OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

間に色々と曲を挟みましたが、「1999 Super Deluxe」で発表された曲をもう一つ取り上げます。「Yah, You Know」です。妙に軽く作られており、ぱっと聴いた感じ、楽しげなポップソングだけど何かがおかしい、あるいは他の骨太な楽曲と比べるとそれほどでも……と感じるかもしれません。実はこれにはちゃんと意味があります。

「Yah, You Know」は一部のミネソタ人の話し方をネタにした曲で、分かる人にとっては今回のリイシューの中で最も面白い曲の一つなのだそうです。The Current の Prince: The Story of 1999 ポッドキャストから、この曲の説明部分を以下に翻訳しました。

ナレーション (アンドレア・スウェンソン): 「1999」リイシューの蔵出し音源でも最も面白い曲の一つは、ライリー湖のホームスタジオで録音されました。リサはこの曲を鮮明に覚えておいでです。

リサ・コールマン: あれはよく覚えてるわ。プリンスは私にあの曲を聴かせてくれて、ただひたすら笑い転げてたの。私は耳を疑ったわ。あいつらは喋る時に唾を吐く、ってまさか実際にあんなふうに歌にしちゃうなんてね。

名前を出すことはしないけど私は知ってるわ。あの曲は、とあるミネソタの地元人からインスピレーションを得てるのよ。

アンドレア・スウェンソン: (息を飲んで) その人が誰か知りたいです!

ナレーション: とどのつまり、「Yah, You Know」は一部のミネソタ州民をディスる曲です。生まれてこの方ずっとミネソタ州に在住する者として、この曲のインパクトはたまりません。プリンスは、あのスカンジナビアン・アクセントの真似までやっているんです。

(曲を流しながら) 実際にその部分を流してみましょう。聴いてください。「Yah, you know, like I would get a job but the world's gonna end soon (ヤー、ユノゥ、まあ仕事を見つけてもいいんだけど世界はもうすぐ終わるんだ)」。プリンスは、映画「ファーゴ」で一躍有名になったあのミネソタ・アクセントをやってみせています。

1996年の映画「ファーゴ」は、登場人物の強いミネソタ・アクセント (訛り) でも有名な映画です。また、その口癖として、会話の中でやたらと「Yah」という言葉が出てきます。

この映画の終盤にはとても印象的な台詞があります。殺人犯を捕まえた警官マージが、男を連行する車の中で、その男が犯した殺人を列挙するのに続けてつぶやく台詞です。「Yah, You Know」の歌詞と同じ言い回しなのがまた印象的です。

And for what?
For a little bit of money.
There's more to life than a little money, you know.
Don't you know that?
And here you are, and it's a beautiful day.
Well.
I just don't understand it.
それも何のために?
ちっぽけなお金のために。
人生にはちっぽけなお金よりも大事なものがあるんだけどね。
知らないのかい?
で、こうなったと。こんな素敵な日に。
ふぅ。
何でこうなったのかね。

また当時の噂に、この映画には雪上の犠牲者役としてプリンスが出演しているのではないか、という小ネタがありました。映画の舞台がミネソタ、監督のコーエン兄弟もミネソタ出身、そしてプリンスもミネソタ出身という繋がりがあります。しかしその話はジョークで、実際にはその役はプリンスではありません。雪上の犠牲者役としてクレジットされているシンボルマークには、よく見ると中にスマイリーフェイスが入っています。

fargo-victim-in-field

Yah, U know
U know, U know
Yah, yah
ヤー、ユノゥ
ユノゥ、ユノゥ
ヤー、ヤー

What's a matter with U?
Ain't U got nothin' better 2 do
Than 2 dance your life away at the local disco?
Polyester punk 2 the bone
No wonder U came alone, huh
All grossed out cuz U spit when U talk, sayin' "Yah, U know"
何のつもりだい?
地元のディスコに踊りに行く以外
他に人生でやることはないのかい?
骨の髄までポリエステル・パンク
一人で来たのも頷けるね
みんなウンザリしてるよ
君はしゃべる時に唾を吐くのと
その "ヤー、ユノゥ" ってのに

Keep singin'
"Yah, U know, yah, U know"
There's more 2 life than spittin' when U talk, sayin' "Yah, U know"
歌を続けて
"ヤー、ユノゥ、ヤー、ユノゥ"
君は "ヤー、ユノゥ" と言っては唾を吐くばかり
だけど人生にはもっと大事なものがあるんだよ

What's a matter with U?
Smell like diesel fume
Whoever told U it was cool 2 drink Perrier?
Even a blind man knows
Black looks better in snow
We're all grossed out cuz U spit when U talk, sayin' "Yah, U know"
何のつもりだい?
ディーゼルの排煙みたいな臭いだね
ペリエを飲むのがクールだって誰か言ったの?
視覚障害者だって知ってるさ
ブラックは雪の中で映えるんだって
みんなウンザリしてるよ
君はしゃべる時に唾を吐くのと
その "ヤー、ユノゥ" ってのに

Keep singin', "Yah, U know, yah, U know"
There's more 2 life than spittin' when U talk, sayin' "Yah, U know"
Uh
歌を続けて
"ヤー、ユノゥ、ヤー、ユノゥ"
君は "ヤー、ユノゥ" と言っては唾を吐くばかり
だけど人生にはもっと大事なものがあるんだよ

Yah, U know (Oh yeah)
Yah, U know

What's a matter with U?
Ain't U got nothin' better 2 do
Than sit unemployed watchin' television like a fool?
Livin' in a bag of fast food
I guess it wouldn't seem so crude
But everybody's grossed cuz U spit when U talk, sayin' "Yah, U know"
何のつもりだい?
無職のまま呆けてテレビを見るだけで
他に人生でやることはないのかい?
ファーストフードの袋に住んでれば
ガサツさには気付かないかな
だけどみんなウンザリしてる
君はしゃべる時に唾を吐くのと
その "ヤー、ユノゥ" ってやつに

Keep singin', "Yah, U know, yah, U know"
There's more 2 life than spittin' when U talk, sayin' "Yah, U know"
"Yah, U know, yah, U know"
There's more 2 life than spittin' when U talk, sayin' "Yah, U know"
Uh
歌を続けて
"ヤー、ユノゥ、ヤー、ユノゥ"
君は "ヤー、ユノゥ" と言っては唾を吐くばかり
だけど人生にはもっと大事なものがあるんだよ

Yah, U know
Like... I would get a job but the world's gonna end soon
U got any ludes?
ヤー、ユノゥ
まあ仕事を見つけてもいいんだけど世界はもうすぐ終わるんだ
ルードは持ってる?
(lude: Quaalude、当時レクリエーション目的で乱用されていた鎮静催眠薬)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2075年。プリンス、117歳。

1999」、「2020」、「2045: Radical Man」と、年を追って曲を取り上げてきました。前回の「2045: Radical Man」はやや重いテーマを扱った曲でしたが、このシリーズの最後に、ロマンチックでとても素敵な曲を取り上げることにします。

「Blue Light」は1992年のアルバム「Love Symbol」に収録されています。プリンスには非常に珍しいレゲエ曲です。

思えば私には、この曲に長年の疑問がありました。ブルーライト、青い照明。これのどこにそんな特別な要素があるのか、私にはさっぱり理解できなかったのです。それで調べてみたところ、prince.org で疑問に答えてくれているスレッドが見つかりました (prince.org | Blue Light Appreciation)。それによると、一定以上の世代では、ブルーライトと聞くとあるものを想起するのだそうです。

ん? 間違えました。

プリンスの世代では、ブルーライトというとティーンエイジャーが家の地下室で開くパーティを想像するのだそうです。まだ親の目の下で暮らさなければならない高校生が背伸びをして、ムーディーな雰囲気で地下室で開くパーティ、といった感じなのでしょうか。また、1977年のアルバムに、タイトルがそのものズバリの Roberta Flack の「Blue Lights in the Basement」なんてものもあります。以下のリンクはそのアルバムから、Billbard Hot 100 で2位になった Donny Hathaway とのデュエット曲「The Closer I Get To You」です。

この背景を知ると、プリンスがこの曲に込めた想いがはっきりと見えてきます。この曲はただプリンスには珍しいレゲエ曲、というだけではありません。プリンスが青い照明に抱く甘酸っぱい気持ち。そして世代が違うために、青い照明に特別な意味があることなどさっぱり分からないマイテ。気持ちを共有できないプリンスのもどかしい想い。繊細な感受性が見事に表現されたこの「Blue Light」もまた、プリンスが優れたアーティストであることを証明する秀逸な曲です。

1993年の The Arsenio Halls Show でのパフォーマンスをリンクしました。13分22秒頃から「Blue Light」です。プリンスが一生懸命パフォーマンスをする一方、マイテはケロッとした様子で雑誌を開きながら電話をしたりするのがとても面白いです。

blue-light-arsenio-480

Oh well, here we are again
Lookin' 4 something 2 get us in the mood
I tell each and every one of my friends
That the love we make is really pretty rude
But they don't believe me cuz it's written all over my face
Like Evian and the deep blue sea, U and me got different taste
U like it in the dark but I like a...
ああ、僕らはまたこれだ
何かムードを盛り上るものを探してる
僕は友達みんなに言ってる
僕らの愛の営みは本当にイケナイって
でも誰も信じてくれないんだ
だって顔にはっきり書いてあるって
まるでエヴィアンと深く青い海のように
僕らはまるっきり嗜好が違うんだ
君は暗くするのが好きだけど僕が好きなのは・・・

Blue light
Can U turn on a blue light?
Then cuddle up 2 me so tight
Just U and me all night, alright
Blue light
Can U turn on a blue light?
Then everything will be alright
Oh blue light
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そして僕にギュッと寄り添って
君と僕ふたりきり、夜通ししっぽり
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そしたら全てが上手くゆく
ああ、ブルー・ライト

U say U wish I was shy
I always take a simple thing and push it way 2 far
But baby, that's the problem with U and I
U say not in public but I say in the car
Mmm say we need 2 get wild again like it was when we first met
Close your eyes and count 2 10 and when U open 'em
I'll be standing naked with nothing but a smile on
君は僕がもっとシャイだったらって言う
僕は単純なことをついやり過ぎちゃうんだ
だけどベイビー、それが君と僕の問題さ
君は公共の場じゃダメって言い、僕は車の中って言う
僕らは初めて出会った頃のように再び冒険をすべきだよ
目を閉じて10まで数えてみて
目を開けたら裸に笑顔だけを纏った僕が立ってるのさ

Blue light
Can U turn on a blue light?
Then cuddle up 2 me so tight
Just U and me all night, alright
Blue light
Can U turn on a blue light?
And everything will be alright
Oh blue light
Mm
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そして僕にギュッと寄り添って
君と僕ふたりきり、夜通ししっぽり
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そしたら全てが上手くゆく
ああ、ブルー・ライト

Oh
I'll be 117
And U'll be still sayin' "Baby, not tonight"
Well
It's easy 2 see us on the cover of a magazine, huh
"Double heart attack, couple both die in a fight"
Oh baby, I don't wanna cross that road cuz I love U 2 much
Huh, mmm
I'd do anything just 2 heat up your cold touch
Anything I would do, but up until U tell me 2
僕が117歳になった時
それでもまだ君はきっと言ってるね
「あなた、今夜はダメよ」
雑誌の表紙に載る僕らが容易に想像できるよ
「同時に心臓発作 - 喧嘩の老年カップル死亡」
ああ、僕はそんな道は渡りたくないよ
だって僕は君が愛おしくてたまらないんだ
君の冷めた手を温めるためなら僕は何でもするよ
どんなことだってね、君も同じようにこう言ってくれるまで

Blue light
Can U turn on a blue light?
And cuddle up 2 me so tight
Just U and me all night, alright
Blue light
Can U turn on a blue light?
Then everything will be alright
Oh blue light
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そして僕にギュッと寄り添って
君と僕ふたりきり、夜通ししっぽり
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そしたら全てが上手くゆく
ああ、ブルー・ライト

Hey
Blue light
Can U turn on a blue light?
And cuddle up 2 me so tight (Cuddle up next 2 me, baby)
U and me all night, alright
Blue light
Can U turn on a blue light?
And everything will be alright
Oh blue light
Oh blue light
Oh blue light...
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そして僕にギュッと寄り添って
君と僕ふたりきり、夜通ししっぽり
ブルー・ライト
ブルー・ライトをつけてくれる?
そしたら全てが上手くゆく
ああ、ブルー・ライト
ああ、ブルー・ライト
ああ、ブルー・ライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

プリンス、87歳。2045年の世界が描かれた曲です。

「2045: Radical Man」は、スパイク・リーの映画「Bamboozled」(2000年) のサウンドトラックにザ・ニュー・パワー・ジェネレーション (NPG) のクレジットで提供された曲です。また、この曲は2004年に NPG Music Club からデジタルリリースされたアルバム「The Slaughterhouse」にも収録されています。曲のベーシック録音は1999年下旬から2000年上旬で、90年代のNPGモードが入ったようなゆったりしたファンクトラックです。歌詞の表現もラフなNPGモードで、プリンス・スタンダードよりも俗っぽいものになっています。

この曲のクレジットはNPGになりますが、歌詞にはこの時期のプリンスを象徴するような、音楽業界に対する強いメッセージが込められています。さて、それを見ていく前に……少し余談を挟みます。

思えば昨年、私には何ともいえない不安がありました。それは、もしかして回顧録「The Beautiful Ones」はこの曲の歌詞のように読み解くのに頭を悩ませる文章で構成されているんじゃないかという不安です。当時の私には、次のようにメッセージの解読をさせられるハメになったらどうしよう……という思いがありました。

【問題 1】 3分27秒、「Oh my God, it's the Green Mile! (何てこった、グリーンマイルだ!)」の後に続いて鳴り響くキーキー音は何を意味しているか。具体的な映像イメージを示して論ぜよ (20点)

しかしそれは全くの杞憂でした。私はあの回顧録を読み、プリンスの著作家としてストーリーを伝える才能に驚かされることになりました。あの本のプリンスの文章は驚くほど明瞭で、温かみがあり、面白可笑しくて、洞察力に優れ、雄弁で、焦点が定まっています。しかもノートの筆跡から、文章が淀みなく一気に溢れ出たであろうことにもまた驚かされました。4月に日本語の翻訳版が出るこの回顧録、英語のために敬遠していた人はぜひ手にしてみて欲しいです。


話を「2045: Radical Man」に戻します。この曲の基本的な内容は音楽業界への批判です。曲の冒頭と終わりにはプリンスの演説が入ります。音楽業界で権力を握っているのは自らは音楽を作ることないビジネスマン達であり、2045年までに「ラディカル・マン」は倒れ、人々が嘆き苦しむ未来が示されます。デジタル/インターネット時代においてビジネスマンは益々巨大な力を持ち、アーティストは益々搾取される立場に置かれる、という構図を2000年に発表したプリンスの洞察眼に驚かされます。

歌詞の具体的なところでは、表現がラフなことや、何故そのような表現を選んだのだろうと疑問に思う箇所が色々とあるのでいくつか取り上げます。まず、やたらと "nigga" という言葉が出てきて、しかも曲の中で結構重要な意味を持っていたりするのですが、和訳には含めておらず元のニュアンスが少々失われていると思いますがご了承ください。あと固有名詞になりますが、アリーゼというのは商品名でオシャレなお酒の名前です。下に公式サイトからの画像を貼り付けておきます。そしてジュエリーの金歯を付けた人間がそれを飲んでいる、ということですが、ロックスターのマネージャーをやっているリッチなマザーxxッカーの「Bob George」も金歯を付けていたことを思い出します。

2045-radical-man-alize

また、引っ掛かるメッセージの一つに、アインシュタインの業績などどうでもいい、それよりもピラミッドがどうやって建ったかの方が重要だ、というのがあります。字面通りに受け取ると結構引っ掛かるのですが、一つの解釈として、人間の歴史を学ぶことなく科学技術の進歩を広めるべきではない、という意図で書かれたのかな、と個人的には思います。テクノロジーが生み出す莫大な利益を一部の人間のみが占有することの非難や、そういった世の中で人の道が忘れられ、芸術を生み出す人間が破滅に追いやられることへの懸念が含まれているのだと思います。

最後の演説では三千万の人々が治療薬のない病気で命を落とす、などと暗い未来が示されます。これも少々気になる歌詞ですが、その未来を見せつけることにより、意識を改めるよう人々を鼓舞して曲は終わります。


[Spoken Intro]
How can a non-musician discuss the future of music
From anything other than a consumer point of view?
These few people make decisions 4 the bulk of us
Without consulting any of us
Sales and distributions of our futures, huh
If this world were fair and right
They'd give up the car keys this very night
(Damn!)
(Hit it)
2, 3, 4, 5, 6, 7
音楽家に非ざる者がどうして音楽の未来を議論できようか
消費者の視点しか持たないこれら少数の人間が
多数の我々に代わり決断を下している
それも我々への相談も一切なしに
我々の販売と流通の未来を決定している
もしも世界が公正と正義に沿うものであったなら
まさしく今夜、彼等は車の鍵を明け渡すことになろう
(全く!)
(いくぜ)
2、3、4、5、6、7

Flash forward: 2045
What did U stand 4 in the life of your prime
When faced with the final judgment of today
Who profited from the game
That U and your niggas play
時は流れて2045年
君が人生の全盛期に支持していたのは何?
今日という最終審判に直面して
君や同胞達が参加したこのゲームで
利益を得た奴は誰だった?

Radical man
Save a life, come on take a stand
Give that money back, let's make a plan
The brand new currency
Taking care of one another, U and me
ラディカル・マン
命を救え、さあ厳然たる態度を示そう
その金は返すんだ、一緒に計画を立てよう
全くの新しい通貨
相互扶助の心さ - 君と僕

Flash backward: 1999
In a world shot full of viruses (Tell me)
How'd y'all stay alive?
(Everyone of y'all)
Depending on this so called man
4 everything U got comes from his hand
Food, water, the clothes U wear
How many of y'all niggas really care?
時は戻って1999年
ウイルスが撒き散らかされた世界で
皆はどうやって生き残りを図る?
君等が手にするものは全てが
あのナントカという男に握られている
食べ物も、水も、君の着る衣服も
皆の中で一体何人が問題を自覚している?

Let's define this word, nigga (Define, define)
Someone who stays high (High)
Watching their life go by (By, by)
Someone content with riding the pine, (Bite that) nigga
They come in all colors
White, black, Puerto Rican
But the main niggas we're speakin' about
Wear suits and buy and sell corporations
With only one thing in mind
(Break it up!)
That is the destruction of the so-called radical man by 2045
コイツの言葉を定義しようじゃないか
人生がただ過ぎゆくのを見ながらハイで居続ける奴
ベンチを温めるだけで満足している奴
コイツ等はあらゆる色で構成されている
白人、黒人、プエルトリカン
だが我らが念頭に置いているコイツ等ってのは
スーツを着て企業を売り買いしている
たった一つのことしか頭にない奴等だ
(ブレイクアップ!)
それが2045年までに起こる
所謂ラディカル・マンという奴の崩壊さ

Oh yeah
Let's get radical
Let's get radical
Uh, Watch me now!
ラディカルになろう
ラディカルになろう

Schooled in the art of digital games
When the war broke out, they called your name
(What's your name?)
Everyone of color put on the front lines
Holocaust Avenue, 2009
奴等はデジタルゲームの術を教わり
戦争が勃発すると君は奴等に招集された
有色人種は全員前線へと送られたのさ
ホロコースト・アベニュー、2009年

Get an education, good job, who says?
Fool with the gold fronts drinkin' Alize
They don't play by the rules, makin' no sense today
Mm, gothca online, so U think it's okay (It's not okay)
"Better-built cell block" (What?) - Mos Def say (Yeah)
That's where U gonna stay, nigga
(Oh my God, it's the Green Mile!)
教育を受けて良い仕事に就け?
誰が言ったって?
アリーゼを片手に装飾金歯を光らせている能ナシさ
奴等は今やルールなんてお構いなし、やりたい放題さ
ネットに進出したから大丈夫だって? (大丈夫じゃないよ)
「おあつらえ向きの独房棟」
(何それ?) モス・デフの言葉さ (そうだ)
そこが君が入る場所なんだぜ
(何てこった、グリーンマイルだ!)

Who's the man? Might be the radical man
Who's the man? Might be the radical man
Who's the man? Might be the radical man
Who's the man? Radical man

What's up y'all?
What y'all wanna do? (Talkin' about a radical man)
Ain't nobody up in their crew know
How 2 really run that computer and make it flow
If U ain't born with it
U know, talkin' about the 2 and 4, hit me
(Oh!)
Huh, U know, uh, way down(Yeah)
What y'all say, follow around
Alright
(Ho)
調子はどう、皆?
皆はどうしたい?
奴等の中にはあのコンピューターを操って
スムーズにやれる奴は誰もいないのさ
生まれつきのモノがなければね
ほら2拍目と4拍目だ、やってくれ!
(オー!)
抑えて
オーライ

We claim Miles Davis, not Michaelangelo
We planted flags in the funk
U better act like U know
We don't care what Albert Einstein did
I'd rather know, rather know (What?)
How they built the pyramid (Hey!)
James Brown, Chuck D., and Jimi
Turn me up louder now
I don't think y'all hear me
(They don't hear ya)
マイルス・デイビスさ、ミケランジェロじゃない
我等がファンクの旗を立てたんだ
君も分かってるように振舞いなよ
アインシュタインが何をしたかはどうでもいい
僕が知りたいのは、僕が知りたいのは
どうやってピラミッドが建てられたかだ
ジェームス・ブラウン、チャックD
それにジミ・ヘンドリックス
僕の声の音量を上げてくれ
皆に聴こえていないだろう
(聴こえてないよ)

2045, we will stay alive
2045, God is on our side
2045年、我等は生き残る
2045年、神は我等の側におわす

And the whole pop scenario is just nothin' but a dream
The day U will wake up is the day
U get the real cream, nigga
ポップのシナリオなんて儚い夢にすぎないね
夢から覚める日こそ本当の良いモノを手にする日さ

Radical man
Who got the plan, who got the plan?
Radical man
Who got the plan, who got the plan?
ラディカル・マン
策を持ってる奴は誰だ? 策を持ってる奴は誰だ?
ラディカル・マン
策を持ってる奴は誰だ? 策を持ってる奴は誰だ?

This is the funk the industry most fears
All of us getting together
In a locked board of directors?
I don't think so
Ain't nobody running this
It's all about DNA, nigga
The radical man
業界が最も怖れるファンクってのはこれさ
我等が皆で手を結び、重役達に成り代わる?
そうじゃないね
これを牛耳る奴など誰もいない
全てはDNAに染み込んでるのさ

Where will U be in 2045?
30 million people right now
Are being wiped off the face of the planet
By a disease they claim has no cure
In the matter of a blinking eye
All of us right now can testify
Take a stand, radical man, oh
2045年はどうなっているであろうか?
治療薬がないと吹聴される病気により
まさに瞬きをする刹那の内に
3千万の人々が地球から消し去られるところだ
今や我々は全員が証人となった
厳然たる立場を表明せよ、ラディカル・マン

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ