OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

You can always renegotiate a record contract.
You just go in and say, 'You know, I think my next project will be a country & western album.'
レコード契約ならいつだって再交渉できるよ。ただこう言えばいいんだ。
「あのさ、僕の次のプロジェクトはカントリー&ウエスタンのアルバムにしようと思ってるんだけど」

何から書き始めたら良いのか分からないので、とりあえず1990年の Rolling Stone 誌の記事に出てくるプリンスの言葉を引用しました。

今回取り上げる曲は、カントリー歌手の大御所ケニー・ロジャースに提供された「You're My Love」(1986年) の、プリンスによるオリジナルバージョン (1982年録音) です。といってもこの曲は特にカントリーというわけではなく、ミドルテンポの王道ラブソングといった感じです。プリンスがこんな王道ソングを作ってしまうのかという珍しさはあったものの、従来知られていたケニー・ロジャースのバージョンは取り立てて注目を集めるような曲ではありませんでした。

しかしながら、私にとっては、この曲は長年特別な位置を占める大切な曲でした。今でこそ YouTube でもプリンスの様々な楽曲を聴くことが可能になっていますが、昔はプリンスの音楽は YouTube では禁じられていました。そんな時代に、私がプリンスの癒しを得るために真っ先に向かうのがこの曲だったのです。そんな経緯で、もしプリンス本人のボーカルによる「You're My Love」が存在するならば、それを聴くことは私の人生の願いの一つであると言えるほどに、この曲の存在は私の心の中でとても大きなものに育っていました。

そして、私の人生の願いは「Originals」のリリースによって叶えられることになりました。

私は「With You」や「I Spend My Time Loving You」を聴きながら、作品のリリースを心待ちにする日々を過ごしました。プリンスの歌う「You're My Love」も、きっとこのような優しくて素敵な曲なのだろうという思いを馳せながら。あまり注目度の高い曲ではなかったため、私は世界で一番この曲のリリースを待ち望んでいたファンだったかもしれません。


そして遂に作品がリリースされました。

それは全くの予想外の曲でした。というか、これを予想できた人は誰もいないでしょう。この曲を初めて聴いたときは、作品リリース前のイベントに参加して断片を聴いたのみだったので、私の中で何かが音を立てて崩れていく……のを感じる余裕もなく、私はただ困惑することしかできませんでした。何しろ断片的に聴いたその音源からは、ボーカルが誰の声なのか識別できなかったのです。例えばリハーサル音源の「When Doves Scream」でも、知らない人が聴けば「どこの UK パンクバンドがカバーしたの?」としか思えないような声をプリンスは出しています。「You're My Love」はもちろんそれとは違うダンディな声ですが、これまで聴いたことのない正体不明な声をプリンスは発していました。

私の中で何かが音を立てて崩れていったのは、家に帰ってこの曲をフルで聴いてからです。

I love U babe, love U babe, love U babe, love U love U love Uoouuuh

……本当にこの人、誰ですか? (笑)

この衝撃は、個人的には少年隊の「I love you, no, no, no」に迫るものがあります。

それでも何度も繰り返し聴くうちに、ああ、これを歌っているのはプリンスなんだな、と思えるようになりました。私が一人でこの曲ばかり聴いていると、妻が訝しげに聞いてきました。

- 何でこんな曲を何度も繰り返し聴いてるの?
いや、これ私の好きな曲だから
- 私も知ってる人?
そうだよ
- ジェームス・イングラム? いや違う……誰?

下は Linda Ronstadt & James Ingram の「Somewhere Out There」です。

この調子で「The Arms Of Orion」の正体不明バージョンも想像できるような、できないような……。

とにかくプリンスがなぜこのような王道ラブソングを書いたのか、プリンス自身のボーカルを聴いて何となく合点がいったような気がします。この曲は存在自体がジョークみたいなものだったんですね。プリンスは、2度目のコーラスでおそらく間違って、「U're my love, I love when U're around」を2回歌っています。しかし修正のために歌い直すこともなく……。

プリンスの Originals のバージョンを実際に聴くまでは「私の選ぶ曲一覧」を書き換えなければいけないかも、などと思ったりもしたのですが、良かったのか良くなかったのか、それは杞憂に終わりました。真面目に歌ってくれたらどんなに素敵な曲だったのだろうとも思いますが、これもまたプリンスということで、私にとってはやっぱり好きな曲です。


U want 2 know if I care 4 U
When U ought 2 know by now
How can U stand there just pretending?
When U know how I feel
僕が君を愛してるのか知りたがるんだね
君はとっくに知ってるはずなのにね
どうして突っ立ってそんな素振りをするの
僕の気持ちならちゃんと知ってるくせに

Oh baby, U're my love and I love everything U do 2 me
U're my love and I love when U're around, oh
U're my love and I'll never let U down
ねえ君は僕の恋人だから、君のしてくれること全てが嬉しいんだ
君は僕の恋人だから 君が傍にいてくれると嬉しいんだ
君は僕の恋人だから、僕は決して君を落ち込ませたりはしない

U want 2 know what I see in U
But I can't really say 4 sure
All I know is that I needed U
More, more than I've ever needed anyone else before
僕が君に何を見るのか知りたいんだね
だけど僕にはきちんと答えられない
ただ僕に言えるのは僕には君が必要だということ
今まで他の誰にも感じたことがないほどに

Oh baby, U're my love and I love what U do, do 2 me
U're my love, I love when U're around, yeah
U're my love, I love when U're around
ねえ君は僕の恋人だから、君がしてくれることが嬉しいんだ
君は僕の恋人だから、君が傍にいてくれると嬉しいんだ
君は僕の恋人だから、君が傍にいてくれると嬉しいんだ

Seasons changing faster than they did when we were young
It's funny but we didn't seem 2 care
The only thing we cared about was keeping our love strong
And as long as U're there, I'll always care
季節は僕らが若かった頃よりも早く移り変わってゆく
おかしなことだけど、僕らは気にも留めなかったね
僕らはただ愛を強く保つことだけを思い続けてきた
君が傍にいる限り、僕はいつだって思い続けるよ

U're my love, I love what U do 2 me, my love
U're my love, I love when U're around, oh baby
Honey, I love, yeah...
君は僕の恋人だから、君がしてくれることが嬉しいんだ
君は僕の恋人だから、君が傍にいてくれると嬉しいんだ
ハニー、愛してるんだ・・・

Stop your pretending, U know how I feel
I love U babe, love U babe, love U babe, love U, love U love U... yeah...
I love U...
U're my love, U're my love, yeah
そんな真似はよしてくれよ、僕の気持ちなら知ってるくせに
愛してるよ、愛してるよ、愛して愛して愛して愛してるよ
愛してるよ・・・
君は僕の恋人さ、君は僕の恋人さ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

「I Spend My Time Loving You」は、前回取り上げた「Leaving For New York」と同様に、1976年の最初期に録音された未発表曲の一つです。音を出しながらアイデアを探るようにして作った感触がある穏やかなバラードで、ささやかではあるけれど、まるで大切な宝石のように感じられる曲です。

去る4月下旬に「Originals」のニュースが出てから、実際に作品がリリースされるまでの私の最大の関心事は、私にとって特別な曲である「You're My Love」がどんな曲なのだろう? ということでした。もしプリンスオリジナルの「You're My Love」が存在するならば、それを聴くことは私の人生の願いの一つだったのです。そして、私は「With You」やこの「I Spend My Time Loving You」を聴きながら「Originals」のリリースを待つ日々を過ごしました。きっと「You're My Love」も、この曲のように穏やかで素敵な曲なのだろうと思いを馳せながら。この時点では、まさかあんな奇妙な体験をすることになるとは思いもせずに。


この曲は流行りの邦楽曲などとは違い、コードや展開がせわしなく動くこともなく、歌詞さながらに穏やかな時が流れます。それだけに途中で「魔法にかけられた / ラ ラ ラ・・・」と音程が不思議な上がり方をするところも良いアクセントになっています。

この曲を聴くと、私はふと、隆慶一郎の時代小説「一夢庵風流記」(漫画版のタイトルは「花の慶次」) で、主人公の前田慶次郎が直江兼続にかけた言葉を思い出します。

場面は終盤。関ヶ原の戦いで西軍敗戦の報が届き、最上で戦っていた上杉勢は退却を余儀なくされます。最上義光の軍勢二万に対し、上杉軍の総大将・直江兼続は三千の兵を率いて自ら殿軍 (しんがり) を努めます。そして戦局がいよいよ苦しくなる場面です。

血戦につぐ血戦に直江勢も漸く疲れた。
「無念だが、これまでのようだ。せめてものことに我が首を敵の手に渡すことなかれ」
兼続はそう云うと馬を降り、具足を脱いで腹を切ろうとした。直江山城守兼続が討ち取られたと聞えれば、味方の士気は落ち、敵の士気はいやでも増すことになる。兼続はこれを恐れたのである。
…(略)…
腹をくつろげ、鎧通しを抜いた時、それが槍ではね上げられ、遠くへ飛んで行った。慶次郎が松風で駆けつけたのである。この時、慶次郎が喚いた台詞を『上杉将士書状』から引用して見よう。
『言語道断。左程の心弱くて、大将のなす事とてなし。心せはしき人かな。少し待 (ち)、我手に御任せ候へ』
心せわしき人かな、と云うのがいい。死にいそぎするな、と云うのである。

ichimuan-kokoro-sewasiki-hito

このような穏やかなプリンスのバラードを聴き慣れた私は、コードや展開をせわしなく動かす邦楽の流行りの曲、その……具体的にはプリキュアの曲や「パプリカ」等なのですが、そういった曲を耳にするたびに、「心せはしき人かな」と思うのです。もちろん、ああいった曲は元々それを良しとして作られているのでしょうけど。

それはともかく、「I Spend My Time Loving You」は特に複雑な展開のないバラードなのに7分以上もあり、たとえ発表しようにもそのままレコードに入れることは難しかったであろう長尺曲ですが、私にはその長さが却って嬉しいです。まだプリンスが高校生であった最初期に録音された曲ながら、とてもプリンスらしいバラードだと思います。


I used 2 spend my time
Painting watercolor portraits of a long sunrise
But when U came around
I would behold the beautiful sun forever in your eyes
Ooh
かつての僕は長い日の出の情景で
いくつもの水彩画を描き時を過ごした
けれども君が現れてから僕は
君の瞳に永遠の美しい太陽を見るようになったよ

I used 2 spend my time wondering why the war was here
And would change the day into the night
But now that U are mine, days and us remain the same
And from your eyes remains the only light
かつての僕はなぜ戦争が起きているのか
そして昼を夜に変えてしまうのか考え時を過ごした
だけど今君は僕のもの、昼と僕らは同じまま
そして君の瞳から唯一の光が灯るよ

In love with U I fell forever under your spell
La la la la la la la
君に恋に落ちて、僕は永遠に君の魔法にかけられた
ラ ラ ラ ラ ラ ラ ラ

All my days belongs 2 U cuz I would do everything 4 U
僕の日々は全て君のもの、僕は君のために何だってするのさ

Terrified by your lovin' power
Every minute, every happy hour
I spend my time loving U
君の愛の力に畏れを抱くよ
毎分、幸せな毎時間を
僕は君を愛しながら時を過ごすよ

Cuz of U, gone are my childhood fears
If not 4 U the dark would bring my tears
U and I 4 the rest we are... yeah
Makin' love 4 the rest of our summertime
4 the rest of our summertime, ooh yeah
Ooh yeah... oh yeah...
君のお陰で子供の頃の恐怖は何処かへ消えたよ
君がいなければ闇で僕は涙に濡れていた
君と僕は残りをずっと・・・そう
残りの僕らの夏をずっと睦み合いながら過ごす
残りの僕らの夏をずっと・・・そう

Terrified by your lovin' power
Every second, every minute, every hour
I spend my time loving U, oh
I spend my time loving U
I spend my time loving U, loving U
I spend my time loving U
I spend my time loving U
君の愛の力に畏れを抱くよ
毎秒、毎分、毎時間を
僕は君を愛しながら時を過ごすよ
僕は君を愛しながら時を過ごすよ
僕は君を愛しながら時を過ごすよ
僕は君を愛しながら時を過ごすよ
僕は君を愛しながら時を過ごすよ

Ooh
The color beautiful
So beautiful
I need U
Oh, ooh
その美しい色
とても美しい
僕には君が必要なのさ
ああ、ああ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Leaving For New York」は、プリンス単独の録音としては最初期にあたる1976年初旬から中旬頃の時期に作られた未発表曲で、ジャズ風なピアノに乗せて、ニューヨークでの成功への希望を歌った素敵な一曲です。プリンスは最初この曲をホームレコーディングで作成しますが、1976年の夏にはクリス・ムーン (Chris Moon) の Moon Sound でもう一度ベーシック録音を行っています。クリス・ムーンはミネアポリスのプロデューサーで、当時プリンスにスタジオを使用させてあげていた人物です。

プリンスは高校卒業となる1976年の秋、異母姉のシャロン・ネルソン (Sharon Nelson) の住むニューヨークへ赴き、レコード会社への訪問を試みます。しかしプリンス単独の力ではどうすることもできず、クリス・ムーンに電話し、レコード会社とのミーティングをセットアップしてくれるよう頼みます。それでもなかなか上手く行かず、苦慮したクリスは自分はスティーヴィー・ワンダーの代理人だと偽って漸く電話対応まで漕ぎ着けます。そして「いや、実は私はスティーヴィー・ワンダーの代理人ではないけれど、私が紹介するプリンスという若者は、ニュー・スティーヴィー・ワンダーで、18歳にしてあらゆる楽器に精通し、しかも目が見えるんだ」と説明を切り替えて約束を取りつけたのだそうです。プリンスにとってこれが最初のレコード会社との契約のための試みとなりましたが、このタイミングでは良い結果は得られませんでした。オーウェン・ハスニー (Owen Husney) をマネージャーとして、プリンスがワーナー・ブラザーズとの大型契約を得たのは翌1977年のことです。

※ 上記のエピソードは prince.org のスレッド (コレコレ) を参照しました。

「Leaving For New York」の歌詞に目を通すと、当時そんな状況にあったプリンスが、成功への希望を胸に、仮想の恋人 (?) をミネアポリスに置いてニューヨークへ旅立つという内容になっています。また、こんな初期の歌詞で「紫」という言葉が出てくるのが興味深いです。

それにしても、若干17〜18歳の高校生にしてこれほど魅力的な曲がポンと作れるというのはどんな気分なのでしょう。この曲は未だリリースされていませんが、発表の時期を逸した曲はどんなに優れていてもお蔵入りにしてしまうというプリンスの特徴は、何とキャリアを踏み出す前からのものだったようです。こんなに劣化した音質でも素敵なこの曲、いつかより良い音質でオフィシャルで聴くことができる日が来るといいなと思います。

この曲では、面白いことにプリンスは最後にスキャットで歌う展開を聴かせます。私の中では「スキャット = 由紀さおり」というイメージなのですが、プリンスがこんな正統なスキャットを披露している曲って他にあるでしょうか? ちょっと珍しいです。

由紀さおり - 夜明けのスキャット

由紀さおりと安田祥子 - トルコ行進曲


Sitting there on the purple lawn
U've been there since dawn
Wonderin' why I've gone
And 4 just 2 long
夜明けからずっと
君は紫に染まる芝生に座ったまま
なぜ僕が去ってしまったのか考えている
それもあまりに長い別れ

U're sorry U gave into me
Giving up your virginity
U're so afraid that U will be
So alone away from me
僕に折れて純潔を捧げたことを
君は後悔している
僕が君の元を離れれば
独り寂しい身になってしまうと
君は畏れている

Though I said I'd never leave U
This is something that I must do
But I never will forget U
Unless U forget 2 come into my dream
Ooh
決して君の元を離れないと言ったけれど
僕にはやらなければならないことがある
だけど僕は決して君を忘れないよ
ただし君が僕の夢の中に会いに来るのを忘れない限りはね

Leaving 4 New York in the morning
But I'm leaving behind a love extraordinaire
But I'm taking with me memories of when we made love
And all the other lovin' feelin' that we share
朝になれば僕はニューヨークへ発つ
とびきりの恋人を残したまま
だけど僕らが愛し合った思い出は一緒に持って行くよ
残りの互いに愛し合う気持ち全てと共に

U'll overcome that misery
Passed up by life's complexity
Picturing your love around me
Only adds 2 your agony
その惨めな気持ちも君は乗り越えるよ
人生の雑然の中に消えるのさ
僕の周りに君の愛を描くのは
ただ君の苦悩に追い打ちをかけるだけ

U're undisturbed by the rain
Your pain must be 2 strong
And even though U wait in vain
U wait 4 me no matter how... how long
君は雨の中でも平然としている
君の痛みが強すぎるためさ
たとえ報われないと分かっていても
君はずっと、ずっと僕を待ち続ける

Though I said I'd never leave U
This is something that I must do
But I never will forget U
Unless U forget 2 come into my dream
Ooh
決して君の元を離れないと言ったけれど
僕にはやらなければならないことがある
だけど僕は決して君を忘れないよ
ただし君が僕の夢の中に会いに来るのを忘れない限りはね

I'm leaving 4 New York in the morning
But I'm leaving behind a love extraordinaire
But I'm taking with me memories of when we made love
And all the other lovin' feelin' we share
朝になれば僕はニューヨークへ発つ
とびきりの恋人を残したまま
だけど僕らが愛し合った思い出は一緒に持って行くよ
残りの互いに愛し合う気持ち全てと共に

I'm leaving 4 New York in the morning
But I'm leaving behind a love extraordinaire
But I'm taking with me memories of when we made love
And all the other lovin' feelin' that we share
Oh
朝になれば僕はニューヨークへ発つ
とびきりの恋人を残したまま
だけど僕らが愛し合った思い出は一緒に持って行くよ
残りの互いに愛し合う気持ち全てと共に

{scatting}
{スキャット}

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ