OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

久々にトレーニングのことを書きます。色々思うことはあるのですが、パッと書けるところで、ひとつサイトを紹介します。AthleteBody.jp にもいくつか記事が掲載されている、Greg Nuckols のサイトです。

AthleteBody のサイトには質の高い情報がたくさんありますが、その性質上、より一般のトレーニーに響く内容でないと記事を掲載しづらいというジレンマがあります。そのためそこでは技術的に深い内容の記事は紹介されていないのですが、スクワット、デッドリフト、ベンチといった種目の技術的な洞察に関しては、この人のサイトで得られる情報の質は、控えめに言って世界一です。

このように Stronger By Science は、精一杯控えめに紹介したつもりでも、それでも少し文字が大きくなってしまうほどのサイトです。とにかくトレーニングというものは、これって本当にそうなのか?と疑問に感じる主張がなされることがままあります。たとえ、それが畏れ多いほど高名な人や高い実績を持つ人による主張であっても、です。私にとってこのサイトは、そんな疑問にぶち当たったときに真っ先に訪れる場所のひとつです。

このサイトがどんなものであるか知りたい方は、とりあえず Technique のカテゴリに含まれる記事タイトルや、How-to 記事に目を通すのが良いと思います。実際にページを開くと、Definitive Guide (決定版ガイド) というのが伊達ではないことが分かると思います。

凄まじく洞察に富んだサイトではあるものの、ここで分かってもらえるようにそれを紹介するのは難しいし、一端を紹介するにしてもどれを選んだらよいのか悩ましいところです。なので大観的なところで、自分が何となく思っていたことを補強してくれたと感じた点について、少しコメントします。ただし、以下は私の偏狭的な見解が混じっているので、必ずしもサイトに書かれていることそのままではありません。正確なところは実際にサイトで確認してもらえればと思います。

  • スクワットで下半身を鍛えるという目的においては、パワーリフティング、ウエイトリフティング、ボディビルディングのどのスクワットをしても本質的な違いはなく、どれを採用しても良いこと。言い換えれば、これらのフォームの違いは一般に信じられているよりもずっと小さなものであり、単に下半身を鍛える目的であれば「このフォームですべき」というものはないこと。また、スクワットでハムストリングスを鍛えるという発想が誤りであること。スクワットに関しては…ここでは書ききれません。
  • ベンチプレスにおいて、凄いテクニックを駆使することで重量を飛躍的に伸ばす、というのは幻想にすぎず、ベンチプレスの挙上重量に決定的な影響を与えるのは、結局は筋量であるということ。
  • デッドリフトは人によって適正なフォームが変わること。また、背中が丸まるのは必ずしも悪ではないこと。また、背中の適正なラインは一般に誤解されがちであること。そもそも背中の適正なラインは範囲に幅があり、理想の一点に固定されるべきではないこと。

最近、スーパームーンとやらで月が大きかったような気がします。本当はトレーニングのことを書こうとしたのですが、どうやって書こうか決めかねているうちに、またプリンスの記事です。

「Moonbeam Levels」は元々は遡ること1982年7月6日に書かれた曲で、時期としては同年10月末にリリースされたアルバム「1999」のレコーディングセッション中に書かれた曲です。ちなみに princevault.com によると、翌日の7月7日は「Lady Cab Driver」のベーシックトラッキングがされた日だとのことです。この曲は長年ブートレグでは有名な曲で、正式なタイトルが判明するまではブート業者が付けた「A Better Place 2 Die」というタイトルで知られていました。生前は未発表のままであり、昨年2016年11月のコンピレーションアルバム「4Ever」に収録され、2016年以降にオフィシャルリリースされた最初の未発表曲となりました。

この曲は、ただの音楽として聴き流すと、ちょっと良い (そしてちょっと風変わりな) 曲くらいにしか聴こえないかもしれません。しかし、中身をきちんと聴いて、これほどの曲を作れるような人は他に誰かいるのか?と考えてみると、プリンス以外の人には決して作ることのできない曲であることを痛切に感じます。メロディ、アレンジ、ボーカル、そして歌詞。はっきり言って、異常な曲です。しかもこんなものを未発表にしてしまうのです。プリンスを基準にすると色々と感覚がおかしくなります。


タイトルの "moonbeam levels" というのは詩的で独特な表現なので、これだけでは何を意味しているのか少々イメージが掴みづらいかもしれません。しかし歌詞全体を見渡すと、何となく情景が見えてきます。

最初、曲の主人公は小説を書こうと思い立ちますが、話の筋が決まらないままに、やがて草の上に寝そべり、大地を感じようとします。そうこうしているうちに、1982年当時の社会情勢を背景に、冷戦の末に核戦争が起こり、恋人を失った若者の姿が映し出されます。

その若者は夜空を見上げ、月の差す光が自分をどこか幸せな場所に運んでくれることを望みます。それは現実とは別に存在する新しい世界なのかもしれません。それとも土星の輪が見下ろせるような宇宙の遥か彼方なのかもしれません。結局のところ、彼は自分自身でも一体何を望んでいるのか分からないのかもしれません。そして彼は、それが本当の望みではないことを悟りながらも、自分を天国へと、より良い死に場所へと連れていってくれることを月の光に願います。

この曲はブリッジの展開や歌詞もまた印象的です。

生まれたばかりの赤子は破滅も知らず
愛も憎しみも知らない
その中で起こることは謎であるまま
なぜなら人は彼の運命など気にも留めないのだから

やや謎めいた歌詞なので勝手な解釈が入っているかもしれませんが、月を見るたびに、ふとこの曲が思い出されます。


[Verse 1]
Yesterday I tried to write a novel but I didn't know where to begin
So I laid down in the grass tryin' to feel the world turn
Boy loses girl in a rain storm, nuclear World War III
All that's left is pain and sorrow, as far as he's concerned
昨日僕は小説を書こうとしたけれども、どこから書き始めたらいいのか分からなかった
だから僕は草の上に寝そべり、大地が回転するのを感じようとした
少年は豪雨と第三次世界大戦の核の中で少女を失う
彼に関する限り、その後に残されたのは痛みと悲しみだけ

[Chorus]
He says please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
I'm lookin' for a better place to die
彼は言う - どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
より良い死に場所へと私を導いてほしい

[Verse 2]
Maybe he's lookin' for a different world
Maybe he's lookin' for a brand new high
Maybe he would like a nice condo overlookin' the rings of Saturn
Maybe he wants affection instead of a plastic life
Maybe he doesn't know what he wants at all
たぶん彼は違う世界を探しているのかもしれない
たぶん彼は経験したことのないハイを求めているのかもしれない
たぶん彼は土星の輪を見下ろせる素敵なマンションが欲しいのかもしれない
たぶん彼は作り物の人生ではなく愛情が欲しいのかもしれない
たぶん彼は一体自分が何が欲しいのかも分かっていないのかもしれない

[Chorus]
He says please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
I'm lookin' for a better place to die
彼は言う - どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
より良い死に場所へと私を導いてほしい

[Bridge]
A newborn child knows nothing of destruction
Nothing of love and hate
What happens in between is a mystery
Because we don't give a damn about his fate
生まれたばかりの赤子は破滅も知らず
愛も憎しみも知らない
その中で起こることは謎であるまま
なぜなら人は彼の運命など気にも留めないのだから

[Verse 3]
He said he'll never keep diaries to learn from his mistakes
Instead he'll just repeat all the good things that he's done
Fight for perfect love until it's perfect love he makes
When he's happy then his battle will be won
(It's never too late)
彼は日記をつけて過去の過ちから学ぶことはしないと言った
その代わり自分が今までにした善い行いを繰り返すのだと
そして完璧な愛と呼べるものを成し遂げるまでそれを求めて戦うのだと
彼が幸せならばその戦いは勝利となるだろう

[Chorus]
He says please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
I'm lookin' for a better place to die
彼は言う - どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
より良い死に場所へと私を導いてほしい

He says please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
Please send all your moonbeam levels to me
I'm lookin' for a better place to die
彼は言う - どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
どうか全ての月の光を私に送ってください
より良い死に場所へと私を導いてほしい

[Outro]
He don't, he don't, he don't really wanna die
He don't wanna, he don't wanna, he don't wanna die
He don't wanna, he don't wanna, he don't wanna die
He don't really wanna die
彼は本当は死を望んでなどいないのに
彼は本当は死を望んでなどいないのに
彼は本当は死を望んでなどいないのに

「Last December」は、2001年のアルバム「Rainbow Children」の最終曲です。

私は、「Goodbye」を初めて聴いたときのように、最初からこの曲に特別に惹き付けられました。当時アルバムを買って、まずは普通に1曲目から順番に聴いていったのですが、この最終曲が始まったときの感覚は今も覚えています。アルバム全体を知っている方ならば何となく分かってくれるかもしれませんが、この曲が始まり、それからドラムがちゃんと入ってくるまでの最初の1分間ほど、時間が止まり、その中で音楽だけが流れていくような不思議な感覚に包まれました。その後、この曲は2分55秒頃からヘビーなジャム展開に突入します。思い起こせば、アルバムを買った当時はこの展開が何とも奇妙に感じ、この部分は耳に馴染むまでに少し時間がかかりました。でも、こういうことを言うのも何ですが、プリンスは天に召されるときが来たら、神様の前でこんなふうにジャムセッションをするつもりだったのだろうか、と何となく思います。

また、この曲には、スタジオバージョン以外でも印象深い思い出があります。それは私が唯一プリンスを体験したツアーである One Nite Alone ツアーの、Zepp 仙台ライブハウスでのコンサートです。コンサートが終わり客電が付いた後、そのままフロアで待っていると、プリンスはひょっこり一人現れて、アコースティックギターでこの曲を少し歌ってくれたのです。プリンスが姿を見せた瞬間、前の方に詰め寄るすき間があったので、私はすかさず前に駆け込みました。より間近で見るプリンスは、大きいとも小さいとも感じませんでした。ただただ不思議な造形をした、不思議な人でした。

この曲は、ただ曲を聴くだけで十分に満ち足りる思いがします。あまり余計なことを書く気にはならないので、この辺で終わりにします。


If your last December came
What would U do?
Would anybody remember
2 remember U?
もし君に最後の12月がやってきたら
そうしたら君はどうする?
誰かは君のことを忘れないで
思い偲んでくれる?

Did U stand tall?
Or did U fall?
Did U give your all?
君は毅然と立っていた?
それともつまずいてしまった?
全てを捧げられた?

Did U ever find a reason
Why U had 2 die?
Or did U just plan on leaving
Without wondering why?
君はなぜ死ななければならないのか
その理由は見つけられた?
それとも疑問を抱くことなく
この世を去るつもりだった?

Was it everything it seemed?
Or did it feel like a dream?
Did U feel redeemed?
全てが見えたままの通りだった?
それとも夢のように感じた?
あがなわれたと感じた?

Chorus:
Ahh ahh ahh, in the name of the Father
In the name of the Son
Ahh ahh ahh, we need 2 come 2gether
Come 2gether as one
ああ、父の名のもとに
子の名のもとに
ああ、我らは集おう
集いひとつになろう

Did U love somebody
But got no love in return?
Or did U understand the real meaning of love?
That it just is and never yearns?
君は誰かを愛したのに
愛を報いてもらえなかった?
それとも愛の真の意味を理解した?
愛はあるがままに、決して渇望しないのだと

When the truth arrives
Will U be lost on the other side?
Will U still be alive?
真実が訪れる時
君は向こう側で途方に暮れてしまう?
それとも君はまだ生を得ている?

Chorus:
Ahh ahh ahh, in the name of the Father
In the name of the Son
Ahh ahh ahh, we need 2 come 2gether
Come 2gether as one
ああ、父の名のもとに
子の名のもとに
ああ、我らは集おう
集いひとつになろう

In your life did U just give a little
Or did U give all that U had?
Were U just somewhere in the middle?
Not 2 good, not 2 bad?
君は人生においてほんの僅かしか捧げなかった?
それとも自分の持てるものを全て捧げた?
あるいはその間のどこかだった?
過剰でもなく、過少でもなく?

Chorus:
Ahh ahh ahh, in the name of the Father
In the name of the Son
Ahh ahh ahh, we need 2 come 2gether
Come 2gether as one
ああ、父の名のもとに
子の名のもとに
ああ、我らは集おう
集いひとつになろう

↑このページのトップヘ