OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

常々思うのですが、ダイエットやフィットネスについて正しい知識を得るためには、英語ができるようにならないとダメだなあと思います。英語に触れずに日本語だけで生活していると、日本語だけで十分で英語なんて必要ないと思ってしまいがちなのですが、とりわけダイエットやフィットネスに関する限り、得られる情報の「質」には英語と日本語では絶望的なほどの格差があります。

英語と日本語で、情報の「量」に差があるだろうというのは、英語が全くできない人であってもフィットネス人口やマーケットの規模から考えて容易に想像がつくと思います。それでも単に量に差があるだけならば大した問題ではありません。むしろゴミをかき分ける作業が減るのならば、情報の総量は絞られていた方が嬉しいです。しかし、残念ながら実態はそうではありません。フィットネスにおいては、英語と日本語では情報の「量」だけでなく、情報の「質」の方にも著しい格差があります。この質の差がどれ程のものであるかというのは、もう英語が全くできない人にはどんなに説明しても想像できないと思います。しかし、誇張でも何でもなく、実際にそれほど大きな情報格差があるのです。

この状況を何とかしたいと考えている人はいます。例えばこのブログでリンクさせてもらっている AthleteBody.jp は今まで日本になかったタイプのサイトだと思います。

いきなり話がどこに向かっているのか分からなくなりました。去年の年末からパワーリフティング種目やバーベル種目についていくつかブログ記事を書きましたが、私のような者がそんなことを書くのは小っ恥ずかしいという思いがあったので、トピックを変えて、フィットネスからも離れて、今回は純粋に英語の勉強の話です。

話が逸れたついでに、一応私と英語について少し書いておきます。私は長年に渡って英語を勉強中です。実際にはあまり努力は足りていませんが、頑張って努力したいと思う気持ちなら常にあります。海外に長期で滞在したことはありません。海外に初めて行ったのは大学を卒業して社会人2、3年目くらいの頃です。飛行機に乗ったのもそれが初めてです。行先はアメリカだったのですが、アメリカではみんな英語をしゃべっているし、車は右側を走っているし、ウインカーを出そうと思ったらワイパーが動き出すし、それはもうたまげる体験をしました。

英語は難しいです。私にとって英語のどこが難しいかと問われれば、特に次の2点を挙げたいです。

  • 1位: 覚えるべき語彙や表現が多すぎる
    英語を難しいと感じる理由は挙げようと思えばいっぱい挙げられるのですが、私にとってはどれもこれも集約すればこの一点に尽きます。いつの日かこれをクリアできたら私にとって英語は苦でなくなるのだと想像していますが、今のところただの妄想です。
  • 2位: 聞き取れない
    発声される英語がノイズにしか聞こえず、頭が言語と認識してくれないことがよくあります。アクセント(訛り)が強いとさらに難しくなります。少々例外的ですが、例えば訛りの強いインド系の英語はゆっくり話してもらっても、それでも全く言語として認識できず、聞き取ることができないことがあります。

私の場合、英語習得において特に大きな障壁となっているのはこの2点だと思うのですが、話を日本人一般に広げると、どうもそれよりもさらに大きな問題があるように思います。

日本人にとって英語習得の最大の障壁は冠詞である

日本人にとって英語を覚えるのは難しい、日本人は英語が下手だというのはよく言われますし、実際その通りだと思います。しかし、なぜ日本人にとって英語を覚えるのが難しいのか、その理由の説明には個人的にイマイチ納得できないものが多いような気がします。日本人が英語ができない具体的な理由として、例えば「日本人は英語を自然に覚えられるような環境で生活していないから」というのには大いに同意できるのですが、「言語の仕組みがこれこれこう違うから」といった類の理由はどうもピントがずれていると感じることが多いです。

私は「英語と日本語における言語の仕組みの違い」なんてものは、実際に英語を使い出したら大部分はそれほど苦労せずとも乗り越えられるものだと思っています。例えば、よく挙げられる「語順の違い」のような障壁は、英語を自然に使わざるをえない環境で生活したら、日本人にだって特に苦労しなくても乗り越えられるはずだと思います。少なくとも個人的には、大人になって真面目に英語を勉強するようになってからは基本的な語順の違いを大変だなんて思ったことはありません。それに、海外経験を経て英語が話せるようになった人を見ても、基本的な語順の違いなんかで躓きながら話す人はいないような気がします。

しかし、言語の仕組みの違いとしては大きな問題として取り上げられることはあまりないような印象があるのですが、英語と日本語で決定的に異なることで、かつ日本人にはネイティブスピーカーのように自然に習得するのが極めて困難なのではないかと思われることがあります。それは a とか the といった冠詞の概念です。特に、単数・複数、可算・不可算の概念に関係してくる a の使い方は難しいのではないかと思います。

私が見てきた少ないサンプルでは、英語の冠詞の概念をネイティブスピーカーのように自然に習得できるかというのは高校を英語圏で過ごしたかというが一つの分かれ目になるような印象があります。大学以降に英語圏で留学したり働いたりして英語ができるようになったという人の場合、英語でのコミュニケーションは淀みなくできてとても羨ましく思うのですが、いざそういう人が書いた英語を読んでみたら冠詞の使い方が予想外に不自然でびっくりすることがあります。

間違いの例 - その1

最近、知り合いの中学生に英語のテストを見せてもらいました。中学生といっても親の仕事の都合でカナダに住んでいたことがあり、結構スムーズに英語を話すことができる子です。そのテストでこんな間違いがありました。

(誤) have a lunch

これは「昼食をとる」と言いたかったわけですが、この表現の何が誤りかというと、「a」がついていることです。「a lunch」と言ってしまうと、人を集めて昼食会をするとかランチ会議をするといったように何かイベントがあるということになり、ただの昼食とは別の意味になってしまいます。ただ単に「昼食をとる」と言いたいときは、英語では数えられないモノとして昼食という概念を思い浮かべるので次のように言います。

(正) have lunch

その後の会話で、その子が誕生日プレゼントに親から何を買って欲しいかという話になりました。

What do you want for your birthday?
(誕生日に何が欲しい?)

I want the game.
(あのゲームが欲しい。)

ところが、その子は何のゲームが欲しいのかには触れることなく、続いて全く別のことを喋りだしました。そのゲームが何なのか説明せずにただゲームが欲しいというだけのときに「the」と言ってしまうと、聞き手は「あのゲーム?それって一体どのゲーム?」と混乱してしまいます。具体的にそのゲームが何なのか説明する気がなく、ただゲームソフトが一本欲しいと言いたいだけならば次のように言えば良いのです。

I want a game.
(ゲームが欲しい。)

間違いの例 - その2

しばらく前の話になりますが、会社で産休から復帰した人が書いたメールにこんな文がありました。

I was gifted baby girl.
(私、赤ちゃんのころ、神童だったの。)

なんとも微笑ましい英語ですが、いつも電話で流暢に英語を話していてすごいと思っていた人のメールだったのでかなりびっくりしました。もちろん状況から「女の子の赤ちゃんを授かりました」と言いたいのだというのは分かるのですが、a が付いていないために、ぱっと見て変なところで区切って読んでギョッとなりました。

話はまだ続くのですが

とりあえず、記事を一回切ります。

このような a や the の間違いは、取るに足らない小さな問題のように思えるかもしれません。英語なんて動詞や名詞のような意味のある言葉を並べれば一応は通じるんだから、そんな細かいところは気にする必要はないと言いたくなるかもしれません。

しかし、実は、これを重大な問題だと認識することすらできないという、その意識こそが日本人の英語における最大の障壁だといったらどうでしょうか? 言葉の間違いというものは、普通は間違っていたら間違っていると気づくものです。少なくとも間違いを指摘されたら「ああ、それは間違ってるね」とすんなり理解できるものです。しかし、冠詞の場合、間違いを指摘されてもなお、なぜ修正しなければならないのか腑に落ちる感覚を持てず、冠詞が意味のある言語の構成要素であることを認識できないという日本人はかなり多いのではないかと思います。

日本語は冠詞の概念がすっぽり抜け落ちた言語です。日本語では冠詞は言語の要素として必須な存在ではないため、多くの日本人は英語を使う時に冠詞の扱いが適当であっても違和感を覚えることがありません。私の周りの英語が出来る人達を見渡しても、最初に言語脳が日本語でガッチリ形成されてしまったら、英語では冠詞が言語の要素として重要な意味を持つものだと認識する感覚は、もう自然には身に付けることはできないのではないかという印象があります。

日本語とは異なり、英語では冠詞は言語の要素として必須な存在です。このためにネイティブスピーカーが英語を話すときは、おそらく一般の日本人が自然に習得することがないであろう、日本語には存在しないプロセスを辿って言葉を発します。続きではこのことについて書きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デッドリフトはやり方についての情報を得るのが難しい種目です。デッドリフトをどのように行ったらよいか分からず悩んでいる人は多いと思います。私もデッドリフトは調べているとモヤッとした気分になることが多いです。

私のトレーニングはボディビル中心なのですが、最近はデッドリフトも少しばかり行っています。ここでは私がデッドリフトを覚えるにあたって「なんで誰もこれを最初に教えてくれなかったの?」と思ったことについて書こうと思います。具体的にはフォームの分類とフォームの基本についてです。ついでに自分の覚書きとしてキューについてもいくつか書きます。

● 前書き

私はデッドリフトのやり方を長い間知りませんでした。

トレーニングを始めた大学生の頃に時々デッドリフトはしていたのですが、私はパワー種目は人並みを遥かに下回る重量しか扱えなかったので、きちんとパワー種目を覚えようとしたことはありませんでした。また、当時はデッドリフトといえばスモウの一択で、ナロウスタンスは腰が強い外国人がやるものという認識だったので、腰が悪い私はナロウを試そうとは思いもしませんでした。ちなみに、一昔前はナロウスタンスで行うデッドリフトはヨーロピアンスタイルと呼ばれることもありました。「日本人は手を出してはいけない」というニュアンスが含まれた呼び方です。

30歳近くなってから現在のように継続してトレーニングをするようになりましたが、もともとパワー種目というのは自分がやるものではないと思っていたのと、そもそもスモウができる環境でトレーニングすることがあまりなくなってしまったので、デッドリフトはルーティンに入る種目ではありませんでした。

何度かナロウスタンスを試してみたりはしたのですが、60kgくらいの重量でもはっきりとやりづらいと感じる有様で、腰の悪い私にはナロウスタンスのデッドリフトは不可能なんだと思っていました。

そんなある日、見つけたのがこの記事です。
Dave Tate - The Dead Zone - The Top 10 Deadlifting Mistakes and How to Fix Them

この記事を読んで改めてナロウスタンスのデッドリフトを試してみたら、それまでやりづらいと思っていたのがスッと挙がるようになりました。デッドリフトが上手くできなかったのは、実は腰が悪いからではなくフォームを知らなかったせいだったのです。具体的に最も効いたのは、Dave 曰く「間違いの王様 (the king of all mistakes)」である「#10: Starting with the hips too low」です。

それまでの私は、腰を落として適切なレバレッジがかけられない姿勢を作ってそこから無理矢理レバレッジをかけようとして苦しい思いをしていました。それが腰をちょっと上げたらレバレッジが働いてすんなりできるようになりました。

一般的にいって、ナロウスタンスで腰を上げるのは好ましくないこと、もっと強く言えば禁忌されていることと見なされているように思います。実際、知り合いがある有名リフターのパーソナルを受けているのを横で見させてもらったことがあるのですが、その方はナロウでは腰を落としたフォームを習得させようとしていましたし、人からパワーリフティングのデッドリフトの DVD を借りたことがあるのですが、それもナロウスタンスでは腰を落としたフォームが基本という雰囲気の内容でした。

それはそれで一つの挙げ方なのかもしれませんが、それは通常腰を上げることに対して否定的なアドバイスとセットになってしまっています。
  • 腰を上げるのはルーマニアンデッドリフトになって良くないよ
  • 腰を上げるのはぶっこ抜きで万人に勧められる挙げ方ではないよ(個人的には「ぶっこ抜き」という言葉は嫌いです)
  • 海外には腰を上げているリフターもいるけど、あれは例外だからマネしちゃだめだよ
これらは理由になっているようで理由になっていないと私は感じます。

どうも世の中デッドリフトの話になるとお茶を濁されてしいまがちな風潮があります。そこで、私がデッドリフトで「何でこれを一番最初にはっきり言わないの?」と思うこととして、フォームの分類とフォームの基本について私が考えていることを書きます。

● デッドリフトのフォームの分類

デッドリフトのフォームは、大きく分けて以下の3種類があります。
パワーリフティングのコンベンショナルデッドリフト:単に「デッドリフト」といったら私にとってはこれのことです。個人的には最もテクニック的にシンプルなスタイルだと思います。

パワーリフティングのスモウデッドリフト:パワーの競技を行っている人は普通はこのフォームがメインになると思います。しかし、一般のジムではワイドスタンスでデッドができるようなプラットフォームがなく、このフォームではできない場合が多いと思います。私もその一人です。テクニック的にコンベンショナルデッドリフトと共通する部分も多いと思うのですが、私は基本的にこのフォームで行うことがないのでここでは話題にしません。

クリーンスタイルデッドリフト:一般に良いとされるフォームはこれに近いです。一般に良いとされるフォームが唯一の正しいフォームとして広まってしまっているため、拳上の仕方がかなり異なるパワーリフティングのデッドリフトは危険で一般人には勧められないフォームと誤解されてしまいがちです。実際は正しく行えばどちらも安全で良いフォームです。
デッドリフトはデッドリフト。正しいフォームのインストラクションに従えばそれでOKでしょう?何でわざわざフォームを分類する必要があるの?と思う人もいるかもしれません。

それが大ありです。

クリーンスタイルでは正しいことがコンベンショナルでは間違いだったりします。自分がどのフォームでデッドリフトをしているのか理解できていないと、フォームで誤った試行錯誤をしてしまったり、過去の私のようにやりづらいと感じながらデッドリフトをしたりすることになってしまいます。

● 個人差を語る前に、フォームの基本

デッドリフトの初心者向けの説明では、私にとって最も重要だと思うポイントがはっきり説明されておらず、モヤッとした気持ちになることが多いです。
人はそれぞれ身体的特徴が異なり、ある人にとって適切なフォームが必ずしも他の人にとっても適切なフォームになるとは限りません。万人に共通する正しいフォームなどなく、人によって最適なフォームは異なります。
それでいてこんな付け足しがあると、デッドリフトのことなんてもう関係なくなって何だかスマップの歌を聞いているような気分になってきます。確かにデッドリフトは身体的特徴が大きく影響する種目ですしスマップも全然悪くないのですが、今重要なのはそこではないのにと思います。

パワーリフティングのコンベンショナルとクリーンスタイルのデッドリフトにおいて、デッドリフトを習得する初心者がまず知っておくべき、個人的に最も重要だと思うポイントをまとめるとこうです。
コンベンショナル:適切なレバレッジがかかり、かつモーメントを適切に低減させた姿勢をとってバーを引き上げる

クリーンスタイル:レバレッジは特に意識せずにバーを握った状態で全身で立ち上がる
実のところ、これは重要なポイントというよりも私がデッドリフトをするときに意識することのほぼ全てといってもいいです。これ以外となると「今日の晩御飯は何にしようかしら」といったようにデッドリフトとは関係ないことになってしまうので、デッドリフトに関する限りこれが全てといっていいです。これをベースにセットアップ~プル~フィニッシュの動作で具体的にどうすれば良いかを考えます。

感覚的なニュアンスを上手く説明できているか分かりませんが、コンベンショナルとクリーンスタイルでは拳上の意識が大幅に変わります。レバレッジをかけてバーを「引き上げる」のと、レバレッジは特に意識せずに全身で「立ち上がる」という違いがあります。これによりパワーリフターのデッドリフトが一般には正しいとされるデッドリフトとはかけ離れたフォームに見える現象が引き起こされます。両者はそもそもやっていることが違うのです。
なるほど。でも私の身体的特徴は・・・
いいえ、それを踏まえて適切なレバレッジやモーメントがかかる姿勢をとってください。というかそもそもレバレッジとかモーメントって意識してからそう言っていますか?身体的特徴の個人差というのはフォームの基本をひっくり返すような話ではありません。まずは基本を押さえてください。身体的特徴の個人差というのは基本を押さえた後のフォームの調整で出てくる話です。

ちなみに、たいそうなことを言っていますが、私はクリーンスタイルのデッドリフトは興味本位で人生で1回か2回くらいしか行ったことがありません。私のトレーニング歴ではデッドリフト自体殆ど行ってこなかった種目だったのに加え、ウエイトリフティング系の種目は普通の環境では試せないものが多いし私のトレーニングルーティンにも合わないので基本行わないのです。良く考えたらフロントスクワットやハイバースクワットは割とよくやりますが。クリーンスタイルのデッドリフトはバーを落とさなければいい話なのでまあやろうと思えばできるのですが、試したときは「デッドリフトとはこういう挙げ方でもできるのか」と結構びっくりしました。

● デッドリフトのキュー

自分の覚書きです。私のデッドリフトはまだフォームが固まってるとは言い難いレベルなのですが、デッドリフトのキューや動作上守るべきポイントとして挙げられるものうち、実際の拳上時に私の頭をよぎるもののいくつかについて、自分の感触・意見として今現在どう思うかについてまとました。

<セットアップ
  • Keep your shoulders behind the bar / 肩をバーより後ろに保つ (リンクした Dave Tate の記事の #8 から)
    • 特に意識しません。物理的に無理だと思います。

  • Flex your triceps / 三頭筋を収縮させる
    • 二頭筋を使う癖は持っていないので強く意識はしませんが頭の片隅でちょっと意識します。

  • Keep your chest up / 胸を張る
    • 全く意識しません。自分のフォームでは胸は張ったらダメだと思います。

  • Keep your lower back arched / 下背部のアーチを保つ
    • 全く意識しません。下背部はニュートラルな状態で既に強い状態になっています。適切なレバレッジを働かせれば下背部への負荷は筋肉が受け止めるので腰は安全です。
<プル>
  • Pull the bar back / 後ろに倒れこむようにバーを引く (リンクした Dave Tate の記事の #5 から)
    • 昔はこの意識を持っていましたがやめました。コンベンショナルではこのキューは私にはしっくりきません。スモウならありだと思います。

  • Push the floor away from you / 床を押し出して突き放す
    • 上手くできているかは微妙ですが、これは割と強く意識します。

  • Lift your toes up / 足指を浮かす
    • もともとつま先に体重をかける癖はないのであえて意識することはありません。

ということで、私にとっては動作で意識するようなキューは殆どありません。基本的に、姿勢とバーの位置を決めてバーを引く、これだけです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は年が開けてから特に正月らしいことをしないまま過ごしてきたせいか、何となくまだ新年のあいさつをしても大丈夫なような気がしています。というわけで、どうも、あけましておめでとうございます。新年をきっかけに、今年の抱負を立ててトレーニングやダイエットのモチベーションを新たにしたという人もいると思いますが、上手くいっていますでしょうか?

論理的に考えていることではないのであまり筋道が立っていないかもしれませんが、思いつくままに書いてみます。

● モチベーション

私にはトレーニングを長年やってきて考えが変わったことが色々とあるのですが、そのひとつに「モチベーション」という言葉への印象があります。昔は自分でも特に意識せず使ったりしていたのですが、いつの頃からかこの言葉にネガティブな含みを感じるようになりました。

モチベーションを高めることそれ自体は必ずしも悪いことではありません。しかし、多くの場合、モチベーションというものは他人やモノから貰うものであり、つまりは外部から与えられるものです。それで気分が乗ってやる気が出ることは出るのですが、そのやる気は一時的な感情に過ぎず、いずれ薄れてしまいます。モチベーションだけに頼って起こした行動は、高まった気持ちが落ち着いてしまったら途中で放り投げてもどうでもよくなってしまいます。

もしあなたが自分のやっていることを続けるためにモチベーションを求めているとしたら、それが本当に必要なことなのか立ち止まって考えてみてください。なぜならば、あなたは心の中に「もっと良くしたい」とか「もっと上手になりたい」という気持ちを既に持っているはずだからです。もしそのように思えないのであれば、あなたは本当は別にそれが好きではないのだし、結局のところそれに価値があるとは思っていないのです。そういうことならば仕方がありません。しかし、もし「もっと良くしたい」とか「もっと上手になりたい」という気持ちがあるのなら、それをやりたいと思うのはあなたにとって当然なことであるはずです。やって当然であることにわざわざモチベーションを求める必要などありません。

● 目標を持つこと

目標は、行動を起こした先に到達できると考えて設定するゴールです。目標を設定することは大切だとよく言われますし、多くの人は何らかの具体的な目標を設定してトレーニングやダイエットをしていることと思います。

私の場合はというと、私は特に目標を持っていません。目標を持つことが大切だとも考えていません。

とはいえ設定できるような目標があるのなら、目標を掲げるのは良いことだと思います。ただその場合は注意しなければいけないことがあります。それは願望を膨らませすぎないことです。

目標は願望を含むものです。それどころか願望さえあればそれに伴う実力がなくとも目標を持つことができます。トレーニングでは普通は無理なレベルの願望であっても YouTube にアクセスすれば現実にそれを軽々と達成する人を簡単に見ることができますし、ダイエットでは「○○日で××キロ減!」みたいなことを謳う業者などが誘惑してきます。ネットで物事を語るのはキーボードを叩くだけでできますから、自分を大きく見せようとする人達や他人を騙そうとする人達によって、さもそれくらいできて当然みたいな空気ができあがります。そういったものに影響されてしまうと願望と実現性がマッチしなくなってしまい、無理な目標ができあがってしまいます。

目標を設定したらそれを実現するために行動を起こすのが普通です。無理な目標を実現しようと思ってできることといえば、せいぜい無茶な行動を起こして失敗するか、効果のないことをやって騙されるか、口だけで何も実行しないかくらいです。

● 「当然のようにやること」と「自然にできるようになること」

私は個人的にはトレーニングに特に目標を持たず、また、目標を持つ必要もないと考えているのですが、それでいてこれまでトレーニングを継続してきたのは、前述したように「もっと良くなりたい」とか「もっと上手になりたい」という思いがあったからです。結果として、まあ上手にできるようになったのかなと自分では思っています。

私にとって「もっと上手になりたい」と思うことは「それをやろうと思うのは当然」ということです。「上手にできるようになる」ということは「それを自然にできるようになる」ということです。

トレーニングに関していうと、「もっと上手になりたい」と思ったらトレーニングをしようと思うのが当然なのは言うまでもありません。「上手にできるようになる」ということは、各種目を行ったときにしっくり感じるということであったり、無理せずにできるようになるということだと思います。

ダイエットに関しては、ひとつ具体的な例を挙げると、もしきちんと体脂肪を落とそうと思うのならば、家で食事をするときはクッキングスケールで食べ物の重さを量ってカロリーを見積もるということを一度はするものです。なぜならば、、、、本気でダイエットをしようと思ったらそうするのは当たり前だから、としか私には言いようがありません。「痩せたい痩せたい」といいながら痩せられず、でも食べ物の重さをいちいちスケールで量るなんてしたことがないという人は、本当はそもそも痩せる気なんてないのだと私は思います。

カロリー計算はもともと厳密にはできないのである程度の見積もりができれば良いのですが、食べ物の重さを量るということをある程度経験していれば、普通にダイエットをする分には十分な程度の見積もりは自然にできるようになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ