顕著なのはファンキーなリズムギターで、このギターのためにこの曲は「Lady Cab Driver」の原型のようにも聴こえます。特に3分20秒頃からの展開は「Lady Cab Driver」の4分50秒頃に入るブレイクダウンの展開などを彷彿とさせます。そしてノイズをかき鳴らすギターは前作「Controversy」の「Private Joy」の最後や、「Computer Blue」の未だに発表されていない方のロングバージョンを思い起こさせます。

このように、この曲はザ・タイムともプリンスとも「Controversy」とも「1999」とも取れない特異な形状をしているために、「Lady Cab Driver」が立派な伊勢エビだとしたら、この曲を聴くとかつて古生代カンブリア紀の海に棲息し、「奇妙なエビ」の意味で名付けられたアノマロカリスと対面したかのような気分になります。

rearrange-anomalocaris-360

また、この曲はメッセージの焦点がしっかりと定まった歌詞も良いです。この曲のテーマは後年のプリンスの楽曲に引き継がれ、「The New Power Genration」ではまさにこの "U got 2 rearrange" という表現が出てきます。また、"Loosen up your hair" という表現は「D.M.S.R.」に使われています。そして次の歌詞も非常に印象的です。

Your hair, your clothes, your body, your soul won't be far behind
(頭の中をリアレンジするだけではなく)
髪も、服も、体も、魂も遅れを取らないようにね

The Current の The Story of 1999 ポッドキャストでボビー・Zは、「1999」でプリンスは紫のコートをまとい、芋虫から蝶に変わったと表現していますが、「1999」が鮮やかなクジャクだとしたら、この曲はかつてジュラ紀に棲息し、現生鳥類の祖先に近いとされる始祖鳥のようにも感じられます。

rearrange-shisochou-360

喩えが少々しつこかったですが、ここから何か今までにない新しいものが生まれる……そして本当に今までにない新しいものが生まれたことを既に我々は知っているわけですが、そんな予感を抱かせる、ワクワクする曲だと思います。


Rearrange your mind
Man, U got 2 be drunk
2 think we stoop so low and play that old time funk
Rearrange your mind
Loosen up your hair
U gotta do things in a different way if U wanna get anywhere
Dig it
頭の中をリアレンジするんだ
酔っておかしくなってるんじゃないか
俺たちはそんな古臭いファンクなんかやらないぜ
髪を振り解くんだ
何かを成したいなら違うやり方を選ばなきゃ
分かるだろ

People today won't change
U got 2 rearrange
Kids today want love
The kind we're dreamin' of
Your music won't make me dance
I won't give it half a chance
People today won't change
Rearrange
最近の奴らは変わろうとしやしない
リアレンジしなくちゃね
今の子供たちは愛を欲してる
俺たちが夢見てきたやつさ
お前の音楽じゃ俺は踊れない
それじゃ試す気さえ起きないぜ
最近の奴らは変わろうとしやしない
リアレンジするんだ

Rearrange your brain
Dial a brand new number
Just can't stay the same
Ain't nothin' funky about a waltz or rumba
Rearrange your brain
U got 2 free your mind
Your hair, your clothes, your body, your soul won't be far behind
Sing it
脳みそをリアレンジするんだ
新しい番号をダイヤルしよう
同じままで居続けるなんて無理だね
ワルツやルンバじゃファンキーになれない
脳みそをリアレンジするんだ
頭の中を自由にしなくちゃ
髪も、服も、体も、魂も遅れを取らないようにね
歌うんだ

People today won't change
U got 2 rearrange
Kids today want love
The kind we're dreamin' of
Your music won't make me dance
I won't give it half a chance
People today won't change
Rearrange, uh
最近の奴らは変わろうとしやしない
リアレンジしなくちゃね
今の子供たちは愛を欲してる
俺たちが夢見てきたやつさ
お前の音楽じゃ俺は踊れない
それじゃ試す気さえ起きないぜ
最近の奴らは変わろうとしやしない
リアレンジするんだ

U got 2 rearrange
Oh
U got 2 rearrange, yeah
Ahh

Listen 2... 2 me
People today won't change
U got 2 rearrange
Kids today want love
The kind we're dreamin' of
Your music won't make me dance
I won't give it half a chance
People today won't change
Rearrange
People today won't change
U got 2 rearrange
Kids today want love
The kind we're dreamin' of
Your music won't make me dance
I won't give it half a chance
People today won't change
U got 2 rearrange

Rearrange, rearrange, U got 2 rearrange
People today won't change, rearrange
Rearrange, rearrange, U got 2 rearrange
People today won't change, rearrange

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Money Don't Grow On Trees」は「1999 Super Deluxe」の Disc 3 に収録されている曲で、「Feel U Up」や「Irresistible Bitch」と同じく収録曲の中では最も古い1981年11月に作られた曲です。録音は同時期ながら、憤りがほとばしるようなジェイミー・スターの「Irresistible Bitch」と打って変わって、こちらは拍子抜けするくらい軽いです。プリンスの楽曲の中でも類を見ない軽さで、もうイントロからしてノリが変です (笑)。

Da da da da da da da...♪
ダッ ダ ダ ダー ダー ダダ・・・♪

そして歌でプリンスが諭す内容はこうです。「夢を見るのもほどほどにして、ちゃんと大学に行くことを考えた方がいいかもよ。だってお金は木から生えてこないんだから」。とてもプリンスの書いた曲とは思えません (笑)。今回のリリースではこんな風に、オフィシャルではリリースする場所がないだろ!と突っ込みたくなる曲が色々と収録されているのがとても面白いです。

1981-10-stones-opening-act-480

この曲も「Irresistible Bitch」と同様、書かれた時期を無視することはできません。背景を知らないとなんてことのない軽い曲に聴こえるかもしれませんが、この曲が書かれたのがザ・ローリング・ストーンズのオープニングアクト事件があったばかりだったことを思うと、とても深い味わいが出てきます。何とも言えない魅力がある曲です。


Da da da da da da da...
ダッ ダ ダ ダー ダー ダダ・・・

Well, I'm a hard workin' boy
Cuz my mama didn't raise no fools
She told me go out and get a job, yeah
As soon as I got out of school
ああ、僕は勤勉なやつさ
母さんは脳たりんを育てたりしなかったからね
母さんは僕に言ったのさ
学校を出たらすぐに外に出て働くようにってね

She told me how 2 catch and hold a woman, ha
Before she told about the birds and bees
She said, "Baby love, money don't grow on...
Money don't, money don't, money don't grow on trees"
Money don't, money don't grow on trees, yeah
Yeah, it doesn't
Money don't, money don't grow on trees, yeah
母さんは僕に性のイロハを教えるより先に
どうしたら女を掴んで繋ぎ止められるかを教えてくれた
「いいかい、お金は生えてこないんだよ
お金はね、お金はね、お金は木から生えてこないんだよ」
お金は生えてこない、お金は木から生えてこない
そうさ、生えてこないのさ
お金は生えてこない、お金は木から生えてこない

Well, I'm a hard workin' boy
Said the only way 2 stay alive
U can't get anywhere daydreamin'
So U better get a 9-2-5
ああ、僕は勤勉なやつさ
母さんは生きるための唯一の道だって言った
白昼夢にうつつを抜かしちゃどこにも辿り着けない
だから何かしらの仕事に就かなくちゃ

Unless U can dance like Fred Astaire
U better think about a college degree
Cuz baby, money don't...
Money don't, money don't, money don't grow on trees
Money don't, money don't grow on trees
Oh, listen 2 me now, yeah
Money don't, money don't grow on trees, yeah
Listen 2 me now
フレッド・アステアみたいに踊れなかったら
大学に行くことを考えなくちゃね
だってさ、お金は生えてこない
生えてこない、生えてこない、お金は木から生えてこない
お金は生えてこない、お金は木から生えてこない
いいかい聞くんだ
お金は生えてこない、お金は木から生えてこない

We do what we do!
My mama didn't raise no fool
U can't dance like Fred Astaire
U better get on the street, everybody up
Get off and move your feet, yeah!
僕らはやる事をやらなくちゃ!
母さんは脳たりんは育てなかった
フレッド・アステアみたいには踊れないんだ
表に出るんだ、皆ほら
さっさと脚を動かすんだ!

Money don't, money don't grow on trees, yeah
Oh, listen 2 me now
Money don't, money don't grow on trees
Oh, break it down one time
お金は生えてこない、お金は木から生えてこない
いいかい聞くんだ
お金は生えてこない、お金は木から生えてこない
ここでブレイクダウンだ

Oh, I need my money (He needs his money)
Like a hog needs slop
Whatcha say brother?
I... baby, baby, I need my money
Don't wanna stop
I love makin' money... ooh
Money... oh
ああ、僕はお金が必要だ
豚にとっての泥んこみたいなものさ
どうだいブラザー
僕は・・・僕はお金が必要だ
立ち止まるのはナシさ
お金を稼ぐのは大好きさ
お金、お金、お金・・・ああ

If U can't do like Fred Astaire
Then think about a college degree
Look baby, honey
Money, money, money don't grow on trees!
Money, money don't grow on trees
Don't U know money, money don't grow on trees?
No, I said money don't, money don't grow on trees
Baby, no, the trees, the trees
(Money don't, money don't grow on trees)
Yeah! (Money don't, money don't grow on trees)
Why don't it grow on trees?
No, oh yes (Money don't, money don't grow on trees)
Money don't... (Money don't, money don't grow on trees)
Yes, I'm... I'm gonna take care of my mom, baby
Money don't, yeah
フレッド・アステアみたいに踊れなかったら
そしたら大学に行くことを考えなくちゃね
いいかいハニー
お金は、お金は、お金は木から生えてこない
お金は、お金は木から生えてこない
お金は、お金は木から生えてこないでしょ?
いや、お金は、お金は木から生えてこないんだよ
そんな木はないよ、そんな木は
なんで木から生えてこないんだろうね?
お金は生えてこない
そうだよ、僕は、僕は母さんを楽にさせるんだ
お金は生えてこないんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ