OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「The Beautiful Ones」は1984年のアルバム「Purple Rain」に収録されている曲です。この曲は、この世で最も高貴で格式の高いバラードのひとつと言って良いのではないかと個人的には思います。少なくとも、好むと好まざるとに関わらず、この世に二つとない曲であることは確かだと思います。

この曲は映画では32分過ぎ頃から歌われます。アポロニアがモーリスに口説かれているのを見たキッド (プリンス) は、ステージに立ち、この曲を歌い始めます。最初は美しく優雅な調子で曲が進行しますが、歌唱は次第に激しさを増し、最後は絶叫に変わります。キッドは、モーリスと自分とどちらを取るのかとアポロニアに問いかけ、そして絶叫の中で「君が欲しい」と想いを訴えます。

ちなみにこの曲の特徴的なリズムは、なぜか前回取り上げた The Time の「Chili Sauce」と一緒です。そして「Chili Sauce」の歌詞の一部は、前述のモーリスがアポロニアを口説くシーンにも使われています。本当にプリンスという人は何なんでしょう……言葉が見つかりません。


時を遡って、この曲について私の思い出を少し書きます。

私がこの曲と出会ったのは中学生の頃でした。私にとってプリンスの原点である、1991年の「Diamonds And Pearls」が発売される少し前、私はダビングされたカセットでアルバム「Purple Rain」を聴きました。しかし、この時点では「Purple Rain」は私の心には全く響きませんでした。

そして、アルバムの中でも特に理解不能だったのが、この「The Beautiful Ones」です。当時は歌詞がさっぱり分からなかったので、私にとって、これはただ「ベイビー、ベイビー、ベイビー♪」がもっさりと繰り返される曲でしかありませんでした。サビでメリハリが付くような曲でもなく進行ももっさりしていますし、終盤の絶叫も素頓狂だとしか思えませんでした。中学生の英語力では、だいたい「ビューティフル・ワンズ」というタイトルからして意味不明でした。基本的にプリンスは猫撫で声のような声質をしていますが、「The Beautiful Ones」のプリンスの歌声は特に猫撫で声に聴こえます。そのためか、私にはこの曲に「美しい犬たちに禁断の恋をする猫の歌」というイメージが付いています。

「ビューティフル・ワンズ、君はいつだって僕の心を傷付ける・・・♪」

the-beautiful-ones

今になって昔の私を思うと、まるで初めてウニを食べた子供のようだな、と思います。せっかくの食材も、舌がまだ肥えておらず未熟なために、その価値が理解できない状態でした。「猫に小判」、「豚に真珠」、「中学生にビューティフル・ワンズ」です。


その後プリンスについて色々と知るようになってからも、「The Beautiful Ones」は邦楽にはないタイプの曲ですし、分かりやすいロックやファンクの曲でもないので、ずっと寝かせた状態が続きました。ただ、海外ではやたらと評価の高い曲なようで、それについては何とも不思議な感覚がありました。そして、それを象徴する出来事が1997年に起こりました。マライア・キャリーがこの曲をカバーしたのです。

マライア・キャリーといえば、当時の音楽界で歌唱力において頂点に立っていた人です。そんなマライアが「The Beautiful Ones」を歌うとは! 私は期待を膨らませました。そして、マライアのカバーをラジオで聴いた私は、衝撃を受けました。

……そのあまりの凡庸さに。

まあ今になって冷静に聴けば、マライア・キャリーのカバーもおしゃれなレストランで食べる生ウニパスタのような上質さがあるとは思います。しかし、当時の私はこのカバーを聴いて愕然としました。プリンスのオリジナルの「The Beautiful Ones」は、これとはもう全くの別物です。プリンスのオリジナルは、強い磯の香りが漂う港を訪れて、殻を割ってそのまま食べるウニのような……。私は生ウニパスタを食べたこともないし、穫れたてのウニを港で食べたこともないのですが、とにかく私は衝撃を受けました。そしてこのカバーは、私にとって考えを改める切っ掛けにもなりました。音楽雑誌では批評の対象に上がることすらなく、評論家からは全く無視されているようだけれども、「実はプリンスのボーカル能力ってとんでもなく凄いのではないか?」と。


曲の説明に戻ります。

長年、この「The Beautiful Ones」という曲はスザンナ・メルヴォワンのために書かれた、という話がありました。スーザン・ロジャースも「スザンナのために書かれた曲は沢山あり、これはその最初の曲だ」という旨の話を1989年にローリング・ストーン誌に語っています。しかし、2015年になって、プリンスは沈黙を破り、Ebony 誌のインタビューにて、この長年の噂を全否定するコメントをしました。ついでに、興味深いことにプリンスはスーザン・ロジャースの分析や言動に不快感を示す発言もしています。これらの話については「365 Prince Songs in a Year」の解説ページとローリング・ストーン誌のリンクを以下に貼り付けておきます。

また、プリンスのコメントを引用します。

If they look at it, it’s very obvious. 'Do you want him or do you want me,' that was written for that scene in Purple Rain specifically, where Morris would be sitting with [Apollonia] and there'd be this back and forth. And also, 'The beautiful ones you always seem to lose,' Vanity had just quit the movie.
曲の内容を見れば全く明らかなんだけどね。「彼が欲しいのか、それとも僕が欲しいのか」、これはパープル・レインのあのシーンのために書いたんだ。モーリスがアポロニアと一緒に座っていて、どちらにするのかを訴えるところだね。そして「美しいひと、君はいつだって負けてしまう」というのはね、ヴァニティが映画から降りたことを引き合いにしてるんだ。

双方の意見がありますが、この曲は映画のコンテクストにこれ以上ないほどにピッタリと嵌っているので、パープル・レインのあのシーンとヴァニティのために書いた、というプリンス本人の言葉は、個人的には十分にすっきり納得できます。


Baby, baby, baby
What's it gonna be?
Baby, baby, baby
Is it him or is it me?
Don't make me waste my time
Don't make me lose my mind, baby
ベイビー、ベイビー、ベイビー
どうするんだい?
ベイビー、ベイビー、ベイビー
彼にするの? それとも僕にするの?
僕の時間を無駄にさせないでおくれ
僕の心を狂わせないでおくれ、ベイビー

Baby, baby, baby
Can't U stay with me tonight?
Oh baby, baby, baby
Don't my kisses please U right?
U were so hard 2 find
The beautiful ones, they hurt U every time
ベイビー、ベイビー、ベイビー
今夜は僕と一緒にいてくれないの?
ベイビー、ベイビー、ベイビー
僕のキスじゃ君を喜ばせることはできないの?
やっとの思いで遂に見つけた君なのに
美しいひと、それはいつだって人を傷付ける

Paint a perfect picture
Bring 2 life a vision in one's mind
The beautiful ones always smash the picture
Always everytime
完璧な絵を描くんだ
頭の中に浮かべる情景に命を吹き込んで
美しいひとはいつだってその絵を打ち砕く
いつだって、何度でも

If I told U, baby
That I was in love with U
Oh baby, baby, baby
If we got married, would that be cool?
U make me so confused
The beautiful ones, U always seem 2 lose
もし君に打ち明けたら、ベイビー
僕は君を愛しているのだと
ああベイビー、ベイビー、ベイビー
もし僕らが結婚をしたら、それは素敵なことだと思う?
君は僕をひどく混乱させる
美しいひと、君はいつだって負けてしまう

Baby, baby, baby
Baby

What's it gonna be, baby?
Do U want him or do U do want me?
Cuz I want U!
Said I want U!
どうするんだい、ベイビー?
彼が欲しいのかい? それとも僕が欲しいのかい?
だって僕は君が欲しいんだ!
そうさ、僕は君が欲しい!

Tell me baby, do U want me?
I gotta know, I gotta know do U want me?
教えてよベイビー、君も僕が欲しいの?
教えてよ、教えてよ、君も僕が欲しい?

Baby, baby, baby, listen 2 me!
I may not know where I'm going, baby
Whoo! Look here
I said I may not know what I need
ベイビー、ベイビー、ベイビー
僕はどこへ向かっているのかも分からないかもしれない
ああ!
僕は何を必要としているのかも分からないのかもしれない

1 thing, 1 thing's 4 certain
I know what I want, yeah
And it's 2 please U baby, please U baby!
I'm begging down on my knees, I want U!!
Yeah, I want U!!
Baby, baby, baby, baby, I want U!!
Whoo!
Yes I do!
だけどひとつだけ、ひとつだけは確かさ
僕は何が欲しいかは知っているんだ
君が望むのなら、君が望むのならベイビー!
ひざまずいてお願いするよ、君が欲しいんだ!
そうさ、君が欲しい!
ベイビー、ベイビー、ベイビー
君が欲しい!
ああ!
誓って本当さ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Chili Sauce」は The Time の1984年のアルバム「Ice Cream Castle」に収録されている曲です。いや、これは曲と言っていいのでしょうか? ちょっと悩みます。ですが、「プリンス」のアルバムでは聴くことのできないコミカルなプリンスが楽しめる一曲です。それに、バックグラウンドの音楽もなかなかムードがあります。最初は「If The Kid Can't Make You Come」を取り上げようと思ったのですが、それならこれを先に書かないと、ということで取り上げます。


Baby, baby, baby
What's it gonna be?
Baby, baby, baby
Is it him or is it me?
ベイビー、ベイビー、ベイビー
どうなんだい?
ベイビー、ベイビー、ベイビー
彼にするの? それとも僕にするのかい?

唐突ですが、これはプリンスの「The Beautiful Ones」の歌詞です。映画「Purple Rain」では、モーリス・デイに口説かれるアポロニアを前にして、プリンスはステージに立ち、この曲を歌い、そして仰向けに倒れ絶叫します。

そして今回取り上げる「Chili Sauce」でも最後にモーリスは女性に同じ問いかけをします。

What's it gonna be, baby?
どうなんだい、ベイビー?

選択を迫られた女性は、思わずこの言葉を漏らします。

- Chili sauce
- チリ・ソース

Oh Lord... 意味が分かりません! しかもこの曲のリズムパターンに注目してください。なぜか「The Beautiful Ones」と一緒です。そういえばアルバムの3曲目というところまで両者は一緒です。どうしてこのリズム? と戸惑う中、突然の台詞が場の空気を引き裂きます。

(Ah, good evening Mr. Day. 2 4 dinner?)
(これはデイ様、こんばんは - 2名様ですね?)

文字にするとインパクトが全く伝わらないのが口惜しいです。クレジットはされていませんが、この曲でウェイターを演じる声はもちろんプリンスのものです。

この曲では歌は一切入らず、モーリスを主役にして寸劇が繰り広げられます。台詞の一部は映画「Purple Rain」に流用されています。

morris-day-brass-waterbed

(Ah, good evening Mr. Day. 2 4 dinner?)
Yes, give us one of those little sexy tables in the back
(Oh, I'm sorry Sir, those are all taken.)
Jerome ...
(Urgh! I think maybe we can arrange it, Mr. Day.)
Thank U so much
- Oh Morris, was that necessary?
Jerome...
- OK, OK, I'm sorry
(これはデイ様、こんばんは - 2名様ですね?)
ああ、奥のセクシィな席を用意してくれよ
(申し訳ないです - 奥の席は先約で全て埋まっているんです)
ジェローム・・・
(はうぅ! やっぱりご用意できそうです)
どうもありがとう
- モーリス、そこまでする必要があったの?
(ゲホッ、ゲホッ)
ジェローム・・・
- はいはい、分かったわよぅ

(Right this way, Sir.)
U know, this is an exciting establishment U have here
(What I wouldn't give for a broken bottle.)
I can't hear U, what'd U say?
(I said... I said, "Yes, we're remodeling"
Mm, hmm
(どうぞこちらです)
ここはなかなかエキサイティングな場所だね
(割れた瓶でもないものかしら)
よく聴こえなかったんだけど、何か言ったかな?
(いえ、その、今はリノベーション中だと言ったんです)
フ・フーン

(Cocktails before dinner?)
Yes, two Pina Coladas
- Make mine a virgin
(OK, will U be having a virgin as well?)
Yes! For dessert! Ha ha ha ha ha!
(Sir, I'm afraid I don't get it.)
(ディナーの前にカクテルをお飲みになりますか?)
ああ、ピニャコラーダを2つ頼むよ
- 私のはバージンにしてね
(分かりました、デイ様もバージンを召し上がりますか?)
もちろんさ! デザートに頂くよ! ハー・ハ・ハ・ハー!
(恐れ入ります、おっしゃっていることがよく分かりませんが)

Say, do U know how 2 do "the walk"?
(Why? Certainly everyone can do "the walk")
Well honey, why don't U just walk your ass 2 the other side of the room?
(Fuck U, 2.)
Ah my dear, it's rough at the top
あのねえ、ザ・ウォークのやり方は知ってるかい?
(え? もちろんですよ - ザ・ウォークなら誰だってできます)
なら君もさっさと部屋の向こうへウォークしたらどうだい?
(それはどうも)
ああ全くトップに立つのも楽じゃないね

Jerome? Ehem, get your pad and pencil. I think it's gonna be kinda right
If my judge of character's correct, it's gonna be by the letter tonight
Now stop me when I get 2 17
ジェローム? 紙と鉛筆をくれよ - これはバッチリかもしれない
俺の見たてが正しければ、今夜は文字通りに行けそうなんだ
俺が17まで言ったら止めてくれ

Excuse me, baby
I bet U didn't know I had a piece of this restaurant, did U?
But it looks like I'm gonna have 2 buy the whole thing and fire that man
あのさ、ベイビー
知ってたかな? このレストランは俺が一部持っているんだよ
だけどここを全部買い取ってあの男をクビにしなきゃいけなそうだね

May I taste that?
Excuse me, that's kinda weak. Here, try mine. U know...
- Good God!
They say that saliva is an aphrodisiac
U look so lovely tonight
- Why? Thank U
Probably even better under exotic red lights
君のを一口もらっていいかな?
ズズ・・失礼 - これじゃちょっと弱いんじゃないかな、俺のを飲んでみなよ
- ゴホッ、ゴホッ・・ゲェ!
唾液には催淫効果があるって言うよね
今夜の君はとっても素敵だよ
- ゴホッ、あ゛、あ゛りがと、ゴホン
エキゾチックな赤い照明なら君を一層引き立てられるんじゃないかな

I wish U could see my home, it's... it's so exciting
In my bedroom, I have a brass waterbed
- Really?
Mm hmm. It's just surrounded by plants and lights and shit
And all kinds of little erotic artifacts
We could have breakfast in bed
- Oh!
I have an Italian cook. Jerome Sa ... Sa ... Sasacagracci or something like that
俺の家を見せてあげたいよ・・・とってもエキサイティングなんだ
寝室には、ブラスのウォーターベッドがあるんだ
- 本当に?
もちろんさ、植物や照明やら何やらに囲まれててね
それに色んな種類のエロチックなオブジェもある
朝食はベッドで食べるのもいいね
- 素敵ね!
俺はイタリア人のコックを雇ってるんだ
そいつはジェローム・サ・・ササカグラッチとか、そんな感じさ
- ウフフ

It's funny, your eyes when U stare at me like that. It causes my ... my stomach 2 quiver
Oh Lord!
おかしいね、君の瞳ときたら、君にそんなふうに見つめられると
俺のお腹が震え出してるよ
すごいね!

Do U like diamonds?
- Mm, hmm!
Yeah?
- Yeah!
I know it's rather masculine, but try this one on
- Wow!
My God darling, it fits. U must have strong hands
But they're so soft. Like the oils in my morning bath
(Somebody help me)
Darling?
- Yeah
君はダイヤモンドは好きかな?
- ええ好きよ
本当に?
- ええとっても
これはちょっと男向けのものなんだけど、はめてみてよ
- わあ!
ダーリン、ぴったりだ、君の手はきっと力強いんだね
だけどとっても柔らかいよ
俺が朝に入るお風呂のオイルみたいにね
(誰かちょっと)
ダーリン?
- なあに?

I'm not usually so forward, but... would U like 2 make love 2 me?
- Hmmm?
I ... I could make it so nice
Do U know what is meant by the words, uhh...? I hate 2 use them
They're ... they're so harsh, so american. U know what I mean?
いつもの俺だったらこんな不躾なことは言わないんだけどさ
俺としたいと思わないかい?
俺は・・・俺はとってもよくしてあげられるんだ
こんな言葉で俺の気持ちが通じるかな?
だから言葉は嫌いなんだ
全くアメリカンできつ過ぎるだろ? 分かるかい?

And yet on the other hand, they're exciting words The words, "Chili sauce"
Oh Lord!
けれどもその一方でね、エキサイティングな言葉もあるんだ
その言葉は "チリ・ソース" さ
ああ、すごいだろ!

U know, I haven't made love in so long
But with U, I know it would be just like riding a bike
I'd remember everything I've ever learned
実はね、俺は長いことご無沙汰してるんだ
でも君とだったら、自転車に乗るのと同じようなものだよ
いったん覚えたことなら全部ずっと覚えたままなのさ

Baby, if the Kid can't make U come, nobody can
(Morris...)
Yeah
(17.)
Oh, um ...
What's it gonna be, baby?
- Chili sauce
Oh Lord!
ベイビー、もしこのキッドが君をいかせられなかったら
誰だって無理さ
(モーリス・・・)
何だ?
(17)
エヘン
どうなんだい、ベイビー?
- チリ・ソース
ああ、すごいよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

They were, to be perfectly honest, the only band that I was afraid of. And, they were turning into like . . . Godzilla.
正直に本心から言うと、The Time は僕が恐れた唯一のバンドなんだ。彼らは化けたんだよ……ゴジラにね。

プリンスは1986年の The Electrifying Mojo とのインタビューにおいて、解散した The Time の再活動の可能性について質問を受け、このように言いました。The Time というプリンスが自ら作り出したライバルは、「1999」ツアー時代、プリンス自身を脅かすほどのステージパフォーマンスを見せるまでに成長し、プリンスは大いに手を焼くことになりました。

今回取り上げる曲は「Gigolos Get Lonely Too」です。この曲は1982年のアルバム「What Time Is It?」に収録されています。この曲は、当時のコンサートでモーリス・ディというキャラクターの見せ所として演奏され、コンサートでの一つのハイライトとなりました。

上は1982年、The Time のミネアポリスでのコンサート動画です。17分55秒から「Gigolos Get Lonely Too」が演奏され、後半は語りパートになります。23分59秒からモーリスはこう語ります。

ここで少しばかり皆に話したいことがあるんだけどいいかな?
話したいことというのは……俺のことさ

たぶん皆は俺が寂しくなることなんてないと思ってるんじゃないかな?
俺みたいな男がね
ダイヤモンドが散りばめられた指輪を指に嵌めて
金で買える最高級のバギーパンツを履いてる
それにステイシー・アダムズの靴は言うに及ばずね

だけど本当のことを言うとね
俺だって寂しくなることがあるのさ

今夜、この深く塞ぎこんだ気分を晴らしてくれることは、たった一つしかない
ミネアポリスは俺の地元だから、ここにはこの国で最も素敵な女性達がいることは知ってるんだ
皆の中から、一人だけステージの上に招待させてもらえるかな
ワインを一杯、一緒に飲んでほしいんだ

モンテ、ピアノでちょっとソフトでセクシーなやつを弾いてくれるかな?

そして、ステージ上にセットされたテーブルに女性を招き、女性にワインをもてなします。映画「Purple Rain」では、プリンスが「The Beautiful Ones」を歌う中、シャンペンを頼んでアポロニアを口説くシーンがありますが、そのコミカルなシーンとは違い、このステージではモーリスはただひたすらにクールな女たらしを決め込みます。

サポートアクトでモーリスにこんなことをやられたら、その後のメインアクトでプリンスがせっかくメインディッシュとして「International Lover」などを演っても、聴衆は既にモーリスでお腹いっぱい……なんてことになってしまいそうです。自ら作り出したライバルとはいえ、確かにこれはプリンスにとってかなりの厄介の種です。


下の動画は1991年2月3日の横浜でのコンサートです。モーリスはここでは大盤振る舞いをして、女性を4人もステージに呼んでいます。「Gigolos Get Lonely Too」は15分12秒から始まり、20分08頃から後半の語りパートになります。21分02秒に言う "What I usually like to do here... is... talk about... one of my favorite subjects - me." というのはモーリスの決めゼリフなようで、他の動画でもこのようなことを言っています。

morris-gigolo-1991-yokohama

スタジオバージョンです。


[Verse 1]
I guess U've heard of my reputation I've had my share of foolin' around
But everybody needs stimulation, and mine just happens 2 be all over town
俺のうわさ話を聞いたことはあるんだろう、コレの遊びがずいぶん派手だってね
だけど誰にだって刺激は必要さ、俺の場合それが街じゅうだっただけなのさ

It's an easy-money occupation, a first-class psychiatry
But just once, I'd wanna make love without taking off my clothes
Just once, I wanna make love with somebody who really and truly knows...
仕事ならちょろいものさ、ファーストクラスの精神科ってやつだね
だけど一度くらいは服を脱がずに愛を交わしたいのさ
一度くらいは俺みたいな奴を本当に分かる女と愛を交わしたい

[Chorus]
Contrary 2 rumor, gigolos get lonely 2
All my lovers need stimulation, but honey babe, I think that I need U
うわさとは違ってね、ジゴロだって寂しくなるのさ
俺の恋人達は皆刺激を必要としてる
だけどハニー、俺が必要としてるのは君なのさ

[Verse 2]
Maybe U're the kind of person, that could turn my world around
Won't U gimme little inspiration? Maybe that's what I need 2 make me settle down
もしかしたら君は俺の世界を引っくり返しちゃうのかもしれない
俺にひらめきをくれないかな? 俺が身を落ち着けるのに必要なのはそれかもしれない

It's an easy-money occupation, but honey one thing understand
I've got more money than U could imagine in your wildest dreams
But honey, money don't make no happy man
仕事ならちょろいものさ、だけどひとつ分かってほしいんだ
金ならあるんだ、君のどんなワイルドな夢でも想像できないほどにね
だけどハニー、男は金じゃ幸せになれないのさ

[Chorus]
Contrary 2 rumor, gigolos get lonely 2
All my lovers need stimulation, but honey babe, I think that I need U
うわさとは違ってね、ジゴロだって寂しくなるのさ
俺の恋人達は皆刺激を必要としてる
だけどハニー、俺が必要としてるのは君なのさ

[Bridge]
Just once, I wanna love without takin' off my clothes
Just once, I wanna love with somebody who knows
That I got more money than U could ever see
But honey, money won't get me up off my knees
せめて一度くらい服を脱がずに愛を交わしたい
せめて一度くらい俺を分かってくれる女と愛を交わしたい
金なら君が見たこともないくらい持ってるさ
だけどハニー、金じゃひざまずいた俺を立ち上がらせることはできないのさ

[Chorus]
Gigolos get lonely 2
All my lovers need stimulation
But honey babe, I think that I need U
うわさとは違ってね、ジゴロだって寂しくなるのさ
俺の恋人達は皆刺激を必要としてる
だけどハニー、俺が必要としてるのは君なのさ

[Chorus]
Contrary 2 rumor, gigolos get lonely 2
All my lovers need stimulation, but honey babe, I think that I need U
うわさとは違ってね、ジゴロだって寂しくなるのさ
俺の恋人達は皆刺激を必要としてる
だけどハニー、俺が必要としてるのは君なのさ

What cha gonna do, baby?
Oh, what cha, what cha gonna do?
君はどうするんだい、ベイビー?
ねえ、どうするんだい?

Ah, do U think we could have dinner sometimes, baby?
Well, how about tonight?
Baby?
近いうちディナーでも一緒にどうかな?
それじゃ今夜はどう?
ベイビー?

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ