OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「The Holy River」は、私にとっては1996年のアルバム「Emancipation」の核をなす、美しい喜びの歌です。ただ、その意味の重さのために、今となっては聴くのが少し辛い曲でもあります。

私には、プリンスはベタな曲が大好きで、隙を探ってはそういうベタな曲を作るチャンスを窺っている人、というイメージがあります。私はプリンスのそういうところがとても好きです。この曲も少しベタに聴こえるかもしれませんが、ヴァースの地声レンジとコーラスのファルセットでボーカルが交互に切り替わるところや、3分35秒頃にそれが一度逆転して、コーラスが地声になり、続くヴァースがファルセットになるところなどは、本当に美しいです。

この曲を聴いて真っ先に気付くのは、コーラスの歌詞が、1984年のアルバム「Purple Rain」からの自身の最大のヒットシングル「When Doves Cry」と繋がっていることです。

How can U just leave me standing
Alone in a world that's so cold?
なぜ僕を置き去りにできるの
この冷たい世界にひとり

So over and over U ask your soul
Why'd U come down 2 a world so cold?
だから自分の魂に何度も聞き返す
どうしてこの冷たい世界に生まれて来たのかと

「When Doves Cry」は、フィクションを混在させたとはいえ、自身の内面や生い立ちを曝け出して作られた曲で、若きプリンスの痛ましい苦悩が生々しく投影されていました。対して「The Holy River」は、その苦悩の先に遂に辿り着いた場所であり、喜びに涙を流す曲です。本来であれば、この曲は純粋な喜びの曲であるはずでした。

そういえば、オプラショウでのプリンスの発言に、「She makes it easier to talk to God / マイテは僕を神と話しやすくさせてくれるんだ」というものがありました。曲が神への信仰心を歌う場面に入ると、この発言と重なるように思えます。


ところで、後に発表された未発表曲集「Crystall Ball」には、「Goodbye」という曲が収録されています。そして、プリンス自身によるライナーノーツには、「Goodbye は元々 Emancipation のために書かれたが、The Holy River に置き換えられた」という旨のことが書かれています。私は当時、「The Holy River と Goodbye なんて全然違う曲なのに、プリンスはなんでそんなことを言うのだろう?」と思ったものでした。しかし、今聴くと何を思っていいのか分からなくなります。

また、「Goodbye」はアルバム「Emancipation」でボツにされてしまった曲ですが、私の選ぶ曲の1位は、実はこの曲になります。順位と記事の順番が滅茶苦茶ですが、ようやく辿り着いたので、そろそろこの曲を取り上げたいと思います。私の選曲リストは一般的なプリンスの紹介ではあまり選ばれない曲を中心に構成されているので、その点について少し補足となるような前置きを挟んだうえで取り上げることにします。


こちらはテレビ出演でのライブで、さらっと短くまとめたパフォーマンスです。コーラスをファルセットにせず、地声のレンジで歌うのが印象的です。

また、上記のテレビ出演のインタビュー部分もアップロードされていました。番組ホストの態度が終始軽薄で、プリンスが真剣に話そうとしている場面でもジョークで流してしまっているので、少し複雑な気分になります。おそらく本意ではないと思われるものの、その場の雰囲気に合わせて面白可笑しく振舞うプリンスを見ると、何となく次の歌詞が頭をよぎります。

U surrounded yourself with all the wrong faces
Spending your time in all the wrong places
Puttin' your faith in things that only make U cry
望まない顔ばかりにに周囲を囲まれ
望まない場所ばかりで時間を費やし
悲しみしかもたらさないものに信念を預ける

ちなみに細かい話なのですが、番組のライブパフォーマンスでは、プリンスは一箇所歌詞を間違えていて、正しくは "Putting your faith in things..." となるのを、"Putting your things in faith..." と歌っています。何だか微笑ましいです。


Let's go down 2 the holy river
If we drown then we'll be delivered
聖なる川へ行こう
そこで溺れるならば、僕らは産まれ変わるだろう

U can still see the picture upon the wall
One eye staring at nothing at all
The other one trying 2 focus through all your tears
まだ壁には絵が飾られている
一つの目は全く何も見つめていない
別の目は涙の先で精一杯焦点を合わせようとしている

U can try and try but there's nothin' 2 hide
U can't run from yourself and what's inside
U got 2 find the answers 2 the questions that U most fear
いくら目を逸らしても隠すことはできない
自分自身から逃げ出すこともできない
最も怖れる問いの答えを探さなればならない

So over and over U ask your soul
Why'd U come down 2 a world so cold?
And the voice inside says 2night the truth will be told
だから自分の魂に何度も聞き返す
どうしてこの冷たい世界に生まれて来たのかと
内なる声は言う - 今夜真実が明かされるのだと

U surrounded yourself with all the wrong faces
Spending your time in all the wrong places
Puttin' your faith in things that only make U cry
望まない顔ばかりに周囲を囲まれ
望まない場所ばかりで時間を費やし
悲しみしかもたらさないものに信念を預ける

People say they love U when they wanna help
But how can they when U can't help yourself?
The more they say they love U, the more U just wanna die
人は優しい言葉を掛けてくれ、助けを差し伸べる
だが自分で自分を救えないというのに彼らに何ができるだろう?
優しい言葉を掛けてもらうほど、死んでしまいたくなる

So here we go again, the self analysis
Have another glass of Port and uh.. forget this
The band's playin' at the club 2night and they're bound 2 groove
だからまた自己分析に取り掛かる
ポートワインをもう一杯飲み… いや、またにしよう
なぜなら今夜のクラブで演奏しているバンドは最高なのだから

There U are, U think U're high
U can't ask yourself cuz U'd only lie
If U had a dollar 4 every time U tried
そしていつも通り、ハイになった自分を演じる
嘘でしか答えられないから自分自身に尋ねることもできない
この繰り返しのたびに1ドルを得られていれば、それだけで財産を築いていただろう

U can't call nobody cuz they'll tell U straight up
Come and make love when U really hate 'em
Relationships based on the physical are over and done
They're over and done (They're over and done)
U'd rather have fun
With only one, with only one
Only one... one (one)
思いが異なるから誰かを頼ることもできない
本心の望まぬままに愛を交す
肉体のみの関係はもうたくさんだ
愛する一人の人と喜びを分かち合いたい
愛する一人の人と
愛する一人の人

And then it hit 'cha like a fist on a wall
Who gave U life when there was none at all?
Who gave the sun permission 2 rise up everyday? (Ooh, oh yes)
Let me tell it (Go'n)
そして壁に拳を打つような衝撃が走る
全くの無から誰が命を与えたのか
誰が太陽に毎日昇る許しを与えたのか

If U ask God 2 love U longer
Every breath U take will make U stronger
Keepin' U happy (happy) and proud 2 call His name (Go'n and say it)
Jesus (Jesus)
神からより長く愛されることを願うなら
呼吸を重ねる度に強さを増していく
幸福の中で誇らかに彼の名前を呼ぶ - ジーザス

And over and over U ask your soul
Why'd U come down 2 a world so cold?
And the voice inside said 2night the truth will be told
そして自分の魂に何度も聞き返す
どうしてこの冷たい世界に産まれて来たのかと
内なる声は言った - 今夜真実が明かされるのだと

And this time I was listening, hear me
そして僕は確かにその声を聴いた - 聴いてほしい

Let's go down 2 the holy river
If we drown then we'll be delivered (Yes we will)
If we don't then we'll never see the light (No)
聖なる川へ行こう
そこで溺れるならば、僕らは産まれ変わるだろう
さもなくば、僕らは決して光を見ることはないだろう

If U die before U try
U'll have 2 come back and face the light (Oh yes)
When U believe it, U got a good reason 2 cry (Oh my, my)
もし飛び込む前に命を落とせば
再び戻り光と向き合わなければならない
それを信じる時、涙を流すのに十分な理由を得るだろう

So I went on down 2 the holy river
I called my girl and told her I had something 2 give her
I asked her 2 marry me and she said yes, I cried
そして僕は聖なる川へ訪れた
彼女を呼び、あげたい物があると伝えた
僕は結婚を申し込み、彼女は受け入れ、僕は泣いた

Oh, that night I drowned in her tears and mine
And.. and instead of a glass of sorrow and wine
Looking back y'all, I don't miss nothing except the time
その夜の僕は彼女と僕の涙に溺れた
それはワインと悲しみに満たされたグラスに溺れるのではなく
振り返っても、時間以外に何も惜しくはない

And when I see that picture upon the wall
The one eye staring at nothing at all
My eyes trying 2 focus but these are much different tears
Oh, yes they are
そしてあの壁の絵を見ると
一つの目は全く何も見つめていない
僕の目は精一杯焦点を合わせようとしたけれど、それは全く違う涙だった

Let's go down 2 the holy river {x3}
Let's go down 2 the holy river {x3}
聖なる川へ行こう
聖なる川へ行こう

1996年の3枚組アルバム「Emancipation」からひとつだけ曲を選ぶとすると、私の場合、それは前回挙げた「One Kiss At A Time」となるのですが、もう少し枠を広げるとさらに2曲入ってきます。その2曲とは、「Dreamin' About U」と「The Holy River」です。

今回はまず「Dreamin' About U」を取り上げることにしますが、何を書けばいいのでしょう… これは、言葉で表現できる境界を越えたところに存在する曲です。曲に釣り合う言葉は見つからないのですが、少しだけ何か書くことにします。

この曲の歌詞は妖艶で情熱的であり、それでいてプリンスらしくユーモラスな部分も持ち合わせています。私には上手く訳せないのであまり深入りはしませんが、とても幻想的で詩的な世界が歌われます。例えば次のフレーズなどは、個人的には特にインパクトがあります。

Your tongue is a great persuader
君の舌は偉大な説得者だ

ちなみに、"persuader" という単語を辞書で調べると、文字通り単に "説得する人" という意味だけではなく、インフォーマルな用例として、"something used to intimidate or deter, as a weapon or punishment" とあります。この単語には、それをちらつかせて脅せば有無を言わさずに言うことを聞かせられるもの、という意味もあり、その場合は通例、恋人の舌ではなく、銃などの武器や罰など、脅しに使われるものを指して使われるようです。

また、演奏の方では、女性ベーシストのロンダ・スミスによるベースや、エリック・リーズのサックスもこの曲に重要な彩りを添えています。個人的には、途中からサックスのフレーズが入ってくると、The Family の「Desire」を思い起こします。どちらも官能的な曲ですが、「Desire」が穏やかでロマンチックな曲であるのに対し、「Dreamin' About U」はより激しく情動に駆られた雰囲気なのが対照的です。

後は… 言葉が見つかりません。代わりにプリンスの音楽を聴くこと全般について、前提となる話を少し付け加えておきます。


プリンスの音楽は他のアーティストの音楽とは違う聴き方をする必要があります。プリンスの音楽を他のアーティストの音楽と同じように消費してしまうと、プリンスがどれほど特異なアーティストであるかに気付くことは難しいのではないかと思います。

これは具体的に何を言っているかというと、単にプリンスの音楽をきちんと鑑賞するためにはヘッドホンやイヤホンを使うのが望ましいという話なのですが、実のところ、これはプリンスの音楽を聴くにあたって一番最初に知っておくべき話だと私は思っています。というのもプリンスの場合、ヘッドホンやイヤホンが必要になる理由が他のアーティストとは本質的に異なるからです。

「Dreamin' About U」の曲に関しては、刻まれるリズムが右でしか聴こえない音と左でしか聴こえない音に分離されているのに気付くくらいで、ヘッドホンを使っても使わなくても基本的に同じ音楽が流れますが、プリンスの場合、ヘッドホンで聴くのと普通に聴くのとでは違う音楽が流れる、ということがよく起こります。そして、このようなアーティストが他に誰か存在するだろうか?というと、おそらくプリンス以外には他に誰も存在しません。この話は極めて重要であるにもかかわず、論じようとしても比較対象になりうるアーティスト自体が他に存在しないためか、音楽評論家によって明確に語られることはまずありません。

これは前提の話なので最初に知っておくべきことではあるのですが、最初に書いても伝わりづらいことでもあるし、その特異性に馴染むのにはおそらく時間が掛かると思われるので、とりあえず少しずつ曲を取り上げて、区切りが付いたところでこの話を、と思っていたら、区切りが付かないまま既に1年以上経ってしまいました。この調子ではいつになるのか分からないので、とりあえず少し触れておくことにします。

また、このブログは元々トレーニングのブログで、最近になって私自身もぼちぼちトレーニングを再開しています。トレーニングのことも何か書こうかなとは思っているのですが…


以下のリンクは7分46秒の動画ですが、曲自体は3分50秒頃までです。


If the wind blew every petal from your precious red rose
Would U be afraid of what U'd find inside?
もし風が君の大切な赤い薔薇の花びらを全て吹き飛ばしてしまったとしたら
君はその中にあるものを知ってしまうことに怯える?

When I'm alone in my room
I can't stop dreaming about U, dreaming about U
When I'm alone in my room
I can't stop dreaming about U, dreaming about U
僕は部屋に独りでいる時
君を夢に想うことを止められない
僕は部屋に独りでいる時
君を夢に想うことを止められない

And every time I do what I need 2 do
I can't stop dreaming about U, dreaming about U
しなければいけないことをするときも何時も
君を夢に想うことを止められない

Revolving around every word that is spoken
Like the planets around the sun
I want U
まるで太陽の周りに存在する惑星のように
発せられる言葉の全ての周りで周回する
僕は、君が欲しい

Your tongue is a great persuader
Yeah, U got me sold
And when I'm alone in my room just watching a rose
I dream about U, I dream about U
君の舌は偉大な説得者だ
そう、僕はすっかり心を奪われてしまった
そして僕は部屋で独り薔薇を見つめているだけで
君を夢に想う - 君を夢に想う

When I'm alone in my room, yeah
I can't stop dreaming about U
When I'm alone in my room, baby, baby
I can't stop dreaming about U, dreaming about U
僕は部屋に独りでいる時
君を夢に想うことを止められない
僕は部屋に独りでいる時
君を夢に想うことを止められない

And every time I do what I need 2 do
I can't stop dreaming about U, dreaming about U
しなければいけないことをするときも何時も
君を夢に想うことを止められない

When my sane twin reigns
Claiming your aim is 2 maim my subconscious into being with U
I dream about U
僕の良識を持った双子の片割れが支配する時
君の照準を求めることで僕の潜在意識は損なわれ君と同化し
君を夢に想う

Betting on the notion that if my lustier twin prevails
Like the ruins of Rome, I'll lie helpless at your feet
Yeah, when I'm alone
I dream about U, I dream about U
僕の欲望にまみれた双子の片割れが優位に立つ時
まるでローマの廃墟のように、僕は君の足元になす術もなく横たわる
そう、僕は独りでいる時
君を夢に想う - 君を夢に想う

I dream about U, baby
When I'm alone in my room
I dream about U, my baby
I dream about U, U, U
君を夢に想う
僕は部屋に独りでいる時
君を夢に想う
君を夢に想う

(And here we stand)
And here we stand amidst your core (U)
Like the petals on this rose I adore (U)
The inside (The inside)
If the inside is kind
Kind in a sense that one would come from all
そして僕らはここにいる - 君の核心部のただ中に
この薔薇の花びらのように、僕は君を崇め愛でる
その内部
その内部に慈愛があれば
全てから来るものとしての慈愛

And the wish that U wish will come true if U call
But if not, (U will fall) U will fall
And I'll still be alone (Just dreaming about U)
With this ball in my stomach just dreaming about U (Dreaming about U)
そして君が求めるのなら君が望む願いはかなうだろう
しかし、さもなければ君は落ちてしまう
そして僕はなおも独りのまま
この球体をお腹に、ただ君を夢に想う

私の選ぶ曲シリーズの記事をもうひとつ続けます。今度は1996年の3枚組アルバム「Emancipation」の2枚目に収録されている、「One Kiss At A Time」です。合計180分に及ぶこの長大なアルバムの中で、ひとつだけ曲を選ぶとすれば、私の場合これになります。

今さら敢えて言うことでもありませんが、プリンスの他に類を見ない傑出した特徴のひとつに、そのファルセットボーカルがあります。プリンスの才能はあまりにも多岐に渡るため、個々の能力の凄さは軽視あるいは無視されてしまう嫌いがありますが、ファルセットボーカルだけをとってもプリンスは 本当に不世出なアーティストです。普通の人が歌えば失笑にしかならないであろう曲も、プリンスのファルセットボーカルに掛かればこの上ない魅力を持った曲に変貌させることができます。

まあそうはいっても、優れた男性ヴォーカリストで、かつプリンスのボーカルレンジで歌える能力を持った人であれば (そもそもこの時点で条件はかなり厳しいような気がしますが)、プリンスと同じようなものにはならないにしろ、プリンスの曲を歌ってもそれなりの形にすることはできるのかもしれません。例えば、「Scandalous」も、「Insatiable」も、果ては「Adore」ですら、一応の形にできるヴォーカリストは多分どこかに存在するのではないかと思います。しかし、「One Kiss At A Time」だけは、誰が歌ってもモノにするのは不可能ではないかと私は思うのです。この曲をオリジナルに並ぶパフォーマンスで歌える人は、プリンス以外に誰も存在しないと私は思います。

また、これはプリンスのワンマン録音で作られた曲です。音の技巧の方も、"Every nervous twitch that happens" の後に "ピ・ピ・ピ・ピ・ピ…" と神経がピクピクしている感じ (?) が演出されたり、"Time would stop and the sky would fall" で一旦演奏が止まった後、音がちょっとドラマチックになって天が落ちてくる情景が表現されたり、いかにもプリンスがやりそうなことを期待通りにやってくれる嬉しい曲です。

この曲の個人的なハイライトは、3分35秒頃、曲が終盤に差し掛かって、プリンスが "I got 2 be on my knees, I.. I.. I.. I gotta please" と歌うところです。こんな歌い方をして、イロモノにならずにばっちり最高にキメられる男性は、私はプリンスしかいないと思います。

そういえば、マイテは本を出版するにあたって様々なメディア出演をこなし、ネットでも様々な記事が紹介されました。ネットの記事に関しては書籍を断片的に引用してセンセーショナルに取り扱うようなものが目立ち、いまいちマイテの真意が伝わりづらいものになってしまっている印象もありますが、マイテの発言にはいくつか素敵だな、と思ったものがありました (元記事リンク)。

There's no man who could literally take my pantsuit, eyeliner and mascara and rock it better than me.
私のパンツスーツやアイライナー、それにマスカラを文字通り持ち出して、そのうえ私よりもばっちりキメてしまう男性なんて、プリンス以外に誰もいないわ

また、別のネット記事では、マイテが新しく買ったパンツを、プリンスはクローゼットから無断で持ち出したうえ、自分にフィットするように勝手に仕立て直してしまい、それがマイテの元に戻ってきたときにはくるぶし丈のつんつるてんなパンツになっていた、という素敵なイタズラエピソードも紹介されています (マイテの本によると、マイテはプリンスよりも2インチほど背が高いらしいです)。


この曲は現在 YouTube で簡単にプリンスバージョンを見つけることができますが、コメント欄でも言及されているように、この動画は少し前まで通常の検索では引っかからないようなアップロードのされ方をしていたように思います。私も割と最近初めて見つけた時は「うまいこと削除から逃れたな」と思ったのですが、現在は普通に検索で引っかかるので、具体的にどんな細工がされていたのかは忘れてしまいました。ちなみに少々刺激が強い映像が含まれているので、閲覧には時と場所を選びます。

ちなみに、私が長年親しんだバージョンはこちらです。こちらもある意味、時と場所を選ぶ動画かもしれないので警告をしておきます。ただ、私はずっと家で音楽を聴く習慣がなくなっていて、たまに YouTube などで検索して聴くくらいの状態になっていたため、私はやむにやまれずこの動画を古くからかなりの回数再生しています。そのためか今はもう慣れてしまいました。


Come here, baby
Come and get your come on
おいで、ベイビー
さあこっちにおいで

Oh, I see this is what U wanted
One kiss at a time
(I got 2 be) I got 2 be up on it
If I want 2 make U mine
ああ分かった - これが欲しかったんだね
一度に一度のキス
ちゃんとやらなくちゃ
君を僕のものにしたいのならば

This is something every girl should know
Every part of U comes alive when U take it slow
Every nervous twitch that happens when my tongue is there
Your lips, up and down your back and every single hair
これは全ての女性が知っておくべきこと
ゆっくりと事を進めると君の全ての部位に命が吹き込まれる
僕の舌が触れて起きる全ての神経のわななき
君の唇、上へ下へと君の背中、そして一本ごとの全ての髪の毛

It all makes up the beauty of your grand design
Every man has got a duty and 2night I want 2 do mine
その全てが壮大に設計された君の美を織り成す
男なら誰もが義務を持っている - 今夜僕はそれを果たしたい

(Oh, I see) Oh, I see this is what U wanted
One kiss at a time
(I got 2 be) I got 2 be up on it, yeah
If I want 2 make U mine
ああ分かった - これが欲しかったんだね
一度に一度のキス
ちゃんとやらなくちゃ
君を僕のものにしたいのならば

This is something every man should see
Give your woman what she wants and give her what she needs
(What she needs {x3})
Ask her in a whisper that only 2 can hear
What can I do, what can I say, baby?
Forget your every single fear
これは全ての男が理解しておくべきこと
愛する女性が望むもの、そして必要とするものを与えるということ
二人にしか聴こえない囁きで尋ねる
何をしてあげられる? 何を言ってあげられる?
一切の恐れを忘れ去ってごらん

Slowly I pull your strap down and touch U as if 2 heal (heal)
Layer by layer, inch by inch, until your true love is revealed
ゆっくりと君のストラップを外し、癒しを与えるかのように君に触れる
一層ずつ、一インチずつ、君の真実の愛が露わにされるまで

Oh, I see, ooh, this is what U wanted, baby
One kiss at a time
I got 2 be, I got 2 be up on it
If I want 2 make U mine
ああ分かった - これが欲しかったんだね
一度に一度のキス
しっかりとやらなくちゃ
君を僕のものにしたいのならば

If every man could love their woman the way that I love U
Time would stop and the sky would fall
And all could see the glory of what true love could bring
That's why I sing
もし僕が君を愛すように全ての男が女を愛すことができたならば
時は止まり、天は落ちてくるだろう
そして全ての者が、真実の愛がもたらす栄光を目にすることができるだろう
それが僕の歌う理由

Oh, I see
(Oh, I see) Mmm, this is what U wanted
One kiss at a time
I got 2 be on my knees, I.. I.. I.. I gotta please
(If I want 2 make U mine)
Only, only, only way 2 get your come on, all night long
One kiss at a time (And I know that's right)
(I gotta stay) I gotta stay, [good and long] (Now come on)
On this Valentine
Come on (Come and get your come on)
Get your come on, baby
One kiss at a time
Come on, baby, let's get this on
One kiss at a time
Uh huh, yeah
One kiss at a time {x2}
ああ分かった - これが欲しかったんだね
一度に一度のキス
ひざまずいて、僕は、僕は、僕は、僕は懇願する
ただ君の魅力を感じさせてほしい - 一晩中
正しくしていなきゃ
今年のバレンタインに
さあおいで
一度に一度のキス
さあしよう
一度に一度のキス
一度に一度のキス

↑このページのトップヘ