OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「Sometimes It Snows In April」は1986年のアルバム「Parade」の最終曲です。この曲は遡ること1985年の4月21日の夜、ウェンディとリサと共に作られました。

アルバム「Parade」は、私は曲というよりもアルバム全体として好きなのですが、もしその中から1曲選ぶとしたら、私が選ぶのはこの曲になると思います。「Parade」というアルバムは、この曲で終わるために特別に美しいと感じます。異常なドラム音と華やいだ曲調で最初から心を持ってかれる「Christopher Tracy's Parade」から始まって、アルバムの全てがこの曲に向かって進んでいきます。ちなみに歌詞に出てくる (クリストファー・) トレイシーとは、このアルバムをサウンドトラックにした映画「Under The Cherry Moon」でプリンスが演じた役の名前です。

この曲を聴いて思うのは、世の中に歌は沢山あるけれど、プリンスのような歌詞を書く人は他に誰もいないし、プリンスのようなボーカル表現力を持つ人も他に誰もいないということです。この曲は普通ならフラットな雰囲気系の曲になりそうなところですが、プリンスのオリジナルバージョンはそうはなりません。途中激しい起伏があり、歌の内容と共にプリンスのボーカルは揺れ動きます。

もうすぐ2年が経ちますが、プリンスが残した作品を祝福するよりも、未だ悲しみの方が大きいです。感謝の気持ちよりも、未だ悲しみの方が大きいです。まあ仕方のないことなのだろうな、と思います。


Tracy died soon after a long fought civil war
Just after I'd wiped away his last tear
I guess he's better off than he was before,
A whole lot better off than the fools he left here
トレイシーは長い内戦を戦った末に死んだ
僕が彼の最後の涙を拭ったすぐ後に
今の彼は前よりも幸せにやっていることだろう
ここに残った愚か者等と比べたらずっとそうだろう

I used 2 cry 4 Tracy because he was my only friend
Those kind of cars don't pass U every day
I used 2 cry 4 Tracy because I wanted 2 see him again
But sometimes, sometimes life ain't always the way...
僕はトレイシーを想ってよく泣いた
彼はたった一人の友達だった
ああいう類の車は滅多に目にするものではないさ
僕はトレイシーを想ってよく泣いた
もう一度彼に会いたくて
だけど時に、時として人生はそうはいかないものだ

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad, so bad
Sometimes I wish life was never ending
And all good things, they say, never last
時には4月に雪が降ることもある
時には酷い気分になることもある
時には人生が永遠に終わらないものだったらと思う
だけど良いことはずっとは続かないものだと人は言う

Springtime was always my favorite time of year
A time 4 lovers holding hands in the rain
Now springtime only reminds me of Tracy's tears
Always cry 4 love, never cry 4 pain
春はいつだって僕のお気に入りの季節だった
雨の中で恋人達が手をつなぐ季節
今は春になってもトレイシーの涙を思い出すだけ
決して苦しみには涙せず、いつも愛に涙していた

He used 2 say so strong unafraid 2 die
Unafraid of the death that left me hypnotized
No, staring at his picture I realized
No one could cry the way my Tracy cried
彼は死ぬことなど恐れないと強く言った
死など恐れない - その強い声に僕の心は魅せられたまま
いや、彼の写真を見つめ我に返る
トレイシーのような涙を見せる奴は誰もいないのだと気付く

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad
Sometimes, sometimes I wish that life was never ending
And all good things, they say, never last
時には4月に雪が降ることもある
時には酷い気分になることもある
時には人生が永遠に終わらないものだったらと思う
だけど良いことはずっとは続かないものだと人は言う

I often dream of heaven and I know that Tracy's there
I know that he has found another friend
Maybe he's found the answer 2 all the April snow
Maybe one day I'll see my Tracy again
よく天国の夢を見る
トレイシーがそこにいるのは分かってる
彼は別の友達を見つけたのだと分かってる
彼は4月の雪への答えも見つけたのかもしれない
僕もいつかまたあのトレイシーに会えるのかもしれない

Sometimes it snows in April
Sometimes I feel so bad, so bad
Sometimes I wish that life was never ending
But all good things, they say, never last
時には4月に雪が降ることもある
時には酷い気分になることもある
時には人生が永遠に終わらないものだったらと思う
だけど良いことはずっとは続かないものだと人は言う

All good things that say, never last
And love, it isn't love until it's past
良いことはずっとは続かないものだと人は言う
そして愛は、過ぎ去るまでは、愛ではないと

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Kiss」は1986年のアルバム「Parade」からの全米1位ヒット曲です。プリンスの有名曲のひとつであり、また、凄い曲です。ただ、これほどどこがどう凄いかを説明するのが難しい曲も珍しいかもしれません。とにかく実際に聴いてみるしかない、という曲です。

この曲は元々はマザラティというグループのために書かれました。プリンスは最初アコースティックギターの簡単なデモを作りますが、マザラティはこれをファンキーなアレンジに作り変えます。それを聴いて気に入ったプリンスは、即座にこの曲を取り返してしまいます。曲はさらにラジカルなアレンジがなされ、ボーカルはファルセットになり、最初のデモからはすっかり変貌を遂げることになります。そうして出来上がったのがプリンスのリリースバージョンです。

ちなみに私は、期待に胸を膨らませながら初めて「Kiss」を聴いたとき、これは全米1位ヒットシングルだという以外に予備知識を持っていなかったので、その感想は「・・・何だコレ?」でした。第一印象としては、後に「Bob George」を聴いたときと同レベルの「何だコレ」具合でした。上のデヴィッド・Zのインタビュー記事でも、シングルリリースの決定に際してワーナーからは散々な言われようだったことが書かれています。しかし結果は周知の通り、もしこの曲がなかったらどうなっていたんだろう?というほどのヒットになりました。

「Kiss」はとても奇抜な曲に聴こえますが、コード進行自体に奇抜なところはなく、ブルース進行の曲です。トム・ジョーンズなど他人のカバーを聴くと、一転して普通の曲に聴こえるのが面白いです。日本語 Wikipedia にブルース進行楽曲の例が色々と載っていますが、その中でもプリンスの「Kiss」は突出して奇抜な曲なのではないかと思います。また、この曲は「When Doves Cry」と同様、ベースなしの大胆な楽曲アレンジがよく話題になります。しかしこの曲はそれだけではありません。アレンジもさることながら、個人的にはこの曲を傑作たらしめているのはプリンスのファルセットボーカルではないかと思います。

ところでこの曲の歌詞は、綺麗でなくたって構わないという内容だけあって、ミュージックビデオでプリンスと絡むのは黒いベールを被って顔を隠した女性です。顔が見えないので気になりますが、この人は実際はとても綺麗な女性で、Monique Mannen という方です。この方は「Kiss」のビデオだけでなく、映画「Graffiti Bridge」にも出ているみたいです。プリンスの好きな曲は?という咄嗟の質問に「Gett Off」と答えているインタビューがあって (笑)、素敵な人だなと思いました。

また、この曲はライブでは決してスタジオバージョンの質感は再現されない曲でもあります。いや、実際に再現されても困るのですが。下の方にリンクしたのは2003年の Ellen Show でのパフォーマンスです。歌詞のダイナスティの部分は時代によって変わり、ここでは Sex and the City と歌っています。

そういえば、「Purple Rain Era Studio Sessions」の著者 Duane Tudahl が Peach And Black ポッドキャストのインタビューで次のように言っていました。

I feel bad for the people who haven't gone to see Prince, because they missed out on really probably the best performer in my life time, easily.
プリンスを実際に見に行ったことがないというのは残念なことだと思う。なぜならその人達は、おそらく私が生きている時代における最高のパフォーマーを見逃したことになるのだから。それもダントツで最高のパフォーマーを。

ただ同時に、これは映像で見るのではなく、実際にその場で体験しないと理解しづらいことだとも Duane は断っています。そして若い世代はプリンスは偉大だと言われてもピンと来なくなっていて、自分達の世代のアーティストと比較して、「○○はプリンスと同じくらい偉大だ」みたいなことを言う、と。

No! No, no. You don't get it. No. That's not how it works!
いやいやいや。君は分かってない。そういうことじゃないんだ。

だからプリンスは様々な面で特別で偉大な存在であったことを、次の世代の人達にも理解してもらいたいという思いがあると Duane は語っていて、それがとても印象に残りました。


Uh!

U don't have 2 be beautiful 2 turn me on
I just need your body, baby, from dusk till dawn
U don't need experience 2 turn me out
U just leave it all up 2 me, I'm gonna show U what it's all about
特別美人じゃなくたっていいのさ、僕をソノ気にさせるには
必要なのは君のカラダ、夕暮れ時から夜が明けるまで
経験だって要らないさ、僕をアノ気にさせるには
全部僕に任せてちょうだい、何から何まで教えてあげる

Chorus:
U don't have 2 be rich 2 be my girl
U don't have 2 be cool 2 rule my world
Ain't no particular sign I'm more compatible with
I just want your extra time and your... kiss
お金持ちじゃなくても大丈夫、僕の恋人になるにはね
格好つけなくても大丈夫、僕の世界を支配するにはね
どんな星座でも関係ナシ、僕はこの上なく相性バツグン
僕が欲しいのは君のオマケの時間と君の・・・キス

U got 2 not talk dirty, baby, if U wanna impress me
U can't be 2 flirty, mama, I know how 2 undress me (Yeah)
I want 2 be your fantasy, maybe U could be mine
U just leave it all up 2 me, we could have a good time
はしたない口は控えなきゃ、僕の気を惹くにはね
軽々しいのもいけないよ、僕は自分で服を脱げるから
君の妄想を叶えてあげたい、君も僕のを叶えてくれるのかな
全部僕に任せてちょうだい、素敵な時間を楽しめるよ

Chorus:
U don't have 2 be rich 2 be my girl
U don't have 2 be cool 2 rule my world
Ain't no particular sign I'm more compatible with
I just want your extra time and your... kiss
お金持ちじゃなくても大丈夫、僕の恋人になるにはね
格好つけなくても大丈夫、僕の世界を支配するにはね
どんな星座でも関係ナシ、僕はこの上なく相性バツグン
僕が欲しいのは君のオマケの時間と君の・・・キス

Yes, oh
I think I wanna dance, uh
Gotta, gotta, oh
Little Girl Wendy's Parade
Gotta, gotta, gotta

Women, not girls, rule my world, I said they rule my world
Act your age, mama, not your shoe size, maybe we could do the twirl
U don't have 2 watch Dynasty 2 have an attitude, uh
U just leave it all up 2 me, my love will be your food (Yeah)
女の子じゃなくってオトナの女性がイイんだ、オトナの女性がね
歳相応に振る舞わなきゃ、靴のサイズに合わせるんじゃなしにね、クルクルしよう
ダイナスティを観なくてもいいのさ、態度を身に付けるためにね
全部僕に任せてちょうだい、君の食べ物は僕の愛さ

Chorus:
U don't have 2 be rich 2 be my girl
U don't have 2 be cool 2 rule my world
Ain't no particular sign I'm compatible with!
I just want your extra time and your... kiss
お金持ちじゃなくても大丈夫、僕の恋人になるにはね
格好つけなくても大丈夫、僕の世界を支配するにはね
どんな星座でも関係ナシ、僕はこの上なく相性バツグン
僕が欲しいのは君のオマケの時間と君の・・・キス

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Under The Cherry Moon」は1986年のアルバム「Parade」の4曲目に収録されている曲です。アルバムのタイトルトラックではありませんが、映画のタイトルと同名の曲になります。アルバムはサブタイトルまで含めると「Parade - Music from the motion picture Under The Cherry Moon」となります。

アルバム「Parade」の最初の4曲は途切れなくメドレーのように展開しますが、プリンスはこの4曲のドラムトラックをワンテイクで録音したのだそうです (「Wendy's Parade」<「Christopher Tracy's Parade」の元曲>、「New Position」、「I Wonder U」、「Under The Cherry Moon」)。プリンスのドラムプレイには、何となく独特の質感と間があるような気がします。時代は全然違いますが、下の動画など、ほんの15秒ですがついつい魅入ってしまいます。


プリンスの月の曲というと、この「Under The Cherry Moon」や「Moonbeam Levels」などがありますが、前回の「Do Me, Baby」から引っ張って、再び Modern Family の脇役ディランが歌う「In The Moonlight (Do Me)」です。こちらはちゃんとしたミュージックビデオのバージョンです。2分25秒頃のステーキの切り方が凄いです。食事をする二人の飲み物がミルクなのも素敵です。

この曲についてのインタビュー動画も面白いです。

母さんが僕をディランと名付けたのは偶然ではないと思う。ボブ・ディランにちなんでね。僕はかつてボブ・ディランの生まれ変わりのようだと言われたこともあるんだ。

僕はヘイリーを見ると月を思い浮かべるんだ。彼女は月のように明るくて、けれどもダークで。そして何ていうか、顔が月のように丸いんだ。

ヘイリーは潮の満ち引きに影響を及ぼすんだ。僕の中の潮に対してね。僕は75パーセントが水で出来ているからね。彼女が僕に近付くと僕の中の潮が満ちてきて、彼女が僕から離れると僕の中の潮が引いていくんだ。


How can I stand 2 stay where I am?
Poor butterfly who don't understand
Why can't I fly away in a special sky?
If I don't find my destiny soon
I'll die in your arms under the cherry moon
どうしてこの場に留まっていられよう
道を失なった哀れな蝶
なぜ特別な空の中を飛び去ることができないのだろう
このまま運命を探し出せないのなら
チェリー・ムーンの下、君の腕の中で僕は死のう

I want 2 live life 2 the ultimate high
Maybe I'll die young like heroes die
Maybe I'll kiss U some wild special way
If nobody kills me or thrills me soon
I'll die in your arms under the cherry moon
僕は人生で究極の高みに辿り着きたい
僕は英雄達の死のように若くして死ぬのかもしれない
特別にワイルドなやり方で君にキスをするかもしれない
誰も僕を殺さず、スリルもないのなら
チェリー・ムーンの下、君の腕の中で僕は死のう

That's alright
それでいい

Lovers like us dear are born 2 die
If they don't find us, what will we do?
I guess we'll make love under the cherry moon
I'll die in your arms under the cherry moon
僕らのような恋人達は死ぬさだめに生まれてきた
奴等に見つからなければ何をしようか
チェリー・ムーンの下、愛し合おうか
チェリー・ムーンの下、君の腕の中で僕は死のう

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ