OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「Scarlet Pussy」は1988年に「Lovesexy」からのシングル「I Wish U Heaven」の B 面としてリリースされた、プリンスのオルター・エゴ (別人格) である「カミール」の曲です。元々は、未リリースに終わったシーラ・Eの4作目のアルバム用に書かれたのだそうです (PrinceVault)。それにしても一体全体、何なんでしょうこの曲は。とても奇妙で、しかし、恐ろしく才気走った曲です。プリンスが好きだけどこの曲を知らないという人は、人生をちょっと損してる、と言っても過言ではないかもしれません。YouTube に見つからず容易に聴くことができないのが残念です。ちなみに、ここではタイトルへの突っ込みは一切なしでいきます。

一応この曲は、アメリカの TV ドラマ「フレンズ」から連想するプリンスの曲、ということで取り上げることにしました。今回のフレンズの曲は、少々無理やりですが猫つながりでフィービーの「Smelly Cat」です。「Smelly Cat」は、ドラマのテーマソング以外でフレンズの曲といったらこれ、というくらい有名な曲で、「Sticky Like Glue / Sticky Shoes」の記事でも出てきました。

下の動画は、シーズン2、エピソード17「The One Where Eddie Moves In」で、いつも皆が集まるカフェで、6人全員で歌うシーンです。フィービーは歌詞の各ラインを順番に振って歌わせますが、4つしかラインがないので、ロスだけ順番が回ってこないというオチがついてきます。

Smelly cat, smelly cat
What are they feeding you?
Smelly cat, smelly cat
It's not your fault
スメリー・キャット、スメリー・キャット
一体何を食べさせてもらってるの?
スメリー・キャット、スメリー・キャット
あなたのせいじゃないわ

They won't take you to the vet
You're obviously not their favorite pet
It may not be a bed of roses
You're no friend to those with noses
獣医さんにも連れてってもらえない
明らかに飼い主はあなたを好いてない
バラを敷き詰めたベッドもない
(慣用句: 優雅な生活環境ではない)
長い鼻をした生き物ともお友達になれない

下の動画では、フィービー役を演じたリサ・クドローが、テイラー・スウィフトのコンサートに登場し、「とても良いんだけど、でも歌詞をきちんと感じながら歌うともっと良いわよ」とテイラーに指導してあげています。2015年のことだそうです。検索したら上の方に出てきたのでリンクします。

Scarlet Pussy

「Scarlet Pussy」は、名義上はプリンスではなくカミールの曲です。私はシングル「I Wish U Heaven」の実物を見たことがないのですが、画像を検索すると、「Scarlet Pussy」が収録されたレコード B 面のラベルにプリンスの名前はなく、替わりにカミールと書かれています。また、CD シングルではカバーにこの曲は記載されておらず、ある種隠しトラックのようになっているようです。

それにしても、カミールには不思議な力があります。カミールの曲を聴くと、私はおとぎ話の世界に迷い込んだような気分になります。まるで「不思議の国のカミール」です。ちなみに、プリンスにはピッチがいじられたボーカルが登場する曲が色々と存在しますが、正式にカミールの曲と言えるのは10曲しかなく、その内訳は未発表アルバム「Camille」の8曲、「U Got The Look」、そしてこの「Scarlet Pussy」だけなのだそうです。

  • Rebirth Of The Flesh
  • Housequake
  • Strange Relationship
  • Feel U Up
  • Shockadelica
  • Good Love
  • If I Was Your Girlfriend
  • Rockhard In A Funky Place
  • U Got The Look
  • Scarlet Pussy

「Scarlet Pussy」は元々シーラ・Eのために書かれたというだけあって、リードボーカルはシーラ・Eですが、これがまた曲との相性抜群です。曲の方は、何をどう言及したらいいのか分からないほど最初から最後まで色々なことが起こります。それにしても、最初と最後に出てくる何かの鳴き声を模した奇妙な音は一体何なんでしょう?

歌詞について少し言及しておきます。フィービーの「Smelly Cat」は長い鼻の生き物とはお友達になれない猫でしたが、「Scarlet Pussy」の緋色の猫は、一転してド、ド、ドッグ達の憧れとして描かれます。また、「Pussycat, pussycat - wherefore art thou, puppy?」という歌詞は、シェイクスピアの、ロミオとジュリエットの「O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo? / ああ、ロミオ、ロミオ、あなたはどうしてロミオなの?」をもじったものです。

コーラスの歌詞も、「shoot your ego all over her sheets / シーツがグチャグチャになるまで貴方のエゴを撃ち砕く」など、非常に印象的な表現が出てきます。また、コーラスの最後のラインは「All is fair in love and war / 恋と戦争においては全てが公正である」という諺をもじったものです。通常は到底許されない行為であっても、戦争のような特殊な状況下では正当化されてしまう、というのが元の意味になります。


Once upon a time in the Land of Fever
There lived a scarlet pussy
This kitty cat of fine descent was cherished by her mother
Who wouldn't let another pet her
Unless he was qualified
昔々、ランド・オブ・フィーバーという国に
緋色の猫が住んでいました
この由緒ある血統の猫は母親に大切に育てられ
相応しい資格を備えると母親に認められない限り
この猫を愛でることは決して許されませんでした

Every first of the month this pretty feline got the hots
And that's when the neighborhood d-d-dogs
They'd line up around the block
Meow!
月初めになると決まってこの美しい猫は欲情し
近隣のい、い、犬達は
周辺の通りに行列を作るのでした
ミャーオ!

When my little scarlet feline roars
The locals come around (Come around)
When they see the scarlet light
They know it's time 2 come chase her down (Chase her down)
可愛い緋色の猫が唸り声をあげると
近所の者達は集まりだす
光り輝く緋色の毛並が見えたら
それは彼等の追いかける合図

Lo and behold - the fantastical way in which their bodies groove
My Scarlet Pussy's furry magic alters any mood (Scarlet Pussy, hey)
It's cool (Scarlet Pussy, yeah)
Ahh, pussycat, pussycat - wherefore art thou, puppy?
ご覧なさい - 彼等の肉体が熱くなっていく摩訶不思議な様を
緋色の猫のモフモフした魔法はどんなムードも一変させるのです
これは中々の見もの
ああ、猫ちゃん、猫ちゃん - あなたはどうしてあなたなの、ワンちゃん?

Chorus:
She can make U crazy if U're 2 close 2 her heat
She can make U sad when U're happy as can be
She can make U shoot your ego all over her sheets
All is hers in love and war, my little Scarlet Pussy
彼女の熱に近付きすぎると、彼女は貴方を狂わせる
貴方がこの上なく幸せな時でさえ、彼女は貴方を悲しませる
彼女のシーツがグチャグチャになるまで、彼女は貴方のエゴを撃ち砕く
可愛い緋色の猫 - 恋と戦争においては全てが彼女の思うがまま

Every dog would try his lines 2 get Pussy's attention (Hey, baby!)
All they want is so exposed in ways 2 gross 2 mention (Eew!)
Green virgin teenager or filthy rich yuppie?
Pussycat, pussycat - wherefore art thou, puppy?
(Scarlet Pussy)
犬達は猫の気を惹くため、各々とっておきの口説き文句を尽くすのでした
青臭いティーンエイジャーからお金持ちのシティボーイまで
彼等のよこしまな胸の内はあまりに剥き出しで、口に出すのも憚られます
猫ちゃん、猫ちゃん - あなたはどうしてあなたなの、ワンちゃん?

She can make U crazy if U're 2 close 2 her heat
She can make U sad when U're happy as can be
She can make U shoot your ego all over your sheets
All is hers in love and war, my little Scarlet Pussy
彼女の熱に近付きすぎると、彼女は貴方を狂わせる
貴方がこの上なく幸せな時でさえ、彼女は貴方を悲しませる
貴方のシーツがグチャグチャになるまで、彼女は貴方のエゴを撃ち砕く
可愛い緋色の猫 - 恋と戦争においては全てが彼女の思うがまま

Meow
Now what's going on?
Meow
I don't know, man, look out!
Somebody come get this meow-meow off my leg! (Purr)
Meow! (Hiss hiss!)
Scarlet Pussy
Pussycat, pussycat - wherefore art thou, puppy?
Meow
ミャーオ
んー、何が起きてるの?
ミャーオ
知ったことかよ、あれっ!
このニャンコを足から離してくれ! (ゴロゴロ)
ミャーー! (シッ、シッ!)
緋色の猫
猫ちゃん、猫ちゃん - あなたはどうしてあなたなの、ワンちゃん?
ミャーオ

Chorus
She can make U crazy if U're 2 close 2 her heat
She can make U sad when U're happy as can be
She can make U shoot your ego all over her sheets
All is hers in love and war, my little Scarlet Pussy
彼女の熱に近付きすぎると、彼女は貴方を狂わせる
貴方がこの上なく幸せな時でさえ、彼女は貴方を悲しませる
彼女のシーツがグチャグチャになるまで、彼女は貴方のエゴを撃ち砕く
可愛い緋色の猫 - 恋と戦争においては全てが彼女の思うがまま

All is hers in love and war, my little Scarlet Pussy
可愛い緋色の猫 - 恋と戦争においては全てが彼女の思うがまま

She can make U happy, she can make U sad
She can make U crazy (Crazy)
She can make U shiver from your head down 2 your feet
She can make U shoot your ego all over her sheets (Oh!)
彼女は貴方を幸せにする、彼女は貴方を悲しませる
彼女は貴方を狂わせる
彼女は貴方を頭から爪先まで震わせる
彼女のシーツがグチャグチャになるまで、彼女は貴方のエゴを撃ち砕く

Chorus
She can make U crazy if U're 2 close 2 her heat
She can make U sad when U're happy as can be
She can make U shoot your ego all over her sheets
All is hers in love and war, my little Scarlet Pussy
彼女の熱に近付きすぎると、彼女は貴方を狂わせる
貴方がこの上なく幸せな時でさえ、彼女は貴方を悲しませる
彼女のシーツがグチャグチャになるまで、彼女は貴方のエゴを撃ち砕く
可愛い緋色の猫 - 恋と戦争においては全てが彼女の思うがまま

このエントリーをはてなブックマークに追加

トレーニングの話です。

私は今もトレーニングはそれなりにやっているのですが、ジムに行く間隔が一ヶ月くらい開いてしまったり、ジムに行ってもササッとやって終わりにしたりという具合で、ここ数年はトレーニングにあまり時間をかけていません。

このように、トレーニングに割ける時間が限られている場合や、フルフォーカスせずに何かしら妥協してトレーニングする場合、普通はどのようなトレーニング方針を立てるのが良いのでしょうか? 細かな種目は捨てて、ビッグスリーなどのベーシックな種目に絞ってトレーニングすべきでしょうか? 例えば、ベンチプレスで胸、ベントロウやラットプルダウンで背中、スクワットやレッグプレスで脚をやって終わり、といったように。

私の場合はというと、これとは少し違った考えを持っています。私がトレーニングで常に考え、重要視しているのは、次のことです。

すき間を埋める

一口にすき間と言っても色々あります。埋められるすき間もあれば、埋められないすき間もあります。特にプリンスに関しては・・・

というのはカテゴリ違いでした。

ここで私が言っているのはトレーニング部位の話です。何をすき間と認識するかは人によって違うと思いますが、私は特に次の部位をなるべく疎かにせず埋めるように、と思ってトレーニングをしています。

  • 肩の前部: 特に決まった種目はありませんが、スミスマシンが空いていればそれでシーテッド・プレスなど
  • 肩の後部: リアデルトのマシン、ダンベルのリアレイズなど
  • 胸の上部: スミスのインクラインプレス、あるいは上部を動員させてマシンフライやフラットベンチなど

これらは見た目に大きなインパクトを与える部位でありながら、ベーシックなビッグスリー種目的なトレーニングのみでは、どんなに一生懸命頑張っても適切にカバーすることはできません。

また、これらの部位は、ジムで他人の肉体を見て個人的に気になる所でもあります。例えば、トレーニングをしていて大胸筋などはそこそこ発達しているのに、肩の前部が凹んているような人を見ると、余計なお節介ですがせっかくジムに来ているのにもったいないと感じます。ベーシックな種目は大切ですが、種目をそれだけに絞って、細かな種目は上級者向けだから自分には早いと思って手を出さないでいると、いつまで経ってもすき間の目立つ肉体は変わりません。胸の上部を発達させるのは容易ではないかもしれませんが、少なくとも肩の前部と後部ならば、対象の種目を少し組み入れるだけで大幅に改善できるのに、と思います。

とにかく私は、いつもなるべく「すき間」を凹ませないように、と考えてトレーニングをしています。

あと、現在私は腕のトレーニングはしなくなっていたのですが、やっぱりもう少しトレーニングしようかな、と最近思いました。ただ、これは一緒に写っている人の腕が凄いだけかもしれません。

20180103-kae-san
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの TV ドラマ「フレンズ」とプリンスのネタを続けます。私の中で両者が無意識に結び付いているのは「Crystal Ball」と「Thieves In The Temple (Extended Version)」の2曲だけなので、少々無理やりになりますが、とにかく追加でもう2曲取り上げます。まずは「Sticky Like Glue」(2010年、アルバム「20Ten」収録) です。

これに対応するフレンズの曲は、もちろんフィービーの「Sticky Shoes」です。フィービーの様々な自作曲はドラマのひとつの名物と言えますが、これもその中の1曲で、あらぬものを踏んづけてしまい、靴の底がベトベト引っ付いてしまう、という歌です。

下の動画はシーズン4、エピソード5「The One With Joey's New Girlfriend」からです。このエピソードではフィービーは風邪をひいて登場しますが、その結果、思いがけず鼻にかかったセクシーな歌声を手に入れたことに気付きます。フィービーは有頂天になり、セクシーな女性になりきって「Sticky Shoes」を歌います。歌は動画の34秒頃です。

My sticky shoes
My sticky, sticky shoes
Why you stick on me... baby
私のベトベトの靴
私のベットベトの靴
どうして私にくっつくの・・・ベイビー

「Sticky Shoes」のフルバージョンは、シーズン3、エピソード14「The One With Phoebe's Ex-Partner」で披露されます。下の動画で最初に歌っている女性シンガーのレスリーはフィービーの元パートナーでしたが、二人は長きに渡って袂を分けた状態にありました。お金目的の活動に走ったレスリーが、お金のために魂を売ることを良しとしないフィービーを裏切り、切り捨ててしまったのです。下の動画は、そんな二人が紆余曲折を経て再び一緒になるシーンです。スティッキー・シューズ、スティッキー・シューズ、オールウェイズ・メイク・ミー・スマイル♪ - 心温まる感動のシーンです。

My favorite shoes, so good to me
I wear them everyday
私のお気に入りの靴、本当に良い靴
私は毎日履いているわ

Down at the heel, holes in the toes
Don't care what people say
かかとは磨り減り、つま先には穴
でも他人が何と言おうと構わないわ

My feet's best friends, pals to the end
With them I'm one hot chicky
私の脚の最愛の友、一生の友達
これと一緒なら私はちょっとイイ女

Though late one night, not much light
I stepped in something icky
だけどある夜のこと、薄灯りのなか
イヤなものを踏んじゃったの

Sticky shoes, sticky shoes
Always make me smile
Sticky shoes, sticky shoes
Next time I'll avoid the pile
スティッキー・シューズ、スティッキー・シューズ
いつも私を笑顔にしてくれる
スティッキー・シューズ、スティッキー・シューズ
今度は塊を見つけたら避けるようにするわ

しかし、その友情も長くは続きませんでした。レスリーはこともあろうかフィービーの代表曲「Smelly Cat」を広告代理店に売り込み、テレビのジングル (コマーシャルソング) にしてしまったのです。レスリーに再び裏切られたことを知ったフィービーは、気丈にも「これも人生だわ」と大人の振舞いをします。

Yeah. I actually am, yeah. 'Cause you know life's gonna hand you all kinds of stuff, you know you learn your little lessons and hopefully you grow. Wanna hear a new song?
ええ。私なら大丈夫よ。だって人生って色々な事が降りかかるものだし、そこから教訓を学んで、成長していければと思うの。新しい曲を作ったんだけど聴いてくれる?

Jingle Bitch screwed me over!
Go to hell Jingle Whore
Go to hell, go to hell
go to hell-hell-hell
ジングル・ビッチにコケにされたわ!
地獄に落ちろジングル淫売女
地獄に落ちろ、地獄に落ちろ
地獄に落ちろ、落ちろ、落ちろ

That's all I have so far.
まだこれしか出来てないんだけどね。

Sticky Like Glue

そして、えーと、これはプリンスの「Sticky Like Glue」の記事です。「タン、タン、タン、タタタ・タタタ・タータタ、タン、タン、タン」と特徴的な言葉の繋ぎ方をする、とてもおしゃれな曲で、アルバムの中でも目立つ曲のひとつだと思います。ただ、「私がプリンスに惹かれた理由、そして「3121」でそれが消えた話」でも触れたのですが、2006年の「3121」からこれくらいの時期の曲を聴くと、個人的には少し複雑な思いがします。

この曲、これまであまり歌詞をきちんと確認したことがなかったのですが、今回ちゃんと調べて、とても良い曲だな、と思えるようになりました。実を言うと、私はこれまでこの曲があまり好きではなかったのです。リンクの過去記事で触れた背景もありますし、それに加えて「I am a gracious host / Everybody under me, make a toast」という、「下々の者ども苦しゅうない、杯をもて」みたいな傲慢な表現に、たとえこれが明らかに冗談だと分かっていても少し引っ掛かる感じがあったのです。今回歌詞を調べて、バランスを取るように「ピープル誌の選ぶ最もセクシーな男性で話題にも上がらない」と裏で自虐的なことを言っているのに初めて気付きました。昔は自信満々でセクシーアピールをしていたのに・・・(笑)

You got another man, baby? Is he fine? Does he have an ass like mine?
別な男ができたのかい?そいつはイイ男かい?そいつは僕みたいなヒップをしてるのかい?
(参照: How Come U Don't Call Me Anymore)


[Verse 1]
Wheels go down, about 2 land in another dream of U
All night long
Out of town, I had 2 go but now I need a cup of somethin'
Black and strong
Beside me, I was just awaken up with U here
Now U're gone
Why, oh why didn't U hurry along with me this time?
Right or wrong
車輪が降りて着陸が近付く
また一晩中君の夢を見ていたよ
旅に出なければならなかったんだ
強いブラックのものが一杯欲しい
傍に君がいて僕は目覚めたはずだったのに
もう君はいない
ああどうして是も非もなく
君は僕と一緒に急いでくれなかったんだ

[Chorus]
As a matter of fact, I can't stop thinking about U, babe
When we're 2gether, everything is cool
Beautiful lover, friend, I'll never leave U again
U and me, we're sticky like glue
実のところ、僕は君を想うのを止められないんだ
僕らが一緒だと、全てがクールだろう
美しい恋人そして友、僕は君からもう二度と離れない
君と僕、僕らは接着剤のようにベッタリさ

[Verse 2]
Bright blue eyes staring down in2 mine saying
"Good morning, how are you?"
I can't lie, waking up in a plane without a warning
Ain't 2 cool
Cast ashore without a paddle and no more excuses
We just drown
What's the score? If U still really want 2 be my Muse
Then come around
僕の目を見つめる輝く青い瞳に君の声
"おはよう、気分はどう?"
はっきり言って、飛行機の中でふいに一人目覚めるのは
良い気分じゃないね
パドルもなしに岸に打ち上げられたよ、もう言い訳はできないね
僕らは溺れるしかない
状況はどうなの? もしまだ君が僕の閃きになってくれる気があるなら
僕のとこにおいで

[Chorus]
As a matter of fact I just can't live without U, babe
I'm wondering if U feel the same way 2
I'm hugging this pillow tight, the way we did last night
The sweat of each other, sticky like glue
実のところ、僕は君なしでは生きられないんだ
君も同じように感じてくれてるのかな
昨日君にしたように、僕はこの枕をギュッと抱く
僕らのお互いの汗は - 接着剤のようにピタッとくっ付く

[Bridge]
Sticky, sticky, 1, 2
That was the coolest movie ever
The one we saw last night
The closer U got 2 me
The less we saw, alright
スティッキー、スティッキー、ワン、ツー
あれは最高の映画だったね
僕らが昨日観たやつさ
君が僕との距離を縮めれば縮めるほど
観る余裕がなくなっちゃったね

The scene U remember the most is none of 'em
That ain't a boast, girl
I'm just in front of them others, I am a gracious host
Everybody under me, make a toast
君の一番記憶に残ったシーンは、特になし
なんて自慢することじゃないよ
僕は他の人達の前にいただけ、気前の良いホストさ
僕の元にいる皆、さあ乾杯だ

[Chorus]
As a matter of fact, I can't stop thinking about you, babe
(Sexiest Man Alive)
When we're 2gether, everything is cool
(People Magazine, ain't even in the top 5)
Beautiful lover, friend, I'll never leave U again
U and me, we're sticky like glue
実のところ、僕は君を想うのを止められないんだ
(ピープル誌が選ぶ、最もセクシーな男性)
僕らが一緒だと、全てがクールだろう
(トップ5にかすりもしない)
美しい恋人そして友、僕は君からもう二度と離れない
君と僕、僕らは接着剤のようにベッタリさ

[Verse 4]
I got something I want 2 say 2 you, babe
U might want 2 dig me later
I think U better dig me now
Listen
君に言いたいことがあるんだ
君は後で考えたいと思うかもしれないけど
今理解してほしいんだ
じゃあ言うよ

I can't get 2 sleep unless your body
Unless your body is right here next 2 me
It's crazy baby, I know we're dysfunctional
But I, I, I, I just can't, can't see myself
Myself with another, girl
君のカラダがすぐ隣にいてくれないと僕は眠りにつけないんだ
おかしなことだね、僕らは機能不全に陥ってる
それなのに僕は君以外の誰かと一緒になるなんて想像もできない

Oh, what in the world is wrong with me?
(I don't know) what's wrong with me, babe
Tell me what 2 do, is it me or U?
We fight so much and then we're through
It might come as a shock 2 you
But I, I, I, I, I still love you, yes, I do
Sticky like glue, sticky, sticky
ああ、一体僕はどうしてしまったのだろう
どうしてしまったのか分からないよ
どうしたらいい、僕のせいなの君のせいなの?
僕らはウンザリするほど喧嘩して、終わってしまった
君は驚くかもしれないけど
僕はまだ君を愛しているんだ、本当に愛してる
接着剤のようにベッタリ、ピッタリ

Don't U think I ain't when I am?
One more thing and then I'm out
U get us wet with your pride
Then U hang us both outside 2 cry, cry
What's that sound?
Said it must be raining, raining tears, tears, tears
本当はそうなのにそうじゃないって思うの?
最後にもうひとつ言わせてよ
君のプライドで僕らは濡れちゃったよ
そして僕らは二人共お外で干されてシクシク泣くのさ
何の音だろう?
これは涙の雨だね、涙、涙

[Outro]
But U need 2 dry your eyes
Please, please, please don't cry
Cause we ain't, I ain't, going nowhere, no
でも目を伝う涙は拭いて
お願いだから泣かないで
だって僕らは、僕は、どこにも行きやしないから

Somebody needs 2 tell that girl one more time, now
誰かもう一回言い聞かせてあげてよ

Sticky like glue
接着剤のようにベッタリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ