OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「Walk Don't Walk」は1991年のアルバム「Diamonds And Pearls」に収録されている曲です。濃くて存在感の強い曲が並ぶこのアルバムにあって、素直で可愛らしい感じのするこの曲は尺も3分7秒と短く、あまり目立たない曲に思えるかもしれません。しかし、私はこの曲がたまらなく好きです。

この曲に対する思いは、この曲から何を感じ取るかによって変わります。私にとって、この曲をより特別なものにしているのはその歌詞です。しかしながら、素直な曲調とは対照的に、その歌詞はなかなかのあまのじゃくで一瞬戸惑います。曲の前半は、まるで自分を抑えて他人にいいようにされる生き方を肯定するかのような言葉が並び、かなりの違和感を受ける内容になっています。ちなみに "walk (all) over" というのはイディオムで、他人に敬意を示さず酷い扱いをする、といった意味があります。

Don't walk with a confident stride
Then people will walk all over U
But don't talk till they tell U 2
Don't talk if it's against the rules
Just walk away and be a fool
That's what they want U 2 do
自信ありげな足取りでは歩いちゃダメ
そしたら君は皆のいいようにされるだろう
でもいいと言われるまでは話しちゃダメ
ルール違反になるなら話しちゃダメ
その場を去って物笑いになるのさ
それが皆の望むことだからね

しかし、後半になると主張が変化します。そして最終的に次のポジティブなメッセージに行き着きます。

The sun will shine upon U one day
If U're always walkin' your way
いつの日か太陽は君に輝くよ
自分の道を歩き続けることさ

この部分だけを抜き出すと、安直とも受け取れるほどにシンプルなメッセージです。しかし、そこに至るまでの歌詞にも目を向け、そしてこの曲を書いたのがプリンスであることを思い出してください。このメッセージに辿り着くまでにどれほどの葛藤があったのでしょう? そして逆境に打ち克つためにどれほどの勇気と覚悟が必要だったのでしょう? プリンスは世の中の誰にも真似のできない人生を送った人でした。プリンスがどんな人物で、どんな人生を送ったかを知らないと、私がどれほどこの曲を特別に感じているかが伝わりにくいと思います。そんなこともあって、前回と前々回の記事でスーザン・ロジャースのインタビューを2つ紹介しました。

また、個人的には、後に表面化することになるマスターテープの所有権を巡るレコード会社との戦いにも思いが及びます。特に思うのは、プリンスが頬に "SLAVE" と書き、名前を変えてシンボルになっていた時期にあたる1996年の、Rolling Stone 誌のインタビューでの発言です。

Then people say I'm a crazy fool for writing on my face. But if I can't do what I want to do, what am I? When you stop a man from dreaming, he becomes a slave. That's where I was. I don't own Prince's music. If you don't own your masters, your master owns you.
今、頬に "SLAVE" と書いていることで僕は頭のおかしい人だと思われている。しかし、やりたいことをさせてもらえないのなら、僕は何者だっていうのだろう? 他人の夢を断つということは、その人を奴隷 (slave) にするということ。それが僕が置かれていた状況なんだ。僕はプリンスの音楽の所有権を持っていない。マスター (マスター音源) を所有しない者は、マスター (レコード会社) に所有されるんだ。

マスターを所有するか、それともマスターに所有されるか。この発言は、何となくこの曲のタイトルや主張にも通じるところがあるように思います。


さて、この曲が素晴らしいのは歌詞だけではありません。この曲のさらに素晴らしいのは、これほどの意味深いメッセージが、とても愛らしい素敵な音楽に乗せられているところです。

ちなみに、Peach & Black ポッドキャストのレビューでは、この曲はセサミストリートでやったら楽しいだろうね、と言っていて、なるほどと思いました。例えばマペット放送局バージョンの「Starfish And Coffe」を思い浮かべてみてください。「歩くの?歩かないの?」とマペット達と一緒になってプリンスが道を行ったり来たりして、道の真ん中でクラクションを鳴らされながらも「そんなの気にしないよ」と言わんばかりに「シャーララーラララー♪」と歌うビデオがもし作られていたら・・・。そんなビジュアルイメージが脳裏に浮かぶと、ますます素敵な曲に思えてきます。

ところで、PrinceVault を確認すると、この曲のベースギターはリーヴァイ・シーサー・Jrが演奏していることになっているようなのですが、実際にはベースギターの音は聴こえません。「ンンンー♪ ンンンー♪」というプリンスの低音ハミングが聴こえるだけです。この曲は遂にプリンスのコンサートで演奏されることはありませんでしたが、もし演奏されていたとしたら低音ハミングは誰がやることになったのでしょうか。トニー・Mでしょうか・・・なんてことを思ったりします。


Walk on their side of the street
Don't walk where it feels the best
Walk away from people U meet
Don't talk 2 strangers unless
They walk the way U want them 2
Don't walk unless the others do
歩かなきゃ - 通りの彼等の側を
歩いちゃダメ - ベストだと感じる場所は
離れなきゃ - 出会う人達から
話しかけちゃダメ - 見知らぬ人が君にとって
好ましい歩き方じゃなかったら
歩いちゃダメ - 皆も歩いてなかったら

I said walk like U could use a ride
Don't walk with a confident stride
Then people will walk all over U
But don't talk till they tell U 2
Don't talk if it's against the rules
Just walk away and be a fool
That's what they want U 2 do
Yeah, that's what they want U 2 do
歩かなきゃ - 乗り物に乗りたそうな素振りで
歩いちゃダメ - 自信ありげな足取りでは
そしたら君は皆のいいようにされるだろう
でも話しちゃダメ - いいと言われるまでは
話しちゃダメ - ルール違反になるのなら
その場を去って物笑いになるのさ
それが皆の望むことだからね
それが皆の望むことだからね

Sha, na, na, na, na {x4}
シャ・ナ・ナ・ナ・ナ {x4}

Don't talk if it's against the rules
Just walk away and be a fool
That's what they want U 2 do
話しちゃダメ - ルール違反になるのなら
その場を去って物笑いになるのさ
それが皆の望むことだからね

So U gotta walk like U wanna make it
Don't walk like U just can't take it
G'on walk on whatever side U like
Don't walk wherever they tell U 2 - psyche!
The sun will shine upon U one day
If U're always walkin' your way
だから間に合いたいと思って歩かなきゃ
耐えれられなそうな素振りで歩いちゃダメ
どんどん歩かなきゃ - どちらでも好きな側を
歩いちゃダメ - 言われた通りの所は - なんてね!
いつの日か太陽は君に輝くよ
自分の道を歩き続けることさ

Oh, the sun will shine upon U one day
If U're always walkin' your way (Hey)
いつの日か太陽は君に輝くよ
自分の道を歩き続けることさ

Sha, na, na, na, na {x4}
シャ・ナ・ナ・ナ・ナ {x4}

(Checkin' me now just walkin')
Said I'm walkin' on your side of the street
(Checkin' me now just walkin')
I'm talkin' 2 the people I meet
(Checkin' me now just walkin')
Alright
Hey
(Alright)
(ほら私は歩いているわ)
ほら歩いているよ - 通りの君の側を
(ほら私は歩いているわ)
話しているよ - 出会う人達とも
(ほら私は歩いているわ)
オーライ
ヘイ

Walk - don't walk
Talk - don't talk
Walk - don't walk {fade out}
Talk - don't talk
歩いて - 歩いちゃダメ
話して - 話しちゃダメ
歩いて - 歩いちゃダメ
話して - 話しちゃダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に続き、もうひとつスーザン・ロジャースがプリンスの人間性について語ったインタビューを紹介します。こちらは 2017年11月に催された Loop というイベントでのインタビューです。このインタビューセッションは音楽に関するより幅広い話題をカバーしたもので、その中の話題の一つとしてプリンスの話が出てきます。このため、ここでのスーザンは、プリンスをあまり知らない聴衆を念頭に置いて、そういった人たちにも伝わるようにプリンスを語ってくれています。
(とはいえ、最後の質疑応答ではより突っ込んだ質問を受けており、アルバム「Sign O' The Times」や「If I Was Your Girlfriend」、せっかく素晴らしい楽曲を作っても簡単にお蔵入にしてしまうプリンスの行動などについても語っています。)

このインタビューでは是非実際に動画を通してスーザンの声を聴いてみてほしいです。スーザンはアカデミックな人なので、Purple Rain Deluxe のブックレットへの寄稿などでの活字を読んで、この人に少し固い印象を持っている方もいるかもしれません。しかし実際の口調を聴くと、この人がどんな思いでプリンスを語っているのかが分かると思います。ちなみにあのブックレットの寄稿で書かれているいくつかのエピソードも、他のインタビューでスーザンは実際に語っていたりするので、それを聴くとまたあの寄稿も印象が変わるかもしれません。

翻訳したのは下のリンクで20分12秒から24分40秒頃までです。
Loop | Susan Rogers on Prince, production and perception

インタビュアー: ここで少しギアを入れ替えて、プリンスの話をしましょう。皆さんの中にはプリンスのことを聞いたことがある人もいると思います。事前にメールのやりとりをするにあたって、私はあなたが既に別のキャリアに移っていることが気になっていました。あなたは人生で様々なキャリアを積んできました。その一方で、私が読んだインタビューでは、あなたの神経科学者としての仕事には一切触れられず、プリンスについてのみ語られているものが沢山ありました。そのため、この場でプリンスに関する話をしても大丈夫なのか気になっていたのです。あなたの現在の仕事はそれではないのですから。ですが、ここであなたからのメールを引用したいと思います。あなたはこう返信してくれました。

「プリンスと仕事をしたことのある人の殆どは、彼についての話を共有できることを光栄に思っています。私たちは次の世代に、彼がいかに素晴らしい人物であったかを知ってほしいという思いを持っています。そして、もっと多くの知られていないことがあるのです (there was more to uncover)」

これは非常に素晴らしく、とてもありがたいことです。それで、もっと多くの知られていないこととは何でしょうか? 我々は何を知らないのでしょうか?

スーザン・ロジャース: ここの皆さんは、多かれ少なかれ、プリンスの名前を知っていることでしょう。彼の名前は知っているでしょうし、彼が偉大なアーティストであったことも知っているでしょう。プリンスは偉大なアーティストとして人々の記憶に刻まれることを望んでいました。それが彼の望みでした。彼は、自身がただの人間として、私たちと同じようにいずれ命の尽きるただの人間として知られることは望んでいませんでした。もちろん実際には彼も命のある人間でしたけれども。

そして、彼の元で働いていた人々や彼と親交のあった人々は彼の思いを尊重しました。私たちは彼をただの人間として語ることはしませんでした。なぜなら彼はそれを望んでいなかったからです。断っておきますが、これは屈折した偏狭なエゴによるものではありませんでした。これは、彼が仕事をするために必要な保護の役割を果たすものでした。彼は自身の精神と自身の作品との間にバリアが必要だったのです。彼は自身の作品だけを人々に見てもらうことを望んでいました。

彼は元々シャイな性格で、それを利用してインタビューは受けないと言いました。それは彼が鼻持ちならない奴だからというわけではありません。彼は単に自身のことを話したくなかったのです。彼は本当に話したくなかったのです。彼はそいう性格の人でした。だから、彼が世を去った今、彼を知る私たちにとって、彼には別の側面があり、彼が人としていかに素晴らしい存在であったかを語るのはとても大切なことだと思うのです。もちろん彼にも欠点はありましたし、彼はミスもしました。彼は若い頃は沢山の人を怒らせました。しかし彼は勇敢で、従業員達に寛大で、私たちを大切に扱ってくれました。

例えば私たちが Purple Rain ツアーを行った時のことです。このツアーでは、私の記憶が確かならば85名のクルーがいました。Purple Rain ツアーは私にとって初めてのツアーで、9ヶ月間に渡る長期のツアーでした。そこで私が覚えていることなのですが、照明や音響のクルー、Showco からのクルー、それともうひとつの会社の名前は忘れてしまいましたが、彼らは皆、プリンスの計らいに驚かされることになりました。彼はスタッフの一人一人にホテルの個室を用意したのです。普通、ロックスターのツアーでは、クルーは相部屋に纏められるのが常でした。舞台設置のクルー、ドライバー、その他のクルー、一部屋に最低二人が詰め込まれるのが常でした。しかし、プリンスは皆に気持ちよく過ごしてもらうため、余分な費用を払い、各スタッフにそれぞれホテルの個室を取ってプライバシーを保てるようにしました。私はツアークルーからこう言われました。
「これはまずありえないことなんだ。普通、人はこんなに気前が良いはずがないんだ」
大きなことから小さなことに至るまで、プリンスにはこういう面がありました。

また、大きなアリーナでのショウを夕刻に控える中、私たちは昼の間、小型のトラックを出して機材を乗せ、病院を訪れて、病気のためコンサートに来ることができない子供たちのために演奏をしました。病気で入院しており、コンサートに来ることができない子供たちのために。その際に彼はひとつだけ条件を付けました。それはプレスを入れたり広報宣伝を行ったりしないことです。彼はこういったことで名声を得ることを望みませんでした。彼の望みはただ子供たちのために演奏をすることでした。

私たちは障害を持つ子供たちがいる学校も訪れました。障害のためやはり大きなアリーナコンサートに来ることができない子供たちがいる学校に。そこで私たちはスカーフやお花や照明をセットアップして、フルセットのコンサートをしました。一曲や二曲をやって終わりではありません。フルセットのコンサートです。子供たちのために。これもひとつだけ、世間に知らせてはいけないという条件を付けて。

彼がどんな人物であったかについて、こういった例は数えきれないほど挙げることができます。私たちが失ったのはただの偉大な人物ではありませんでした。私たちは本当に善い心を持った、善良な人を失いました。彼は表立って主張することがありませんでしたから、彼については沢山の噂が生まれました。彼が人々の記憶に「ああ、彼はただの変人だったよ (he was just some freak)」というふうに残されるとしたら、私はいたたまれません。彼は変人などではありませんでした。確かに彼は普通ではありませんでした。しかし、彼は善い心を持った人でした。

このインタビューで、プリンスが障害を持つ子供たちのためにフルセットのコンサートをしたという話が出てきますが、それと思われる映像が YouTube に上がっています。プリンスが「Little Red Corvette」を歌っているわずか36秒の動画ですが、26秒頃から手話をしている女性が脇に立っているのが見てとれます。

アラン・ライトのパープルレイン本「Let's Go Crazy: Prince and the Making of Purple Rain」には、確か、Purple Rain ツアー前のリハーサルの時点でプリンスはもうやり尽くした気分になって、実際のツアーが始まる頃には心はもう次のプロジェクトに移っており、既に Purple Rain ツアーには飽きてしまっていたという話が書かれていたように思います。上の YouTube リンクは 1985 年とのことなので、この長いツアーも後半に入っている時期です。それだけに、このプリンスの活き活きとしたパフォーマンスを見ると、コンサートに来ることができない子供たちのために演奏するというのは、プリンスにとって本当に大きな喜びだったのだろうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバム「Diamonds And Pearls」の曲が2つ続いたので、次の曲もこのアルバムからにして、「Walk Don't Walk」を取り上げようと思っています。これは私が密かに好きな曲なのですが、どうやったらこの曲の素晴らしさを言葉にできるだろうかと悩み中です。

とりあえず、自分の中で少し繋がりのある話が、最近読んだスーザン・ロジャースのインタビューにあったので紹介します。リンクした記事の最後の部分になります。要点を纏めるよりも、そのまま紹介した方が良い内容なのでそのまま翻訳します。これについての私のコメントも上手く書けそうにないので、今回は翻訳だけです。

ちなみにプリンスファンならご存知の通り、この人の言葉はいつも興味深く、この記事の他の部分も面白いです。

インタビュアー: 最後の質問です。マスメディアの論調や大衆のイメージでは、長年に渡ってプリンスはまるで宇宙人や地球外生物であるかのように扱われてきたように感じます。つまり、彼は人間ではない、と。プリンスの人間性や人間らしさについて、何かシェアできるエピソードや思い出はありますか?

スーザン・ロジャース: 私の知るその人は、とても高い人間性を持っていました。私のエピソードにおいて映し出される人物は、いつも次のように描写することができます。生来の高い IQ を持つ、素晴らしく冴え渡った青年。この青年はその知性と共に、繊細な感性も持ち合わせていました。そしてその青年は、時に混沌とし、時に懲罰的で、時に虐待的でさえあった複雑な環境で育ちました。それは将来の見通しが利かない、苦痛に満ちた環境でした。そして、知性と繊細な感性を持ったこの青年は、その環境で生き抜くためにどちらの道を取るか決断します。つまり、流れに浮かぶ一片の木の葉のように、ただ下流のどこかへと流されてしまうか、それとも、木の葉よりも強くなろうと努力し、筋肉を得て、流れに逆らって上流のより良い場所に泳いで到達するかです。

そして、彼は世間から身を離し、自己鍛錬に励みました。アンドレ・シモンやボビー・Zが語るように、プリンスは仲間とつるんで遊び歩く替わりに、目覚めている時はいつも独りで曲を書き、楽器を演奏することに没頭しました。このように、この10代の青年は世に出て何かを成し遂げるために身を粉にして努力を重ねます。そしてその青年は見事成功し、幸運に見初められ、弱冠18、9才にしてレコード契約を勝ち取ります。そしてその青年は24、5才にして、忽ちのうちに巨額の富を得て、人を雇う立場になります。

さあ、そこでこの青年はどうするのでしょうか? 彼は理解します。彼は、これはとても恐ろしいものであって、ドラッグに手を出したり、途方もない浪費をしたり、奇抜な生活スタイルを送ったり、ニューヨークやLAに移り住んだりすれば全て失ってしまうかもしれないことを理解します。そこで彼は厳しい自制心と自己規律によって賢明な行動をします。彼はミネソタに留まり、やるべき仕事を行い、信頼できる人間を周りに置き、そして精魂を注いで働きます。労働の規範を立て、それまでの仲間達が非雇用者の関係になり、自分のために働いて給料を貰う状況になったことを認めます。そして音楽を次から次へと産み出し、雇用者として、そしてアーティストとしての責任を全うします。そして、インタビューやパブリックイメージに細心の注意を払うようになります。これまでに得たものを全て失ってしまうことにならないように、そして、これからもそれを保持し続けられるように。

これはこれ以上ないほど高い人間性を示すものです。このことは、とても賢明な人間が、自身が幸運であることを知り、その幸運を掴み取るために、自身で意識的に懸命な努力を重ねていたことを示します。プリンスは、チャンスの窓が気紛れに開いたのと同じように、それがいつバタンと閉まるかもしれないものであることを知っていました。チャンスを逃さず窓から飛び出し、窓の向こう側に立つに至った彼は、それを無駄にすることの愚を知っていました。私の考えでは、これは最上質の人間性です。これが他の人だったらこうはなっていなかったでしょう。どうやったら彼よりも上手くこんなことができるかなんて、私には分かりません。だから、彼のことを宇宙からやってきた地球外生物といったニュアンスで通常ならざる人間だと言う前に、立ち止まって考えてみてほしいのです。これらは全て人間性に他ならないものであり、私達にとっても共通しうるものだということに気付いてほしいのです。しかし、それを得るためには、厳しい努力を重ね、沢山のものを諦めなればなりません。彼は子供を持たずにこの世を去りました。彼がこの世を去った時、彼は結婚をしていませんでした。彼には親しい友人が殆どいませんでした。プリンスは、人生において最終的に沢山の犠牲を払いました。プリンスが人間性に欠けていたなんて、私は決して誰にも言ってほしくはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ