OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

12月7日に発売された「プリンス録音術」(原題: Prince In The Studio - The Stories Behind The Hits 1977 - 1994)、著者: Jake Brown、翻訳: 押野素子) を読みました。前回のクイズの回答は先延ばしにして、この本について少し書いておくことにします。

この本の特徴は、1980年代のみならず90年代に入ってからのレコーディングについても扱われており、他の情報源では得られないエンジニアのエピソードが含まれていることだと思います。多くの情報は新しいものではありませんが、それを日本語で読めるのはとても嬉しいです。また、レコーディングに関する機材やテクニカルな言葉が頻出するのですが、私にはそういった言葉はサッパリなのが無念です。

また、この本では翻訳の良さも特筆すべき点だと思います。ただ文章が読みやすいだけでなく、翻訳の過程で情報の正誤チェックも行われているようなので、相当な労力が費やされたものと思います。ちなみに、原著は Amazon 等でもストックはされていないようですが、バージョン違いの「Prince In The Studio - The Stories Behind The Hits 1975 - 1995」が Kindle で $2.99 で購入可能です。雑誌などからの引用が多い本なのですが、原著では初期の怪しい情報なども精査せずにそのまま使っているようで、購入してみたところ、Chapter 1 の最初の文からビックリさせられました。

- Prince Roger Nelson - was born to father John T. Nelson, (who was bi-racial) and mother Mattie Shaw (who was Italian)...
プリンス・ロジャー・ネルソンは、父ジョン・・ネルソン (ハーフ) と母マティ・ショウ (イタリア人) との間に生まれた。

上の部分はもちろん「プリンス録音術」の方では修正されています。名前がプリンス・ロジャーズ・ネルソン、ジョン・L・ネルソンに修正されていて、人種への言及も削除されています。

以下、一読して気に留まった点を少し書き残しておきます。

● 78ページ、ミネアポリス・サウンドについて。ファンジンの「Uptown」からの引用で、「シンセをメインの楽器として使い、コードやフィル、リード・ラインを演奏することで、シンセは単に奇妙なサウンド・エフェクトをつくるためのものでも、ソロを演奏するためのものでもないことを示した」という記述があります。細かいところなのですが、プリンスは奇妙なサウンド・エフェクトの達人みたいなところがあるので、「〜、シンセは単なる奇妙なサウンド・エフェクトやソロを演奏する以上のものであることを示した」の方が適切だと思いました。

● 91ページ、「When We're Dancing Close And Slow」について。ミキシングの段階で、ベースを一音一音手作業で全て弱め、ドラムを強める処置をしたことが書かれています。この曲で表現される親密な私的世界が、強調されたドラムサウンドとコントラストを生み出すように、との意図で行われたそうです。

● 160ページ、マット・フィンクの発言で、「Purple Rain」のストリングスはクレア・フィッシャーがオーバーダブしたと書かれています。クレア・フィッシャーがプリンス関連で手掛けた最初の仕事は1984年の「The Family」プロジェクトで、プリンスの作品となると「Parade」まで待たなければならないので、マット・フィンクの勘違いと思われます。

● 292 - 293ページ、「Elephants & Flowers」について。これが一番面白い情報でした。あの特徴的なしゃがれたボーカルは、プリンスが扁桃炎にかかっていたためなのだそうです。医者からは歌うのは止めて静養するように言われていたにもかかわらずプリンスはレコーディングを行い、歌声を聴いたエンジニアはプリンスがボブ・ディランの真似でもしてるのかと思ったのだそうです (笑)

ところで、この非常に美しい P&M ツアーでのパフォーマンスは、いつになったらリリースされるのでしょうか。


おまけです。

● 97 - 98ページ、1985年のローリング・ストーン誌のインタビューが引用され、「Dirty Mind」期に一時期心身の調子を崩したことなどが書かれています。本とは全くの無関係なのですが、米国にはプリンス・ブランドのスパゲティというのがあるらしくて、そのローリング・ストーン誌のインタビューにおいて、プリンスはそのコマーシャルのネタに使用されたことついて答えています。

そのコマーシャルが YouTube にあったのでリンクします。コンサート会場で、熱狂する観客が待ち侘びる中、「レディース・アンド・ジェントルメン、イン・コンサート、プリンス!」というナレーションが響くと、ステージにスパゲティが登場するという、しょうもないコマーシャルです (笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はいつもとは趣向を変えて、プリンスの曲当てクイズです。

プリンスの音楽では、歌詞が重要な役割を持っています。プリンスの作る歌詞は音楽に特別な力を与え、それぞれの曲に合わせた独特の世界を紡ぎ出します。曲の聴き手は、歌詞を知ることで、その世界とより深く交わることができます。しかしその一方で、プリンスの歌詞では「おやっ」と思わせる表現にぶつかることもままあります。これから紹介するのは、私がとある曲を聴いたときに、私の中で重なり合って進むもうひとつの物語です。曲のタイトルは伏せておくので、それが何であるか当ててみてください。


それは、男の子が女の子に恋をするとてもキュートな曲です。歌詞では人物や情景が活き活きと描かれます。ビジュアルイメージとしては青空の印象が強いのですが、歌われるのはどんよりした曇り空の日の出来事で、しかも途中で天候は崩れ、ふたりは雷雨の中で結ばれます。

それでは、歌詞をいくつか取り出して見ていくことにしましょう。

gensenkan-00

She wasn't 2 bright, but I could tell...
その娘はちょっと鈍い娘だったけど・・・

どうやらその娘は利発的な印象を与えるタイプではないようです。それにしても、この表現はどう考えても誉め言葉ではないような気がします。プリンスは、なぜ恋に落ちた女の子に対してこのような引っ掛かる表現を使ったのでしょうか? ひょっとして、その娘にはそのような言葉を選ばざるをえない特別な事情があったものの、プリンスは配慮を利かせてあえて直接的な言及を避けたという可能性は考えられないでしょうか? 具体的に言うと、例えば口が不自由だったりとか・・・

gensenkan-01

Built like she was, she had the nerve 2 ask me
体つきに似つかわしい大胆さで、その娘は男を浴室に入れました

その娘は思いのほか大胆な体つきをしているようですが、これも引っ掛かる表現です。普通に考えると、これも女性に対する誉め言葉としては気の効いたものではありません。それにしても、この表現からイメージされる娘の体つきとは・・・

gensenkan-02
gensenkan-03

・・・分かりづらいかもしれませんが、他の描写は際どいのでこれだけにとどめておきます。

さて、続きます。

Overcast days never turned me on
but something about the cloulds and her mixed
どんより曇り空の日は乗り気にならないものですが
その日の空模様と彼女の組み合せには妙にそそるものがありました

気が進まないもやむなく混浴に入った男は、いざ娘の姿を見ると衝動を抑えきれず娘に迫ります。最初、娘は驚き抵抗を示しますが、男が何を求めているかを悟ると、浴室の壁に指文字で「へ・や・で」と書き残し、その場を後にします。

gensenkan-04
gensenkan-05

The rain sounds so cool when it hits the barn roof
曇り空はやがて嵐となり、暴風が家々を軋ませます

雨は降っていませんけど。

gensenkan-06

She knew how to get her kicks
娘はその時、どうすればいいかをちゃんと分かっていました

gensenkan-07
gensenkan-08

男が戸を開けて娘の部屋へ入った時、男は赤い天狗のお面を被っていました。集落のお婆さんが営む駄菓子屋で見つけたものです。

He wore a red mask of Tengu♪
The kind U find in a grandma's candy store♪
彼は赤い天狗のお面を被ってた♪
お婆さんがやってる駄菓子屋で見つけたものさ♪

gensenkan-09

こうして二人は結ばれました。


ここで貼り付けた画像だけでは端折りすぎていてストーリーがさっぱり分からないでしょうが、これはつげ義春の「ゲンセンカン主人」という漫画です。話の内容は以下のリンク先などで読むことができます。リンク先は最初の部分だけなら試し読みができます。

さて、私の頭の中に流れている曲が何であるか分かりましたでしょうか? 一応ヒントを出しておくと、その曲では、女の子が被っていた、あるモノが曲のタイトルになっています。しかし、それは赤い天狗のお面ではありません。気になる答えは次回に書く予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Lady Cab Driver」は、1982年のアルバム「1999」に収録されています。この曲はファンクミュージックが到達し得るひとつの究極の形と言って良いでしょう。とにかく凄い曲です。公共の場では流せないパートもありますが、名曲です。

しかしながら、何をもってこの曲を究極のファンクと呼ぶのかについては、私は上手く説明ができません。そもそも、この曲はファンクなのでしょうか? いや、確かに既存の物差しで測るならファンクになるのでしょうが、この曲は、何か根本的なものが既存の物差しから逸脱しているように思えます。この言語化できない感覚は、個人的にはどこか「If I Was Your Girlfriend」と通じるものがあるようにも思えます。

一言で「Lady Cab Driver」とはこういう曲だ、と説明するのは難しいので、今回の記事では、全体で8分20秒程になるこの曲を最初から聴いていくことにします。


0分00秒〜

雑踏の中、タクシーを呼び止めるプリンスの声で曲は始まります。

Taxi! Taxi!
タクシー!タクシー!

ここから始まる音楽とプリンスの歌は、素晴らしいの一言に尽きます。しかし、このままファンクの傑作として素直に曲が完了するかというと、そうはならないのがこの曲です。

Lady cab driver, can U take me 4 a ride?
Don't know where I'm goin' cuz I don't know where I've been
So put your foot on the gas, let's drive
レディー・キャブ・ドライバー、乗せていってくれ
行き先は分からないし、自分がどこから来たかも分からない
だからアクセルを踏んで、出発してくれ

Lady, don't ask questions
I promise I'll tell U no lies
Trouble winds are blowin', I'm growin' cold
Get me outta here, I feel I'm gonna die
レディー、何も訊かないでくれ
嘘は言わないと約束するから
厄介な風が吹き荒んでいて寒気がする
ここから連れ出してくれ、死んでしまいそうだ

Lady cab driver, roll up your window fast
Lately trouble winds are blowin' hard
And I don't know if I can last
レディー・キャブ・ドライバー、早く窓を閉めてくれ
近頃は厄介な風が吹き荒んでいる
このままでは堪えられるか分からないんだ

Lady, I'm so lonely
I know that's not the way 2 be
Don't want isolation, but the air, it makes me cold
Drive it, baby, drive it, drive this demon out of me
レディー、とても淋しいんだ
こんな状態でいいわけがないのは分かってる
隔絶は望んでいない、でも空気の冷たさに凍えそうだ
飛ばしてくれ、飛ばしてこの悪魔を振り払ってくれ

1分36秒〜

ふたりはどれだけ走ったのでしょうか。行きたい場所が見つかったようです。ただ、行き先を尋ねて「ハニー、レッツ・ゴー・エヴリウェア」と答えられても困るような気もします。また、「マンション」というのは英語での第一の意味は「大邸宅」になると思いますが、印象的な言い回しです。それと、いくら頭が混乱しているからといって、涙で運賃を払おうとするのも突っ込もうかどうか悩みます。

Take me 2 your mansion
Honey, let's go everywhere
Help me girl, I'm drownin', mass confusion in my head
Will U accept my tears 2 pay the fare?
君の住んでいる所へ連れて行ってよ
ハニー、どこへだって行こう
溺れそうな僕を助けてほしいんだ
頭の中が酷く混乱している
お代にこの涙を受け取ってくれるかい?

3分10秒〜

公共の場では流せないパートに入ります。キーキーと車を軋ませて、プリンスはやり場のない様々な憤りを女性にぶつけます。女性の声はジル・ジョーンズが演じています。ちなみに私は、一連のプリンスの台詞から、漫画「北斗の拳」でケンシロウが兄のひとりジャギを倒すシーンを思い出します (大ゴマの連続なので画像は自重します)。

あたたた!! これはシンの分!!
そして・・・これは!! ユリアの分だ!!
3人目はあの幼い兄弟の分!!
最後にこれは・・・きさまによってすべてを失った おれの・・・このおれの怒りだあ!!

ところで、どうやら女性は「大邸宅」には住んでおらず、荒んだ生活を送っていることがうかがわれます。

Uh! That one's 4, that one's 4 where U have 2 live
ああ、今のは、今のは、君が住まなければいけないところのため

3分46秒〜

それまで激しかったプリンスの声のトーンが変わります。「大いなる創造主」の以降は、優しさを含んだ口調になります。

This one... ooh yeah, that's the one
That's 4, that's 4 the Creator of man
これは、ああ、そう・・・これがそう
これが人間を創りたもうた大いなる創造主のため

4分18秒

プリンスの態度の変化によるものでしょうか。音量を上げて、できればヘッドホンをして、バックの声をよ~く注意して聴いてみてください。ジル・ジョーンズが「Yes!」と声を漏らします (笑)

ちなみに、前回の記事で取り上げた「Look At Me, Look At U」を聴くと、私はこのジル・ジョーンズの声を思い出して、フフッとなります。

(Look At Me, Look At U の歌詞)
Modesty aside, whoever made U should be praised (Yes!)
慎しさは脇に置いて、君を創った者は称えられるべきだよ (そう!)

4分30秒〜

カモメの鳴き声がします。おそらく、ふたりは海に辿り着いたようです。

5分08秒〜

教会の鐘の音が響きます。これはふたりが結ばれたことを暗示するものでしょうか。しかし音楽には不穏な響きがあります。ちなみに、私がここで思い出すのは、「北斗の拳」で、レイがマミヤの報われない愛のために教会の鐘を鳴らすシーンです。

5分42秒〜

一転して音楽は激しさを増します。ギターが素晴らしいです。それにしても、アルバムのほぼ全部がそうなのですが、演奏はプリンスがたったひとりでやっているんですよね。

6分21秒

「ゴポゴポ」とうがいをする音がします。なぜ口をゆすいだのかは分かりませんが、落ち着かない気分になります。

6分44秒

意味は全く分からないのですが、唐突に「パオオ〜〜ン!」と象の鳴き声がします。ここで私が思い出すのが、前回の「Look At Me, Look At U」に引き続き、「魁!!男塾」に登場する男塾三面拳の月光です。

話は進んで天挑五輪大武會の決勝戦。相手は、大会主催者・藤堂兵衛の私設チームである冥凰島十六士です。その三番手にとんでもない敵が登場します。

otokojuku-gekko-mahal-01

敵は、古代インド幻の秘闘法といわれた操象戮狟闘法 (そうぞうりくかんとうほう) の使い手、ラジャ・マハールです。さすがの男塾の面々もこれには驚きますが、ひとりの男が名乗り出ます。その男の名は、もちろん我らが月光です。

otokojuku-gekko-mahal-02

月光は闘いの中で間合いを見切ったかに思えましたが、この化物象・パンジャブは普通の象ではありませんでした。パンジャブは奥義・晨襣張 (しんびちょう) を会得しており、天性の素質と修練により鼻を十倍の長さまで伸ばせ、それをいつまでも維持できるのでした。

otokojuku-gekko-mahal-03
otokojuku-gekko-mahal-04

ここで男塾ならではの名言がサラッと飛び出します。

フッ 普通の象の鼻が倍程度なら瞬間的に伸ばせることは知っていよう

月光は武器の棍を長く伸ばして必死の防御を見せますが、劣勢を覆すことはできません。

otokojuku-gekko-mahal-05
otokojuku-gekko-mahal-06

このまま敗れるかに見えた月光は秘策を出します。月光は、辵家 (チャクけ) 流奥義・暁闇紅漿霧 (ぎょうあんこうしょうむ) により、全身から血を噴出させて霧を作り出し、自らの姿を隠します。

otokojuku-gekko-mahal-07
otokojuku-gekko-mahal-08

その秘策も通用しないかに思えました。パンジャブは鼻息で血の霧を吹き飛ばし、浮かび上がった月光の姿めがけて突進します。しかし、それこそが月光の策略でした。月光が立っていたのは、長く伸ばした棍の先端だったのです。断崖絶壁に突き刺さったその棍の下は、奈落の底でした。

otokojuku-gekko-mahal-09

やっと曲と繋がりました。パンジャブは「パオオ〜〜ン」と最期の鳴き声を上げて奈落の底へと落ちていくのでした。

otokojuku-gekko-mahal-10

実は、世界の奇跡、肉体の極限ともいわれるインドのラーマ・ヨガを極めたラジャ・マハールにとって、ここまでの操象戮狟闘法を使った闘いはほんの座興にしかすぎませんでした。ここから様々な奇跡が起こるのですが、曲とは無関係なので男塾の話はこの辺で終わりにします。

otokojuku-gekko-mahal-11

曲の方は、この先は「Lady cab driver♪」の繰り返しで、エンディングへと向かいます。


おまけです。「北斗の拳」で、ケンシロウへの報われない愛を抱くマミヤのために、レイが教会の鐘を鳴らすシーンです。

hokuto-church-bell-1
hokuto-church-bell-2


Taxi! Taxi!
タクシー!タクシー!

Lady cab driver, can U take me 4 a ride?
Don't know where I'm goin' cuz I don't know where I've been
So put your foot on the gas, let's drive
レディー・キャブ・ドライバー、乗せていってくれ
行き先は分からないし、自分がどこから来たかも分からない
だからアクセルを踏んで、出発してくれ

Lady, don't ask questions
I promise I'll tell U no lies
Trouble winds are blowin', I'm growin' cold
Get me outta here, I feel I'm gonna die
レディー、何も訊かないでくれ
嘘は言わないと約束するから
厄介な風が吹き荒んでいて寒気がする
ここから連れ出してくれ、死んでしまいそうだ

Lady cab driver, roll up your window fast
Lately trouble winds are blowin' hard
And I don't know if I can last
レディー・キャブ・ドライバー、早く窓を閉めてくれ
近頃は厄介な風が吹き荒んでいる
このままでは堪えられるか分からないんだ

Lady, I'm so lonely
I know that's not the way 2 be
Don't want isolation, but the air, it makes me cold
Drive it, baby, drive it, drive this demon out of me
レディー、とても淋しいんだ
こんな状態でいいわけがないのは分かってる
隔絶は望んでいない、でも空気の冷たさに凍えそうだ
飛ばしてくれ、飛ばしてこの悪魔を振り払ってくれ

Take me 2 your mansion
Honey, let's go everywhere
Help me girl, I'm drownin', mass confusion in my head
Will U accept my tears 2 pay the fare?
君の住んでいる所へ連れて行ってよ
ハニー、どこへだって行こう
溺れそうな僕を助けてほしいんだ
頭の中が酷く混乱している
お代にこの涙を受け取ってくれるかい?

Lady cab driver, roll up your window fast
Lately trouble winds are blowin' hard
And I don't know if I can last
Oh
レディー・キャブ・ドライバー、早く窓を閉めてくれ
近頃は厄介な風が吹き荒んでいる
このままでは堪えられるか分からないんだ

Lady cab driver (Hey, that's my taxi)
Can U take me 4 a ride?
レディー・キャブ・ドライバー
乗せていってくれ

Lady cab driver, roll up your window fast
Lately trouble winds are blowin' hard
And I don't know if I can last
レディー・キャブ・ドライバー、早く窓を閉めてくれ
近頃は厄介な風が吹き荒んでいる
このままでは堪えられるか分からないんだ

This is 4 the cab U have 2 drive 4 no money at all
This is 4 why I wasn't born like my brother, handsome and tall
This is 4 politicians who are bored and believe in war
And this... mmm yeah, that's 4 me, that's who that one's 4
This is 4 discrimination and egotists who think supreme
And this is 4 whoever taught U how 2 kiss in designer jeans
Uh! That one's 4, that one's 4 where U have 2 live
This one's 4 the rich - not all of 'em, just the greedy
The ones that don't know how 2 give
This one's 4 Yosemite Sam and the tourists at Disneyland
これは無賃で走らねばならない君のタクシーのため
これは僕が兄さんのようにハンサムで背の高い男に生まれなかったため
これは退屈を持て余し、戦争の正当性を信じて疑わない政治家共のため
そしてこれは・・・そう、これは僕のため、これは僕のためのもの
これは差別と自身を最高と考える独善的な奴等のため
これはデザイナージーンズを履いて君にキスを教えた輩のため
ああ、今のは、今のは、君が住まなければいけないところのため
これは金持ちのため、だが全ての金持ちではなく
与えることを知らない強欲な金持ちのため
これはヨセミテ・サムとディズニーランドへの旅行者のため

This one... ooh yeah, that's the one
That's 4, that's 4 the Creator of man
This is 4 the sun, moon, stars, tourists at Disneyland
This is 4 the ocean, the sea, the shore
This is 4... and that's 4 U, that's who that one's 4
This is 4 the women so beautifully complex
This one's 4 love without sex
This is 4 the wind that blows no matter how fast or slow
Not knowing where I'm going is galaxies better
Than not having a place 2 go
Now I know (Now I know)
これは、ああ、そう・・・これがそう
これが人間を創りたもうた大いなる創造主のため
これは太陽、月、星達、ディズニーランドへの旅行者のため
これは大洋、海、海岸のため
これは・・・これは君のため、君のためのもの
これは全くもって美しく複雑な女性達のため
これは性行為を伴わない愛のため
これは激しさや穏やかさに拘わらず、吹き起こる風のため
行き先が分からなくたって、行き先が無いことに比べたら
銀河の何個分も恵まれたことさ
今は分かるよ

Lady cab driver {repeat}
(Hey, that's my taxi)

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ