OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

モーリス・デイと David Ritz 著「On Time: A Princely Life In Funk」を Kindle と Audible で購入しました (Amazon.comAmazon.co.jp)。これは興味があれば絶対に買って損はない本です。6時間11分の Audible をながら聴きで一通り聴き終えたところで、印象に残ったことをいくつか書き残しておきます。

この本では、ハードカバー224ページ相当の文章に、モーリスの生まれや幼少の頃の話、キタ高 (North High) に通うモーリスがナカ高 (Central High) のランチルームで初めてプリンスを見たときのこと、The Time の話、Purple Rain、Graffiti Bridge、Rave/Musicology/3121 の時期の話、そして今に至るまでが要領良くまとめられています。また、これまで世に知られていなかったことも書かれています。例えばプリンスがワーナーとの契約を結ぶにあたって使ったデモテープはプリンス単独のものではなく Grand Central のテープだったこと、当初モーリスはビデオ撮影も担当しており、ローリング・ストーンズの前座事件もモーリスはその場にいてビデオ撮影をしていたことや、その他、面白い話、それに聴くのが少し辛い話、色々なことが書かれています。

この本は普通の自叙伝とは少し趣が変わっていて、モーリス・デイの一人語りではなく、ちょくちょくプリンスが登場させられて二人が会話をしながら話が進んでいきます。しかもさらにもう一人、映画のスクリーンで見せるエゴイスティックな性格を持つ MD というモーリスの別人格も出てきます。

また、Audible のナレーションはモーリス本人ではなく別の人が行っています。マイテの本のように本人がナレーションしてくれていたらとんでもなく素晴らしいオーディオブックになっていただろうと思う一方、そうなるとプリンスのセリフをモーリスが喋らなければいけないのでそれはちょっと難しいかもしれないなとも思います。また、ナレーションではプリンスはソフトな口調、MD は調子づいた口調と一応の語り分けはされていますが、はっきりと声色が変わるわけではないので、注意を払わないと誰が話しているのか分かりづらいです。ただし、ナレーション自体はとても聴き取りやすいです。


プリンスが登場するというのはどんな感じなのか、序章から一例を翻訳します。

モーリス: 俺に初めて「When Doves Cry」を聴かせた時のことを覚えてるかい?

プリンス: ああ、もちろんだよ。君はこう言ったね。
「俺に聴かせるならファンキーなやつ以外はよしてくれよ。それとそのハトの歌、もし出すつもりでいるなら、ベースを入れとけよ」

モーリス: そうさ。俺はお前に媚びへつらうことはしなかった。他の奴等はそうだったかもしれないが、俺は違った。

プリンス: 確かに君は僕に媚びへつらうことはしなかったね。だけどあのハトの歌、僕の最初のナンバーワンポップシングルになったけどね。

モーリス: 関係ないね。俺は今でもあれにはベースが必要だと思ってる。

周知の通り、「When Doves Cry」はプリンスの最初のナンバーワンヒットであるばかりか、1984年の年間最大のヒットシングルです。同時に常識を大きく逸脱した奇妙な曲であることも確かなのですが、こんなことを言ってのけられるのはモーリスくらいのものだなと思います。


その他、印象に残ったことを少しだけ紹介します。

1989年、「Corporate World」プロジェクトのためモーリスは初めてペイズリーパークを訪れ、プリンスと再会します。その中でマイケル・ジャクソンの話になり、マイケルからの「Bad」の共演依頼を断ったことに話が及びます。

俺は尋ねたよ。「何で共演を断ったんだ?」って。
「マイクがあの曲の最初の歌詞を見せてね、『Your butt is mine / お前のケツは俺のモノさ』ってやつ。マイクがあの歌詞を僕に歌うつもりだったのか、僕にあの歌詞を歌わせるつもりだったのか、わざわざ訊こうとも思わなかったけどね。どっちにしたって、あれはナシだよ。それに実際のところ僕は必要なかったんだ。あの曲は僕なしでもモンスターヒットになったからね」
「それで関係が悪くならないのかい?」
「なんで関係が悪くならきゃいけないんだい? ライバル意識もないしね (There is no rivalry)」
俺が眉をひそめるとプリンスは言った。
「眉を下げてくれよ。僕は、健全な競争とライバル関係の間にははっきり線を引いているんだ」
「その線引きはどこなんだい?」
誰かをライバルだと思うのは、自分が必要とし欲するものを、その誰かが持ってる場合だけなんだよ。僕は、自分が必要とし欲するものは全て自分で持ってる。羨む気持ちもない。あるのはただの称賛の念さ (No envy, just admiration)

プリンスがマイケルからの共演依頼を断わった話については、過去にスーザン・ロジャースの回想インタビューをブログ記事にしています。


結局「Corporate World」プロジェクトは取り下げられ、The Time は替わりに「Pandemonium」で再結成を果たしますが、それも1プロジェクト限りでバンドは瓦解してしまいます。その一方で、プリンスは新バンド The New Power Generation の結成や、「Diamonds And Pearls」の制作と、相変わらずの異常なハイペースでどんどん次のフェーズに進んでいきました。その言及の中で、モーリスは「New Power Generation」の曲でドラムを叩かせてくれたことに対し、プリンスに感謝の言葉を述べています。私はあの曲のドラムがモーリスだとは知らなかったこともあり、この箇所はとても印象に残りました。

ちなみに、vault archivist の Michael Howe によると、「New Power Generation」の原型のような、おそらく当初は The Time のために書かれた「Bold Generation」なる曲が「1999 Super Deluxe Edition」に収録されるということです。今からリリースが楽しみです。


最後に驚いたことをもうひとつ書きます。「Purple Rain」と同じ1984年に発表された The Time のアルバム「Ice Cream Castle」、そのタイトルがジョニ・ミッチェルの「Both Sides, Now」の歌詞から取られていることを、モーリスは何と35年後の今になるまで知らなかったのだそうです (笑)。

Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
幾筋にも流れる天使の髮の毛
空に浮かぶアイスクリームの城

面白い話ではありますが、同時にいかに The Time というバンドの決定権をプリンス一人が握っており、モーリスはじめバンドメンバーはプリンスに従うしかない存在であったかを示す話でもあると思います。ちなみにもちろん想像通り、ジミー・ジャムとテリー・ルイスの解雇は本意ではなかったとモーリスは語っています。

以上、簡単な紹介文ですが、この本の面白さを感じ取ってもらえたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと、ジョニ・ミッチェルの「A Case Of You」を和訳します。彼女の1971年のアルバム「Blue」で発表された曲です。とても魅きつけられる歌詞を持った恋愛の歌で、検索するとたくさんの解説や和訳が見つかります。例えば以下の歌詞サイトでは、歌詞の全てのラインに注釈が投稿されています。


[Verse 1]
Just before our love got lost you said
"I am as constant as a northern star"
And I said, "Constantly in the darkness
Where's that at?
If you want me I'll be in the bar"
On the back of a cartoon coaster
In the blue TV screen light
I drew a map of Canada
Oh, Canada
With your face sketched on it twice
私達の恋が失われる少し前、あなたは言ったわ
「俺は北極星のように不動なんだよ」
私は返したわね
「暗闇の中で不動だなんて、それは何処なのよ?
私が欲しかったら私はバーにいるわ」
漫画絵の描かれたコースターの裏
青いテレビの明かりを頼りに
私はカナダの地図を描いた
ああ、カナダ
その上にあなたの顔を二度描いた

[Chorus]
Oh, you are in my blood like holy wine
You taste so bitter and so sweet
Oh, I could drink a case of you, darling
And I would still be on my feet
Oh, I would still be on my feet
ああ、私の血には聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたはとても苦くて、そしてとても甘い
ああ、私はあなたを1ケース飲むことだってできる
そしてそれでも私はちゃんと立っていられる
それでも私はちゃんと立っていられる

[Verse 2]
Oh, I am a lonely painter
I live in a box of paints
I'm frightened by the devil
And I'm drawn to those ones that ain't afraid
I remember that time you told me, you said
"Love is touching souls"
Surely you touched mine
'Cause part of you pours out of me
In these lines from time to time
ああ、私は孤独な絵描き人
絵の具の箱が私の住み家
私は悪魔を恐れ
ゆえに怯えることを知らぬ人に惹かれてしまう
あなたがあの時私に言ったことを覚えているわ
「愛とは魂に触れること」
勿論あなたは私の魂に触れた
なぜならあなたの一部が私から零れ出るから
この歌の言葉からも、ふとした拍子に

[Chorus]
Oh, you are in my blood like holy wine
You taste so bitter and so sweet
Oh, I could drink a case of you, darling
Still I'd be on my feet
I would still be on my feet
ああ、私の血には聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたはとても苦くて、そしてとても甘い
ああ、私はあなたを1ケース飲むことだってできる
そしてそれでも私はちゃんと立っていられる
それでも私はちゃんと立っていられる

[Verse 3]
I met a woman
She had a mouth like yours
She knew your life
She knew your devils and your deeds
And she said
"Go to him, stay with him if you can
But be prepared to bleed"
ある女に会ったわ
彼女はあなたと似た口つきをしていた
あなたの人生を知り
あなたの悪魔と所業を知るひと
彼女は言ったわ
「彼の元へお行き、できるなら一緒にいるといいわ
だけど血を流す覚悟はしておくことね」

[Chorus]
Oh, but you are in my blood, you are my holy wine
You're so bitter, bitter and so sweet
Oh, I could drink a case of you, darling
Still I'd be on my feet
I would still be on my feet
ああ、私の血には聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたはとても苦くて、そしてとても甘い
ああ、私はあなたを1ケース飲むことだってできる
そしてそれでも私はちゃんと立っていられる
それでも私はちゃんと立っていられる


また、この曲については過去にプリンスのカバーバージョンでブログ記事を書いています。プリンスのカバーは第2ヴァースとコーラスのみの構成で、恋愛要素が取り除かれ、異なる意味合いの曲として歌われます。

上の過去記事には演奏全体のリンクがありますが、2016年4月14日、アトランタの Show 1 でプリンスが歌った「A Case Of U」を140秒ぶんだけリンクします。ジョニ・ミッチェルの声質が年齢を重ねるにつれて低く重くなっていったのと対照的で、本当に不思議な存在だなと思います。


I'm a lonely painter
I live in a box of paints
I used 2 be frightened by the devil
And drawn 2 those ones that ain't afraid
私は孤独な絵描き人
絵の具の箱が私の住み家
過去の私は悪魔に怯え
恐れを知らぬ人に惹きつけられた

Remember U told me love was touching souls?
Surely U touched mine
Part of U pours out of me
From time 2 time in these lines
あなたは私にこう言ったのを覚えてる?
愛するということは魂に触れることだと
もちろん、あなたは私の魂に触れた
私からあなたの一部が零れ出す
時としてこういった言葉の端々から

U're in my blood like holy wine
U're so bitter, so sweet, so sweet
Oh, I could drink a case of U, oh darling
And I'd still be on my feet
I'd still be on my feet
私の血には聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたはとても苦く、とても、とても甘い
私はあなたを1ケース飲むことだってできる
そしてそれでも私はちゃんと立っていられる
それでも私はちゃんと立っていられる

U're in my blood like holy wine
In my blood like holy wine
In my blood like holy wine
U're so bitter, so, so, so sweet
I could drink a case of U, oh darling
And I'd still be on my feet, and I'd still...
Still be on my feet, and I'd still...
Still be on my feet, still be on my feet...
Still, still, still be on my feet, ooh
私の血には聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたはとても苦く、とても、とても甘い
私はあなたを1ケース飲むことだってできる
そしてそれでも私はちゃんと立っていられる
それでもちゃんと立っていられる
それでも、それでもちゃんと立っていられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Over That Rainbow」は、2017年2月10日にモーリス・デイが発表した曲です。

2016年のあの当時、世には様々なニュースが溢れ、プリンスと関係のあった人達からも様々なコメントや行動がありました。私はそういった情報を逐一確認はしませんでしたが、時には見苦しい人間関係の軋轢が垣間見えるようなこともありました。そんな中、モーリス・デイは、時折思い出の写真を投稿するくらいで、ずっとコメントを出さずに沈黙を続けていたように覚えています。何かコメントを出したくとも、それが出来ないほどの重さを感じているのだということが痛いほど分かりました。そして年が明けて2月、モーリスは、この本当に美しく、本当に素晴らしい曲を発表しました。

覚えているでしょうか? 4月21日のあの日、ペイズリーパークに大きな虹が架かったことを。

この曲のキーボードの使い方には「The Beautiful Ones」に似た感触があり、それが曲全体の雰囲気にまで押し広げられているような印象があります。これは意図的なものなのでしょうか? だとしたら何という粋な計らいなのでしょう。この感動は、ちょっと言葉にはしがたいものがあります。

過去にもどこかで触れたように、プリンスにとって他の関連アーティストとは、「プリンス」という自身の人格に収めきることのできない芸術性を表現するための場でもありました。プリンスは、ある一面ではヴァニティでもあり、シーラ・Eでもあったと言えます。そしてその中でも、モーリス・デイはとりわけ特別な存在でした。二人の関係も複雑なものでした。


そういえば、しばらく前に映画「Purple Rain」に関してとても印象に残った Tweet がありました。書く場所が見つからないのでここに書きます。

この映画でプリンスとモーリス・デイの二人は敵対関係として描かれますが、実はなんと、映画の全シーンを通して、プリンスはモーリスに対して一言も言葉を発していないのだそうです。皆さん気付いていましたか? 言われてみれば確かにその通りなのですが、私はこの Tweet を見るまで全く考えたこともありませんでした。改めて「Purple Rain」は本当に凄い映画です。


This song is dedicated to my friend and brother, Prince Rogers Nelson
この歌を俺の友そしてブラザーである、プリンス・ロジャース・ネルソンに捧ぐ

A part of me left with you
And the other pieces are broken too
And I don't know where to start
Because instead of words
This flows from my heart
俺の一部はお前と一緒に去った
そして残りの欠片も壊れたよ
何から話したらいいのかも分からない
なぜなら言葉の代わりに
これが俺の心から流れ出ていくんだ

And I know you're somewhere over the rainbow
Over that rainbow
Through the purple skies amongst the stars
Um, tell me
When doves cry tell me where does the rain go
'Cause I know it's flooding from my heart
そして俺は知ってる
お前は虹の向こうの何処かにいるんだと
あの虹の向こう
紫の空を越えて輝く星達の間に
ああ、教えてくれよ
白い鳩が泣く時に雨は何処へ行くのかを
なぜならそれが俺の心から溢れ出ていってしまうんだ

Took you away too soon
'Cause there's just too many things that's left unsaid to you
I can see you smiling down
Oh, I can see you your arm raised coming through the clouds
お前はあまりに早く連れ去られたよ
お前に言い残したことが沢山あり過ぎるんだ
お前が笑顔で俺を見下ろすのが見えるよ
ああ、雲の間から手を上げているお前が見える

One day I know I'll see you again
I'll hold you in my heart to the end
But you should know I miss you more than you could know
いつの日か俺は再びお前に会うよ
その時まで俺は心の中でお前を抱き続けよう
けれども知ってほしい
お前に会えない俺の悲しみはお前には計り得ないほど大きいんだ

How do I face it, it's so hard
Really hard to make it so far
Going on without you
But I know you got angels around you
どうやって向き合えばいいんだよ、とても辛いよ
ここまでやってくるのは本当に辛かったんだ
お前なしでやっていくなんて
だけどお前は天使達に囲まれているんだろう

And I know you're somewhere over the rainbow
Over that rainbow
Through the purple skies amongst the stars
Tell me, tell me
When doves cry tell me where does the rain go
'Cause I know it's flooding from my heart
そして俺は知ってる
お前は虹の向こうの何処かにいるんだと
あの虹の向こう
紫の空を越えて輝く星達の間に
どうか教えてくれよ
白い鳩が泣く時に雨は何処へ行くのかを
なぜならそれが俺の心から溢れ出ていってしまうんだ

One love, rest in peace, my brother
またな、安らかにな、俺のブラザー

—Morris Day (Morris Day and The Time)

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ