OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

マイテの本「The Most Beautiful: My Life with Prince」を買いました。私自身まだ断片的にしか内容を把握できていないのですが、これがどんな本なのか興味のある人もいると思うので、Amazon でトップになっている読者レビューを紹介します。ちなみに、私はハードカバーと CD と Kindle を買いました。ハードカバーや CD を買ったのは、私のアカウントでは最初 Kindle や Audible がダウンロードできなかったためです。私には初めてのケースだったのですが、この本の Kindle バージョンは Amazon.com にアカウントがあるだけではダメで、購入するには Kindle サイトのアカウントで米国の住所を設定する必要があるようです。また、この本を読むならば、オーディオも入手することを強くおすすめします。ナレーションはマイテ自身が行っており、オーディオは、これを聴かなければこの本を知ったことにはならない、と言って良いほどのものになっています。

マイテに関して何か言及するときは一言断っておかなければならない雰囲気があるので、最初に私のスタンスを言っておきます。

私は元々そこまでマイテのファンというわけではありません。ただ、マイテを軽々しく嘲るような発言を見聞きする度に、私は心苦しく思っていました。特に、影響力のある批評家的な立場の人までが、物事を表面的にしか捉えずにそういった発言をすることを、内心残念に思っていました。

マイテが本を出版すると知り、私は内心ずっと楽しみにしていました。プリンスという人物に関して何かを語るのに最も相応しい資格を持っている人を一人挙げるとしたら、私はその人はマイテだと思っていたからです。

そして本を手に取りました。内容はある意味予想通りでありながら、それでいて、全く予想していなかったものでした。一切の誇張をせずに言います。これほど美しい本に出会うことは、人生そうそうあるものではありません。これほどの内容を、これほど思慮深く美しく語ることができるというのは、俄かには信じられない気持ちです。

以下は、Amazon.com の商品ページでトップになっている K. Williams という人のレビューを、概ねそのまま日本語に訳したものです。このレビューでは、この本を読めば抱くであろう感想がとても的確にまとめられています。表現は抽象化されていますが、本の内容を知っていれば具体的に何を言っているのか容易に想像できる文章であり、私はこの文章の全てに心から共感します。途中、文が丸ごと太字になっているところが連続しますが、これは私が勝手に太字にしました。このレビューに書かれている通り、先入観からマイテに批判的な印象を持っているとすれば、この本を読めば本当にその偏見を恥じて撤回することになると思いますし、また、人々がマイテに抱くであろう殆ど全ての疑問について、マイテはこの本の中で驚くほど思慮深く、かつ明確に答えてくれています。

Friend, Mother, Lover, Sister, Wife
友人、母、恋人、妹、妻

はい、このレビューは長くなります。この本については言いたいことが沢山あります。

少し心を落ち着けましょう。

深呼吸をしましょう。

4つ数えながら息を吸って。息を止めて。4つ数えながら息を吐いて。

準備はできましたか?

いきます。

マイテ・ガルシアはプリンス界隈で最も評価が割れる人物の一人です。

私達は彼女がプリンスの最初の妻で、プリンスの子の母であることを知っています。二人はいくつかの悲劇を共にしました。彼女はリアリティショウに出演したこともありました。色々なことがありました。

二人が一緒だった頃の情報は、噂のなる木からやってくる風説を除外すると、そう多くはありません。…それにしても何という噂のなる木だったことか。

そしてまたうわさ話を通じて私はこの本を知りました。正直に告白すると、その時の私を満たしていたのは軽蔑、敵意、嘲り、それに妬みでした。ピープル誌の特集記事を読み、私は「なぜ?!」という思いを抱きました。抑えられない不快感が湧き上がるのと同時に、それでもなおあのようなプライベートな情報を知りたいと思う自分に最悪な気分になりました。

しかしふと考えました。私が読んだのはピープル誌です。ピープル誌はしばしば物事をセンセーショナルに書き立てる傾向があり、信頼性にかけてはあまり褒められた情報源ではありません。

そこで私は決断しました。私はこれまでプリンスに関して沢山の書籍や記事を読んできました。それらは元バンドメンバー、研究者、熱狂的ファン、ジャーナリスト、グルーピー、元恋人… 様々な顔ぶれの人々によるものです。それならプリンスの最初の妻である人物が記した本を読まない理由はないだろう、と。

それに、信用を持ってこの本について語りたいのであれば、まずはこの本を読まなければいけません。

そして私はこの本を読みました。

言わせてもらえますか?
私は、彼女に抱いていた全ての批判的思考を、恥じて撤回しなければならかったことを

言わせてもらえますか?
私が彼女に抱いていたほぼ全ての「なぜ?」という質問に、彼女は答えてくれたことを

言わせてもらえますか?
この女性は、驚くほどしっかり自己を把握できているということを。そして、プリンスと共に過ごした時代ですら彼女はおそらくそうだったことを

言わせてもらえますか?
この本がいかに良く書けているかや、彼女がいかに優れた語り手であるかに、私がどれほど驚いたかを。そして、この本を読んだ後、一人の女性として彼女への尊敬の念がどれほど跳ね上がったかを

言わせてもらえますか?
二人の最も幸せな時期のエピソードを読んでも、私は一切の嫉妬を感じず、ただ二人が愛し合っていることにどれほど心が躍り嬉しくなったかを

言わせてもらえますか?
人が行動を起こすとき、その行為の内容や動機を考えるにあたって、どれだけ前後関係や背景が重要であるかを

この本はマイテ・ガルシアについて書かれたものです。

この本はマイテの人生について書かれたものです。そこにプリンスが現われても、それでもマイテの人生です。プリンスが去った後も… やはりマイテの人生です。

この本を読んだことで、私は人として成長しました。決め付けで人を非難することの愚を学び、また、なぜプリンスに関する事柄や他の一般的な事柄に対して反応したり憤りを感じたりするのか、その理由について自己を省み深く考えました。こういった内省を通して、自分の思い込みを勝手に投影させることなく、他者の人生経験をありのままに吸収し、尊重することの大切さを実感しました。

はっきり言って、これは非常に読むのが難しい本です。特にプリンスが去って一年が経とうとしている今はなおさらのことです。しかし、その難しさは本の内容そのものから来るものではありません (この本に書かれているプリンスの気質や振舞いは、Per Nilsen の Dance, Music, Sex, Romance や Alex Hahn の Possessed を読んでいるファンにとっては目新しいものではありません)。それは、この本が産み出されるうえで核となる場所に、精神的に直接触れることになるために生じるのです。

この本を読むと、誰もが巨大な鏡の前に立たされることになります。その鏡に映るのは、一人の人間として全てが曝け出されたあなたの姿です。

もしあなたがマイテへの敵意を胸に抱き、それを確認するためにこの本を手にしたのであれば、あなたはそれを裏付ける証拠を見つけることでしょう… なぜならば、それはあなたが探し求めているものだからです。あなたの目に映るのはそれが全てになることでしょう。

もしあなたの心にあるプリンスの人物像が、素晴らしく、愛に溢れ、セクシーで、惜しみない寛大さを持った音楽の天才というものであったら、心の準備が追い付かないほど予想以上に人間らしさを持ったプリンスの姿に、あなたは心を乱される体験をすることになるかもしれません (特に、前述の本を読んだことがない場合)。

もしあなたがプリンスに関する背景知識を持たず、ちょっとした興味本位でこの本を手にしたら、そこに描写されている人物は、一人の欠陥を抱えた天才に映ることでしょう… そして、プリンスの生まれ育った境遇をおもんばかることがなれば、それに加えてプリンスに対していくつかの好意的でない評価を下すことになるでしょう。

しかし、もしあなたが厳しくも Love4OneAnother の広く柔軟な心で真摯に向き合い、腰を据えて、自分自身や自身の感受能力、先入観、偏見に挑む努力を惜しまなければ、凄まじく難しい体験ではあるものの、あなたに謙虚な気持ちと精神浄化をもたらすことでしょう。

私はこの深い共鳴と喚起の旅をしっかりと楽しみました。私は厳しくも柔軟な心構えでこの本と向かい合い、数ページ毎に自分自身の感情をリセットする必要に迫られ… そして読み進めるに従い、やがてはその必要もなくなりました。そして、私にもたらされたのは、マイテに対する巨大な尊敬の念です。大部分の情報はプリンスを長年聴いていればさほど新しいものではないにも関わらず、マイテのレンズに通され、確かにプリンスは以前にも増してかなりの人間らしさを持って描かれています。

この本にプリンスが登場するのは確かに興味深いことです。しかし、それでありながらこの本は全くプリンスについての本ではありません。この本からは、プリンスという人物のほんの一部分を覗き見ることしかできません。私には、この本に描かれている、複雑で人間らしさを持ったプリンスという人物を、やはり強く愛し、擁護したいという思いがあります (他者としてできる範囲で)。プリンスはやはり素晴らしく、愛に溢れ、セクシーで、惜しみない寛大さを持った音楽の天才です。非常に難しい局面ですら、プリンスはそんな面を垣間見せてくれるのです (笑)。プリンスは、透明さと、純粋な意図を持ち、実際あらゆるものへの対応に見事なまでの一貫性を見せてくれます。

この本をどのように受け取るかによらず、この本を読むことで、あなたはなぜプリンスのファム (註: プリンスの中では "ファン" は "fanatic" の短縮形で良くないということになっているので、替わりに使われる "family" から取った言葉) であるかについて、その理由を深く試され、非常に直接的に真実と向き合わされることになります。消化するのに時間がかかるため、じっくり馴染ませ考えを巡らしながら読むのが良いでしょう。 たとえそれがどんな結果になろうとも、躊躇する必要はありません。打ち寄せるものをそのまま受け入れ、自己内省を深めていきましょう。もしそれが上手くいけば、それは素晴らしい癒しをもたらす旅になり得るでしょう。それがこの本を読んでの私の体験でした。あなたにとっても、この旅が、心を開き、学び、成長し、癒しを得られるものとなることを願います。

前回の「The Morning Papers」は、恋愛経験のないうぶで無垢な少女 (マイテ) に、大人の男性 (プリンス) が恋に落ちる、という曲でした。マイテには、まさにそのイメージとぴったり重なるような曲があります。それは「Love's No Fun」で、1995年のマイテのソロアルバム「Child Of The Sun」に収録されています。ちなみに、この曲自体はプリンスがマイテと出会う前に書かれたもので、先立って1990年の Elisa Fiorillo (エリサ・フィオリロ) のアルバム「I Am」でリリースされています。ちなみに、アルバム「Graffiti Bridge」に収録されている「Love Machine」のリードボーカルでの、少しクセの強い歌い方でお馴染みのエリサ・フィオリロですが、さすが後年プリンスのバックアップシンガーに呼び戻されただけあって、普通に歌うと素晴らしい歌唱力をしています。

この曲を聴くと、プリンスは子供の頃に、妹のタイカから「りぼん」でも借りて読んでいたんじゃないか?と疑いたくなってきます。そんな疑問が生じるくらい乙女チックな歌詞とメロディです。ちなみに、"鼓動が4ビートスキップした" というのは "skip a beat" という、鼓動が1拍打つのを忘れてしまうくらい胸がときめく、という意味のイディオムをもじったものです。

声を大にして表明するのはちょっと憚られるのですが、私はこの曲がとても好きです。恋愛なんて楽しくないわ、と言うけれど、夢の中に愛する人が出てきて、甘く囁いてくれるところでふと目が覚めて…… いや、やっぱりこの曲について語るのはこの辺にしておきます。


良い意味で "ナイーヴ" なマイテのバージョンに対して、エリサ・フィオリロのバージョンはより成熟したボーカルです。検索するとエリサ・フィオリロは TV 番組で歌っているのも見つかります。曲自体はあまり歌唱力が生きるタイプの曲ではありませんが、この人はライブだと歌が上手いのがよく分かります。

Everyday I used 2 watch U pass my house on the way 2 school
My heart skipped 4 beats checking out the way your body moved
毎日家からあなたが学校へ向かうのを眺めたわ
あなたの身のこなしを見つめて私の鼓動は4拍スキップしたわ

No one can walk the way U do, it's so cool
Imagine how I felt when I saw my best friend with her arm around U
あなたの歩き方は誰にも真似できない - とっても格好良いから
私の親友があなたに腕を回しているのを見た私の気持ちを想像してみてよ

Love's no fun when the one U love don't love U
恋愛なんて楽しくない - 愛する人が愛してくれないのなら

I went 2 a movie show, the only place that I could go away from U
I seem 2 see your face in every part of my life, no matter what I do
私は映画館に出かけたわ - あなたから逃れられる唯一の場所に
何をしても私の生活全てにあなたの顔が浮かんでしまうから

But there U were 4 everyone 2 see, kissing like fools
I covered my face and pretended that I didn't know what I knew
でもそこにはあなたがいた - 皆に見えるようにバカみたいにキスをして
私は顔を覆い、知ってしまったことを知らないふりをした

That love's no fun when the one U love don't love U, oh
恋愛なんて楽しくない - 愛する人が愛してくれないのなら

I go 2 bed early every night so I can dream
Of another space and another time when U belonged 2 me
私は毎晩早くベッドに入る - 夢を見られるように
そこは別の時代の別の世界であなたは私のもの

And in my dreams U talk 2 me whispering oh so sweet
U promised that if I'm always there 4 U, U'll be there 4 me
夢の中ではあなたは私に囁いてくれる - ああ、とっても優しく
私がずっと傍にいるならばあなたも傍にいてくれると約束してくれる

And then I wake and say
That love's no fun without U
そして私は目が覚めて言うの
恋愛なんて楽しくない - もしあなたがいないのなら

Love's no fun when the one U love don't love U
Love's no fun when the one U love don't love U
Love's no fun when the one U love don't love U,
恋愛なんて楽しくない - 愛する人が愛してくれないのなら
恋愛なんて楽しくない - 愛する人が愛してくれないのなら
恋愛なんて楽しくない - 愛する人が愛してくれないのなら

ブログでプリンスについて書き始めてからというもの、自分のお気に入り曲・ベスト○○、というのが頭の片隅にあります。

私の場合、このリストに確定的に入る曲は「Goodbye」と「Condition Of The Heart」の2曲です。とはいえ、たった2曲だけでは少ないのでもうちょっと…とやっている内に、少々増えて10位まで選ぶことにし、さらに最初の方に思い浮かんだけれども順位を付けづらい曲を別枠に分けたため、結局、私のお気に入り曲は、10曲プラス別枠5曲の合計15曲のリストになりました。ちなみにこの15曲の内、1曲は既にブログ記事にしています。それは「With You」で第8位になります。

このリストの選考基準は「私の中に占める存在の大きさ」です。他のことを色々書いていたのでこれでやっと2曲目ですが、残りの13曲についても少しずつブログに書いていこうと思います。プリンスのファンで、ベストアルバムに収録されている楽曲群だけでマイベストが作れるという人はまずいないと思いますが、私の場合も、ここに一部挙げた曲名からも想像が付く通り、一般的なプリンスのベスト曲とはかなりかけ離れた選曲になります。一般的な評価は無視して完全に主観的な基準で選んだので、なぜこういうリストになるのかという理由についてもいずれ書きたいと思います。


「The Morning Papers」は、マイテが関係する記事がいくつか続いたので取り上げることにしました。この曲は私のお気に入り曲の第6位で、1992年のアルバム「O(+> / Love Symbol」の4曲目に収録されています。世の中に恋愛の歌は数えきれないほどありますが、この曲の歌詞は私が最も好きな歌詞のひとつです。個人的に、この曲の歌詞は本当に美しいと思います。そしてこの曲では、プリンスはとにかく頑張ります。全てはマイテのために、自身がいかにマイテにとって相応わしい男であるかをアピールするために。この曲のプリンスは、まるで雄のクジャクが目一杯羽を広げて求愛しているかのように私には映ります。

この曲のプリンスのボーカルは地声中心です。プリンスの歌声は、ファルセットならいくらでも軽々と操れるかのように聴こえるのに対し、地声は頑張って出しているように聴こえることが多い気がするのですが、この曲ではその傾向を特に強く感じます。また、アルバム構成において、前の曲がファルセット中心で、かつ非常に洗練されている「Love 2 The 9's」という楽曲であるのも対照的です。また、プリンスは年齢を重ねるにつれ、徐々に声質が変化していきます。80年代の歌声には突き刺すような若く鋭い響きがあるのに対し、90年代以降は少しずつ鋭さが減って、若さが取れた感じになっていきます。この声質の変化がまたプリンスの一生懸命な感じを一層強めているように思います。

また、ミュージックビデオでもプリンスは頑張っています。曲の前にはフラミンゴやキリンやゾウが登場し、プリンスとマイテが動物園を散歩するシーンが入ります。プリンスが着ているのはパステルグリーンのプリンス服 (プリンスにしては控えめなデザインですが、プリンス服と呼ぶ以外に何と形容したら良いのか分からない服) です。当時は「へぇ、プリンスって動物園でデートをするんだ…」と何となく意外に思ったのを覚えています。

prince-the-morning-papers-2-giraffes prince-the-morning-papers-3-zoo

ミュージックビデオのパフォーマンスでは、プリンスは最初ギターを背負いながらピアノに座り、歌い始めます。そして、ピアノの上に乗ってギターを弾き、胸をはだけ、ギターを放り投げ、聴衆に向かってダイブするなど、色んなことをします。そして随所にデートシーンが挿入され、二人は歌詞さながらに、夕日の沈む浜辺で散歩や追いかけっこをしたり、遊園地でメリーゴーラウンドに乗ったりします。また、途中バックでドッカーンと爆発が起きて火花が上がったりもします。しかもそれだけではありません。白いコートの下にプリンスが着ているのは、なんとネルシャツです。90年代初頭はグランジロックが流行し、ニルヴァーナが音楽シーンに衝撃を与えた時代です。プリンスはグランジというキャラじゃないのに、プリンス服を脱ぎ捨ててまでこんなシャツを着て… これも全てはマイテへのアピールのため… かどうかは分かりませんが、私の中ではそうなっています。

prince-the-morning-papers-4 prince-the-morning-papers-5-beach prince-the-morning-papers-6-caroucel prince-the-morning-papers-7

ところで、このようなロマンチックな曲でこんなことを書くのもなんですが、ちょっと下世話な話をします。

歌詞で "Every schoolboy's fantasy she was / That's why he had 2 wait (少女は全男子生徒の憧れだったので、男は待たなければならなかった)" とありますが、どうやら本当にプリンスは時が熟すまで待ち続けたようです。プリンスがマイテと出会ったのはマイテがまだ16歳の時でしたが、二人が初めて肉体的に結ばれたのは1993年の2月、マイテが19歳の時なのだそうです。マイテはこの時をずっと待ち続け、その日はウインクしたスマイル顔付きで日記を書いたことをリンクのニュース記事で明かしています。

'A week or so later I wrote in bold in my journal: February 9, 1993 - not a virgin. And I drew a winkey smiley face,' writes Garcia. 'Patience pays off.'

この部分の歌詞は、私はずっと創作だと思っていました。アルバム8曲目の「I Wanna Melt With U」に、16歳の少女の純潔を奪って "What am I guilty of? Oh no! / 私は何の罪を犯したのか? オーノー!” という歌詞があるので、てっきり16歳の頃に出会ってすぐに…と思っていたのですが、それどころかアルバムがリリースされた1992年の時点でもまだそういう事はしていなかったことになります。これは本来であれば秘密の話で、プリンス本人からは絶対に出てこないような話ですが、当時のプリンスのマイテへの想いが偲ばれます。

ちなみに、上記リンクの記事では、プリンスはマイテの体重を厳しくチェックしていたことも書かれています。マイテは一度、少し体重が増えてしまった時に、ホイップクリームを食べているのをプリンスに見られ、その週のダンサーとしての給料を差し引かれてしまったことがあるそうです (笑)

He also kept a close watch over her weight, punishing her when after she gained a few pounds he saw her eating whipped cream.
'Twenty minutes later, the tour accountant came in and said "I'm so sorry I have to dock your pay this week."'


私はこの曲はスタジオバージョンの方が馴染みがあるのですが、YouTube にはリンクがないので、1993年2月に放送された The Arsenio Hall Show のライブパフォーマンスをリンクします。ボーカルの感じや崩し方などがスタジオバージョンとは少し違います。服装も違って、こちらはばっちりゴージャスめなプリンス服です。

He realized that she was new 2 love
Naive in every way
男は少女が恋愛をしたことがないのだと気付いた
全てが無垢でぎこちない

Every schoolboy's fantasy she was
That's why he had 2 wait
彼女は全男子生徒の憧れだった
そのため男は待たなければならなかった

If he poured his heart into a glass and offered it like wine
She could drink and be back in time 4 the morning papers
もし男がワインのように自分の心をグラスに注ぎ、捧げることができたなら
彼女はそれを飲み、朝の新聞に間に合うように家に帰れることだろう


They could take a walk down the ocean side
Make a wish on every wave
二人は海辺へ散歩に行き
波が寄せる度に願い事をしてもいい

They could find a carousel and ride
Or kiss in every cave
二人はメリーゴーラウンドを見つけて乗り
あるいは全ての洞窟で口づけをしてもいい

They could contemplate the entire universe
Or just one star
Or just how far was the walk 4 the morning papers?
二人は宇宙全体について思いを馳せてもいい
あるいはたった一つの星のことでも
あるいはただ朝の新聞までどれだけ歩くのかを考えたっていい


Why is age more than a number when it comes 2 love?
Should we ask the ones who speculate
When they don't know what it's made of?
なぜ愛において年齢は数字以上の意味を持つのだろう?
愛が何であるかも知らぬままに
思案にふける者たちにでも尋ねようか

Should we ask the moonlight on your face
Or the raindrops in your hair?
Or should we ask the man who wrote it there in the morning papers?
君の顔を照らす月明かりに尋ねたらいいのだろうか
あるいは君の髪に滴る雨の雫に尋ねようか
それとも朝の新聞にそう書いた男にでも尋ねようか

Should we ask the moonlight on your face
Or the raindrops in your hair?
Or should we ask the man who wrote it there in the morning papers?
君の顔を照らす月明かりに尋ねたらいいのだろうか
あるいは君の髪に滴る雨の雫に尋ねようか
それとも朝の新聞にそう書いた男にでも尋ねようか

Somebody help me sing it now
La, la, la, la, la, la
La, la, la, la, la, la
La, la, la, la, la, la, la

La, la, la, la, la, la
La, la, la, la, la, la
La, la, la, la, la, la, la

↑このページのトップヘ