OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

まだ読んでいない状態で言うのもなんですが、そして実際に読み終わるのはいつになるか分かりませんが、凄い本が出版されました。Duane Tudahl (カタカナ発音だとデュエイン・テュダール?) の「Prince and the Purple Rain Era Studio Sessions: 1983 and 1984」(amazon.com)(amazon.co.jp) です。Peach & Black ポッドキャストのインタビューを聴き、それがとても面白かったので、少しブログに書いておきます。

この本は、これまでの数あるプリンス関連書籍とは一線を画しており、極めて重要な価値のある本です。

そういえば、私はこんなふうに色々とプリンスについて書いていますが、私がプリンスについてブログを書くようになった一番の理由は、私がプリンスのファンだからではありません。その一番の理由とは、私がウエイトトレーニングについて書くのと似たようなものです。ウエイトトレーニングは、世の中では殆ど全く価値が認知されていないし、それどころか、実践している人ですら価値を十分に理解していないことが多々あります。そのように価値が見過ごされているのが勿体無いと思うのが、私がこれまでブログを書いてきた一番の理由です。これはプリンスにも同じことが言えます。

一人のアーティストとして、プリンスと同じ水準の創作活動をした人物は過去にはいませんでした。そして、そのような人物は現在もいませんし、今後も二度と現れることはないかもしれません。世の中には「誰某の方がプリンスよりも凄い」と主張する人もいるかもしれません。確かにスター・有名人という意味や、何かある一点だけを取り上げて言うのであれば、そういう人の名前はたくさん挙げることができるでしょう。しかし、「アーティスト」としてプリンスという基準を置いた場合、その基準上で同列に語ることのできる人物は誰も存在しません。

Elephant in the Room / 部屋の中の象

思えば、昨年日本で出版された様々な追悼特集号に対し、私には大きな不満がありました。プリンスの本であるにもかかわず、プリンス以外のことは饒舌に語られているのに、肝心のプリンスのことになると、どれもこれも避けられているように感じたのです。「私はプリンスのことが書かれていると思ってこれらの本を買ったつもりだったのに、プリンスをテーマにこれだけの文章が書かれていながら、肝心のプリンスのことは一体どこに書かれているのだろう?」と感じました。

明らかに重大な問題が存在しているのに、あたかもそれが存在しないかのように扱われ、誰もその問題に触れずに議論がなされる状態を、英語のイディオムでは "elephant in the room" と言います。これらの本では、プリンスという巨大な象が部屋にいるのに、まるでそれが存在しないかのように扱われていると感じました。

しかし、上にリンクしたポッドキャストは違います。プリンスをテーマにしたポッドキャストで、実際にプリンスのことが語られているのです! おかしなことを言っているように思えるかもしれませんが、プリンスのことがこれだけきちんと語られているのはかなり凄いことです。

今回出版された Duane Tudahl の本は、1983 - 1984年の2年間に渡るプリンスのスタジオセッションの記録と、それにまつわる関係者のインタビューをまとめたものです。プリンスは膨大な曲を作り続けたので、期間はたったの2年間ですが約550ページの本になります。プリンスのユニークなところは、何月何日に○○を録音した、という情報をまとめるだけで、それが単なる記録ではなく、何よりも貴重な物語になるということです。この点について、ポッドキャストでは、"re-contextualize" という表現をしています。この本は、プリンスの人生や音楽に、新たな視点を与え、それらを新たな文脈に落とし込めることのできる、貴重な本となっています。

また、この本では、プリンスの発言は太字で記され、それがいつどこでされた発言であるかのリファレンスが付いているのも素晴らしいです。

She's Always In My Hair と Sex Shooter

少し堅苦しい記事になってしまったかもしれませんが、これは肩肘を張って身構えて読むような本ではありません。ポッドキャストでひとつ個人的に面白い話があったので、それを紹介します。それは、1983年12月29日 (木曜日) のセッションです (ポッドキャストでは50分50秒頃~)。この日、プリンスは「She's Always In My Hair」を1日でレコーディングしました。プリンスであるためにシングルの B 面でさらっと発表された曲ですが、他のアーティストであれば、キャリアの代表曲として掲げられるような、素晴らしいロックソングです。

これの何が面白いかというと、スタジオセッションのワークオーダーには、この曲は「Sex Shooter」と記録されているのです。

prince-shes-always-in-my-hair

あまりにも違う曲なので、私は今までこの2曲を結び付けて考えたことがなかったのですが、指摘されてみると、確かに同じリフが使用されています。「Sex Shooter」の、あの4音からなるキャッチーなリフが、「She's Always In My Hair」の "She's always there (チャ・チャ・チャー・チャッ) tellin' me how much she cares" と、殆どそのまんま登場します。

思えばこの曲のスタジオバージョンは、どうして妙にシュイン・シュインしているのだろうと長年疑問でした。しかし、この曲が「Sex Shooter」から出来上がったというのであればそれも完全に合点がいきます。正確な事実は分かりませんが、この日、プリンスは「Sex Shooter」のリミックスを作るつもりでスタジオに入り、突然インスピレーションが湧いて、セッションが終わってみたら「She's Always In My Hair」になっていた・・・という話だったのかもしれません。

下のリンクは「Sex Shooter」です。リンクのバージョンでは、このリフは11秒ごろにスタートします。

「She's Always In My Hair」のスタジオバージョンは見つからないので、2014年の The Arsenio Hall Show に TV 出演したときのパフォーマンスです。途中だけでなく、イントロで歌に入る直前でも「Sex Shooter」のリフを使っています。

この曲で歌われている "彼女" が誰であるかについては証言がとれており、その女性とはジル・ジョーンズなのだそうです。

Whenever I feel like not 2 great at all
Whenever I'm all alone
Even if I hit the wrong notes
She's always in my boat
She's always there tellin' me how much she cares
She's always in my hair
上手くいっていないと感じる時も
すっかり独りぼっちだと感じる時も
音を外してしまった (= まずいことをした) 時でさえ
彼女は僕の舟に乗っていてくれる (= 苦しい時なども一緒にいてくれる)
彼女はいつも側にいて、どれだけ僕のことを思っているか教えてくれる
彼女はいつも僕の髮の中にいる

She's always in my hair, my hair
Maybe I'll marry her, maybe I won't
彼女はいつも僕の髮の中にいる - 僕の髮に
たぶん彼女と結婚するかも - でもしないかも

プリンスは、何かの謝罪のしるしにジル・ジョーンズにこの曲のカセットを贈ったのだそうですが、逆にジル・ジョーンズはヘソを曲げてしまいます。プリンスは、"きっと君はこの曲を気に入ってくれると思ったんだけど" と真摯な様子でジルに言ったらしいのですが、"たぶん君と結婚するかも、でもしないかも" だなんて、ずいぶん非道い贈り物だなあと思います (笑)。

おまけに、Purple Rain の頃はモジャモジャだった髪の毛も、この曲がリリースされる Around The World In A Day の頃にはすっきり短くカットしてしまいます。元が「Sex Shooter」から出来たということも併せて、もうプリンスは色々と非道いです。この曲に対する印象がすっかり変わってしまいました (笑)。

「A Case Of U」は、元々はジョニ・ミッチェルの1971年の曲です。プリンスはこの曲がお気に入りだったようで、コンサートなどでこの曲をカバーしています。プリンスが最初にこの曲をコンサートで演奏したのは、1983年8月3日の First Avenue になります (ちなみに、これは後にアルバム「Purple Rain」で使用されることになる「I Would Die 4 U」、「Baby I'm A Star」、「Purple Rain」が演奏されたコンサートです)。また、2002年の「One Nite Alone... - Solo piano and voice by Prince」に収録され、オフィシャルリリースされたバージョンもあります。

この曲は、ジョニ・ミッチェルの原曲では恋愛の歌になっていますが、プリンスのカバーはそれとは異なる意味合いの歌に変更されています。ジョニの原曲では、傷付くと分かっているのに、それでも恋の相手に惹かれてしまう複雑な女心 (それと "オォ、カーナーダーァー") が歌われます。一方で、プリンスのバージョンではそういった要素は取り除かれており、ジョニ・ミッチェルへの純粋な敬愛のほどがうかがわれるカバーとなっています。プリンスのカバーでは、第1と第3ヴァースが省かれ、第2ヴァースのみが歌われます。また原曲では "I'm frightened by the devil / And I'm drawn to... / 悪魔に怯え、恐れを知らぬ人に惹かれてしまう (しかしその人が恐れを知らないのは、実はその人そのものが悪魔だから)" と現在形で歌われる部分も、プリンスのカバーでは過去形にして、異なる意味合いに変えて歌われます。

1983年のバージョンや「One Nite Alone...」のバージョンは YouTube などで容易に見つかるので、私はまずこれらのバージョンに慣れ親しみました。妖しくワイルドな格好なのに小鹿のような眼差しで歌う、音質や画質が劣化してヨレヨレの1983年のバージョンも、より円熟した「One Nite Alone...」のバージョンも、どちらを聴いてもプリンスは本当にジョニ・ミッチェルが好きなんだな、と思います。

この曲に関しては、それが主な感想だったのですが、とあるバージョンを聴いて・・・何というか・・・どういう言葉を選べば良いのか分からないバージョンに出会いました。それは2016年4月14日のアトランタ、7:00 PM の Piano & A Microphone コンサートです。プリンスはこの日に Show 1 (7:00 PM) と Show 2 (10:00 PM) の2つのコンサートを行い、それが最後のフルコンサートとなりました。私は未だ断片的にしか聴けていないのですが、少し聴いただけでも、この日のコンサートは、人類の文化遺産に指定すべき途轍もなく素晴らしいコンサートだと思います。

元々ジョニの原曲とは異なる意味に変えられてカバーされていたこの曲でしたが、2016年4月14日のアトランタでの演奏は、完全に別次元の曲へと昇華されています。この日の演奏では、美しい間奏を挟んで、2度目の "In my blood like holy wine" が3回連続で歌われます。最初から凄い高音を出すのですが、3回目はさらに高くなり、プリンスはこの世のものとは思えない声を出します。曲が終わると1分ほど演奏が止まり、しばらく歓声だけになります。映像がなくて分からないのですが、この間プリンスは席を外し、しばしステージを離れていたらしいです。そして戻って来るとこう言います。

Sometimes I forget how emotional these songs can be. Okay, stay with it, Prince!
これらの曲がどれだけエモーショナルだったのかちょっと忘れてたよ。オーケー、プリンス、持ちこたえるんだ。

このアトランタのバージョンは、是が非でもヘッドホンかイヤホンで聴くことをおすすめします。YouTube に見つからないので、次のブログを勝手にリンクさせていただきました。筆者ご自身で録音した音源だそうです。「A Case Of U」は 8:00 頃から始まります。

また、この音源の最初には、プリンスが「Chopsticks」を弾く、とても面白い演奏が入っています。曲名だと分からないかもしれませんが、誰でも知っている曲なので、聴けば「ああ、これか」となると思います。リンクしたブログの方は、この部分のスクリプトも書いてくださっています。

Thank you, Atlanta. Once again I'd like to apologize for the cancellation I was a little under the weather. But we're here now. I want to take this time to thank you, each and every one of you for coming out and enjoying this night with us.
ありがとう、アトランタ。改めて前回のコンサートはキャンセルしてごめん。少し体調を崩してしまったんだ。でも僕らは今日ここに集まることができたね。この場を借りて、今夜一緒に過ごして楽しんでくれていることを、一人一人みんなにに感謝するよ。

I want to tell you a little bit about myself. I was born in Minneapolis. My father taught me how to play the piano...
少し自己紹介をするよ。僕はミネアポリスで生まれたんだ。ピアノの弾き方は、父さんが教えてくれたんだ。

("Choipstics" を弾き始める)

He didn't teach me that.
(弾きながら) ・・・なんてね、父さんは教えてくれなかったよ。(聴衆の笑い声)

I taught myself.
僕は独学でピアノを覚えたんだ。

(情緒的なアレンジを加えながら、さらに "Chopstikcs" を弾き続ける)

One of the things my father taught me was that funk (pause) is space.
替わりに父さんが教えてくれたことの、そのひとつは、ファンクは・・・スペースだってこと。

(よりファンキーなピアノプレイに移行する)

My father couldn't sing but he, he, he used to do this thing with his month, he says (starts scatting lightly). I used to watch him do that and (more scatting)...
父さんは歌うことはできなかったけど・・・と、と、父さんは、こんなふうに、口を使って (スキャットし始める)・・・僕は父さんが、こんなふうにするのを見て・・・(さらにスキャットを続ける)

That's funky, right?
ね、ファンキーだろ?

(ピアノの旋律がよりシリアスなトーンに変わる)

When I got a little older, and started doing things my way...
成長するにつれて、僕は自分流のやり方を身に付けていったんだ・・・

he liked to frequent this club down on 36th pimps and things used to hang outside and cuss for kicks... " (starts singing "Joy In Repitition").
"彼は36番通りのクラブによく出入りしていた。外ではいかがわしい奴らが刺激を求めてたむろしていた・・・" (Joy In Repetition の歌い出し)

「Joy In Repetition」は、7:00頃にプリンスの "Love me" という囁きで唐突に演奏が止まります。


画像が紛らわしいのですが、One Nite Alone のバージョンです。

こちらはジョニ・ミッチェルの "オォ、カーナーダーァー" なオリジナルです。


I'm a lonely painter
I live in a box of paints
I used 2 be frightened by the devil
And drawn 2 those ones that weren't afraid
私は孤独な絵描き人
絵具の箱の中に住んでいる
過去の私は悪魔に怯え
恐れを知らぬ人に惹きつけられた

Remember U told me love was touching souls?
Surely U touched mine
Part of U pours out of me
From time 2 time in these lines
あなたは私にこう言ったのを覚えてる?
愛するということは魂に触れることだと
もちろん、あなたは私の魂に触れた
私からあなたの一部がこぼれ出す
時に、言葉の端々に

U're in my blood like holy wine
U're so bitter, so sweet
I could drink a case of U, oh darling
And I'd still be on my feet
I'd still be on my feet
私の血には、聖なるワインのようにあなたが流れる
とても苦く、そしてとても甘い
私は、あなたを1ケース飲むことだってできる
それでも私はちゃんと立っていられる

U're in my blood like holy wine
U're so bitter, so bitter, so, so sweet, oh
And I could drink a case of U, oh darling
And I'd still be on my feet and I'd still be on my...
Still be on my feet, I'd still...
私の血には、聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたは、とても、とても苦く、そしてとても甘い
私は、あなたを1ケース飲むことだってできる
それでも私はちゃんと立っていられる
それでも私は…

私の選ぶ曲の番外、もう1曲はジョニ・ミッチェルの「Both Sides, Now」です。この曲は、最初1967年に Judy Collins の歌う快活なバージョンがヒットし、後の1969年にジョニ自身も、よりしっとりしたアレンジにしてアルバム「Clouds」にて発表しました。Wikipedia を見ると膨大な数のカバーバージョンがリストされていますが、私が選ぶのはジョニ・ミッチェル本人のバージョンです。


私はジョニ・ミッチェルというアーティストの存在を、プリンスの「The Ballad Of Dorothy Parker」(1987年、Sign O' The Times 収録) から知りました。この曲にはジョニ・ミッチェルの「Help Me」という曲が登場します。

"Oh, my favorite song," she said
And it was Joni singing, "Help me, I think I'm falling (in love again)"
(Drring) The phone rang and she said
"Whoever's calling can't be as cute as U"
「あら、私の好きな歌だわ」 - 彼女は言った
ジョニ・ミッチェルが歌っていた - 「どうしよう、(また恋に) 落ちてしまう」
(リンリン) 電話が鳴ったけれども彼女は言った
「誰の電話だろうが、あなたほど素敵な人ということはありえないわ」

それで興味を持った私は、ジョニ・ミッチェルのベスト盤「Hits」と「Misses」を買って聴いてみました。ちなみに「Help Me」とは下にリンクした曲です。「The Ballad Of Dorothy Parker」はとても変わった曲なのに、この曲が違和感なくそのまんま歌われていて面白いです。

とにかく、このベスト盤を通して聴き、最も印象深く感じた曲は、私にとっては「Both Sides, Now」でした。その印象は今でも古びることがありません。個人的には、これがジョニ・ミッチェルが若い頃に書いた曲だというのが、また素敵なことだと思います。

また、非常に個人的な意見なのですが、この曲は「Purple Rain」みたいだな、とも思います。歌の内容も曲調も全然違いますが、どちらもヴァース毎に対象が移り変わっていきます。「Both Sides, Now」の第1ヴァースは雲のこと、第2ヴァースは恋のこと、そして第3ヴァースは人間関係や人生のことが歌われます。他方、「Purple Rain」の第1ヴァースは父のこと、第2ヴァースは恋人 (アポロニア) のこと、そして第3ヴァースはバンドメンバーのことが歌われます。

そんなことを思うにつけ、「Purple Rain」はつくづく凄まじくスケールの大きな曲だなと思います。歌の部分で既に高い熱量を持っているうえに、そも歌も構成の一部分でしかなく、むしろ歌が終わってからのギターソロや "Wooo-hoo-hoo-hoo" の方がメインみたいなところがあり、展開に懐の深さを感じます。

話が脱線しました。「Both Sides, Now」は、聴いて刺激を受けたり興奮したりする曲ではないかもしれませんが、そのぶんカゼインプロテインのようにじんわりゆっくり体に取り入れられる曲だと思います。(ウエイトトレーニングに興味がない人にはピンとこない喩えでアレですが、カゼインとは牛乳に含まれ、ゆっくり時間をかけて消化・吸収される特徴を持つタンパク質です。最近「A Case Of You/U」をよく聴いていて、これはワインではないな・・・と思っているうちに、じゃあカゼインかな・・・となりました。)

参考リンク

  • Both Sides, Now (Wikipedia) - この曲ができた背景の説明があります。ジョニが飛行機の中で Saul Bellow の "Henderson the Rain King" を読んでいて、本の中に飛行機から雲を見下ろす描写があり、ジョニもまた同じく飛行機の窓から外を見ると、眼下には雲があった、というところからこの曲ができたのだそうです。

Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way
幾筋にも流れる天使の髮の毛
空に浮かぶアイスクリームの城
至るところに佇む羽根の峡谷
私はそんなふうに雲をみてきた

But now they only block the sun
They rain and they snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way
だけど今、雲は太陽を遮るだけ
雨や雪を人々に降らせる
もっと沢山のことができたはずなのに
雲が私の邪魔をした

I've looked at clouds from both sides now
From up and down, and still somehow
It's cloud illusions I recall
I really don't know clouds at all
私は両方の側から雲を見てきた
上からも下からも、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは雲の幻想だけ
私は雲のことは本当に何も分からない

Moons and Junes and Ferris wheels
The dizzy dancing way you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way
お月さまに六月、それに観覧車
踊りをして目がくらむような気分
おとぎ話が現実になるかのよう
私はそんなふうに恋をみてきた

But now it's just another show
And you leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away
だけど今は、同じショウの繰り返し
人に笑われるままに舞台を移る
それを気にするなら、自分を晒さないで
自分を見せないこと

I've looked at love from both sides now
From give and take, and still somehow
It's love's illusions I recall
I really don't know love at all
私は両方の側から恋をみてきた
与える方も貰う方も、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは恋の幻想だけ
私は恋のことは本当に何も分からない

Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way
涙と不安、そして誇りを持ち
愛してるとはっきり声にして言う
夢と計画、そしてサーカスの観衆
私はそんなふうに人生をみてきた

But now old friends they're acting strange
And they shake their heads
And they say that I've changed
Well something's lost but something's gained
In living every day
だけど今では古い友人は変に振る舞う
頭を振って私は変わったと言う
失うものもあれば得るものもある
日々生きていく中で

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all
私は両方の側から人生をみてきた
勝つ方も負ける方も、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは人生の幻想だけ
私は人生のことは本当に何も分からない

I've looked at life from both sides now
From up and down, and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all
私は両方の側から人生をみてきた
上からも下からも、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは人生の幻想だけ
私は人生のことは本当に何も分からない

↑このページのトップヘ