OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

久々にトレーニングのことを書きます。BGM にはプリンスの1996年のアルバム「Emancipation」から「Friend, Lover, Sister, Mother/Wife」をお聴きください。

If I ever held a hand
It was only because I'd never held your hand
もし昔の私がトレーニングを上手くできていなかったとすれば
それはただ単に、正しい情報に触れたことがなかったから


(Ooh my) Friend, lover, sister, mother/wife
Air, food, water, love of my life
(ああ 私の) マシーン、バーベル、ダンベル、パーワー・ラック
たんぱくしつ、たんすいかぶつ、みーずー、ひっす・しぼうさん

(注) 最初に一応断っておきますが、この記事で私が言っているのは、パワーリフティングやウエイトリフティング (オリンピックリフティング) ではありません。普通のジムやスポーツクラブで、マシンやフリーウエイトを使ってボディビル的なウエイトトレーニングをする場合の話です。

ウエイトトレーニングは難しくない

さて、記事タイトルにある「ウエイトトレーニングは難しくない」というのはは、私が常日頃から強く思っていることです。具体的にウエイトトレーニングの何が難しくないのかというと、それは「技術の習得が難しくない」ということです。これがゴルフなどの他のスポーツだったらこうはいかないでしょう。「これはひょっとして開眼したか?」と思ったら次の日にはまた行き詰まったり、なかなか上手くいかないものです。普通、他のスポーツでは、技術的な練習をどんなに行っても「これでもう満足」という水準に達することはありません。これは楽器など、スポーツ以外の趣味にも同じことが言えるのではないかと思います。

しかしウエイトトレーニングは違います。ウエイトトレーニングはその性質上、ほとんど肉体の限界を試すようなセッションを週に何度も行うことになりますが、その一方で、技術面での限界に悩まされる必要はありません。ウエイトトレーニングは、大人になってから始めても技術が容易に習得できる珍しい趣味なのです。

そんなの嘘だ! ウエイトトレーニングは難しい! 現に自分は今も様々な種目でやりづらさを感じるし、フォームに悩んでいる!

ええ、その気持ちは私にもよく分かります。実際、私自身もウエイトトレーニングを始めてから最初の10年近くは、その難しさに悩みながらトレーニングをしていました。何しろ、世の中で伝統的に教わる「正しいやり方」に従っても思うような感覚が得らなかったり、また、そもそも「正しいやり方」に従うことが不可能だったりしたのですから。技術を磨けば、あるいは強靭な肉体が得られれば、いつかは「正しいやり方」を優雅にこなせるようになるのだろうか・・・そんなふうに思ったものです。

しかし、そんな私にも契機が訪れました。私がウエイトトレーニングを難しいと思っていたのは、「正しいやり方」という呪縛に囚われ、その教えに疑問を抱かずに従おうとしていたからだと気付いたのです。問題があったのは、私の習熟度ではなく、世の中で広く取り入れられている「正しいやり方」の方でした。それに気付いたことで、私は悩みから解放され、自由な心でトレーニングができるようになりました。

いったんここで記事を切ります。続きの記事では、私がどうやって鎖を断ち切り、呪縛から解放されたかについて書こうと考えています。既に過去にどこかで書いていることも含まれますが、具体的な切っ掛けが3つ挙げられるので、それを紹介する予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Free」は1982年のアルバム「1999」に収録されている曲です。

今年の年末はよくこの曲を聴いています。曲の始まりに挿入される、兵士達が足を踏み鳴らして行進する音は、私にはどことなく、まだ誰も足を踏み入れていない新雪の上を歩くときの音を思わせます。歌詞には「雨」という言葉が出てきますが、私にはそう聴こえるので気にしないことにします。私の頭の中では、風が吹きすさぶ寒空の下で新雪が積もった道を歩く情景が広がります。

ちなみに、去年の年末は、除夜の鐘サウンドが厳かにリズムを刻む「Still Would Stand All Time」をよく聴いていました。


「Free」はモンスターアルバム「1999」の中にあって、どちらかというと控え目で目立たない存在になりますが、私はこの曲がとても好きです。この時期に書かれたプリンスの曲の中で、私が一番好きなのは「Purple Music」・・・ゴホン、ゴホン、それは未発表曲なので、それを外してオフィシャルの曲から1曲選ぶとしたら、ひょっとしたらそれはこの曲かもしれません。とにかく、「Free」は個人的にとても心に染みる曲です。

この曲は1982年に書かれたというだけあって、当時の冷戦時代の社会背景を思わせる内容の歌詞になっています。当時のレーガン政権下での社会情勢をテーマにして書かれた曲としては、他に「Ronnie Talk To Russia」や「America」もあります。

歌詞の表現については、"almost" の意味で "most" という言葉を使っているのがアメリカンな英語だなあと思ったり、"many men" ではなくて "many a man" という表現にしているところが良いなあと思ったりします。全体的にいって、私はこの曲の歌詞もとても好きです。


Don't sleep until the sunrise, listen 2 the falling rain
Don't worry about 2morrow, don't worry about your pain
Don't cry unless U're happy, don't smile unless U're blue
Never let that lonely monster take control of U
日が昇るまで眠りにつかずに、雨音に耳を澄まして
明日のことも、抱える痛みも心配しないで
泣いてもいいのは幸福なとき
微笑みを浮かべていいのは憂鬱なとき
あの孤独なモンスターには決して支配されないで

Be glad that U are free, free 2 change your mind
Free 2 go most anywhere anytime
Be glad that U are free, there's many a man who's not
Be glad 4 what U have, baby, what U've got
Be glad 4 what U've got
自由であることを喜ぼう、考えを変える自由と
いつだって凡そ何処へでも行ける自由を
自由であることを喜ぼう、そうではない人々も数多くいる
自分にあるもの、自分に持てるものを喜ぼう
自分の持てるものを喜ぼう

I know your heart is beating, my drummer tells me so
If U take your life 4 granted, your beating heart will go
So don't sleep until U're guilty cuz sinners all are we
There's others doin' far worse than us so be glad that U are free
君の鼓動は高なっている、僕のドラマーがそう教えてくれる
今ある生を当然と思えば、その鼓動は失われてしまうだろう
だから罪を自覚するまで眠らないで
僕らは皆罪を負っているのだから
僕らよりもずっと報われない人もいる
だから自由であることを喜ぼう

Be glad that U are free, free 2 change your mind
Free 2 go most anywhere anytime
Be glad that U are free, there's many a man who's not
Be glad 4 what U have, baby, what U've got
Be glad 4 what U've got
自由であることを喜ぼう、考えを変える自由と
いつだって凡そ何処へでも行ける自由を
自由であることを喜ぼう、そうではない人々も数多くいる
自分にあるもの、自分に持てるものを喜ぼう
自分の持てるものを喜ぼう

Soldiers are marching, writing brand new laws
We will all fight 2gether 4 the most important cause
Will we all fight 4 the right 2 be free, free?
(Be glad that U are free)
兵士たちが行進しつつ、新しい法を書き定めている
僕らは団結していちばん大切な大義のために戦おう
僕らは皆で戦えるだろうか?
自由でいる権利のために

Free 2 change my mind (Free 2 change your mind)
Free 2 go most anywhere, anytime
I'm just glad, I'm just glad I'm free, yeah (Be glad that U are free)
There's many a man who's not
Glad 4 what I have, baby (Be glad 4 what U have, baby)
Glad 4 what I got, oh yeah (What U've got)
Oh, I'm so glad, I'm so glad I'm free, yeah (Be glad that U are free)
Free 2 change my mind (Free 2 change your mind)
Free 2 go most anywhere, anytime
Yeah! (Be glad that U are free, there's many a man who's not)
I'm free
Yeah! (Be glad 4 what U have, baby, what U've got)
Yeah!
自分の考えを変える自由
いつだって凡そ何処へでも行ける自由
僕はとても嬉しい、自由を嬉しく思う
そうではない人々も数多くいる
自分の持てるものを嬉しく思う
自分にあるものを嬉しく思う
僕はとても嬉しい、自由を嬉しく思う
自分の考えを変える自由を
いつだって凡そ何処へでも行ける自由を
ああ!
僕は自由だ
ああ!
ああ!

Ooh...

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Betcha By Golly Wow!」は1996年の3枚組アルバム「Emancipation」からファーストシングルとしてリリースされた曲です。この曲は The Stylistics の「Betcha By Golly, Wow」(1971年) のカバーであり、オリジナルバージョンの最初のリリースになるとさらに遡って Connie Stevens の「Keep Going Strong」(1970年) になります。プリンスが長年のキャリアで初めてリリースしたスタジオ録音のカバーであり、その意味でも特別な一曲です。また、この曲は他にも沢山のアーティストにカバーされています。

この曲のタイトルは少し語感のイメージが掴みにくいかもしれません。その意味は、ベッチャで、バイ・ゴーリーで、ワウ!で・・・あまり説明になっていませんが、感嘆、驚嘆、強い肯定などが一気に迫り来るような気持ちを表す、素敵な言葉です。


私にとって、プリンスの「Betcha By Golly Wow!」は、他に沢山あるどのバージョンとも一線を画している特別なバージョンです。いえ、より正確に言うと、プリンスのバージョンは他とは少なくとも三線ほど画しており、完全に別枠に位置しています。

その三つの線は何かというと、一つはこれまでに何度も繰り返していますが、プリンスの豊かなボーカルパフォーマンスです。この点については、有名な The Stylistics のバージョンが割と起伏がなく穏やかに進行するため、聴く人にとっては少しやりすぎていると感じるかもしれません。ただ、プリンスが心の底からこの曲を真剣に歌っていることを感じとれるならば、これをやりすぎだと感じることはないのではないかと思います。

二つ目は・・・プリンスを長く聴いている人ならば、曲を聴かなくても次の歌詞を見るだけで想像がつくかもしれません。

And if I could, I'd catch a falling star
2 shine on U so I know where U are
できることなら僕は流れ星を捕まえよう
君を照らして君の居場所を知るために

はい、プリンスはここで「ぴゅぅぅぅぅ」と流れ星が落ちる効果音を入れます。本当にプリンスという人は、こういうことをしないと気が済まない人なのです。星が落ちる、雨が降る、時計が時を刻むといった、歌詞で描かれる様々な情景に対して、プリンスは何かをやらずにはいられません。「ああ、またしてもやってしまうのか (苦笑)」と思うこともある反面、やってくれないと逆に寂しくなったりします。これはプリンスの音楽を聴くとき以外にはあまり意識することのないポイントかもしれません。

そして最後の三つ目は、私にとってこの曲を特別なものにしている最大の理由でもあります。プリンスのカバーでは、他のアーティストのバージョンには存在しない次のパートが付け加えられています。このカバーがプリンスにとってどれほどの意味を持つものであるかが表されます。

Baby, sometime a man can't find words 2 express
All the things he feels inside
But every just so often the words of another
Who's truly in love seem 2 work out fine
時として人は言葉を見つけられなくなる
己の胸に抱く想いの丈を全て表す言葉を
しかし時には他者の言葉であっても
誠の愛から生まれたのであれば代わりになろう

2 say I love U, 2 say I'm thinkin' of U!
君への愛を伝えるために、君への想いを伝えるために!

そして、ここからの曲の流れは、本当に美しいです。そしてまた星が「ぴゅぅぅぅぅ」と落ちてきたりします。さらに曲の終わりには一体どこからやって来たのか小鳥たちがさえずる声までします。時間にしてたったの3分30秒しかないこの一曲の中に、プリンスはこれほどの想いを込めたのです。

Never thought that fairy tales came true
おとぎ話が現実になるなんて思いもつかなかった

まさにこの曲の歌詞のように、プリンスの人生で一度だけ、おとぎ話が現実になった瞬間が訪れたのだと思います。


下はオフィシャルのミュージックビデオです。

このミュージックビデオのプロットはこうです。プリンスがガソリンスタンドで給油しているとポケベルが鳴ります。そのメッセージは「妻に電話するように」というものでした。プリンスは、妊娠検査を受けに病院を訪れていたマイテに電話をかけ、検査結果が陽性だったことを知ります。プリンスは、はやる気持ちを抑えきれないといった様子で病院にいるマイテの元へと訪れ、赤ちゃんを授かった喜びにマイテと抱き合います。

それにしても、単に妊娠が分かったというだけなのに、プリンスは医療スクラブを着て、聴診器まで掛けてマイテと対面しています。プリンスは一体何を聴くつもりだったのでしょうか? 全くの意味不明な行動に可笑しくなってしまうのですが、そんなプリンスがとても素敵です。

また、このミュージックビデオでは、マイテの表情が終始こわばっているのが見てとれると思います。実は、このビデオが撮影されたのは1996年11月の初めでした。ふたりの息子アミールは、10月16日に生まれ、そのわずか7日後にこの世を去ったばかりでした。

そんな状況でこのようなストーリーのビデオを撮影するというプリンスの判断は、一般的な感覚で理解できる範疇を超えています。しかしそれは、プリンスにとって、音楽とはそれほど重いものだった、ということなのだと思います。そして、それはこの曲に限ったことではありません。プリンスを知ると、プリンスの音楽を聴くときはいつも一緒にその重さを感じながら聴くことになります。

プリンスは、アルバムのブックレットでこの曲を「Maybe, the prettiest melody ever written / これまでに書かれた最も美しいメロディかもしれない」と評しています。美しいながらも、背景を知ってしまうと非常に悲しい曲です。


この曲を有名にした、The Stylistics のバージョンです。


There's a spark of magic in your eyes
Candyland appears each time U smile
Never thought that fairy tales came true
But they come true when I'm near U
君の瞳には魔法のきらめきが宿ってる
君が微笑むたびにお菓子の国が姿を現すんだ
おとぎ話が現実になるなんて思いもつかなかった
けれども君が傍にいると
おとぎ話も現実になってしまう

U're a genie in disguise
Full of wonder and surprise
君はまるで姿を変えたランプの精だね
奇跡と驚きがいっぱいに溢れてる

And betcha by golly wow
U're the one that I've been waiting 4 4ever
And ever will my love 4 U keep growin' strong
Keep growin' strong
ベッチャ・バイ・ゴーリー、ワウ
君こそが僕が永遠に待ち焦がれていたひと
君への僕の愛はどこまでも強くなる
どこまでも、強くなる

And if I could, I'd catch a falling star
2 shine on U so I know where U are
Paint a rainbow in your favorite shade
2 show I love U, thinkin' of U
できることなら僕は流れ星を捕まえよう
君を照らして君の居場所を知るために
君のお気に入りの色で虹を描こう
君への愛を示すために
君への想いを込めながら

Write your name across the sky
Anything U ask, I'll try
君の名前を空に書こう
君の願いならば、何だってしてみせる

Cuz betcha by golly wow
U're the one that I've been waiting 4 4ever (Yes U are!)
Don't U let 'em tell U otherwise (Oh yeah)
And ever will my love 4 U keep growin' strong
Keep growin' strong
Oh
ベッチャ・バイ・ゴーリー、ワウ
君こそが僕が永遠に待ち焦がれていたひと
そうでないなんて言わせない
君への僕の愛はどこまでも強くなる
どこまでも、強くなる

Baby, sometime a man can't find words 2 express
All the things he feels inside
But every just so often the words of another
Who's truly in love seem 2 work out fine
時として人は言葉を見つけられなくなる
己の胸に抱く想いの丈を全て表す言葉を
しかし時には他者の言葉であっても
誠の愛から生まれたのであれば代わりになろう

2 say I love U, 2 say I'm thinkin' of U!
君への愛を伝えるために、君への想いを伝えるために!

(Betcha by golly wow)
U're the one I'm thinkin' of
(U're the one that I've been waiting 4 4ever)
Think of U 4ever!
And ever will my love 4 U keep growin' strong
Keep growin' strong
I love U, baby
ベッチャ・バイ・ゴーリー、ワウ
君こそが僕が想いを焦がすひと
僕が永遠の想いを焦がすひと
僕の君への愛はどこまでも強くなる
どこまでも、強くなる
愛してる

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ