OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

前回、プリンスの手紙と併せて取り上げた1991年の雑誌記事は、当時翻訳されて日本の音楽雑誌にも掲載されたように覚えています。その主な内容は、ロンドンのジャーナリストが、新譜の「Diamonds And Pearls」を試聴するため、はるばるペイズリーパークへ訪れるも、プリンスに惨々振り回されてしまったという体験談です。

当時の私には、その記事を読んでとても強く印象に残った箇所がありました。それはプリンスが「Standing At The Altar」という新曲をスタジオでレコーディングしていたという記述です。それも、それがとても素晴らしい曲だという賛辞と共に。

「Standing At The Altar」とは一体どんな曲で、どれほど素晴らしい曲なのだろう? そして、この曲を聴くことのできる日はいつ訪れるのだろう?

当時は英語が分からなかったので、「結婚式で教会の祭壇に立つ」というタイトルの意味が分からず、私は「何やらかっこいい響きなので、とにかくかっこいい曲なのだろう。スタンド・バイ・ミーみたいな曲かな?」と勝手に想像し、この曲がリリースされるのを心待ちにしていました。ちなみに、元の英語記事を確認すると、確かに曲の記述の直後に "fantastically good" という称賛の言葉がああります。しかし、それは試聴させてもらったアルバムに対するもので、この曲が具体的にどんな曲かについては言及がありませんでした。ということは記事の翻訳ミスか私の読み違いか・・・まあ今となってはどうでも良いことです。

その後、この曲は1992年のアルバム「Love Symbol」には入っておらず、お蔵入りになったのかと諦めていたところ、1994年に NPG Records レーベルのコンピレーションアルバム「1-800-NEW-FUNK」なるものがリリースされ、何とそこにこの曲の名前がありました。実はこの曲は、プリンスが女性アーティストのために作ったもので、そもそも自分用の曲ですらなかったのです。記事のジャーナリストが目にしたのは、プリンスがガイドボーカルを歌い、デモを作っていた風景だったのだと思われます。本当にプリンスに関する限り、事前に得た情報が参考になった試しがありません (笑)。


「Standing At The Altar」は、とても変わった曲です。

この曲で歌われるのは、結婚という幸福な瞬間を目前に相手に去られてしまうという、とても不幸なシチュエーションです。それにもかかわらず音楽は全くの正反対で、本当は訪れるべきだった幸せな空気をそのまま詰め込んだようなハッピーな曲です。英語が分からなければ、間違ってウェディングソングとして結婚式に使ってしまいそうです。音楽には明るさと力強さがありますが、それでいて「失恋しちゃったけどドンマイ、がんばれ私!」みたいな歌でもありません。

当時これを聴いた私は、こんなチグハグな作りで良いのだろうか、と困惑しました。どうしてこの歌詞でこんなに心躍るハッピーな音楽なのか、私の理解の範疇を超えていました。普通、悲しい言葉には悲しい音楽が付けられるものです。適当に思い付いたものでいうと、五輪真弓の「恋人よ」、エリック・カルメンやセリーヌ・ディオンの「All By Myself」、アデルの「Someone Like You」といったように。これらの曲は、言葉に意識を傾けるまでもなく、ボーカルパフォーマンスと音だけで悲しみが伝わります。

しかしプリンスには、そのような分かりやすい名曲が存在しないような気がします。プリンスほどの能力があれば、そのような名曲は容易に作ることができそうなのにもかかわらず、です。プリンスの有名なヒット曲は、何かしら引っかかるところがあり、ストレートには理解しづらい曲ばかりなのです。

私はこれを「プリンスには他人に気軽にすすめられる曲が存在しない問題」と呼んでいます。いや、こんなことを言うのは生まれて初めてなのですが。とにかくプリンスには、最初聴いたときに、妙な違和感を抱かせたり、容易には全体の姿を掴めなかったりする曲が非常に多いのです。例えば、あなたは何かプリンスの有名なヒット曲をいくつか聴いたとします。あなたは「ふーん、プリンスってこんな音楽なんだね。もうだいたい分かったよ」という感想を抱くかもしれません。しかし実は、その時点ではまだ、あなたにはそれらの曲の本当の姿は見えていません。それに気付くのは1年後か、10年後か、あるいは多くの場合ずっと気付かないままなのです。これは個人的にとてももどかしいことです。

話が脱線しかかってきたので、まとめに入ります。

プリンスは、普通ならば悲しみや怒り、あるいは敵意をもって表現するのが妥当に思われることでも、そういった負の感情を込めずに音楽を作り上げることがよくあります。「Standing At The Altar」に近いタイプの歌詞では、例えば「I Could Never Take The Place Of Your Man」もとびきりのハッピーソングです。こういった曲は枚挙にいとまがなさすぎるので、もう1曲だけ挙げると、プリンスの最高の曲だった、とスーザン・ロジャースが評するほどの「Wally」も、その素晴らしいオリジナルはプリンス自らの手で消去され、この世に残存せず誰も聴くことができません。この曲はコミカルなアレンジで作り直されたバージョンが昨年流出しています。

「Standing At The Altar」を改めて聴くと、プリンスはなぜこの詩でこんな音楽にしたのか、今は分かるような気がします。世の中には殆ど知られていませんが、私のとても好きな曲です。2分47秒頃に登場するプリンスの控えめなバックボーカルなども凄く良いです。


Why?
なぜなの?

I got the news just yesterday
They said U up and ran away
All because of what somebody said
I spent my wedding night alone in bed
つい昨日、知らせを聞いたわ
あなたが突然去ってしまったって
誰に吹き込まれたとも知らない話のために
私はウェディングの夜を一人ベッドで過ごしたわ

'Cuz U left me standing at the altar
U left big tears in my eyes
(Tears in my eyes)
U didn't even stop 2 ask me who
What or where or why
あなたは私を一人祭壇に残して去ってしまった
私の目には大粒の涙が残ってしまった
あなたは聞くことさえしてくれなかった
誰なのか何なのか何処なのか何故なのか

Ever since the day that we first met
Everybody been jealous as they could get
(They could get)
People sayin' this and sayin' that
(Sayin' that)
Struck us, struck us out before we even got 2 bat
私たちは初めて出会った日から
誰もが羨んではやきもちを焼いたわ
外野があれこれ騒いでいるうちに
バットを持って打席に立つ前に
私たちはストライクアウトにされてしまったのよ

Hey, U left me standing at the altar
U left big tears in my eyes
(Tears in my eyes)
U didn't even stop 2 ask me who
What or where or why
あなたは私を一人祭壇に残して去ってしまった
私の目には大粒の涙が残ってしまった
あなたは聞くことさえしてくれなかった
誰なのか何なのか何処なのか何故なのか

How could U do this, how could U leave?
When U knew how much U meant 2 me
(You meant 2 me)
I gave 2 U more than I've given any friend
Just 2 have U give it all back in the end
どうしてそんなことができるの?
どうして私を捨てられるの?
私にとってあなたがどれほど大切か、あなたは知っていたのに
私はどんな友達にするよりもあなたに尽くしたわ
ただ最後にあなたから欲しかったから

U left my poor heart broken
U left my world in a daze
(In a daze)
If I could, I'd write a letter 2 U
But I don't know what 2 say
I don't know what 2 say
あなたは私の哀れな心を壊してしまった
私は茫然自失の世界に取り残されてしまった
できるならあなたに手紙を書きたい
でももう言葉も見つからない
もう言葉も見つからないわ

I got the news just yesterday
They said U up and ran away
If there's a God way up above
One day U'll have 2 answer 2 him 4 my love
つい昨日、知らせを聞いたわ
あなたが突然去ってしまったって
もし天の彼方に神様がいるのなら
いつか私の愛のため、あなたは神様に答えなければならないわ

U left me standing at the altar
U left big tears in my eyes
U didn't even stop 2 ask me who
what or where or why
あなたは私を一人祭壇に残して去ってしまった
私の目には大粒の涙が残ってしまった
あなたは聞くことさえしてくれなかった
誰なのか何なのか何処なのか何故なのか

U left my poor heart broken
U left my world in a daze
(In a daze)
If I could, I'd write a letter 2 U
But I don't know what 2 say
I don't know what 2 say
あなたは私の哀れな心を壊してしまった
私は茫然自失の世界に取り残されてしまった
できるならあなたに手紙を書きたい
でももう言葉も見つからない
もう言葉も見つからないわ

(U left me standing at the altar)
U better stop doggin' me baby, yeah
I can't take it no more
I can't take it no more, baby
(U left my poor heart broken)
もうこれ以上私を苦しめないで
これ以上は耐えられない
これ以上は耐えられないわ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、Housequake の FB ページに興味深い投稿がありました。Partymind さんの掲示板にも投稿させていただいたのですが、1994年9月に書かれたプリンスの手紙です。この手紙は、ローリングストーン誌に掲載されたアルバム「Come」に対する批評を受けて書かれたもので、この批評の筆者であり、アルバムに星2/5という低評価を付けた Tom Moon という人に宛てられたものです。

とても美しい手紙だったので翻訳してみました。なるべく元の文章の美しさを損なわないように翻訳したつもりですが、最後の方など、上手く日本語にできなかったので安易に訳した部分もあります。ちなみに最初の言葉は、元の英語では "There is joy in repetition" です。また、1994年の手紙に、90年代以降は影を潜めるようになったカミールの名前が出てくるのも面白いです。

Tom,

人は悦びを求めるなら、繰り返しの中に悦びを見出します。一方で敵意と不和を見出すこともできるでしょう。全ては見る者の捉え方次第です。全ての音符 - それが声であっても楽器であっても、全ての音 - それが人間のものであっても人間のものでなくても、それは生み出す者の感情に従って生み出されます。その感情には、様々なものが寄与します。その日の天候や時間帯、その日それ自体。例えばダンスミュージックならば、週末のスタジオに居場所を見つけるといったように。

月にも、星たちにも、全てに役割があります。偶然というものは存在しません。涙がより信じられるのは、それを抑えられずに流す時です。そして、ちょうど生きるために呼吸をするのと同じように、音楽は必要に駆られて生み出されます。これは人生における事実です。内なる声が、生まれるべき歌が存在することを告げるのです。

全ての子供は美しく生まれます。それが他人からどのように認知されるかは、別の問題であるに過ぎません。まだ生まれる前の子供と同じように、歌とは決して最初から完全な状態で存在するものではありません。それは口述を取るようなものです。喜びは、赤ん坊がどのような性格になるか分からないことから生まれます。喜びは、慈しみ育む過程から生まれます。我々が何者であろうとも、我々が何を作ろうとも。

カミールが音楽を作る日は、子供は良心や抑制を持たぬまま生まれます。しかし重要なのは、カミールの「声」を認めることです。近頃ではカミールは姿を現すことはなくなりました。

肯定的な心と否定的な心は、常に近接した状態にあります。我々が蒔く種は、大きく育つ花です。物事が、起こり変わろうとしています。それはこの世代だけの話ではありません。その後は、永きに渡る平和が訪れると信じます。全ての人とはいえないまでも沢山の人が、それを享受することを願います。

Love & peace
Prince

原文は以下です。

There is joy in repetition if one looks 4 joy. There can also be tension & discord. It's all up 2 the beholder. Every note—be it voice or instrument, every sound—be it human or inhuman is produced according 2 the way the producer feels. Many things contribute 2 that feeling. The climate, the time of day, the day itself. Dance music seems 2 find it's way into the studio during the weekend. The moon, the stars, everything plays a part. And there are no accidents. Tears are more believable when u can't hold them back. Here—music is made out of necessity. It's a fact a life. Just like breathing. The voice inside tells u when there is a song 2 be born. All children are born beautiful. How they are perceived by others may be another matter indeed. Much like an unborn child—A song is never conceived whole. That would be like taking dictation. Pleasure comes from not knowing what your baby's character will be like. Pleasure comes from the nurturing process. Whatever we are… whatever we make.

On the days when Camille records, children are born without conscience or inhibition. It is important however 2 allow Camille his 'voice.' He hasn't been around lately.

Positivity & negativity are always very close. The seeds we sow are the flowers that grow. Things are coming 2 a head. And not just 4 this generation. Believe that after it does there will be peace 4 a long time. Maybe not 4 everyone but 4 most. Hopefully more than not.

1991年の雑誌記事から - I make music because if I don't...

これに関連して、上記の手紙と少し似たようなプリンスの言葉が、1991年11月の Details という雑誌の記事にみつかります。こちらも印象深いので、一部引用します。

"I make music because if I don't, I'd die. I record because it's in my blood. I hear sounds all the time. It's almost a curse: to know you can always make something new."
僕が音楽を作るのは、そうしないと僕は死ぬからなんだ。僕の体に流れる血は、僕にレコーディングをさせるようにできている。いつだって僕には様々なサウンドが聞こえてくる。常に新しいものを生み出せると知っているというのは、殆ど呪いのようなものだね

Have you always been like that? I ask him.
昔からずっとそうだったのですか? 私は尋ねた。

"No. When I was younger I had...other interests...but you know how the very first song I learned to play was 'Batman'...?"
「いや、若い頃は他のことにも興味があったよ。でも君も知ってるように、僕が最初に弾き方を覚えた曲はバットマンで・・・」

He leaves the sentence open. Yes, I say, and I fill in the inference. You don't think that's an accident, do you?
プリンスはそこで含みを残して言葉を止めた。成り行き上、私はそれを埋めることになった。
「それは偶然だと思ったりしませんか?」

"There are no accidents," he says. "And if there are, it's up to us to look at them as something else. And..." At this point he pauses, and even though we're talking over the phone I can see him do one of those long fawn-eyed stares that make you believe every curious syllable he speaks. "And that bravery is what creates new flowers."
偶然なんてものは存在しないよ。もし存在するとしたら、それは見る者の捉え方によるものなんだ。そして・・・
そこでプリンスは間を置いた。私たちは電話で会話をしていたにもかかわらず、その時の私には、彼の口から発せられる不思議な言葉を節々まで信じ込ませてしまうような、あの小鹿のような眼差しが見えた。
そして、その勇気が新しい花を生み出すんだ

Whenever I tell anyone about it, they say it sounds weird. It sounds like he should grow up. But it sounds like the real Prince. It makes perfect sense to me.
このことを誰かに話す度に、おかしな話だと言われる。プリンスは大人になりきれていないみたいだと。しかし私には、これこそが本当のプリンスだと思える。私には、どこにもおかしな点はなく、完璧に筋の通った話だと感じられるのだ。

この雑誌記事をブログで取り上げたのには、単に発言が印象深いという以外に、もうひとつ理由があります。実は私の中では、この記事は、プリンスが書いたとある素敵な曲と密接に結び付いているのです。ただ、これは少々意外な曲かもしれません。続いてその曲を取り上げるつもりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Good Love」は1986年に作られたカミールの曲です。初出は1988年で、映画「Bright Lights, Big City」のサウンドトラックに提供されました。また、少し短いバージョンになりますが、1998年の「Crystall Ball」の2枚目にも収録されています。

この曲は私の選ぶ曲リストに入れようか凄く迷いました。私はこの曲がとても好きなのですが、プリンス/カミールの魔法を感じない人にはこの感覚は分からないだろうな・・・と思って次点にしました。

「Good Love」は、私にとっては少し不思議な曲です。基礎となるメロディラインだけを取ってみれば、意外と普通な曲という気がしなくもありません。しかし、仮に他の誰かがこれを思い付いたとしても、ここまで煌めきに溢れた曲には絶対に仕上がらないと思います。何かこう、ただメロディに歌詞を乗せただけの曲とは違い、この曲はプリンスに魔法をかけられ、生命を吹き込まれたのではないかと錯覚します。まるで自分の意思で勝手に動き出すのではないかと思えるほど、「生きている」と感じさせる曲です。

リンクにあるのは「Crystall Ball」の短いバージョンではなく、ちょっと嬉しいサウンドトラックの方のバージョンです。


Good love, U gotta
Baby, in the heat of the night U know what 2 do
Good love, U gotta
Cherry pie, apple kisses, everything is cool
ステキな恋、手に入れたね
この熱い夜の中、やることなら分かってるよね
ステキな恋、手に入れたね
チェリー・パイ、アップル・キッス、ぜんぶイカしてる

Technicolor children in Picadilly Square
Whisper words, erotica when U kiss me there
Gustav Mahler #3 is jamming on the box
I'll have another glass of U, this time on the rocks
ピカデリースクエアのテクニカラーな子供達
甘い囁き、エロティカ、君がそこにキスするとね
グスタフ・マーラーの第3番が、ステレオから鳴り響いてる
君をもう一杯飲ませてよ、今度はグラスのロックでね

4th of July in every stroke
A symphony of light and sound
Oh, I want 2 die from all the smoke
Fire breaks out when U're around
どこを取っても独立記念日
光と音がシンフォニーを奏でてる
ああ、煙に巻かれて死にたいよ
君がいると火の手が上がるんだ

Good love, U gotta, yeah
Baby, in the heat of the night U know what 2 do
Good love, U gotta, yeah
Cherry pie, apple kisses, everything is cool
ステキな恋、手に入れたね
この熱い夜の中、やることなら分かってるよね
ステキな恋、手に入れたね
チェリー・パイ、アップル・キッス、ぜんぶイカしてる

It brings a flash 2 my heart just the thought of U
Plethora of euphoria in everything U do
Any place 2 zero, U r number 1
Baby, in the heat of the night, U're my favorite fun
君が頭に浮かぶ度に、それだけで心に閃きが走る
君がすること全部に、夥しい幸福感が溢れてる
他の順位ならみんなゼロだね、君がナンバー・ワンさ
この熱い夜の中、君は僕のとっておきのお楽しみさ

U and I in each others arms
Here is another world (Here I'm protected)
Here I'm protected from all harm
Only the naked boy and girl
君と僕、互いの腕の中
ここは別の世界だね、僕は守られてる
この中では、僕は全ての害悪から守られてる
ここにいるのは裸の男の子と女の子だけさ

Good love, yeah!
Baby, in the heat of the night U know what 2 do
Good love, yeah, ooh
Cherry pie, apple kisses, everything is cool, cool, cool
Cool
ステキな恋、手に入れたね
この熱い夜の中、やることなら分かってるよね
ステキな恋、手に入れたね
チェリー・パイ、アップル・キッス、ぜんぶイカしてる

Alright, we go'n say good love right here (Good love)
Yeah
Gustav Mahler #3 jammin' on the box
U wanna rock? (Why not?)
Ooh (Good love)

Yeah
Oh baby, in the heat of the night U know what 2 do, dontcha?
Good love, yeah
Cherry pie, apple kisses, everything is cool, cool
Every little funky damn thing is kickin'! (Good love)
Oh my Lord
My Lord
Baby, U got the... good love, yeah (Good love, yeah)
In the heat of the night U know it's alright (Yeah)
Good love, yeah
Good love, honey baby
Good love, yeah yeah yeah
Cherry pie, apple kisses, everything is cool, everything is cool
Cool

Good love, part 2 (Na na na...) {repeat}
Do it! (Good love, yeah)
Come on
That's how I like it, c'mon
Whoo!

Technicolor junkie in a funky square (Yeah)
Uh, good love talkin' when U kissin' me there (Yeah)
Uh, Gustav Mahler jamming on the box (Yeah, yeah)
Teenage junkie got his foot on the rock
Get off!
U gotta, U gotta give good love
Whoo!
Good love
Uh, U gotta, U gotta give good love
Yeah, good love
Gustav

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ