OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「In Love」はプリンスの1978年のデビューアルバム「For You」のアルバムタイトルトラックに続く2曲目の曲です。

もうすぐプリンスの回顧録「The Beautiful Ones」の翻訳版が発売になります。この本を読みながら何か音楽をかけるとしたら、最もぴったりくるのはアルバム「For You」ではないでしょうか。本の中で説明がありますが、表紙の写真は「For You」制作時期となる1977年頃の「自撮り」写真の中の一枚ですし、原著のオーディオブックでは、Introduction の後の PART I. The Beautiful Ones に入るところで曲の「For You」のスニペットが挿入されています。そして本の終わりにも「For You」(と「The Beautiful Ones」) のスニペットが挿入されています。

それにしても、「For You」はプリンスのディスコグラフィーの中でもとても特異なアルバムです。最初から最後まで通して聴いてもほんの些細なほつれすら見つかりません。デズ・ディッカーソンに「もしミスしてしまってもそこに爆発音を被せて隠してまえ」と言ったのは後の話で、大幅な予算超過で録音された「For You」は、他のアルバムと比べて質感があまりにも丁寧すぎて、聴いてると感心を通り越して段々可笑しくなってきて笑ってしまうほどです。

「In Love」の歌詞には次の印象的なラインがあります。

What more do I have 2 say?
I really want 2 play in your river
これ以上何て言ったらいいの?
君のせせらぎで遊びたくてたまらないよ

曲のタイトル、そしてこの歌詞は後の「When 2 R In Love」との繋がりを感じさせます。こちらでは川どころか海になってしまいます。

Bathe with me
Let me touch your body till your river's an ocean
おフロに入ろう
君の川が海に変わるまで君に触れさせて



Ever since I met U, baby
I've been wanting 2 lay U down
But it's so hard 2 get U, baby
When U never come around
Every day that U keep it away
It only makes me want it more
Ooh baby, just say the word
And I'll be at your door
君と会ってからずっとさ、ベイビー
君をベッドに連れてきたいと思ってるんだ
でも君を手に入れるのはとっても大変
君はやって来てくれないんだもの
君が遠ざけてしまう毎日が続いても
僕はただ一層欲しくなるだけ
ああベイビー、ただ言ってくれさえすれば
僕は君の家の前まで行ってあげるのに

What more do I have 2 say?
I really want 2 play in your river
これ以上何て言ったらいいの?
君のせせらぎで遊びたくてたまらないよ

Fallin', fallin', fallin' in love
I'm fallin', baby, deeper every day (in love)
Ooh baby, now, U're taking me away (in love)
I'm fallin' baby, girl, what can I do?
I just can't be without U
恋に落ちて、落ちて、落ちていくよ
日毎に深く、恋に落ちていくんだ
ああベイビー、君への恋に引っ張りこまれていく
恋に落ちていくよ、ねえ僕はどうしたらいい?
とにかく君なしではいられないんだ

Ever since I met U, baby
There's been somethin inside of me
That keeps me wanting U
Baby, won't U set me free?
Take off these chains, girl
And I'll take off yours
There's no one in the world, baby
That I wanna love more
君と会ってからずっとさ、ベイビー
僕の中に何かが芽生えたんだ
君を求めてやまない何かがね
ベイビー、僕を解放してくれないの?
ねえ、この鎖を外してよ
そしたら君の鎖も外してあげる
君よりも僕が愛したい人は
この世界には誰もいないんだ

What more do I have 2 say?
I really wanna play in your river
これ以上何て言ったらいいの?
君のせせらぎで遊びたくてたまらないよ

Fallin', fallin', fallin' in love
I'm fallin', baby, deeper every day (in love)
Ooh baby, now, U're taking me away (in love)
I'm fallin' baby, girl, what can I do?
I just can't be without U
恋に落ちて、落ちて、落ちていくよ
日毎に深く、恋に落ちていくんだ
ああベイビー、君への恋に引っ張りこまれていく
恋に落ちていくよ、ねえ僕はどうしたらいい?
とにかく君なしではいられないんだ

I'm fallin' in love
I'm fallin', baby, deeper every day (in love)
Ooh baby, now, U're taking me away (in love)
And I'm fallin' baby, girl, what can I do?
I just can't be without U
恋に落ちていくよ
日毎に深く、恋に落ちていくんだ
ああベイビー、君への恋に引っ張りこまれていく
恋に落ちていくよ、ねえ僕はどうしたらいい?
とにかく君なしではいられないんだ

I'm fallin', I'm fallin' (in love)
I'm drownin', baby, in my love 4 U (in love)
Oh baby, now U're taking me away
I just don't, I don't know what 2 say
落ちていく、恋に落ちていくよ
ベイビー、僕は君への愛で溺れてしまう
ああベイビー、君への恋に引っ張りこまれていく
もう何て言ったらいいか分からないよ

Ooh (in love), oh yeah (in love)
Oh baby, girl, U're takin' me away
Oh baby, baby, oh baby, baby
Ooh (in love, in love)
ああ、ああ
ああベイビー、引っ張りこまれていく
ああベイビーベイビー、おおベイビーベイビー
ああ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと、Steely Dan のドナルド・フェイゲン (Donald Fagen) のソロアルバム「Kamakiriad (カマキリアド)」(1993年) から、「Tomorrow's Girls」を取り上げます。とてもキャッチーな曲です。

歌詞の内容はSFチックで、トゥモローズ・ガールズは宇宙の遥か彼方に住む、外見では人間と見分けのつかない宇宙人です。人類にとっては脅威となる恐れがありながら、当のトゥモローズ・ガールズはパーティ気分でアメリカのジャージー海岸にバカンスにやってきただけ、というのが何とも考えさせられます。

They're speeding towards our sun
They're on a party run
Here come Tomorrow's Girls
Tomorrow's Girls
彼女達は太陽を目指し高速でやってくる
陽気な旅さ
彼女達はトゥモローズ・ガールズ
トゥモローズ・ガールズ

They're mixing with the population
A virus wearing pumps and pearls
Lord help the lonely guys
Hooked by those hungry eyes
Here come Tomorrow's Girls
彼女達は人口に溶け込んでいる
パンプスとパールを纏ったウイルスさ

また、歌詞には "go tree" というよく分からない名前の木が出てきます。Steely Dan には「Bodhisattva」や「Aja」のような仏教やアジアに関係する曲がありますが、菩提樹 (Bo tree) を想起させる言葉として出てきたのでしょうか。

この曲にビデオがあるのを初めて知りました。歌詞に沿った内容になっています。


Our town is just like any other
Good citizens at work and play
Normal folks doin' business in the normal way
This morning was like any other
Mommies kissing daddies goodbye
Then the milkman screamed
And pointed up at the sky
この街はどこにでもあるような街さ
善良な市民が仕事と遊びにいそしんで
普通の人々が普通に活動している
今朝もいつもと変わらない朝だった
ママがパパにいってらっしゃいのキスをする
すると牛乳配達屋が叫んで
空を指差したのさ

From Sheilus to the reefs of Kizmar
From Stargate and the Outer Worlds
They're speeding towards our sun
They're on a party run
Here come Tomorrow's Girls
Tomorrow's Girls
シーラスからキズマーの岩礁へ
スターゲートとアウターワールドから
彼女達は太陽を目指し高速でやってくる
陽気な旅さ
彼女達はトゥモローズ・ガールズ
トゥモローズ・ガールズ

You see them on the grass at lunch hour
Soaking up the vertical rays
In their summer dresses
A little smile can really make your day
Their kisses feel like real kisses
And when they cry they cry real tears
But what's left in your arms
When the static clears
彼女達はランチタイムに芝生に出て
強い陽射しを浴びている
サマードレスを着た彼女達が
軽く微笑むと君も一日ごきげんさ
彼女達がするキスは本物のキスさ
彼女達が流す涙は本物の涙さ
だがその余韻が消えた後に
君の腕には何が残るだろう

They're landing on the Jersey beaches
Their engines make the white sand swirl
The heat is so intense
Earth men have no defense
Against Tomorrow's Girls
Tomorrow's Girls
彼女達はジャージー海岸に降り立った
宇宙船が白い砂浜を巻き立たせる
その熱はあまりに強烈さ
地球人は為す術もない
トゥモローズ・ガールズにはね
トゥモローズ・ガールズ

In the cool of the evening
In the last light of the triple sun
I wait by the go tree
When the day's busy work is done
Soon the warm night breezes
Start to rolling in off the sea
(Warm night breezes rolling in off the sea)
Yes, at lantern time
That's when you come to me
(Come to me)
Come to me
夕暮れの涼み時
3重の太陽を最後の光を見せる中
俺は一日の仕事を終えて
ゴーツリーの脇で待つ
やがて暖かな夜の風が
海から流れてくる
そう、ランタンタイムだ
君がやってくる時間さ
君がやってくる

Ah
Our home is just like any other
We're grillin' burgers on the back lawn
Some time goes by
We fall asleep with the TV on
I dream about a laughing angel
Then the laugh becomes a furious whine
Look out, fellas
It's shredding time
この家はどこにでもあるような家さ
俺達は裏庭でバーガーをグリルしてる
しばしの時が過ぎて
テレビをつけたまま眠りに落ちる
俺は笑う天使の夢を見る
するとその笑いが激しい咽び泣きに変わる
気をつけなよ
ズタズタにされる時間さ

They're mixing with the population
A virus wearing pumps and pearls
Lord help the lonely guys
Hooked by those hungry eyes
Here come Tomorrow's Girls
彼女達は人口に溶け込んでいる
パンプスとパールを纏ったウイルスさ
主よ孤独な男達を助けたまえ
あの飢えた瞳に捉えられた奴等を
彼女達はトゥモローズ・ガールズ

From Sheilus to the reefs of Kizmar
From Stargate and the outer worlds
They're speeding towards our sun
They're on a party run
Here come Tomorrow's Girls
Tomorrow's Girls
Tomorrow's Girls
シーラスからキズマーの岩礁へ
スターゲートとアウターワールドから
彼女達は太陽を目指し高速でやってくる
陽気な旅さ
彼女達はトゥモローズ・ガールズ
トゥモローズ・ガールズ

You're not my Ruthie
You're not my Debbie
You're not my Sherry
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

You're not my Nancy
You're not my Barbie
You're not my Betty
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

Not my Julie
Not my Chloe
Not my Judy
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

You're not my Rona
You're not my Mona
Not my Sarah
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

You're not my Lucy
You're not my Linda
You're not my Lisa
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

You're not my Joni
Not my Judy
Not my Rosie
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

Not my Dottie
Not my Lottie
Not my Lina
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

Not my Cindy
Not my Mindy
Not my Sally
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

You're not my sister
You're not my mother
Significant other
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

Not my Ellie
Not my Emmy
Not my Susie
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

Not my Annie
Not my Lani
Not my Carrie
You're one of Tomorrow's Girls (Tomorrow's Girls)

You're not my Brenda
You're not my Wanda
You're not my Sonya

このエントリーをはてなブックマークに追加

2004年にデジタルダウンロードでリリースされたアルバム「The Slaughterhouse」から、「Northside」を取り上げます。「Northside」は2000年終わりから2001年初め頃に録音された曲で、ストレートなファンクで押してくるタイプの曲です。私は「The Slaughterhouse」はリアルタイムでは聴いておらず、割と最近になってようやくまともに聴き始めたのですが、このアルバムの収録曲はどれも興味深い曲ばかりです。特に「Northside」に関しては、昨年10月の回顧録「The Beautiful Ones」、そして同じく11月の「1999 Deluxe」のリリース後に聴いたことでより深く心に響くことになりました。

「Northside」は、曲としては The New Power Generation の位置付けになっていて、アルバム自体もふんだんに NPG 的な雰囲気を漂わせていますが、それにしてもプリンスのアルバムにこういうド直球ファンクが入るというのはちょっと珍しい感じがします。そういえば昨年の「1999 Deluxe」では、リリースに先立って YouTube で公開された「Don't Let Him Fool Ya」も、アルバム「1999」には入れようがないストレートなファンクで虚をつかれる思いがしました。そして「1999 Deluxe」リイシューの Prince: The Story of 1999 Podcast で、リサ・コールマンが、プリンスや自分達はファンクバンドではなかったので、当時ストレートなファンクを演奏することは許されなかったというようなことを語っていたのを思い出します。

そういったことで、こういう曲がプリンスのアルバムに入っているのは少し意外な感じがするのですが、そのストレートな音楽にはもちろん意味があります。

This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

タイトルの「Northside」とは、曲の中ではマニーアップルと言っていますが、ミネアポリスのノースサイドのことです。近々翻訳版が出る「The Beautiful Ones」には、ミネアポリスのノースサイドとサウスサイドの話も出てきます。本の「Part II - 5. Prince」で、プリンスは少年時代に自分を受け入れてくれたバーナデット・アンダーソン (Bernadette Anderson) に触れ、この地球はフェミニン・プリンシプルによって維持されてきたと語り、コンペティションではなくコミュニティの大切さに言及しています。 コミュニティがしっかりと紡がれたサウスサイドと比べて、ノースサイドはテストステロンが強くフェミニン・プリンシプルが失われ、競争の激しい場所だったと回想しています。

それにしても、もしこれが「1999」の時代に作られた曲だったとしたら、自身のアルバムにここまでストレートなファンク曲を入れるという選択肢は有り得ないことだったでしょう。「Northside」は、時代が流れ、NPG Music Club というプリンスが自由に音楽を発信できる場所を得たことで出てきた曲といえるのかもしれません。

また、このアルバムでは「S&M Groove」にもこの曲と似たトーンの歌詞が出てきます。

The charts don't mean a damn when U're free
Double platinum, they don't believe it 2 be
As long as Wild 107 don't play me
The people in Monyapolis, yeah, we got 2 be free
I got a gift, y'all
And I ain't about 2 lose it
The sadomasochistic's groove and now U gotta use it
自由になってしまえばチャートなんて意味ナシさ
ダブルプラチナにもならない
ワイルド107のラジオで流されなけりゃね
俺たちマニーアポリスの人間はそう、自由にやるのさ
自分は素質を授かってるのさ
それを失うなんてことはしない
サドマゾキスティック・グルーヴ ー これにノらなきゃね


This is how we funk on the Northside
これがノースサイドのファンクのやり方さ

This is how we funk on the Northside
Players ain't gon' stop till it's sold
This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
これがノースサイドのファンクのやり方さ
演奏は売り切れるまで止めないぜ
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

When U cop your paper next Friday
This is what I want U all 2 do
Nevermind the vapor come up my way
We got something freaky 4 U
次の金曜の新聞を見てくれよ
これが皆にしてほしいことさ
俺の周囲の蒸気は気にしない
とびきりのやつを用意してあるぜ

Never U mind what U find in the state of your mind
Your city or part of town
When U get up in the Moneyapple
Baby U got 2 get down
Down {x9}
Hey hey hey hey!
君の気分のステートもシティもタウンも
何だって気にしないことさ
マニーアップルでやっていくには
気合を入れていかなきゃダメなのさ
気合を入れてね
ヘイ、ヘイ、ヘイ!

This is how we funk on the Northside
Players ain't gon' stop till it's sold
This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
これがノースサイドのファンクのやり方さ
演奏は売り切れるまで止めないぜ
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

When U get tired of the Muzak
That's playin' on that no-funk radio (Uh)
We gotta taste the bass that'll take your face 2 the Ace of Spades
U never ever thought your ugly face would go
Bass! - tell ya one time
ファンクと無縁なラジオから流れる
退屈なバックグラウンドミュージックに飽きたなら
俺たちのベースを味わわせてやるよ
スペードのエースに向き合わせるような
君の冴えない顔には思いもつかないやつさ
ベース!

Never U'll cry when U buy yourself a single
From the NPG got joints 4 days
Chart be gone we get it on stage, baby
Aftershow's on the Internet, players gettin' paid!
NPGのシングルは絶対に買って損はない
何日ももつのさ
チャートは放って俺たちはステージでやるぜ
アフターショウはインターネットで
出演者に金は弾むぜ

Hey, this is how we funk
Oh yeah
Hey, this is how we funk
(Hey) Everybody say
This is how we funk on the Northside
Players ain't gon' stop till it's sold
This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
(Oh, oh)
(How we funk)
(How) {x3}
これがノースサイドのファンクのやり方さ
演奏は売り切れるまで止めないぜ
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

With a bone 2 play
We can find the mayor
Talk about that piece of land
Fill a garden y'all
Fill a fan with some hand picked images like the man
Sweet potatoes like U never seen (Tell it)
Martin wasn't the only one that had a dream
Know what I mean? (Woo!)
骨と戯れよう
市長があの土地の話をしてる
みんなで庭を埋めるんだ
あの男のようにファンにやるんだ
君みたいなのが見たこともないようなやつさ
夢を抱いたのはキング牧師だけじゃないってことさ
分かるかい?

CHORUS {x3}
(This is how we, this is how we funk)
(We, we be...)
(NPG, so funky it's good 2 me)
(Northside) (Hey)

This is how we funk on the Northside {x2}
Got 2 be bold (Got 2 be)

This is how we funk on the Northside {x5}

The Emotions - Show Me How

ノースサイドの反対はサウスサイドです。「The Beautiful Ones」の「Part II - 7. Southside」で、プリンスはサウスサイドへと引っ越し、イエス・キリストよりも熱心に聖書を語るという叔母のオリヴィアの家に移り住んで過ごした高校時代のことを回想します。生活環境が変わった高校時代のプリンスは、ノースサイドでのバンド活動と、サウスサイドでのスポーツ&女の子とで綱引き状態になります。

この勝負に最終的に勝利したのはデビーというガールフレンドでした。それまでギターソロのないような音楽には興味のなかったプリンスは、デビーと付き合って女性向けのR&B音楽にも慣れ親しむようになります。その回想の中で、プリンスはエモーションズ (The Emotions) の「Show Me How」(1971年) と共に、素敵なエピソードを教えてくれます。

この曲では、終盤に差し掛かる2分6秒頃、それまでの甘く柔らかな歌声が突如として一変し、張り裂けるような歌声に変わります。

A good ballad should always put U in the mood 4 making love.
良いバラードとはいつも誰かと愛し合いたいというムードにさせるものだ。

プリンスが明かしたエピソードの内容は……ここには書かないので、本を読んでのお楽しみにしておいてください。


I'm just a young girl
Dynig to learn the ways of love
Just to please you
You're the only someone I love
Come on and teach me
私はただのうぶな女の子
愛の作法を学びたくてうずうずしてる
全てはあなたを喜ばせたいから
私が愛したいのはあなただけ
だから私に教えてちょうだい

There are so many things
That I, I just don't know
But I, I love you, love you, love you so
So the things I don't know
Show me how
私には知らないことが
とっても沢山あるの
だけど私はあなたをとてもとても
とっても愛してる
だから私の知らないことを
あなたから教わりたいの

I don't want to lose
Someone sweet just like you
For you make me feel like a queen
I wanna make you feel like a king
Show me how
あなたほどの素敵なひとは失いたくない
あなたは私を女王様の気分にしてくれる
だから私はあなたを王様の気分にしてあげたい
どうすればいいのか教えて

You know I want you
How bad I need you
I want to kiss you right now
私の気持ちは分かっているのでしょう
どれほど私があなたを必要としているのかも
あなたにキスをしたいの
今すぐに

If I don't move you
Wanna try to soothe you
And darling please, show me how
あなたの心を突き動かせないなら
あなたに安らぎをあげたい
だからお願い、どうすればいいのか教えて

There are so many things
That I, I just don't know, oh
But I, I love you, love you, love you so
So the things I don't know
Show me how
私には知らないことが
とっても沢山あるの
だけど私はあなたをとてもとても
とっても愛してる
だから私の知らないことを
あなたから教わりたいの

Show me, show me, show me
Show me how
Show me, show me, show me
Show me how
どうすればいいのか教えて
どうすればいいのか教えて

Show me, show me, show me
Show me how
Show me, show me, show me
Show me how
どうすればいいのか教えて
どうすればいいのか教えて

Show me, show me, show me
Show me how
Show me, show me, show me
Show me how
どうすればいいのか教えて
どうすればいいのか教えて

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ