OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

先日、NHK で『アナザーストーリーズ「We Are The World 奇跡の10時間」』が放送されました。番組の目玉は何と言ってもシーラ・Eにより明かされた、プリンスが We Are The World レコーディングに欠席した経緯に関する新事実だと思います。私はこの番組を見ていないのですが、ありがたいことに内容は伺い知ることができます。プロジェクト側はシーラ・Eにソロパートを与えるという口約束をしてプリンスを呼ぶことを画策したものの、プリンスは自分達が騙されていることを悟り、やはり欠席を貫いたということなのだそうです。

少し強い言い方になりますが、マイケル・ジャクソンやクインシー・ジョーンズには、常にプリンスを利用してやろう、あるいは、プリンスを引きずり下ろしてプリンスの築いたポジションを自分達が奪ってやろうという腹積もりがあった、という印象を私は持っています。あくまで私の印象ですが。そして、その試みは一定の成功を収めました。「We Are The World」のレコーディングでは、プリンスは参加と不参加のどちらを選んでも不利を被る状況に立たされました。そして、このイベントに付随して発生したアクシデントにより、プリンスはその後のキャリアに響く大きなダメージを負いました。

プリンスとマイケルの二人の関係を象徴する出来事に、「We Are The World」、「Bad」で持ち上がったデュエットの話、そして遡って1983年、二人がステージに上ったジェームス・ブラウンのコンサートがあります。これらの出来事についてスーザン・ロジャースが言及しているインタビューを紹介します。2017年1月の Prince Podcast でのインタビューで、1:54:43 〜 2:00:40 頃の会話です。

Michael Dean (インタビュアー): 80年代、我々の間では、自分達がプリンスファンなのか、マイケルファンなのか、それとも両方のファンなのかという話が常にありました。しかし、プリンス自身はマイケルについて話をすることはあったのでしょうか?競争とは言わないまでも、互いに意識し合うことはあったのでしょうか?

Susan Rogers: ええ、ありましたとも。2016年の夏に、苗字は失念してしまいましたがクリスさんという人からインタビューを受けました。プリンスとマイケル・ジャクソンのライバル関係についてのドキュメンタリーフィルム制作のためということで、それを楽しみにしているところです。それで、はい、二人は大いに意識し合っていました。

そういえば、ある同僚がボブ・ディランについてこんなことを言っていました。その、ビートルズやストーンズ、ジミ・ヘンドリックスは皆、ボブ・ディランになりたがっていたと。一方でボブ・ディランはその誰にもなりたいとは思っていなかったと。

Michael: (笑)

Susan: それで、これについては少し思い切ったことを言わせてもらいます。私はプリンスのもとで働いた後、次の仕事でジャクソンズのレコードを手掛けました。それで3ヶ月間、ジャクソン・ファミリーの住むヘイヴンハーストやカリフォルニア周辺で過ごす機会がありました。当時マイケルはツアーで離れており、またネバーランドの建設中でもありましたが、ジャッキーやジャーマインや、とても素晴らしい人達と一緒に過ごすことができました。それで、私達は、プリンスとマイケル・ジャクソンについて色々な情報交換をしたんです。なので、あえて思い切ったことを言います。

プリンスはマイケルになりたいとは思っていませんでしたが、マイケルはプリンスになりたがっていました。

Michael: それは分かる気がします。

Susan: そうですね。プリンスはマイケルの偉大さを十分に知っていました。プリンスは実際に私に言いました。マイケルがいかに強い競争心を持ってるかということを。クインシー・ジョーンズがプリンスに「We Are The World」への参加を求めた時、プリンスはそれを断りました。私は電話の向こうにいるクインシーの声を聞くことはできませんでしたが、プリンスの言葉は聞くことができました。私はプリンスと一緒にコントロール・ルームにいて、プリンスの隣に立っていましたから。

プリンスは「いや、僕は参加しない、参加したくないんだ。でもシーラを送ることはできるよ」と言い、それで話はつきました。それで全て話はついたはずでした。しかし翌日の新聞でプリンスは散々に批判されました。といってもそれはプリンスに非があったわけでなく、カメラマンがプリンスの乗った車に突然入り込んできたからで、まあそれは別な話ですけれども。とにかく、プリンスはそのままの自分でいて焦りを覚えることはなく、マイケルとのライバル関係を好ましく思っていました。プリンスはマイケルの存在を脅威だとは全く感じていなかったはずです。

マイケルがプリンスに「Bad」の曲でデュエットを持ち掛けたときも、プリンスは断りました。プリンスはこう言いました。
「僕は歌わないよ。"お前のケツはオレのもの" だなんて他の男に歌わせるわけがないしょ?」
でも私は言いました。
「どうして? 素敵なことじゃない? あなた達二人が一緒のレコードでデュエットしたらファンはきっと喜ぶでしょう」
でもプリンスは「いや、僕はそういうのはやらない」と言いました。
そして私は無知なことに続けました。
「あなた達は友達だと思われたくないの? あなた達が友達だって人々に知ってほしくないの?」

私はその時のプリンスの表情を決して忘れることはないでしょう (笑)
コントロール・ルームで私の目の前に座っていたプリンスは、くるっと振り返って言ったんです。

「知・ら・な・い・コぶらないでよ (Don't be naiiiive)! マイケルが話を持ち掛けたのは僕に友達になってほしいからじゃない。マイケルは勝負を持ち掛けて僕を嵌めようとしてるんだ。勘づかないのかい?」

当時の私は勘づくことができませんでした。しかし今なら分かります。プリンスは、マイケルが何をたくらんでいるのかちゃんと知っていました。

「ほら、僕と腕相撲をしようよ。ただし、僕んちの庭にある備え付けのテーブルでね。僕に有利な仕掛けになっているけど」

なので、二人にライバル関係はありました。ただ、プリンスはマイケルを脅威に思うことは特にありませんでした。80年代中頃には。しかし80年代初期になると話は変わります。世に流れたあのジェームス・ブラウンのコンサートの映像があります。プリンスがステージに上り、照明のポールを倒してしまい、ヘマをしてバツの悪い姿を晒したコンサートです。

実を言うと、私がプリンスのもとにいた頃、プリンスはあのビデオテープを見ることがありました。

Michael: そうなんですか。

Susan: そうなんです。プリンスは自分がヘマをしたことをはっきり分かっていました。後でジェシー・ジョンソンから教えてもらいました。あのコンサートの後、プリンスはザ・タイムやプリンスのバンドメンバー何人かと一緒の場にいて、それがリムジンの中だったかバックステージだったかは覚えていませんが、その場で皆に向かって言ったのです。
「あれはダメだったね。酷いヘマだっただろ。失敗したよ」
そうしたらその場の全員が口々に言ったのです。
「全然そんなことなかったよ! 良かったよ! 凄く良かったよ!」

Michael: ワオ・・・

Susan: ジェシーが教えてくれました。ジェシーはミネアポリスではなくイリノイのイーストセントルイス出身で、新しいメンバーだったこともあって、ジェシーは何も言いませんでした。しかし、ジェシーはその時、プリンスの表情を見て瞬時に悟りました。プリンスは自分の仲間には誰も真実を告げる人間がいないことを分かっていたのだと。

Michael: 興味深い・・・

Susan: ええ。とても寂しいことです。とても孤独なことです。親友やバンドメンバーに「ダメだっただろ?」と問いかけて、「そんなことないよ、凄く良かったよ!」と偽りの言葉を返されるのは。

雑論・・・のつもりでしたが、話があちこち飛ぶのも何なので、この辺で終わりにします。ちなみにもうひとつ頭の中にあったのは、St. ポール・ピーターソンがいかに凄いミュージシャンかということです (スーザン・ロジャースは上のポッドキャストで56分過ぎに「過小評価されているけど、ポール・ピーターソンはモンスターミュージシャンだ」と言っています)。

私はトリビュート関係のイベントはあまり積極的にチェックしていません。プリンスの規格に合わせると、世の中のどんなに優れたアーティストでもプリンスとは大きな落差が生じてしまい、プリンスの不在感を強く感じるだけになってしまうからです。今回の NHK の番組も見る気になりませんでしたし、今年の3月に NPG がせっかく東京に来てくれたときも、個人的には時期が早過ぎてどうしてもコンサートに行く気になりませんでした。しかし2016年9月の fDeluxe のコンサートには行きましたし、素晴らしい体験をしました。

それにしても、プリンスとマイケルの二人の関係や、それぞれの出来事に対するプリンスの対応は、とても面白く魅力的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

You know, I wrote this while I was looking in the mirror, right?
知ってるよね? 僕は鏡に映る自分を見ながらこの曲を書いたんだよ。

プリンスは弾き語りでこの曲を歌いながらこのように言いました。「Cream」は1991年のアルバム「Diamonds And Pearls」からの全米 No.1 ヒット曲です。ちなみにこの発言は下にリンクした動画で14分10秒頃にしています。動画は2004年「Musicology」の時期のものです。

個人的に、上に引用したプリンスの発言にはなかなか考えさせられます。というのも「Cream」という曲は、単純な曲の意味を越えて、まさに自分を映し出す鏡のようだと私には感じられるのです。この曲、引いてはプリンスという存在を突き出されたとき、それをひとつの芸術が形を成したものであると受け止め、生きることへの讃歌を感じ取るのか、それとも批評家のようにシニカルな態度で冷笑するのか。これは自分が心の底でどちら側の人間なのかを試すような曲だと思います。もしこの曲を語る言葉に棘や毒が見え隠れするとしたら、それはこの曲ではなく、その人自身の内面を映し出しているのだろうと私は感じます。

と、初めてこの曲を聴く人には、私がなぜこんなことを言っているのかと思うかもしれません。知らない人のために補足をすると、実はこの曲のタイトルは婉曲的にある別なモノを指しているようにも受け取れるのです。ピンと来ない方もいるかもしれませんが、それをはっきり言わないことがこの曲の味わいを深めている面もあるので、私もぼかした説明に留めておきます。とにかく、この曲が別な意味で解釈可能なことから、それをことさら強調してこれを下賤な曲だと切って捨てる人も中にはいるでしょう。しかし私は、このことも含めて、いや、だからこそこの曲は素晴らしいと思います。考えてもみてください。こういう含みを持たせつつ、こんなにチャーミングに仕立て上げられた人生讃歌って他にあるでしょうか? この曲は紛れもなくプリンスの傑作のひとつであり、同時にプリンスが唯一無二のアーティストであることを改めて思い知らしめる曲だと思います。

ちなみに、私はこの曲が下賤だとは全く思いません。それどころか逆に、「上品なプリンスの曲は?」と訊かれたら、私は真っ先にこの曲を思い浮かべます。なんだか感覚が変だと思われそうですが、この曲のミュージックビデオを見てみてください。白いシャツにお洒落なベストとネクタイを着こなすプリンスは、凄く上品で紳士的だと思いませんか?


この曲がリリースされた当時中学生だった私は、リアルタイムではなぜこの曲がヒットしたのか理解に苦しんだものでした。しかし、大人になり、年月を重ねてじわじわとこの曲の素晴らしさを実感できるようになりました。"Filthy cute" なんてどう日本語に訳せば良いのか分かりませんが、この曲の歌詞は本当に最高だと思います。

U are fine (Fine)
U're filthy cute and, baby, U know it
君はイかしてる - 君はとびっきり魅力的で、自分でも知ってるはずさ

Make the rules (Rules)
Then break 'em all cuz U are the best
ルールを作りなよ、そして全部破っちゃえ、だって君は最高なんだから

この曲のミュージックビデオには、最初の寸劇で女性がセクシーな口調でクリームソーダを頼むシーンがあります。この台詞のためか、私はこの曲を聴くときクリームソーダを思い浮かべます。底に沈めようとしても、"クリーム - シュ・ブギー・バップ♪" と反発しててっぺんに浮かんでくるアイスクリーム。コーラスの歌詞とイメージがぴったりだと思います。

この曲の音楽の方は、ブギーという言葉も出てきますし、下地は古いアメリカの音楽といった感じがします。しかし下地が古いからといって、この曲が古臭いかと言われれば、そうは感じません。リリースから25年以上経った今聴くと、リリース当時よりもむしろ音は新しさを増しているのではないかとさえ感じます。コーラスのときに鳴る前作「Graffiti Bridge」の「Shake!」みたいな音もとても良いです。1986年の「Kiss」にも言えることですが、「Cream」もまた、古い音楽をルーツとしながらも時代を超越した特別な場所に存在する楽曲だと思います。こういった時代の超越感というのもまたプリンスの音楽の特徴のひとつであり、プリンスの音楽の凄いところだと思います。


This is it
It's time 4 U 2 go 2 the wire
U will hit
Cuz U got the burnin' desire
It's your time (Time)
U got the horn so why don't U blow it
U are fine (Fine)
U're filthy cute and, baby, U know it
さあいよいよだ - 遂に達する時が来たんだ
上手く行くさ - 君には燃え上がる欲望があるんだから
君の時間だ - ホーンがあるなら吹き鳴らさなくっちゃ
君はイかしてる - 君はとびっきり魅力的で、自分でも知ってるはずさ

Chorus:
Cream - Get on top
Cream - U will cop
Cream - Don't U stop
Cream - Sh-boogie bop
クリーム - てっぺんに登って
クリーム - 掴み取るんだ
クリーム - やめたりしないで
クリーム - シュ・ブギー・バップ

U're so good
Baby, there ain't nobody better (Ain't nobody better)
So U should
Never ever go by the letter (Never ever)
U're so cool (Cool)
Everything U do is success (Ooh)
Make the rules (Rules)
Then break 'em all cuz U are the best
Yes U are
君はとてもイイよ - 誰だって君には敵いやしない
だから絶対、指図に大人しく従っちゃだめ
君はイカしてる - やることなすこと全てが成功
ルールを作りなよ、そして全部破っちゃえ、だって君は最高なんだから

Chorus:
Cream - Get on top
Cream - U will cop
Cream - Don't U stop
Cream - Sh-boogie bop
クリーム - てっぺんに登って
クリーム - 掴み取るんだ
クリーム - やめたりしないで
クリーム - シュ・ブギー・バップ

Look up in the air, it's your guitar
見上げてごらんよ、君のギターだ

Do your dance
Why should U wait any longer?
Take your chance
It could only make U stronger
It's your time (It's your time)
U got the horn so why don't U blow it (Go on and blow it)
U're so fine (U're so fine)
U're filthy cute and, baby, U know it, U know it (U know it, U know it)
自分のダンスを踊るんだ - これ以上何を待つ必要があるんだい?
とにかくやってみるのさ - それで君は強くなるんだから
君の時間だ - ホーンがあるなら吹き鳴らさなくっちゃ
君はイかしてる - 君はとびっきり魅力的で、自分でも知ってるはずさ

(Come on)
Cream - Get on top
Cream - U will cop
Cream - Don't U ever stop
Cream - Sh-boogie bop
クリーム - てっぺんに登って
クリーム - 掴み取るんだ
クリーム - やめたりしないで
クリーム - シュ・ブギー・バップ

Cream {x2}
Cream - Sh-boogie bop
Cream {x2}
Right there
Cream - Don't U stop
Cream - Sh-boogie bop
Boogie
Cream - Sh-boogie bop {fade out}
Cream, baby

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Walk Don't Walk」は1991年のアルバム「Diamonds And Pearls」に収録されている曲です。濃くて存在感の強い曲が並ぶこのアルバムにあって、素直で可愛らしい感じのするこの曲は尺も3分7秒と短く、あまり目立たない曲に思えるかもしれません。しかし、私はこの曲がたまらなく好きです。

この曲に対する思いは、この曲から何を感じ取るかによって変わります。私にとって、この曲をより特別なものにしているのはその歌詞です。しかしながら、素直な曲調とは対照的に、その歌詞はなかなかのあまのじゃくで一瞬戸惑います。曲の前半は、まるで自分を抑えて他人にいいようにされる生き方を肯定するかのような言葉が並び、かなりの違和感を受ける内容になっています。ちなみに "walk (all) over" というのはイディオムで、他人に敬意を示さず酷い扱いをする、といった意味があります。

Don't walk with a confident stride
Then people will walk all over U
But don't talk till they tell U 2
Don't talk if it's against the rules
Just walk away and be a fool
That's what they want U 2 do
自信ありげな足取りでは歩いちゃダメ
そしたら君は皆のいいようにされるだろう
でもいいと言われるまでは話しちゃダメ
ルール違反になるなら話しちゃダメ
その場を去って物笑いになるのさ
それが皆の望むことだからね

しかし、後半になると主張が変化します。そして最終的に次のポジティブなメッセージに行き着きます。

The sun will shine upon U one day
If U're always walkin' your way
いつの日か太陽は君に輝くよ
自分の道を歩き続けることさ

この部分だけを抜き出すと、安直とも受け取れるほどにシンプルなメッセージです。しかし、そこに至るまでの歌詞にも目を向け、そしてこの曲を書いたのがプリンスであることを思い出してください。このメッセージに辿り着くまでにどれほどの葛藤があったのでしょう? そして逆境に打ち克つためにどれほどの勇気と覚悟が必要だったのでしょう? プリンスは世の中の誰にも真似のできない人生を送った人でした。プリンスがどんな人物で、どんな人生を送ったかを知らないと、私がどれほどこの曲を特別に感じているかが伝わりにくいと思います。そんなこともあって、前回と前々回の記事でスーザン・ロジャースのインタビューを2つ紹介しました。

また、個人的には、後に表面化することになるマスターテープの所有権を巡るレコード会社との戦いにも思いが及びます。特に思うのは、プリンスが頬に "SLAVE" と書き、名前を変えてシンボルになっていた時期にあたる1996年の、Rolling Stone 誌のインタビューでの発言です。

Then people say I'm a crazy fool for writing on my face. But if I can't do what I want to do, what am I? When you stop a man from dreaming, he becomes a slave. That's where I was. I don't own Prince's music. If you don't own your masters, your master owns you.
今、頬に "SLAVE" と書いていることで僕は頭のおかしい人だと思われている。しかし、やりたいことをさせてもらえないのなら、僕は何者だっていうのだろう? 他人の夢を断つということは、その人を奴隷 (slave) にするということ。それが僕が置かれていた状況なんだ。僕はプリンスの音楽の所有権を持っていない。マスター (マスター音源) を所有しない者は、マスター (レコード会社) に所有されるんだ。

マスターを所有するか、それともマスターに所有されるか。この発言は、何となくこの曲のタイトルや主張にも通じるところがあるように思います。


さて、この曲が素晴らしいのは歌詞だけではありません。この曲のさらに素晴らしいところは、これほどの意味深いメッセージが、とても愛らしい素敵な音楽に乗せられていることです。

ちなみに、Peach & Black ポッドキャストのレビューでは、この曲はセサミストリートでやったら楽しいだろうね、と言っていて、なるほどと思いました。例えばマペット放送局バージョンの「Starfish And Coffee」を思い浮かべてみてください。「歩くの?歩かないの?」とマペット達と一緒になってプリンスが道を行ったり来たりして、道の真ん中でクラクションを鳴らされながらも「そんなの気にしないよ」と言わんばかりに「シャーララーラララー♪」と歌うビデオがもし作られていたら・・・。そんなビジュアルイメージが脳裏に浮かぶと、ますます素敵な曲に思えてきます。

ところで、PrinceVault を確認すると、この曲のベースギターはリーヴァイ・シーサー・Jrが演奏していることになっているようなのですが、実際にはベースギターの音は聴こえません。「ンンンー♪ ンンンー♪」というプリンスの低音ハミングが聴こえるだけです。この曲は遂にプリンスのコンサートで演奏されることはありませんでしたが、もし演奏されていたとしたら低音ハミングは誰がやることになったのでしょうか。トニー・Mでしょうか・・・なんてことを思ったりします。


Walk on their side of the street
Don't walk where it feels the best
Walk away from people U meet
Don't talk 2 strangers unless
They walk the way U want them 2
Don't walk unless the others do
歩かなきゃ - 通りの彼等の側を
歩いちゃダメ - ベストだと感じる場所は
離れなきゃ - 出会う人達から
話しかけちゃダメ - 見知らぬ人が君にとって
好ましい歩き方じゃなかったら
歩いちゃダメ - 皆も歩いてなかったら

I said walk like U could use a ride
Don't walk with a confident stride
Then people will walk all over U
But don't talk till they tell U 2
Don't talk if it's against the rules
Just walk away and be a fool
That's what they want U 2 do
Yeah, that's what they want U 2 do
歩かなきゃ - 乗り物に乗りたそうな素振りで
歩いちゃダメ - 自信ありげな足取りでは
そしたら君は皆のいいようにされるだろう
でも話しちゃダメ - いいと言われるまでは
話しちゃダメ - ルール違反になるのなら
その場を去って物笑いになるのさ
それが皆の望むことだからね
それが皆の望むことだからね

Sha, na, na, na, na {x4}
シャ・ナ・ナ・ナ・ナ {x4}

Don't talk if it's against the rules
Just walk away and be a fool
That's what they want U 2 do
話しちゃダメ - ルール違反になるのなら
その場を去って物笑いになるのさ
それが皆の望むことだからね

So U gotta walk like U wanna make it
Don't walk like U just can't take it
G'on walk on whatever side U like
Don't walk wherever they tell U 2 - psyche!
The sun will shine upon U one day
If U're always walkin' your way
だから間に合いたいと思って歩かなきゃ
耐えれられなそうな素振りで歩いちゃダメ
どんどん歩かなきゃ - どちらでも好きな側を
歩いちゃダメ - 言われた通りの所は - なんてね!
いつの日か太陽は君に輝くよ
自分の道を歩き続けることさ

Oh, the sun will shine upon U one day
If U're always walkin' your way (Hey)
いつの日か太陽は君に輝くよ
自分の道を歩き続けることさ

Sha, na, na, na, na {x4}
シャ・ナ・ナ・ナ・ナ {x4}

(Checkin' me now just walkin')
Said I'm walkin' on your side of the street
(Checkin' me now just walkin')
I'm talkin' 2 the people I meet
(Checkin' me now just walkin')
Alright
Hey
(Alright)
(ほら私は歩いているわ)
ほら歩いているよ - 通りの君の側を
(ほら私は歩いているわ)
話しているよ - 出会う人達とも
(ほら私は歩いているわ)
オーライ
ヘイ

Walk - don't walk
Talk - don't talk
Walk - don't walk {fade out}
Talk - don't talk
歩いて - 歩いちゃダメ
話して - 話しちゃダメ
歩いて - 歩いちゃダメ
話して - 話しちゃダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ