OneH

主にトレーニングとダイエットのブログ。それとプリンス。

2004年にデジタルダウンロードでリリースされたアルバム「The Slaughterhouse」から、「Northside」を取り上げます。「Northside」は2000年終わりから2001年初め頃に録音された曲で、ストレートなファンクで押してくるタイプの曲です。私は「The Slaughterhouse」はリアルタイムでは聴いておらず、割と最近になってようやくまともに聴き始めたのですが、このアルバムの収録曲はどれも興味深い曲ばかりです。特に「Northside」に関しては、昨年10月の回顧録「The Beautiful Ones」、そして同じく11月の「1999 Deluxe」のリリース後に聴いたことでより深く心に響くことになりました。

「Northside」は、曲としては The New Power Generation の位置付けになっていて、アルバム自体もふんだんに NPG 的な雰囲気を漂わせていますが、それにしてもプリンスのアルバムにこういうド直球ファンクが入るというのはちょっと珍しい感じがします。そういえば昨年の「1999 Deluxe」では、リリースに先立って YouTube で公開された「Don't Let Him Fool Ya」も、アルバム「1999」には入れようがないストレートなファンクで虚をつかれる思いがしました。そして「1999 Deluxe」リイシューの Prince: The Story of 1999 Podcast で、リサ・コールマンが、プリンスや自分達はファンクバンドではなかったので、当時ストレートなファンクを演奏することは許されなかったというようなことを語っていたのを思い出します。

そういったことで、こういう曲がプリンスのアルバムに入っているのは少し意外な感じがするのですが、そのストレートな音楽にはもちろん意味があります。

This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

タイトルの「Northside」とは、曲の中ではマニーアップルと言っていますが、ミネアポリスのノースサイドのことです。近々翻訳版が出る「The Beautiful Ones」には、ミネアポリスのノースサイドとサウスサイドの話も出てきます。本の「Part II - 5. Prince」で、プリンスは少年時代に自分を受け入れてくれたバーナデット・アンダーソン (Bernadette Anderson) に触れ、この地球はフェミニン・プリンシプルによって維持されてきたと語り、コンペティションではなくコミュニティの大切さに言及しています。 コミュニティがしっかりと紡がれたサウスサイドと比べて、ノースサイドはテストステロンが強くフェミニン・プリンシプルが失われ、競争の激しい場所だったと回想しています。

それにしても、もしこれが「1999」の時代に作られた曲だったとしたら、自身のアルバムにここまでストレートなファンク曲を入れるという選択肢は有り得ないことだったでしょう。「Northside」は、時代が流れ、NPG Music Club というプリンスが自由に音楽を発信できる場所を得たことで出てきた曲といえるのかもしれません。

また、このアルバムでは「S&M Groove」にもこの曲と似たトーンの歌詞が出てきます。

The charts don't mean a damn when U're free
Double platinum, they don't believe it 2 be
As long as Wild 107 don't play me
The people in Monyapolis, yeah, we got 2 be free
I got a gift, y'all
And I ain't about 2 lose it
The sadomasochistic's groove and now U gotta use it
自由になってしまえばチャートなんて意味ナシさ
ダブルプラチナにもならない
ワイルド107のラジオで流されなけりゃね
俺たちマニーアポリスの人間はそう、自由にやるのさ
自分は素質を授かってるのさ
それを失うなんてことはしない
サドマゾキスティック・グルーヴ ー これにノらなきゃね


This is how we funk on the Northside
これがノースサイドのファンクのやり方さ

This is how we funk on the Northside
Players ain't gon' stop till it's sold
This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
これがノースサイドのファンクのやり方さ
演奏は売り切れるまで止めないぜ
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

When U cop your paper next Friday
This is what I want U all 2 do
Nevermind the vapor come up my way
We got something freaky 4 U
次の金曜の新聞を見てくれよ
これが皆にしてほしいことさ
俺の周囲の蒸気は気にしない
とびきりのやつを用意してあるぜ

Never U mind what U find in the state of your mind
Your city or part of town
When U get up in the Moneyapple
Baby U got 2 get down
Down {x9}
Hey hey hey hey!
君の気分のステートもシティもタウンも
何だって気にしないことさ
マニーアップルでやっていくには
気合を入れていかなきゃダメなのさ
気合を入れてね
ヘイ、ヘイ、ヘイ!

This is how we funk on the Northside
Players ain't gon' stop till it's sold
This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
これがノースサイドのファンクのやり方さ
演奏は売り切れるまで止めないぜ
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

When U get tired of the Muzak
That's playin' on that no-funk radio (Uh)
We gotta taste the bass that'll take your face 2 the Ace of Spades
U never ever thought your ugly face would go
Bass! - tell ya one time
ファンクと無縁なラジオから流れる
退屈なバックグラウンドミュージックに飽きたなら
俺たちのベースを味わわせてやるよ
スペードのエースに向き合わせるような
君の冴えない顔には思いもつかないやつさ
ベース!

Never U'll cry when U buy yourself a single
From the NPG got joints 4 days
Chart be gone we get it on stage, baby
Aftershow's on the Internet, players gettin' paid!
NPGのシングルは絶対に買って損はない
何日ももつのさ
チャートは放って俺たちはステージでやるぜ
アフターショウはインターネットで
出演者に金は弾むぜ

Hey, this is how we funk
Oh yeah
Hey, this is how we funk
(Hey) Everybody say
This is how we funk on the Northside
Players ain't gon' stop till it's sold
This is how we funk on the Northside
2 get paid in the Moneyapple, got 2 be bold
(Oh, oh)
(How we funk)
(How) {x3}
これがノースサイドのファンクのやり方さ
演奏は売り切れるまで止めないぜ
これがノースサイドのファンクのやり方さ
マニーアップルで稼ぐには度胸が必要だぜ

With a bone 2 play
We can find the mayor
Talk about that piece of land
Fill a garden y'all
Fill a fan with some hand picked images like the man
Sweet potatoes like U never seen (Tell it)
Martin wasn't the only one that had a dream
Know what I mean? (Woo!)
骨と戯れよう
市長があの土地の話をしてる
みんなで庭を埋めるんだ
あの男のようにファンにやるんだ
君みたいなのが見たこともないようなやつさ
夢を抱いたのはキング牧師だけじゃないってことさ
分かるかい?

CHORUS {x3}
(This is how we, this is how we funk)
(We, we be...)
(NPG, so funky it's good 2 me)
(Northside) (Hey)

This is how we funk on the Northside {x2}
Got 2 be bold (Got 2 be)

This is how we funk on the Northside {x5}

The Emotions - Show Me How

ノースサイドの反対はサウスサイドです。「The Beautiful Ones」の「Part II - 7. Southside」で、プリンスはサウスサイドへと引っ越し、イエス・キリストよりも熱心に聖書を語るという叔母のオリヴィアの家に移り住んで過ごした高校時代のことを回想します。生活環境が変わった高校時代のプリンスは、ノースサイドでのバンド活動と、サウスサイドでのスポーツ&女の子とで綱引き状態になります。

この勝負に最終的に勝利したのはデビーというガールフレンドでした。それまでギターソロのないような音楽には興味のなかったプリンスは、デビーと付き合って女性向けのR&B音楽にも慣れ親しむようになります。その回想の中で、プリンスはエモーションズ (The Emotions) の「Show Me How」(1971年) と共に、素敵なエピソードを教えてくれます。

この曲では、終盤に差し掛かる2分6秒頃、それまでの甘く柔らかな歌声が突如として一変し、張り裂けるような歌声に変わります。

A good ballad should always put U in the mood 4 making love.
良いバラードとはいつも誰かと愛し合いたいというムードにさせるものだ。

プリンスが明かしたエピソードの内容は……ここには書かないので、本を読んでのお楽しみにしておいてください。


I'm just a young girl
Dynig to learn the ways of love
Just to please you
You're the only someone I love
Come on and teach me
私はただのうぶな女の子
愛の作法を学びたくてうずうずしてる
全てはあなたを喜ばせたいから
私が愛したいのはあなただけ
だから私に教えてちょうだい

There are so many things
That I, I just don't know
But I, I love you, love you, love you so
So the things I don't know
Show me how
私には知らないことが
とっても沢山あるの
だけど私はあなたをとてもとても
とっても愛してる
だから私の知らないことを
あなたから教わりたいの

I don't want to lose
Someone sweet just like you
For you make me feel like a queen
I wanna make you feel like a king
Show me how
あなたほどの素敵なひとは失いたくない
あなたは私を女王様の気分にしてくれる
だから私はあなたを王様の気分にしてあげたい
どうすればいいのか教えて

You know I want you
How bad I need you
I want to kiss you right now
私の気持ちは分かっているのでしょう
どれほど私があなたを必要としているのかも
あなたにキスをしたいの
今すぐに

If I don't move you
Wanna try to soothe you
And darling please, show me how
あなたの心を突き動かせないなら
あなたに安らぎをあげたい
だからお願い、どうすればいいのか教えて

There are so many things
That I, I just don't know, oh
But I, I love you, love you, love you so
So the things I don't know
Show me how
私には知らないことが
とっても沢山あるの
だけど私はあなたをとてもとても
とっても愛してる
だから私の知らないことを
あなたから教わりたいの

Show me, show me, show me
Show me how
Show me, show me, show me
Show me how
どうすればいいのか教えて
どうすればいいのか教えて

Show me, show me, show me
Show me how
Show me, show me, show me
Show me how
どうすればいいのか教えて
どうすればいいのか教えて

Show me, show me, show me
Show me how
Show me, show me, show me
Show me how
どうすればいいのか教えて
どうすればいいのか教えて

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は一応家にも簡単なトレーニング器具を持っています。ここ何年かは主にジムで胸と脚、家で背中と肩をしていたのですが、当面はジムに行かずに家のみでトレーニングすることになりそうなので、そのトレーニング内容について書き残しておきます。

私の使っている器具

当然ながらパワーラックと 20kg バーのバーベルセット、それにベンチがあればジムに行かずとも本格的なトレーニングができます。しかし、様々な制約でそういった本格的なトレーニング器具が選択肢に入らない人は多いと思います。私の場合、家で使うトレーニング器具の条件は次のように決めています。

  • パワーラック、スクワットラックなし
  • 20kg バーのバーベルセットなし
  • ベンチなし
  • あんまり場所を取る器具はダメ
  • あんまり重い器具はダメ

ということで、私の持っているトレーニング器具を紹介します。

1位: 軽量チニングスタンド

  • 軽さ: ★★★★★
  • 場所の取らなさ: ★★★★☆
  • 日常の役立ち度: ★★★★★
  • トレの役立ち度: ★★★★★
  • 総合点: 19
  • 背中: アンダーグリップチニング、ワイドグリップチニング
  • 胸: ディップス
2020-home-workout-1

私が持っているハンガーラッ……いや、チニングスタンドは「IRONMAN CLUB (鉄人倶楽部) 懸垂器 IMC-06 家庭用」(Amazon では現在取扱いなし) です。これを購入した決め手は、接地面が「コ」の字型になっていることです。接地面がこのデザインになっている低価格チニングスタンドは他には見つからないのですが、このデザインのためか、13.2kg とかなりの軽量ながらなかなか安定感があり、少なくとも私はグラツキが気になったことはありません。一応ディップスもできるので、ディップスもやろうかと思います。

私はこのチニングスタンドに、ハンガーラック用のアタッチメントを付けてさらに収納力をアップさせています。

圏外 → 2位: プッシュアップバー

  • 軽さ: ★★★★★
  • 場所の取らなさ: ★★★★★
  • 日常の役立ち度: ☆☆☆☆☆
  • トレの役立ち度: ★★★★☆
  • 総合点: 14
  • 胸: プッシュアップ

買ってはみたものの全然使っていなかったのですが、まさかこれを胸のメインにする日が来ようとは。胸のトレーニングにしか使わないのでトレの役立ち度はこれだけ★を下げて4つにしています。

普通のプッシュアップは一般男性トレーニーには負荷が軽すぎると思いますが、これのコツは「プッシュ」のトレーニングではなく、「胸」のトレーニングとして行うことです。そうすれば胸のトレーニング種目としてちゃんと使えます。

2020-home-workout-2

3位: ダンベル

  • 軽さ: ★★★☆☆
  • 場所の取らなさ: ★★★★☆
  • 日常の役立ち度: ☆☆☆☆☆
  • トレの役立ち度: ★★★★★★
  • 総合点: 13
  • 肩: サイドレイズ、リアレイズ
  • 大腿四頭筋: ウォーキングランジ
  • ハム: シングルレッグのスティフレッグデッドリフト

軽さと場所の取らなさに劣るため僅差でプッシュアップバーに順位を譲ることになりましたが、ダンベルはホームトレーニングの筆頭アイテムです。特にダンベルなしでは脚のトレーニングなしになるところだったことを考慮して、トレの役立ち度は5点満点のところ★6にしました。

ダンベルウォーキングランジは、以下の動画でデキスター・ジャクソンが4分50秒くらいからやっている種目です。この動画のように、割と軽めのダンベルで行ってもかなり効きます。ちなみにデキスター・ジャクソンが Six Star のサプリメントを宣伝しているのは偶然です。

ダンベルでのスティフレッグデッドリフト/ローマニアンデッドリフトは、ジムではまずやらない種目かと思いますが、実際にやってみると意外と気持ち良い種目です。フォームが綺麗なお手本動画となるとどうしても凄い人が引っ掛かりがちなのですが、この女性のような高重量ダンベルでなくとも大丈夫です。探すと色々なやり方が見つかるかと思いますが、このお手本動画のように負荷が掛かる脚とは反対の腕でダンベルを持つとハムのトレーニングとして集中しやすいです。バランスを保持するためにダンベルを持っていない方の手で何かに掴まっても大丈夫です。

4位: 10kg バー+プレート+セーフティラック

  • 軽さ: ★★☆☆☆
  • 場所の取らなさ: ★★☆☆☆
  • 日常の役立ち度: ☆☆☆☆☆
  • トレの役立ち度: ★★★★★
  • 総合点: 9
  • 肩: フロントプレス、フロントレイズとクリーン&プレスの中間みたいな種目
  • 背中: ベントオーバーロウ
2020-home-workout-3

バーベルは、バーは 10kg、プレートは 10kg x 2、5kg x 4、2.5kg x 4、1.25kg x 4 で、合計 65kg までです。一般にはこれでは足りない人の方が多いかもしれませんが、私の場合、一番重くてベントオーバーロウを 60kg でやる程度なので十分です。

セーフティラックは「IROTEC (アイロテック) セイフティーラックワイドタイプ」です (Amazon では現在在庫切れ、再入荷予定なし)。バーベルはベントオーバーロウと肩のプレスくらいにしか使っていないので、セーフティの必要はなく、プレートの付け外しができる台なら何でもよかったのですが、まあ結局バーベル用のセーフティラックを買いました。片方 10kg で軽量ながら受けが 50cm と広く、構造もしっかりしている優れ物です。受けに付いていたラバーは大分前に剥れてしまいましたが、特に気にしていません。

軽い方が高得点というバーベルに著しく不利な採点基準のため総合点は妙に低いのですが、当然ながらトレーニングには非常に役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「Silicon」は、最初2001年に NPG Music Club でリリースされ、後の2004年に「The Chocolate Invasion」と共にデジタルダウンロードでリリースされたアルバム「The Slaughterhouse」の1曲目に収録されている曲です。録音時期は1999年終わりから2000年頃とされています。

実をいうと私は今まで、この時期の楽曲群はずっと避けてきました。1月に「2045: Radical Man」を取り上げたのを切っ掛けに、初めてまともに「The Slaughterhouse」を聴き始めた次第なのですが、ちょっと驚いています。これ、かなり面白いアルバムです。

そして "Welcome 2 the slaughterhouse" の言葉から始まる「Silicon」は、アルバムの核とも言える非常にタイトな曲です。個人的にこの曲の印象はどことなく1987年の「Sign O' The Times」と重なります。実際に聴き比べると結構別物なのですが、ヴァース間でタイトなサウンドに乗せて "It's just a rope of silicon, a rope silicon / Time, times" と言うところや、曲の締め方などが重なります。

そして大変遅ればせながら、曲名だけ見て変なタイトルだなとずっと思っていた「シリコン」という言葉の意味もやっと知りました。ここでいう「シリコン」というのは、私も使っているのですが、お玉やヘラがこれだと鍋を傷付ける心配がなくて良いんですよね……のシリコーン (silicone) ではなくて、半導体の材料であるケイ素の方のシリコン (silicon)です。そして、この曲が作られた2000年頃は丁度ドットコム・バブルが起こっていた時期で、また歌詞にも "valley" という言葉が出てくるようですが、IT 企業の一大拠点であるシリコンバレー (Silicon Valley) のシリコンです。そして、これが "silly con / 馬鹿げた詐欺、下らない詐欺" との掛けことばになっています。「下らない詐欺がより合わさって出来た一本の縄」そして「屠殺場へようこそ」。楽曲のサウンドのタイトさに劣らない辛辣な表現です。歌詞の最初の方で、do-rag (ラップ/ヒップホップアーティストがよく頭に巻いているスカーフ) という言葉が出てくるので、当時の音楽業界の流れに対する批判や啓蒙の意味が含まれているのだと解釈できます。曲のメッセージとしては「2045: Radical Man」とも共通するものがあります。

この曲には菜食主義をすすめるようなメッセージも含まれています。そういえば「The Rainbow Children」の「Wedding Feast」には、"We are what we eat so we must eat a leaf (私達は私達が食べたものから作られます - だから私達は葉っぱを食べるのです)" という歌詞が出てきました。

U eatin' all the bloody chicken and dead prawn
Mickey D shake and a filet mignon
Swearin' up and down U the picture of health, now come on
君は不浄なチキンやプローンを食べてるね
マックシェイクにフィレミニョンも
それで自分は健康を絵に描いたようだって
馬鹿言ってるんじゃないよ

Leave that blood alone
Don't U know that dead blood kills interferons?
その血には手をつけるんじゃない
死んだ血はインターフェロンを殺すって知らないのかい?

それにより免疫システムは損なわれ、ウイルスは www.U.com へとログオンする……。"Don't U know that dead blood kills interferons? (死んだ血はインターフェロンを殺すって知らないのかい?)" というフレーズ、プリンスは2004年のライブアルバム「One Nite Alone... Live!」の「Xenophobia」でもこれを言っています。インパクトのある言葉ですが意味はよく分かりません。とりあえずウイルスにログオンされないように、マメに石鹸で手を洗うよう気を付けています。

また、この曲にはとても面白い箇所があります。以下の "patience" の発音を聴いてみてください。2:05過ぎと3:00過ぎの2回あります。

Let's talk about the U in this con
If U're gettin' bored, don't front, just yawn
This is the kind of stuff that requires patience
君とこの詐欺について話をしようじゃないか
飽きてきたなら無理せずアクビをしなよ
これは忍耐力が要求される類のものなのさ

この "patience"、韻を踏むために発音を変えて "ペイショーンス" と言っています。これってアリなんでしょうか (笑)。しかも2回目はボーカルを多重録音にしてさらに畳み掛ける勢いで "ペイショーンス" と言ってきます (笑)。また、後に出てくる "pseudonym" も "スーディノーム" と言っています。

歌詞はいちおう翻訳しましたが、ネットの歌詞は不正確な部分が結構あるように感じます。かなり面白い歌詞なので、できれば正確な歌詞が知りたいです。


Welcome 2 the slaughterhouse
Silicon
A rope of silicon, it's just a rope of silicon
A rope of silicon
屠殺場へようこそ
シリコン
シリコンのロープ、こいつはシリコンのロープさ
シリコンのロープさ

One day U'll get outside the do-rag
When U really want 2 contemplate this
Jacked up paranormal situation that your people got into
Can I hip U?
Long ago who considered the outcome?
I'm thinkin' a cat like U would be troublesome
And sock U in the mind tangling curriculum
Guaranteed 2 leave U in a state of delirium
While all along teachin' their kids in the valley 2 become
Unlike U, broke and dumb
君はいつの日かドゥーラグから抜け出すだろう
自分達が陥ったこの全く非合理的な状況について
本当に思案を巡らせたくなった時さ
言ってあげるよ
ずっと昔に誰がこの結果を予想してたか
君のような奴が厄介の種になるだろうって
こんがらがったカリキュラムに頭脳をやられ
せん妄に苛まれること確実さ
地域のキッズ達に君みたいな文無しの愚か者は
悪い見本だと言い続けてるよ

Just a rope of silicon, a rope of silicon
It's just a rope of silicon, a rope of silicon
ただのシリコンのロープさ
こいつはただのシリコンのロープさ

On a magical rope of silicon
U can bet that they'll be chillin' in Babylon
Thinkin' about a way that they can split the proton
U eatin' all the bloody chicken and dead prawn
Mickey D shake and a filet mignon
Swearin' up and down U the picture of health, now come on
魔法のシリコンロープと共に
あいつ等はバビロンでよろしくやってるよ
プロトンを分割する方法を考えながらね
君は不浄なチキンやプローンを食べてるね
マックシェイクにフィレミニョンも
それで自分は健康を絵に描いたようだって
馬鹿言ってるんじゃないよ

A rope of silicon, just a rope of silicon (Dang)
A rope of silicon, it's just a rope of silicon (Yeah)
ただのシリコンのロープさ
こいつはただのシリコンのロープさ

Welcome 2 the slaughterhouse
屠殺場へようこそ

Leave that blood alone
Don't U know that dead blood kills interferons?
Make the immune system a victim 2 whereupon
Any known virus can boot up and logon
www.U.com
その血には手をつけるんじゃない
死んだ血はインターフェロンを殺すって知らないのかい?
それによって免疫システムは損なわれ
ウイルスは www.U.com へとログオンする

A rope of silicon, it's just a rope of silicon
A rope of silicon, it's just a rope of silicon
A rope of silicon, a rope of silicon
A rope of silicon, just a rope of silicon
こいつはただのシリコンのロープさ
こいつはただのシリコンのロープさ
ただのシリコンのロープさ
ただのシリコンのロープさ

Now that U've found me, now that U're here
Let's talk about the U in this con
If U're gettin' bored, don't front, just yawn
This is the kind of stuff that requires patience
Never mind the rhyme, just relax and wax on
And on and on and on and on
Ain't gon' stop till the early mornin' (Break it down)
Later on, come break down, y'all
(What?)
やっと僕を見つけたね、やっとここに来たね
君とこの詐欺について話をしようじゃないか
飽きてきたなら無理せずアクビをしなよ
これは忍耐力が要求される類のものなのさ
韻の踏み方は気にしちゃダメさ
ほらリラックスして続けよう
ひたすらひたすらひたすらひたすら
朝が来るまで止めないさ
後にしよう、皆ここでブレイクダウンだ
(えっ?)

Dance... (Dance on the funk)
Just dance (Dance on the funk)
Dance (Dance on the funk)
Just dance (Dance on the funk)
踊るんだ (ファンクに乗せて踊れ)
さあ踊るんだ (ファンクに乗せて踊れ)
踊るんだ (ファンクに乗せて踊れ)
さあ踊るんだ (ファンクに乗せて踊れ)

A rope of silicon, just a rope of silicon
A rope of silicon, just a rope of silicon
A rope of silicon, just a rope of silicon
Just a rope...
ただのシリコンのロープさ
ただのシリコンのロープさ
ただのシリコンのロープさ
ただのロープさ

This is why U was lookin' 4 me? (Check it)
Let's talk about the U in this con
If U're gettin' bored, don't front and just yawn
Cuz this is the kind of stuff that requires patience
Don't think, just wax on
If U are the eye that is the pawn
U beget the dead fruit of Armageddon
Thick skin reigns in the realm of the pseudonym
While the blows taken by the silly con
The family does well with God 2 keep it strong
Never a paradox, never a hexagon
U plus he or she keep goin' on
But with another 1 of U in the title of this song
Goes on and on and on and on and on and on
これが君が僕を探していた理由?
君とこの詐欺について話をしようじゃないか
飽きてきたなら無理せずアクビをしなよ
こいつは忍耐力が要求される類のものなのさ
考えなくてもいい、続けよう
君が目だというならポーンだ
君はアルマゲドンの死の果実を生む
くだらぬ詐欺で打撃を受ける中
ずぶとさが偽名の領地を統治する
家族は神のもとで強く健やかたりえる
パラドックスでもヘクサゴンでもない
君プラス彼または彼女でまだ続く
だがこの歌はまだまだ続いて続いて続いて続くのさ

Uh
A rope of silicon, just a rope of silicon
A rope of silicon, it's just a rope of silicon
Dance (Dance on the funk) {repeat}
Dance, dance
ただのシリコンのロープさ
こいつはただのシリコンのロープさ
踊るんだ (ファンクに乗せて踊れ)
踊るんだ (ファンクに乗せて踊れ)
踊るんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ