OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「Power Fantastic」は、1993年のベストアルバム「The Hits / The B-Sides」の「The B-Sides」の最終曲に収録されています。貴重な曲が並ぶ「The B-Sides」の中でも、この曲はこのリリースの目玉とも言える曲です。元々は前回の「In A Large Room With No Light」と同じく、未リリースプロジェクト「Dream Factory」の1986年6月3日の構成に含まれていた曲です。

この曲はリサ・コールマンが作曲した「Carousel」なる曲がベースになっているそうです。ウェンディとリサは、これを自分達のソロプロジェクトで使うことを考えていましたが、この曲を気に入ったプリンスはウェンディとリサを説得し、アレンジを変更し歌詞を書き変えて新たな曲にしました。そうして出来上がったのが「Power Fantastic」です。

このように、曲の成り立ちとしてはウェンディとリサからアイデアをもらった形になりますが、個人的には、「Power Fantastic」はプリンスの最高傑作のひとつに数えられる曲だと思います。プリンスの凄さは、どのように言葉を尽くしてもその凄さをごく一部しか説明できないところにありますが、プリンスの何が凄いのか分からないという人でも、この曲をヘッドホンで聴けばその一片を否応なしに体験できるはず、と私は思います。

ちなみに私は、ジムでウエイトトレーニングをするとき、エネルギー補給のカーボドリンクとしてファンタを飲むことがあります。
・・・いや、やっぱり何でもありません。


ファン以外にはあまり認知されていないかもしれないプリンスの凄さのひとつに、その異常なボーカル能力があります。これを単に「歌が上手い」と言ってしまうと、そういう歌手は世の中に大勢いるので適切な表現ではありません。ここではその表現は避けて「異常」という言葉を使うことにします。

現在の商業音楽では、一般的にボーカルは色々と修正が施され、世に出る段階では綺麗な加工品になっているものです。そのため、昨今では歌手の能力がどれほど優れているのか、あるいは逆に能力がどれほど欠けているのかが分かりづらくなっています。ちなみにプリンスのボーカルは、そういった修正が加えられることはなく、歌い直すこともなく、一発録りされたテイクがそのまま完成品になるのが基本です。実際、1990年に東京でのレコーディングに立ち合ったエンジニアの方々も、プリンスは歌詞カードも譜面もないまま作業を進め、1曲につき1度しかメインボーカルを歌わず、そのときの録音がそのままアルバムに使われていることを証言しています。

そして「Power Fantastic」のプリンスのボーカルです。これをもって単に「プリンスは歌が上手い」と評するのは単純にすぎるように思います。「Power Fantastic」のプリンスのボーカル表現は、上手いとかどうとかという物差しで価値を測れるレベルを完全に越えています。このボーカルも一発勝負で録られたもので、まさに異常というほかありません。そしてこの曲は、ボーカルのみならず曲自体がバンドの一発録りであり、初回のワンテイクがそのまま完成版になっています。Alex Hahn と Laura Tiebert 著「The Rise Of Prince: 1958 - 1988」を参照すると、フルートを演奏したエリック・リーズはこの録音を回想して、「これは我々が成した最高のもののひとつだ (That's one of the greatest things we ever did)」と鳥肌が立ったと発言しています。また、プリンスはスタジオ録音ではコントロールルームで一人で歌うのが常でしたが、このときはヘッドホンが足りなかったとかという理由で、エンジニアのスーザン・ロジャースも一緒に部屋に入ることになり、スーザンは自分に背を向けて部屋の隅で歌うプリンスの声を間近で聴くという特別な体験をしました。彼女にとってもやはり最も印象深い瞬間のひとつだったそうです。

この曲の神秘的なアレンジと歌詞、そして人外の化生が乗り移ったかのようなプリンスのボーカルパフォーマンスは、これ以上の組み合わせはないと言えるほど神がかったものだと思います。


Late at night when the world is sleepin'
U are frightened cuz the power's creepin'
In your room with somethin' U're afraid of
Life or doom is what this feeling's made of
夜は深く、世界が寝静まる頃
這い寄るその力に君は恐れおののく
君を畏怖させる何かを伴い部屋をうごめく
生さもなくば破滅、そこからこの情感は織り出される

Power fantastic is in your life at last
U're a little apprehensive
Cuz what it is is what U want and need, ooh
パワー・ファンタスティック
君の人生は遂にそれを迎え入れる
君は幾莫かの不安に駆られる
なぜならばそれこそが君が求め
そして必要とするものだから

Minor G is the chord of pleasure
It will be played 11 measures
U will see fire but U're cool as ice
And U lie, huh, if U say this isn't nice
Gマイナーは悦びのコード
それは11小節で奏でられる
君は炎を見る、だが君は氷のように冷たい
これを素晴らしくないと言うのなら
それは嘘をつくことになる

Power fantastic is in your life at last
U're a little apprehensive
What it is is what U want and need
パワー・ファンタスティック
君の人生は遂にそれを迎え入れる
君は幾莫かの不安に駆られる
なぜならばそれこそが君が求め
そして必要とするものだから

Power, power
Ooh...

Power fantastic is in your life at last
U're a wee bit apprehensive
Cuz what it is is what U want and need, ooh
Power, power
Power fantastic
Ooh
パワー・ファンタスティック
君の人生は遂にそれを迎え入れる
君は幾莫かの不安に駆られる
なぜならばそれこそが君が求め
そして必要とするものだから
パワー、パワー
パワー・ファンタスティック

このエントリーをはてなブックマークに追加

このところずっとウェンディ&リサの「Song About」という曲を聴いています。近いうち「Breakdown」について書こうかと思っているのですが、その前に「Song About」を取り上げたいので、そこに辿り着くためにさらに2曲ほど取り上げたいと思います。

「In A Large Room With No Light」は1986年5月に書かれた未発表曲です。というのは正確ではなくて、この曲は再録音されたバージョンが2009年にモントルー・ジャズ・フェスティバルのサイトにてオーディオストリームされており、一応未発表ではなくて公に発表されています。ただ私が選ぶのは、ウェンディ&リサとエリック・リーズの彩りが添えられている、1986年の未発表バージョンです。

ところで、私がプリンスの好きなアルバムをひとつだけ選ぶとしたら、それは1986年の「Parade」になると思います。といっても他のアルバムと比べると、「Parade」は練り込まれた曲が並ぶ作品ではありません。実際、私の選ぶ曲は膨れて全部で24曲のリストになるのですが、「Parade」の曲は1曲も入りません。しかしこの作品には、くどすぎず、軽すぎず、絶妙なバランス感があります。練り込まれすぎていないことが却って作品の良さを高めており、私にはかけがえのない宝石のように感じられるのです。

しかし、もし「In A Large Room With No Light」を含むアルバムが存在していたら、それが私にとって一番のアルバムになっていたように思います。といっても、その理由がこの曲そのものが凄く好きだからかというと、それはまた少し違うような気がします。どちらかというと、私はこの曲そのものというよりも、この曲が持つ空気感がたまらなく好きなんだと思います。この曲には、もしこれが何かのアルバムに存在していたら、それだけで作品全体の空気を変えてしまうような力を感じます。プリンスの他の楽曲とはどこか毛色が違う気がするので、何となく次点にしておきます。

ちなみに未発表プロジェクト「Dream Factory」の1986年6月3日の構成にはこの曲が含まれていました (PrinceVault)。ということは、もしこれがリリースされていれば、私にとってはこれが一番のアルバムだったかもしれません。実際に曲目を確認してみると・・・個人的には文句はありません。

Dream Factory - 3 June 1986 configuration

Side 1

  1. Visions
  2. Dream Factory
  3. It's A Wonderful Day
  4. The Ballad Of Dorothy Parker
  5. It

Side 2

  1. Strange Relationship (different version than released)
  2. Teacher, Teacher
  3. Starfish And Coffee (omits alarm clock intro)
  4. Interlude – Wendy
  5. In A Large Room With No Light
  6. Nevaeh Ni Ecalp A
  7. Sexual Suicide

Side 3

  1. Crystal Ball
  2. Power Fantastic

Side 4

  1. Last Heart
  2. Witness 4 The Prosecution
  3. Movie Star
  4. A Place In Heaven
  5. All My Dreams

「Dream Factory」プロジェクトの構成曲は、この後、1986年7月18日に更に変更されます。「In A Large Room With No Light」も含め、ウェンディ&リサが参加する曲がいくつか削除され、替わりに「Sign O' The Times」の曲に置き換えられます。最終的にウェンディ&リサはバンドを離れることになり、プロジェクト自体もなくなってしまいます。


さて、「In A Large Room With No Light」ですが・・・これは、何と言ったらいいのか分かりませんが、独特な曲だと思います。歌詞の方も、私には詳しく説明する力がないのですが、冒頭の "ラナは今日学校で描いた絵で / 母親を泣かせてしまった / それは酒を片手に立っている女性の絵 / そして隣に佇むのは目の無い子供" というところからして強く突き刺さります。

それと、やはり1986年バージョンは特別です。2009年バージョンも悪くないのですが、1986年バージョンにはこの時代にしかない彩りを感じます。プリンスだけでなく、ウェンディ&リサとエリック・リーズの存在も、このバージョンにかかっている不思議な魔法の効果を高めていると思います。リンクはその1986年バージョンです。


Lana drew a picture in school 2day
1 that made her mother cry
A picture of a woman with a drink in her hand
Standing by a child with no eyes
ラナは今日学校で描いた絵で
母親を泣かせてしまった
それは酒を片手に立っている女性の絵
そして隣に佇むのは目の無い子供

Washington reaction based upon revenge
Babies blown 2 kingdom come
Damn the logic, cartoon characters look better
When they're on the run
ワシントンは報復で反応を示し
赤子たちは爆撃に吹き飛び天国へ送られる
狂った話さ、漫画のキャラクターは逃げ回る姿がよく似合う

Danny dropped the dime on his girlfriend
He said he didn't wanna go 2 jail alone
The seed lives in the same mind
With the thought that says we all should be stoned
ダニーは一人で刑務所に行きたくないと言い
恋人をタレ込み道連れにした
皆が全て石もて打たれるべきとの思想と
同じ思いで種は生き続ける

And people lookin' 4 angels in the sky
Whenever they're broken-hearted
Love is grown, seeds are sown
A fire don't burn unless it's started
人々は心破れる時、空に天使を探すもの
愛は育まれ、種は蒔かれる
火は起こされない限り燃え上がることもない

La la la... sha la la...

Did U ever feel that life was like lookin' 4 a penny
In a large room with no light?
A sophisticated man's reduced 2 company
In no-win situations that aren't right
人生は大きな暗闇の部屋で1セント硬貨を探すようだと
そんなふうに感じたことはある?
秀でた智者も勝ち目のない状況に追いやられ
抜け出せなくなってしまう

La la la... sha la la...

Every time U wake up there's a little motherfucker talkin' big stuff in your face
(R U happy?)
U only get the kind of people that open their mouth just 2 swap feet
Welcome 2 the rat race
Oh, oh
目覚める度にいけすかない野郎が面と向かって大言壮語をまくし立てるんだ
(あなたは幸せ?)
足を口に突っ込むような思慮の浅い人々に囲まれながら
ようこそラットレースへ

Did U ever feel that life was like lookin' 4 a penny
In a large room with no light?
A sophisticated man's reduced 2 company
In no-win situations that aren't right
人生は大きな暗闇の部屋で1セント硬貨を探すようだと
そんなふうに感じたことはある?
秀でた智者も勝ち目のない状況に追いやられ
抜け出せなくなってしまう

Oh
If U could just pass your history class, maybe life would be alright
Until then U'll be lookin' 4 a penny in a large room with no light
Yeah
歴史の授業で単位を取れれば、たぶん人生も上手くいくかもしれない
だけどそれまで君は大きな暗闇の部屋で1セント硬貨を探し続けるのさ

Sha la la...
Light {repeat}

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、プリンスの手紙と併せて取り上げた1991年の雑誌記事は、当時翻訳されて日本の音楽雑誌にも掲載されたように覚えています。その主な内容は、ロンドンのジャーナリストが、新譜の「Diamonds And Pearls」を試聴するため、はるばるペイズリーパークへ訪れるも、プリンスに惨々振り回されてしまったという体験談です。

当時の私には、その記事を読んでとても強く印象に残った箇所がありました。それはプリンスが「Standing At The Altar」という新曲をスタジオでレコーディングしていたという記述です。それも、それがとても素晴らしい曲だという賛辞と共に。

「Standing At The Altar」とは一体どんな曲で、どれほど素晴らしい曲なのだろう? そして、この曲を聴くことのできる日はいつ訪れるのだろう?

当時は英語が分からなかったので、「結婚式で教会の祭壇に立つ」というタイトルの意味が分からず、私は「何やらかっこいい響きなので、とにかくかっこいい曲なのだろう。スタンド・バイ・ミーみたいな曲かな?」と勝手に想像し、この曲がリリースされるのを心待ちにしていました。ちなみに、元の英語記事を確認すると、確かに曲の記述の直後に "fantastically good" という称賛の言葉がああります。しかし、それは試聴させてもらったアルバムに対するもので、この曲が具体的にどんな曲かについては言及がありませんでした。ということは記事の翻訳ミスか私の読み違いか・・・まあ今となってはどうでも良いことです。

その後、この曲は1992年のアルバム「Love Symbol」には入っておらず、お蔵入りになったのかと諦めていたところ、1994年に NPG Records レーベルのコンピレーションアルバム「1-800-NEW-FUNK」なるものがリリースされ、何とそこにこの曲の名前がありました。実はこの曲は、プリンスが女性アーティストのために作ったもので、そもそも自分用の曲ですらなかったのです。記事のジャーナリストが目にしたのは、プリンスがガイドボーカルを歌い、デモを作っていた風景だったのだと思われます。本当にプリンスに関する限り、事前に得た情報が参考になった試しがありません (笑)。


「Standing At The Altar」は、とても変わった曲です。

この曲で歌われるのは、結婚という幸福な瞬間を目前に相手に去られてしまうという、とても不幸なシチュエーションです。それにもかかわらず音楽は全くの正反対で、本当は訪れるべきだった幸せな空気をそのまま詰め込んだようなハッピーな曲です。英語が分からなければ、間違ってウェディングソングとして結婚式に使ってしまいそうです。音楽には明るさと力強さがありますが、それでいて「失恋しちゃったけどドンマイ、がんばれ私!」みたいな歌でもありません。

当時これを聴いた私は、こんなチグハグな作りで良いのだろうか、と困惑しました。どうしてこの歌詞でこんなに心躍るハッピーな音楽なのか、私の理解の範疇を超えていました。普通、悲しい言葉には悲しい音楽が付けられるものです。適当に思い付いたものでいうと、五輪真弓の「恋人よ」、エリック・カルメンやセリーヌ・ディオンの「All By Myself」、アデルの「Someone Like You」といったように。これらの曲は、言葉に意識を傾けるまでもなく、ボーカルパフォーマンスと音だけで悲しみが伝わります。

しかしプリンスには、そのような分かりやすい名曲が存在しないような気がします。プリンスほどの能力があれば、そのような名曲は容易に作ることができそうなのにもかかわらず、です。プリンスの有名なヒット曲は、何かしら引っかかるところがあり、ストレートには理解しづらい曲ばかりなのです。

私はこれを「プリンスには他人に気軽にすすめられる曲が存在しない問題」と呼んでいます。いや、こんなことを言うのは生まれて初めてなのですが。とにかくプリンスには、最初聴いたときに、妙な違和感を抱かせたり、容易には全体の姿を掴めなかったりする曲が非常に多いのです。例えば、あなたは何かプリンスの有名なヒット曲をいくつか聴いたとします。あなたは「ふーん、プリンスってこんな音楽なんだね。もうだいたい分かったよ」という感想を抱くかもしれません。しかし実は、その時点ではまだ、あなたにはそれらの曲の本当の姿は見えていません。それに気付くのは1年後か、10年後か、あるいは多くの場合ずっと気付かないままなのです。これは個人的にとてももどかしいことです。

話が脱線しかかってきたので、まとめに入ります。

プリンスは、普通ならば悲しみや怒り、あるいは敵意をもって表現するのが妥当に思われることでも、そういった負の感情を込めずに音楽を作り上げることがよくあります。「Standing At The Altar」に近いタイプの歌詞では、例えば「I Could Never Take The Place Of Your Man」もとびきりのハッピーソングです。こういった曲は枚挙にいとまがなさすぎるので、もう1曲だけ挙げると、プリンスの最高の曲だった、とスーザン・ロジャースが評するほどの「Wally」も、その素晴らしいオリジナルはプリンス自らの手で消去され、この世に残存せず誰も聴くことができません。この曲はコミカルなアレンジで作り直されたバージョンが昨年流出しています。

「Standing At The Altar」を改めて聴くと、プリンスはなぜこの詩でこんな音楽にしたのか、今は分かるような気がします。世の中には殆ど知られていませんが、私のとても好きな曲です。2分47秒頃に登場するプリンスの控えめなバックボーカルなども凄く良いです。


Why?
なぜなの?

I got the news just yesterday
They said U up and ran away
All because of what somebody said
I spent my wedding night alone in bed
つい昨日、知らせを聞いたわ
あなたが突然去ってしまったって
誰に吹き込まれたとも知らない話のために
私はウェディングの夜を一人ベッドで過ごしたわ

'Cuz U left me standing at the altar
U left big tears in my eyes
(Tears in my eyes)
U didn't even stop 2 ask me who
What or where or why
あなたは私を一人祭壇に残して去ってしまった
私の目には大粒の涙が残ってしまった
あなたは聞くことさえしてくれなかった
誰なのか何なのか何処なのか何故なのか

Ever since the day that we first met
Everybody been jealous as they could get
(They could get)
People sayin' this and sayin' that
(Sayin' that)
Struck us, struck us out before we even got 2 bat
私たちは初めて出会った日から
誰もが羨んではやきもちを焼いたわ
外野があれこれ騒いでいるうちに
バットを持って打席に立つ前に
私たちはストライクアウトにされてしまったのよ

Hey, U left me standing at the altar
U left big tears in my eyes
(Tears in my eyes)
U didn't even stop 2 ask me who
What or where or why
あなたは私を一人祭壇に残して去ってしまった
私の目には大粒の涙が残ってしまった
あなたは聞くことさえしてくれなかった
誰なのか何なのか何処なのか何故なのか

How could U do this, how could U leave?
When U knew how much U meant 2 me
(You meant 2 me)
I gave 2 U more than I've given any friend
Just 2 have U give it all back in the end
どうしてそんなことができるの?
どうして私を捨てられるの?
私にとってあなたがどれほど大切か、あなたは知っていたのに
私はどんな友達にするよりもあなたに尽くしたわ
ただ最後にあなたから欲しかったから

U left my poor heart broken
U left my world in a daze
(In a daze)
If I could, I'd write a letter 2 U
But I don't know what 2 say
I don't know what 2 say
あなたは私の哀れな心を壊してしまった
私は茫然自失の世界に取り残されてしまった
できるならあなたに手紙を書きたい
でももう言葉も見つからない
もう言葉も見つからないわ

I got the news just yesterday
They said U up and ran away
If there's a God way up above
One day U'll have 2 answer 2 him 4 my love
つい昨日、知らせを聞いたわ
あなたが突然去ってしまったって
もし天の彼方に神様がいるのなら
いつか私の愛のため、あなたは神様に答えなければならないわ

U left me standing at the altar
U left big tears in my eyes
U didn't even stop 2 ask me who
what or where or why
あなたは私を一人祭壇に残して去ってしまった
私の目には大粒の涙が残ってしまった
あなたは聞くことさえしてくれなかった
誰なのか何なのか何処なのか何故なのか

U left my poor heart broken
U left my world in a daze
(In a daze)
If I could, I'd write a letter 2 U
But I don't know what 2 say
I don't know what 2 say
あなたは私の哀れな心を壊してしまった
私は茫然自失の世界に取り残されてしまった
できるならあなたに手紙を書きたい
でももう言葉も見つからない
もう言葉も見つからないわ

(U left me standing at the altar)
U better stop doggin' me baby, yeah
I can't take it no more
I can't take it no more, baby
(U left my poor heart broken)
もうこれ以上私を苦しめないで
これ以上は耐えられない
これ以上は耐えられないわ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ