OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

前回からの続きで、Disc 2 に関する雑感です。

Disc 2 - From The Vault & Previously Unreleased

全体の印象

Disc 2 を一通り聴いて思ったのは、収録されている曲がどれもパープルレインという感じがしない、ということです (個人的には「Computer Blue」もアルバムとこちらのバージョンは別物です)。Purple Rain Deluxe の Disc 2 としてリリースされたこのディスクですが、単に録音時期がパープルレインと被っているだけで、作品としては独立した感じがします。それだけバラエティーに富んだ楽曲を作っていた時期なのだと思います。Prince.org のスレッドでは、これを Disc 2 という無機質な呼び方で扱うのはもったいないので、"HitnRun: 1984" や "The Dance Electric アルバム" といった別のタイトルにしても良かったくらいだ、と言っている人達がいて、確かにそうだなと思いました。

1. The Dance Electric

アンドレ・シモンに提供された曲のプリンスバージョン。ビート感が後にリリースされた「Mountains」に似ています。調べてみたら、この曲は2012年によくライブで演奏されており、その際に「Mountains」と「The Dance Electric」の2曲が連続で演奏されることもあったようです。また、曲自体が似ているわけではないのですが、"Dance the Dance Electric - Listen 2 the rhythm of your soul♪" という歌詞は、個人的には後のマイテの "Listen 2 the rhythm of your heart♪" を思い起こさせます。ちなみにマイテのオフィシャル YouTube に「Rhythm Of Your Heart」のビデオがありました。こちらは割と普通の90年代っぽい曲です。

また、この曲はギターが入ったバージョンがブートレグで出回っており、最近はさらに別のバージョンもリークされています。Prince.org を見ると、今回のオフィシャルバージョンよりもこれらのバージョンの方が良いという声がちらほら見受けられます。個人的には、最もすっきりしているオフィシャルに選ばれたバージョンに特に不満はありません。ただ、より手が加えられたバージョンが存在するのに、どうしてこれが選ばれたのか説明があれば良かったな、とは思います。

2. Love And Sex

Uh, come on, baby, hurt me!

Sha la la la, sha la la boom!

この曲は何と言ったら良いのか、もう言葉が出てきません。5分間、プリンスのリードボーカルはひたすら叫びながら歌い続けます。終盤のバックボーカルは性別不詳な声も混じっているように聴こえて自分の耳では判断できないのですが、PrinceVault によると、ボーカルも演奏も全てプリンスなのだそうです。こういった常軌を逸したノリの曲は、得てしてプリンスの一人パフォーマンスにより作られているものです。他の常軌を逸した曲として、例えば「Tamborine」や「Thunder」なども、PrinceVault を確認するとレコーディング欄に書かれているのはたったの一行、"Prince - all vocals and instruments" です。「Thunder」は日本では駄曲の烙印を押されていたりもしますが、「これってボーカルも演奏も、全部プリンスが一人でやったのか…」と思うと、あまりの凄さに自然と変な笑いが込み上げてきます。こういった曲を聴くと、私はプリンスに畏敬の念を抱かずにはいられません。

ちなみに、最近リークされた曲のひとつに、同名異曲の「Love And Sex (Sheila E.)」というのがあります。「シーラ E がこの曲を? 一体どうやって?!」と思って聴いたら、全くの別曲でした。恐ろしいのが、それがとんでもない極上のポップソングであったことです。どうしてこれほどの曲を保管庫に眠らせたまま放っておけるのでしょうか。全く常人の理解を越えています。

3. Computer Blue (Hallway Speech Version)

個人的に、音楽史上これに比類する曲はない、と言えるほどの傑作だと思います。感想はここでは書ききれないので、別途記事を書いています。

4. Electric Intercourse (Studio Version)

このディスクで最も純粋に感激した曲です。これも感想はここでは書ききれないので、別途記事を書いています。これまでは、この曲はかなり感触の異なるライブバージョンで知られていました。結局、あの素晴らしいライブバージョンがオフィシャルリリースされる日は来ないのでしょうか。

5. Our Destiny / Roadhouse Garden

「Our Destiny」の最初に流れる美しいオーケストラのフレーズは、後に「The Ladder」に使われています。オーケストラといい、打ちつけるキックドラムといい、個人的には何となく1985年の The Family のアルバムにも通じる、爽快で気持ちの良い曲です。

このバージョンのボーカルはリサ・コールマンですが、ジル・ジョーンズがボーカルを取ったバージョンも存在します。ジルのボーカルの方が格段に存在感が強いので、両者を聴き比べた場合、ジルのバージョンの方が良いと言う人の方がおそらく多いのではないかと思います。ただ、今回のリリースに入れるのであれば、個人的には、より素直に歌っているリサのバージョンの方がしっくりきます。それにリサのバージョンの方が、演奏も追加されていて曲としてより仕上がっています。ちなみに、ペイズリーパークの保管庫から取り出してリリースされたオフィシャルバージョンよりも、ジルが個人的に所有していたバージョンの方が音質が良いような気がします (笑)

6. Possessed

ライブで演奏されるようなファンキーで激しいバージョンを想像していたら、オリエンタルな風味と繊細なボーカルで、ちょっと予想外なアレンジでした。

7. Wonderful Ass

一度聴いたら忘れないフックの効いたメロディと、それにぴったりな歌詞で、ブートを聴く人達の間では長年有名だった曲です。よく1985-86年頃の曲と一緒にまとめられているイメージがあったのですが、最初のレコーディングは1982年に行われ、1984年に追加のレコーディングがされました。Prince.org のスレッドで、ジル・ジョーンズの以下の発言が紹介されています。これは元々1999ツアー中に書かれ、ヴァニティに贈られた曲で、ヴァニティはコンサート前にこの曲をひっきりなしに流していたそうです。

Wonderful ass was written originally on the 1999 tour and gifted to Vanity. She played it non stop before the shows during that time.

この曲でちょっと可笑しいのが、4分16秒頃、バックコーラスが高らかにこう叫ぶところです。

The Revolution will be heard!

このすぐ後、もう一度これを繰り返すのですが、今度は一転して "The revolution will be heard..." とトーンがガクッと落ちて自信なさげな声になります (笑)。30年以上もかかりましたが、ようやくこの曲も、日の目を見てファンに声が届きました。良かったね、と言ってあげたくなります。

また、再生時間が前後しますが、1分55秒からの、"Educate, tolerate, negotiate, ...ate, ...ate" と続く部分はジル・ジョーンズが一緒に考えたらしいです。ネットで手書きの歌詞が見つかりますが、上のヴァース部分と下の単語リストは、違う筆跡で書かれています。何とも楽しそうなノートです。

prince-wonderful-ass-lyrics

何となく、今回のリリースでは、ジル・ジョーンズが蚊帳の外に置かれている感じがして少し不憫な気がします。ちなみに、アルバム「Purple Rain」の制作過程において、1983年11月のアーリーコンフィギュレーションには、おそらくジルがボーカルをとることを念頭に書かれた、「Wednesday」という愛らしい小曲が含まれていました。ブートによっては「There's No Telling What I Might Do」というタイトルになっている曲です。ジルは、自分がボーカルをとったバージョンの「Wednesday」を、「Our Destiny」などと共に自らネットに流しています。個人的には、「Wednesday」も今回のリリースに含めてほしかったな、と思います。

8. Velvet Kitty Cat / 9. Katrina's Paper Dolls

特別なボーカル能力を必要としない、シンプルでキュートな2曲です。私はどちらも結構好きで、Disc 2 を通して再生した場合、丁度良い具合に一息つくタイミングができます。また、「Katrina's Paper Dolls」は、何も起こらないような雰囲気で曲が進行するので油断してしまいますが、"Love will make U lonely" の歌詞の部分が最後だけ "Love will make U horny" に変わるので、聴いているとギョッとします (笑)。Katrina はヴァニティのミドルネームということなので、さすが一筋縄ではいきません。

10. We Can Fxxk

サプライズだらけのこのディスクにあって、私がとりわけ衝撃を受けた曲です。感想はここでは書ききれないので、別途記事を書いています。

11. Father's Song

ピアノ独奏のしっとりした美しい曲を想像していたら… 思ったよりも変わったアレンジの曲でした。不思議な余韻が残ります。

去る6月23日にリリースされた、Purple Rain Deluxe の雑感です。といっても、未発表曲が収録された Disc 2 以外、私は未だにまともに観賞できていません。全体では断片的に確認しただけの状況ですが、気持ちの区切りのために少し書いておきます。

購入と初試聴

とりあえず、このリリースに関しては購入の前と後で印象がガラリと変わったので、そこから書くことにします。実のところ、このリリースの発売については複雑な心境があり、元々は直ぐに購入するつもりはありませんでした。

それでも何だかんだで結局、発売日の夜、あまり気乗りがしないままに会社帰りにフラッと店に立ち寄って購入しました。帰りの電車でケースを眺め、これまでブートでしか聴くことのできなかった「Wonderful Ass」や、プリンス自身が選定に関わっていたならば自己検閲でおそらく収録されなかったと思われる、「We Can Fxxk」というタイトルがトラックリストに含まれているのを見て、少々複雑な気分になりました。ブックレットをパラパラめくっても、なぜこのようなトラックリストになったのか、その説明は一切なされていないので、何だか奇妙なモノを手にしてしまったという思いがしました。そういえばブックレットといえば、スーザン・ロジャースの寄稿は感慨深いものでした。彼女がどんな思いでこれを書いたのかを推し量りながら読むと、心に残る箇所が色々とありました。

何はともあれ家に帰り、あの扱いにくいケースから頑張ってディスクを取り出し、どんなものか聴いてみることにしました。最初に聴くのは、まあ自然と Disc 2 になります。1曲目は挨拶替わりにひたすらジャブ連打を浴びせかけるような「The Dance Electric」です。他にもまだまだ曲があるのにこの曲だけで11分29秒はさすがに長いので、途中でスキップして2曲目の「Love And Sex」に行きました。

One, two, three, four
Uh huh, huh, Yeahhhh!!!
Uh
Come on, baby, hurt me!

やられました。2ラウンド開始早々でノックアウトです。まさか、これまでブートレグでも流通していなかった完全な未発表曲に、このような、どの曲にも似ていない一点物の逸品が潜んでいたとは。この曲で私の頭はすっかり吹き飛ばされました。

Disc 2 については記事を別途書くことにし、他のディスクについて触れることにします。

Disc 1 - 2015 ペイズリーパーク・リマスター

これは私の持論で個人的に極めて重要なポイントなのですが、プリンスの音楽の特徴に、音質の向上がもたらすことの意味が他のアーティストとは根本的に異なる、というのがあります。普通、音質の向上といったら、より良い音で音楽を楽しむのが第一の目的になると思います。というより、基本的にそれ以外に目的はないような気がします。しかし、プリンスの場合、「音質の向上が、プリンスが音楽の中で何をしているかを知るのに貢献するか」が個人的には最も重要なことになります。それに較べたら、多少の音質の向上を楽しむのは一段下の優先度になります。

その観点でいうと、最初に Disc 1 の音を確認した時は、隅々の細かい部分まできちんとクリアに再生されていることに感激したのですが、旧版と聴き較べてみたところ、それは思い込みによるもので、旧版も音自体は同等にきちんとクリアであることが分かりました。結局、これまで気付かなかった新しい発見があるわけではなく、プリンスが音楽の中で何をしているかを知るうえでは、旧版で十分事足りると感じました。

リマスターの音質については、色々と賛否両論な議論があるようですが、個人的には特に不満はなく、あまり話に付いていけていません。個人的には、音が大きくなって、普通のボリュームでもちゃんと聴くことができるようになったのはとても嬉しいことです。「Parade」や「Sign O' The Times」でも早くこういうことをしてほしいと思います。

で、結局、イヤホンやヘッドホンを使い、ボリュームを調整すれば、個人的にはリマスターと旧版に決定的な違いは感じられないため、Disc 1 はまだ全体を通して聴いたことがありません。細かいところでは、リマスターで「I Would Die 4 U」と「Baby, I'm A Star」のトラック分割が適切に修正されたのは嬉しいです。やはり曲がきちんと始まると気持ち良いものです。

Disc 3 - シングル & B サイド

まだ殆ど聴いていません。そういえば、私はいつの頃からか「God」という曲がとても好きになりました。今回のリリースで改めて聴いても本当に素晴らしいな、と思います。そういえばこの曲のインストゥルメンタルバージョンは、映画ではラブシーンに使用されます。プリンスなのでついつい自然に感じてしまうのですが、冷静に考えると随分と大胆なことをやってのけるものです。

Disc 4 - 1985/03/30, コンサート at Syracuse, NY

Alan Light のパープルレイン本「Let's Go Crazy - Prince and the Making of Purple Rain」に、次の言葉が引用されています (翻訳版なら22ページです)。これは映画が公開された当時、Greg Tate という批評家が The Village Voice 誌に書いたものです。

Those of y'all going gaga behind Purple Rain and never seen the boy live ain't seen shit.
パープルレインの映画でゾッコンになりながらもプリンスをライブで見たことがない奴らは皆、まだ本当のプリンスを見たことがない。

まさにその通りだと思います。私は未だ断片的にポツポツ鑑賞しているところなのであまり語ることはできないのですが、本当に "エレクトリック" なコンサートです。例えば映画やアルバムだけでは知ることのできない、ファンキーな「Irresistible Bitch / Possessed」メドレーだとか…最高です。

Everybody stop on the one...... Good god!

実際にコンサートの演奏曲でこの言葉が出てくるのは「Let's Go Crazy」のみかもしれませんが、今回のリリースセットによく出てくる言葉を使って、このコンサートは "エレクトリック" と形容したくなります。

  • Let's Go Crazy - "Electric word, life..."
  • The Dance Electric
  • Electric Intercourse
  • We Can Fxxk - "Can't U see this room is electric?", "electric ass / electric thighs"

それにしても、Housequake の Facebook 投稿から知ったのですが、このオフィシャル DVD、ブートレグより画質が悪いって本当なのでしょうか? どういうことなんでしょう (笑)

prince-purple-rain-deluxe-dvd

「Electric Intercourse (Studio Version)」は、今回の「Purple Rain Deluxe」で私が一番楽しみにしていた曲です。

私にとって、未発表曲を集めた Disc 2 は、今回のセットの目玉でした。ただ、既にブートで知られていた「Computer Blue (Hallway Speech Version)」や「Wonderful Ass」などが素晴らしいことは知っていたし、「We Can Fxxk」はまさかあんな曲だとは想像していなかったし、曲名も知られていなかったような完全な未発表曲は、事前にどんな期待をすれば良いのか分かりませんでした。そんな中、曲目リストで最も目を引いたのが、「Electric Intercourse (Studio Version)」です。あの素晴らしいライブバージョンで知られていた名曲に、何とスタジオバージョンが存在していたなんて。私は驚きました。


そして、Disc 2 を手にし、実際にこの曲のスタジオバージョンを聴いて、私は再び驚きました。いや、驚いたというよりも、戸惑ったと言うべきかもしれません。この曲のライブバージョンを聴いたことがある人ならば、誰もが戸惑ったはずです。何しろスタジオバージョンはライブバージョンとは全然違う曲だったのですから。もし両者が偶然出会ったら、「君の名は…?!」となりそうです。私は映画を観ていないので使い方を間違っているかもしれません。それにしても、何から何まで違いすぎて…メロディまで違うってどういうことなんでしょう。初めて聴いたときは頭の中が「???」で一杯になりました。

しかしながら、この全くの予想外なスタジオバージョンが残念であったかというと、私は全くそうは感じませんでした。むしろ私はこのバージョンにこの上なく感激しました。

この感激はどのように表現したら良いのでしょう。例えるならば、この曲をボツにして「Purple Rain」に採用された「The Beautiful Ones」が風格を漂わせる大人のカエルだとしたら、さしずめ「Electric Intercourse (Studio Version)」は手足の生えかけたオタマジャクシです。これは、オタマジャクシが成長してカエルになる前に、最後の精魂を込めて作った感動バラードだと私は感じました。

こんな例えで私が受けた感激が伝わるでしょうか? ピンと来なければ、脱皮したばかりの柔らかいザリガニとか、蛹から羽化しようとしている蝶とか…あまり例えが変わっていませんが、そういった、新しい世界に羽ばたこうとしている生命に触れたときに抱く、愛おしさのようなものを私は感じました。これは「Purple Rain」制作の過程で、この曲が、より大人の風格を漂わせる「The Beautiful Ones」に差し替えられたという経緯があるからかもしれません。

そして、感激の要因はひとつではありません。実は、私は長年こんな曲があったらいいなと願い続けてきました。こんな曲とは、「Purple Rain 以前」にカテゴライズされる名バラードです。もちろん「Purple Rain 以前」にもそういう曲がないわけではありません。「Do Me, Baby」は初期バラードの名曲です。「International Lover」はユーモアを持ち合わせた傑作です。「Free」も悪くありません。しかし、こういった曲だけでなく、もうひとつ何かが欲しいと私はずっと思っていました。例えば「Adore」や「Crucial」のような、聴くと幸せな気分にしてもらえるようなバラードが。

その意味で、このスタジオバージョンは、まさに私が願っていた曲だったのです。妙に時代感がばらけている気がする Disc 2 の曲ですが、これははっきりと「Purple Rain 以前」の曲だと感じます。音の雰囲気的には前アルバムの「1999」の方がずっと近い感じがします。

そして、さらに驚きなのは、この繊細なスタジオバージョンでも十分素晴らしいのに、ライブバージョンはそれを越えてさらに凄いということです。ライブバージョンは、ボーカルも演奏も張り裂けるように情熱的で、メロディもより完成しています。これまで私は、この張り裂けるような情熱こそがこの曲の肝であると確信していました。しかしそれがすっかり抜けた繊細なスタジオバージョンもこれほど素晴らしいというのが…もうこの曲には感激しっぱなしです。それに個人的には歌詞も素晴らしいと思います。よくこんなに次から次へと歌詞のアイデアが出てくるものだと思います。

あと、スタジオバージョンでは3:50頃に手拍子のような音が入りますが、「International Lover」のクライマックスでも似たような手拍子があったことを思い出します。この手拍子の意味はよく分からないのですが、私は何となく好きです。


I feel some kind of love 4 U and I don't even know ur name
This is the kind of love that takes 2
I want U and I'm not ashamed
ある種の愛を感じるよ - 君の名も知らないというのに
これは二人でなければ育むことのできない愛
君が欲しい、恥ずべきことなんかじゃない

Cuz baby, U shock my wire with a sexual electricity extraordinaire
Come and take advantage, undress me
I don't even know U, I don't even care
だって君の極上のセクシャルな電気で、僕の導線はショックを起こしているんだ
さあこの隙に乗じて - 僕の服を脱がして
君が誰かも知らないけれど、構いやしない

I feel some kind of sexual current, tell me, do U feel it 2?
Our bodies want 2 be 2gether
Girl, I wanna be with U
何かセクシャルな電流が走るのを感じるよ - 君も感じる?
僕らの体は一緒になりたがっている
ねえ、君と一緒になりたい

Electric is my body, baby, I will shock U with my lips
Darlin', don't U know your Technicolor climax is at my fingertips?
僕の体は電気を起こすよ - 口づけで君にショックをあげる
ダーリン、君のテクニカラーの絶頂は僕の意のままに

Electric intercourse, electric intercourse (Don't U wanna?)
Electric intercourse, electric intercourse (Don't U wanna?)
Do U wanna make love, love?
エレクトリック・インターコース、エレクトリック・インターコース
エレクトリック・インターコース、エレクトリック・インターコース
育みたくないかい? 愛を、愛を

↑このページのトップヘ