OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

「A Case Of U」は、元々はジョニ・ミッチェルの1971年の曲です。プリンスはこの曲がお気に入りだったようで、コンサートなどでこの曲をカバーしています。プリンスが最初にこの曲をコンサートで演奏したのは、1983年8月3日の First Avenue になります (ちなみに、これは後にアルバム「Purple Rain」で使用されることになる「I Would Die 4 U」、「Baby I'm A Star」、「Purple Rain」が演奏されたコンサートです)。また、2002年の「One Nite Alone... - Solo piano and voice by Prince」に収録され、オフィシャルリリースされたバージョンもあります。

この曲は、ジョニ・ミッチェルの原曲では恋愛の歌になっていますが、プリンスのカバーはそれとは異なる意味合いの歌に変更されています。ジョニの原曲では、傷付くと分かっているのに、それでも恋の相手に惹かれてしまう複雑な女心 (それと "オォ、カーナーダーァー") が歌われます。一方で、プリンスのバージョンではそういった要素は取り除かれており、ジョニ・ミッチェルへの純粋な敬愛のほどがうかがわれるカバーとなっています。プリンスのカバーでは、第1と第3ヴァースが省かれ、第2ヴァースのみが歌われます。また原曲では "I'm frightened by the devil / And I'm drawn to... / 悪魔に怯え、恐れを知らぬ人に惹かれてしまう (しかしその人が恐れを知らないのは、実はその人そのものが悪魔だから)" と現在形で歌われる部分も、プリンスのカバーでは過去形にして、異なる意味合いに変えて歌われます。

1983年のバージョンや「One Nite Alone...」のバージョンは YouTube などで容易に見つかるので、私はまずこれらのバージョンに慣れ親しみました。妖しくワイルドな格好なのに小鹿のような眼差しで歌う、音質や画質が劣化してヨレヨレの1983年のバージョンも、より円熟した「One Nite Alone...」のバージョンも、どちらを聴いてもプリンスは本当にジョニ・ミッチェルが好きなんだな、と思います。

この曲に関しては、それが主な感想だったのですが、とあるバージョンを聴いて・・・何というか・・・どういう言葉を選べば良いのか分からないバージョンに出会いました。それは2016年4月14日のアトランタ、7:00 PM の Piano & A Microphone コンサートです。プリンスはこの日に Show 1 (7:00 PM) と Show 2 (10:00 PM) の2つのコンサートを行い、それが最後のフルコンサートとなりました。私は未だ断片的にしか聴けていないのですが、少し聴いただけでも、この日のコンサートは、人類の文化遺産に指定すべき途轍もなく素晴らしいコンサートだと思います。

元々ジョニの原曲とは異なる意味に変えられてカバーされていたこの曲でしたが、2016年4月14日のアトランタでの演奏は、完全に別次元の曲へと昇華されています。この日の演奏では、美しい間奏を挟んで、2度目の "In my blood like holy wine" が3回連続で歌われます。最初から凄い高音を出すのですが、3回目はさらに高くなり、プリンスはこの世のものとは思えない声を出します。曲が終わると1分ほど演奏が止まり、しばらく歓声だけになります。映像がなくて分からないのですが、この間プリンスは席を外し、しばしステージを離れていたらしいです。そして戻って来るとこう言います。

Sometimes I forget how emotional these songs can be. Okay, stay with it, Prince!
これらの曲がどれだけエモーショナルだったのかちょっと忘れてたよ。オーケー、プリンス、持ちこたえるんだ。

このアトランタのバージョンは、是が非でもヘッドホンかイヤホンで聴くことをおすすめします。YouTube に見つからないので、次のブログを勝手にリンクさせていただきました。筆者ご自身で録音した音源だそうです。「A Case Of U」は 8:00 頃から始まります。

また、この音源の最初には、プリンスが「Chopsticks」を弾く、とても面白い演奏が入っています。曲名だと分からないかもしれませんが、誰でも知っている曲なので、聴けば「ああ、これか」となると思います。リンクしたブログの方は、この部分のスクリプトも書いてくださっています。

Thank you, Atlanta. Once again I'd like to apologize for the cancellation I was a little under the weather. But we're here now. I want to take this time to thank you, each and every one of you for coming out and enjoying this night with us.
ありがとう、アトランタ。改めて前回のコンサートはキャンセルしてごめん。少し体調を崩してしまったんだ。でも僕らは今日ここに集まることができたね。この場を借りて、今夜一緒に過ごして楽しんでくれていることを、一人一人みんなにに感謝するよ。

I want to tell you a little bit about myself. I was born in Minneapolis. My father taught me how to play the piano...
少し自己紹介をするよ。僕はミネアポリスで生まれたんだ。ピアノの弾き方は、父さんが教えてくれたんだ。

("Choipstics" を弾き始める)

He didn't teach me that.
(弾きながら) ・・・なんてね、父さんは教えてくれなかったよ。(聴衆の笑い声)

I taught myself.
僕は独学でピアノを覚えたんだ。

(情緒的なアレンジを加えながら、さらに "Chopstikcs" を弾き続ける)

One of the things my father taught me was that funk (pause) is space.
替わりに父さんが教えてくれたことの、そのひとつは、ファンクは・・・スペースだってこと。

(よりファンキーなピアノプレイに移行する)

My father couldn't sing but he, he, he used to do this thing with his month, he says (starts scatting lightly). I used to watch him do that and (more scatting)...
父さんは歌うことはできなかったけど・・・と、と、父さんは、こんなふうに、口を使って (スキャットし始める)・・・僕は父さんが、こんなふうにするのを見て・・・(さらにスキャットを続ける)

That's funky, right?
ね、ファンキーだろ?

(ピアノの旋律がよりシリアスなトーンに変わる)

When I got a little older, and started doing things my way...
成長するにつれて、僕は自分流のやり方を身に付けていったんだ・・・

he liked to frequent this club down on 36th pimps and things used to hang outside and cuss for kicks... " (starts singing "Joy In Repitition").
"彼は36番通りのクラブによく出入りしていた。外ではいかがわしい奴らが刺激を求めてたむろしていた・・・" (Joy In Repetition の歌い出し)

「Joy In Repetition」は、7:00頃にプリンスの "Love me" という囁きで唐突に演奏が止まります。


画像が紛らわしいのですが、One Nite Alone のバージョンです。

こちらはジョニ・ミッチェルの "オォ、カーナーダーァー" なオリジナルです。


I'm a lonely painter
I live in a box of paints
I used 2 be frightened by the devil
And drawn 2 those ones that weren't afraid
私は孤独な絵描き人
絵具の箱の中に住んでいる
過去の私は悪魔に怯え
恐れを知らぬ人に惹きつけられた

Remember U told me love was touching souls?
Surely U touched mine
Part of U pours out of me
From time 2 time in these lines
あなたは私にこう言ったのを覚えてる?
愛するということは魂に触れることだと
もちろん、あなたは私の魂に触れた
私からあなたの一部がこぼれ出す
時に、言葉の端々に

U're in my blood like holy wine
U're so bitter, so sweet
I could drink a case of U, oh darling
And I'd still be on my feet
I'd still be on my feet
私の血には、聖なるワインのようにあなたが流れる
とても苦く、そしてとても甘い
私は、あなたを1ケース飲むことだってできる
それでも私はちゃんと立っていられる

U're in my blood like holy wine
U're so bitter, so bitter, so, so sweet, oh
And I could drink a case of U, oh darling
And I'd still be on my feet and I'd still be on my...
Still be on my feet, I'd still...
私の血には、聖なるワインのようにあなたが流れる
あなたは、とても、とても苦く、そしてとても甘い
私は、あなたを1ケース飲むことだってできる
それでも私はちゃんと立っていられる
それでも私は…

私の選ぶ曲の番外、もう1曲はジョニ・ミッチェルの「Both Sides, Now」です。この曲は、最初1967年に Judy Collins の歌う快活なバージョンがヒットし、後の1969年にジョニ自身も、よりしっとりしたアレンジにしてアルバム「Clouds」にて発表しました。Wikipedia を見ると膨大な数のカバーバージョンがリストされていますが、私が選ぶのはジョニ・ミッチェル本人のバージョンです。


私はジョニ・ミッチェルというアーティストの存在を、プリンスの「The Ballad Of Dorothy Parker」(1987年、Sign O' The Times 収録) から知りました。この曲にはジョニ・ミッチェルの「Help Me」という曲が登場します。

"Oh, my favorite song," she said
And it was Joni singing, "Help me, I think I'm falling (in love again)"
(Drring) The phone rang and she said
"Whoever's calling can't be as cute as U"
「あら、私の好きな歌だわ」 - 彼女は言った
ジョニ・ミッチェルが歌っていた - 「どうしよう、(また恋に) 落ちてしまう」
(リンリン) 電話が鳴ったけれども彼女は言った
「誰の電話だろうが、あなたほど素敵な人ということはありえないわ」

それで興味を持った私は、ジョニ・ミッチェルのベスト盤「Hits」と「Misses」を買って聴いてみました。ちなみに「Help Me」とは下にリンクした曲です。「The Ballad Of Dorothy Parker」はとても変わった曲なのに、この曲が違和感なくそのまんま歌われていて面白いです。

とにかく、このベスト盤を通して聴き、最も印象深く感じた曲は、私にとっては「Both Sides, Now」でした。その印象は今でも古びることがありません。個人的には、これがジョニ・ミッチェルが若い頃に書いた曲だというのが、また素敵なことだと思います。

また、非常に個人的な意見なのですが、この曲は「Purple Rain」みたいだな、とも思います。歌の内容も曲調も全然違いますが、どちらもヴァース毎に対象が移り変わっていきます。「Both Sides, Now」の第1ヴァースは雲のこと、第2ヴァースは恋のこと、そして第3ヴァースは人間関係や人生のことが歌われます。他方、「Purple Rain」の第1ヴァースは父のこと、第2ヴァースは恋人 (アポロニア) のこと、そして第3ヴァースはバンドメンバーのことが歌われます。

そんなことを思うにつけ、「Purple Rain」はつくづく凄まじくスケールの大きな曲だなと思います。歌の部分で既に高い熱量を持っているうえに、そも歌も構成の一部分でしかなく、むしろ歌が終わってからのギターソロや "Wooo-hoo-hoo-hoo" の方がメインみたいなところがあり、展開に懐の深さを感じます。

話が脱線しました。「Both Sides, Now」は、聴いて刺激を受けたり興奮したりする曲ではないかもしれませんが、そのぶんカゼインプロテインのようにじんわりゆっくり体に取り入れられる曲だと思います。(ウエイトトレーニングに興味がない人にはピンとこない喩えでアレですが、カゼインとは牛乳に含まれ、ゆっくり時間をかけて消化・吸収される特徴を持つタンパク質です。最近「A Case Of You/U」をよく聴いていて、これはワインではないな・・・と思っているうちに、じゃあカゼインかな・・・となりました。)

参考リンク

  • Both Sides, Now (Wikipedia) - この曲ができた背景の説明があります。ジョニが飛行機の中で Saul Bellow の "Henderson the Rain King" を読んでいて、本の中に飛行機から雲を見下ろす描写があり、ジョニもまた同じく飛行機の窓から外を見ると、眼下には雲があった、というところからこの曲ができたのだそうです。

Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way
幾筋にも流れる天使の髮の毛
空に浮かぶアイスクリームの城
至るところに佇む羽根の峡谷
私はそんなふうに雲をみてきた

But now they only block the sun
They rain and they snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way
だけど今、雲は太陽を遮るだけ
雨や雪を人々に降らせる
もっと沢山のことができたはずなのに
雲が私の邪魔をした

I've looked at clouds from both sides now
From up and down, and still somehow
It's cloud illusions I recall
I really don't know clouds at all
私は両方の側から雲を見てきた
上からも下からも、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは雲の幻想だけ
私は雲のことは本当に何も分からない

Moons and Junes and Ferris wheels
The dizzy dancing way you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way
お月さまに六月、それに観覧車
踊りをして目がくらむような気分
おとぎ話が現実になるかのよう
私はそんなふうに恋をみてきた

But now it's just another show
And you leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away
だけど今は、同じショウの繰り返し
人に笑われるままに舞台を移る
それを気にするなら、自分を晒さないで
自分を見せないこと

I've looked at love from both sides now
From give and take, and still somehow
It's love's illusions I recall
I really don't know love at all
私は両方の側から恋をみてきた
与える方も貰う方も、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは恋の幻想だけ
私は恋のことは本当に何も分からない

Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way
涙と不安、そして誇りを持ち
愛してるとはっきり声にして言う
夢と計画、そしてサーカスの観衆
私はそんなふうに人生をみてきた

But now old friends they're acting strange
And they shake their heads
And they say that I've changed
Well something's lost but something's gained
In living every day
だけど今では古い友人は変に振る舞う
頭を振って私は変わったと言う
失うものもあれば得るものもある
日々生きていく中で

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all
私は両方の側から人生をみてきた
勝つ方も負ける方も、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは人生の幻想だけ
私は人生のことは本当に何も分からない

I've looked at life from both sides now
From up and down, and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all
私は両方の側から人生をみてきた
上からも下からも、だけどそれでもなぜか
私に思い起こせるのは人生の幻想だけ
私は人生のことは本当に何も分からない

プリンスの記事を小休止して、久しぶりにトレーニングのことでも書こうかと思ったのですが、上手く文章がまとまらなかったので、私の選ぶ曲の番外として、Steely Dan の「Deacon Blues」について書くことにします。この曲は、名盤として知られる Steely Dan のアルバム「Aja」(1977年) に収録されています。プリンス以外のアーティストまで取り上げて、一体このブログはどうなるんだと思うかもしれませんが、この曲とあともう1曲だけ、特別に番外として取り上げます。

私はこの曲の良さを人に上手く説明できたことがないのですが、まずこれだけは最初に言っておきます。
Steely Dan の「Deacon Blues」は、とても素晴らしい曲です。

この曲は歌詞ありきで成り立っているのですが、その良さを説明するのはちょっと難しいです。コーラスの前半は「サックスを吹き、一晩中酒を飲んで、ハンドルを握って自らの命を断つ」なので、そこから話を始めてしまうと、「なんでそんなバカなことをしてるの?」とか「飲酒運転なんてダメだよ!」という印象が先に立ってしまい、バツが悪いです。コーラスの後半は後半で、日本には馴染みのないアメリカのカレッジフットボールの比喩が使われています。そもそも、どんな説明をしようとも、これは響く人にしか響かないタイプの曲だという気もするのですが、とりあえずもう一回言っておきます。これは本当に素晴らしい曲です。

また、この曲は、一言では「敗者の美学」のようなイメージで語られることが多いです。確かにそれはその通りなのですが、個人的にはそれだけでは言葉足らずのように感じます。


Steely Dan のドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーは、2015年の The Wall Street Journal のインタビューにて、この曲がどのようにして出来上がったかについて答えています。ドナルド・フェイゲンは、この曲のストーリーは次のアイデアから始まったと言います。

Donald Fagen: If a college football team like the University of Alabama could have a grandiose name like the “Crimson Tide,” the nerds and losers should be entitled to a grandiose name as well.
アラバマ大学のような強豪カレッジフットボールチームが "クリムゾン・タイド" なんて大仰な名前で呼ばれるのならば、ナードやルーザー達にだって大仰な名前をもらう資格があってもいいだろう。

従来、タイトルの "Deacon Blues" の由来には諸説ありました。例えば "Deacon" という言葉は当時記録的な連敗を喫していたウェイク・フォレスト大学 (通称 "Demon Deacons") から取られた、といった説がありましたが、このインタビューでは本当の由来が明かされています。実際には、"Deacon" とは1960年代から70年代初期にかけて NFL ラインマンとして活躍した、Deacon Jones という人物から取ったのだそうです。それも、二人は熱心なフットボールファンというわけではなく、単に "Crimson" との対比で語感が良かったから "Deacon" になったのだそうです。

個人的に、これはとても興味深い情報だと思いました。"Deacon" とは、元々は敗者から取られた言葉ではなかったのです。ウォルター・ベッカーは、この曲の主人公は "triple-L loser" だ、とも言っていますが、この曲の完成度を前にすると、その発言を素直に受け取るのは何となく拒否したい気持ちになります。

この曲のストーリーは、曲の進行と共に展開していきます。第1ヴァースでは、サックス奏者として生きていこうとする男の、過去の回想と夢へと踏み出す決意が歌われます。第2ヴァースでは、この男の選択に後戻りの道はないことが示唆されます。そしてサックスソロを挟み、第3ヴァースで、男は遂にステージへと向かいます。最後のコーラスの後は、曲はフェイドアウトして終わります。

最終的にこの男が成功を成し遂げたかどうかは、曲の中では明らかにされません。コーラスでは破滅と敗北のイメージが描写されるのみです。また、最後のフェイドアウトは意図的なものなのだそうです。夜の中に夢が消えていくようなイメージを作り出すためにそうしたのだとドナルド・フェイゲンは語っています。

参考リンク


この曲の美しさを高めている要素として、破滅的な描写が挙げられることは間違いありません。この曲を考えるとき、私は隆慶一郎の小説「一夢庵風流記」にある、次のやり取りを思い出します。これは秀吉の朝鮮出兵の下準備として、主人公の前田慶次郎が朝鮮を訪れ、外交僧として現地に滞在する元蘇という僧侶と会う場面です。ちなみにこの小説は、私ぐらいの世代では有名な漫画「花の慶次」の原作となった小説です。少年漫画で朝鮮出兵の話はマズいということで、漫画では舞台が琉球に変更されており、このやり取りがあるのは小説のみです。

「この国にはいつお越しかな」
当りさわりのない問いから元蘇は始めた。
「まだ半月にもなりません」
慶次郎の返答はのんびりしたものだった
「何しに、この時に……?」
「観るためです、この国を」
「で、どう見られた」
禅僧らしい鋭い切返しである。
「滅びの美しさに酔っている国と観ました」
元蘇はまばたきもせず慶次郎を見つめた。何故とは訊かない。
「滅びることは美しいかな」
「滅びたものは美しいが、滅びるものは無残でしょう」

また、アメリカの有名 TV ドラマ「Breaking Bad」には、主人公のウォルター・ホワイトが、息子に Steely Dan というバンドが如何に凄いかを説く場面があります。些細なきっかけから麻薬抗争の世界に足を踏み入れ、自ら破滅への道を突き進みながら、しかし同時に凄まじい能力を発揮し、自分の人生に満足して最期を迎えるキャラクターが言う台詞であるというのが、何とも象徴的だと思います。

ウォルター: Steely Dan. In terms of pure musicianship, I would put them up against any current band you can name.
純粋な音楽性でいえば、Steely Dan は今どきのどんなバンドにも負けないだろうね。

息子: You wouldn't know any current bands.
父さんは今どきのバンドなんて誰も知らないじゃないか。


この曲に関して最後にひとつ。この曲の第3ヴァースには、次の印象的な歌詞があります。

I cried when I wrote this song
Sue me if I play too long
この曲を書いた時、俺は泣いてしまったんだ
もし演奏が長すぎたら訴えてくれ

何となくプリンスの「1999」にある、次の歌詞を連想しないでしょうか。「1999」を書いたとき、プリンスの頭の片隅にはこの曲があったのかもしれない、と個人的には思ったりします。

I was dreaming when I wrote this
So sue me if I go 2 fast
この曲を書いた時、俺は夢を見ていたんだ
もし演奏が速すぎたら訴えてくれ


先日、ウォルター・ベッカーの訃報がありました。私は Steely Dan のコンサートには、2000年の国際フォーラム2日間と、記憶が朧げなのですが武道館でも観ているはずなので1996年の日本武道館にも1回行ったことがあります。当時はまだダフ屋というものが存在する時代で、国際フォーラムの2日目は、チケットを持たずに一人で会場に行きました。コンサートが始まって値が落ちたチケットを手に入れたのですが、運良くそれが前から3番目の席でした。間近で見るウォルター・ベッカーは、スーツに白いスニーカーの出で立ちだったように覚えています。そのちぐはぐな着こなしが、妙にサマになっていたという印象が残っています。


[Verse 1]
This is the day of the expanding man
That shape is my shade
There where I used to stand
今日は未来への希望に膨らむ男の日
あの影は過去に立っていた俺の姿

It seems like only yesterday
I gazed through the glass
At ramblers, wild gamblers
That's all in the past
まるでつい昨日のように感じる
グラス越しに見える喧騒やギャンブラー達
それも全ては過去のこと

You call me a fool
You say it's a crazy scheme
This one's for real
I already bought the dream
人は俺を愚か者だと言う
無謀な計画を立てたものだと
だがこれは本物だ
俺はもうこの夢に乗ったのさ

So useless to ask me why
Throw a kiss and say goodbye
I'll make it this time
I'm ready to cross that fine line
理由を聞くなんて愚かなことだね
投げキッスをしてさよならさ
俺は今度はやってみせる
俺は一線を越えると決めたのさ

[Chorus]
Learn to work the saxophone
I play just what I feel
Drink Scotch whiskey all night long
And die behind the wheel
サックスの演奏をモノにして
心のおもむくままに吹き操る
スコッチウイスキーを一晩中飲み
そしてハンドルを握って死ぬ

They got a name for the winners in the world
I want a name when I lose
They call Alabama the Crimson Tide
Call me Deacon Blues
世の中では勝者に称号が与えられる
だが俺は敗北した時に名前が欲しい
アラバマ大を「クリムゾン・タイド」と呼ぶならば
俺のことは「ディーコン・ブルース」と呼んでくれ

[Verse 2]
My back to the wall, a victim of laughing chance
This is for me, the essence of true romance
Sharing the things we know and love
With those of my kind
Libations, sensations, that stagger the mind
壁を背にした、あざ笑う運命の生け贄
だがこれは俺にとって真のロマンスのエッセンスさ
同類の奴等と知識や嗜好を分かち合う
献杯、高ぶる感情、そして心のよろめき

I crawl like a viper
Through these suburban streets
Make love to these women
Languid and bittersweet
街の通りをヘビのように這い
女たちと愛を交わす
物憂くほろ苦い思い

I rise when the sun goes down
Cover every game in town
A world of my own
I'll make it my home sweet home
陽が落ちては動き出し
街のあらゆる機会を探る
これが俺の世界
俺はここをスイートホームにするのさ

[Chorus]
Learn to work the saxophone
I play just what I feel
Drink Scotch whiskey all night long
And die behind the wheel
サックスの演奏をモノにして
心のおもむくままに吹き操る
スコッチウイスキーを一晩中飲み
そしてハンドルを握って死ぬ

They got a name for the winners in the world
I want a name when I lose
They call Alabama the Crimson Tide
Call me Deacon Blues
世の中では勝者に称号が与えられる
だが俺は敗北した時に名前が欲しい
アラバマ大を「クリムゾン・タイド」と呼ぶならば
俺のことは「ディーコン・ブルース」と呼んでくれ

[Verse 3]
This is the night of the expanding man
I take one last drag
As I approach the stand
今夜は未来への希望に膨らむ男の夜
俺は最後の一服をくゆらせ
ステージへと向かう

I cried when I wrote this song
Sue me if I play too long
This brother is free
I'll be what I want to be
この曲を書いた時、俺は泣いてしまったんだ
もし演奏が長すぎたら訴えてくれ
この男は自由の身
俺はなりたい自分になってみせるのさ

[Chorus]
Learn to work the saxophone
I play just what I feel
Drink Scotch whiskey all night long
And die behind the wheel
サックスの演奏をモノにして
心のおもむくままに吹き操る
スコッチウイスキーを一晩中飲み
そしてハンドルを握って死ぬ

They got a name for the winners in the world
I want a name when I lose
They call Alabama the Crimson Tide
Call me Deacon Blues
世の中では勝者に称号が与えられる
だが俺は敗北した時に名前が欲しい
アラバマ大を「クリムゾン・タイド」と呼ぶならば
俺のことは「ディーコン・ブルース」と呼んでくれ

↑このページのトップヘ